中国ソフトウェアパーク実力徹底分析

人民元高の問題、労働契約法の改訂による雇用コストの増加、オフィス賃金の上昇など、中国沿岸部大都市でのオフショア開発はコストが上昇し、進出企業にとって厳しい状況になっている。一方、内陸地域のソフトウェアパーク建設は現在も進められている。本資料はソフトウェアパーク10箇所やその地域の代表企業9社への取材を通して、今後の進出先・拠点の移転はどのパークを選定すべきかを明らかにした。

発刊日
2009/01/30
体裁
A4 / 217頁
資料コード
C50123800
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

108,000
100,000
8,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

発刊目的:人件費とオフィス賃料の上昇で、中国におけるオフシェア開発の優位性が薄れるなか、
       コストを抑制できるソフトウェアパークを求め、拠点を新設や移設するオ フショア企業が現れた。
       この動向を捉えて、オフショア企業が中国国内で新規拠点を開拓する場合に、将来を見据えた
       ソフトウェアパーク選択の一助となること を目的に発刊。
調査対象:ソフトウエアパーク10区(直接面談調査実施)
       各ソフトウエアパークに入園する企業9社(直接面談調査実施)
調査方法:専門調査員による直接面接調査。
調査・分析期間:2008年7月~2008年10月 

リサーチ内容

第1章 総論

第2章 ソフトウェアパーク関連動向

第1節 ソフトウェアパークに関わる政策実態
1.2006年以降のアウトソーシングサービス促進政策動向
2.ハイテク企業に対する税制優遇
3.ITセキュリティー製品認証制度
第2節 中国全国のソフトウェアパーク
1.従来の国家レベルの認定
2.アウトソーシングサービス基地都市・モデル区
3.各地国家認定取得状況
第3節 ソフトウェア開発人材
1.ソフトウェア開発人材供給状況
2.IT人材の進路動向
第4節 オフショア企業の進出・移設
1.オフショア企業の進出・移設動向
2.オフショア企業の新規進出・移設数の比較


第3章 ソフトウェアパーク競争力分析

1.ソフトウェアパークの特性による分類
①:ローコストで大型内陸人材・研究開発基地
②:インフラが整い製造業からの転換が迫らせるハイテク工業園区
③:高級人材流失防止で製造業での遅れを取り戻す沿岸省都都市
④:大連と環境的に最も類似し、さらに工業が発達する港湾都市
2.ソフトウェアパーク競争力比較
3.その他の比較


第4章 新興ソフトウェアパーク実態調査

調査概要
Ⅰ.武漢光谷軟件園
Ⅱ.西安軟件園
Ⅲ.天府軟件園
Ⅳ.蘇州国際科技園
Ⅴ.無錫太湖保護区
Ⅵ.斉魯軟件園
Ⅶ.長春軟件園
Ⅷ.江蘇軟件園
Ⅸ.青島軟件園
Ⅹ.厦門(アモイ)市軟件園


第5章 ソフトウェアパークへの進出企業

調査概要
1.艾迪系統開発(武漢)有限公司
2.西安葡萄城信息技術有限公司
3.音泰思計算機技術(成都)有限公司
4.方舟信息技術(蘇州)有限公司
5.無錫軟通動力科技有限公司
6.済南凌佳科技有限公司
7.理想科技信息有限公司
8.青島富博系統工程有限公司
9.外包聯盟(厦門)軟件有限公司
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

108,000
100,000
8,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。