2009年版 パンデミック対策市場の現状と展望

「パンデミック対策製品によって構成される市場」に焦点をあて、その市場動向、参入企業動向、製品開発動向、需要動向、市場見通しなどを総合的に把握、展望をまとめた市場調査レポート。

発刊日
2009/04/30
体裁
A4 / 192頁
資料コード
C51101100
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

108,000
100,000
8,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的
新型インフルエンザ対策をメインテーマとし、「パンデミック対策製品によって構成される市場」に焦点をあて、その市場動向、参入企業動向、製品開発動向、需要動向、市場見通しなどを総合的に把握し、分析を行いました。主要参入企業の詳細な事業実態や企業概況など、計72社のデータを掲載したほか、地域におけるパンデミック対策で中心的な役割を担う自治体に対して、対策に関するアンケートを実施。現在の備蓄状況や今後の追加備蓄予定、取り組むべき課題などを分析し、自治体の方向性についての考察も行いました。
調査対象:国内のパンデミック対策製品関連企業、都道府県感染症等関連部署、等
調査方法:当社研究員による面接・間接調査、アンケート調査、公的資料、当社保有資料の分析
調査期間:2009年1月~2009年4月
 

リサーチ内容

第1章 パンデミック対策製品市場の現状と展望

1.パンデミック対策製品市場の概要
(1)対象疾患の現状
(2)パンデミック対策製品市場の現状
(3)パンデミック対策製品市場の見通し
2.パンデミック対策の動向
(1)国・自治体の施策
1)水際対策に関するガイドライン
2)検疫に関するガイドライン
3)感染拡大防止に関するガイドライン
4)医療体制に関するガイドライン
5)抗インフルエンザウイルス薬に関するガイドライン
6)ワクチン接種に関するガイドライン(検討中)
7)事業者・職場における新型インフルエンザ対策ガイドライン
8)個人、家庭及び地域における新型インフルエンザ対策ガイドライン
9)情報提供・共有(リスクコミュニケーション)に関するガイドライン
10)埋火葬の円滑な実施に関するガイドライン
(2)新型インフルエンザ対策関連予算
(3)国・自治体の対策製品整備状況・調達情報
調査票
集計結果
■製品別保有量とメーカー名、今後の追加調達予定
1.ゴーグル
2.N95マスク
3.サージカルマスク
4.アイソレーションガウン
5.防護服
6.パーテション、陰圧隔離室
※患者搬送用アイソレータ、DIFフード、クリーンルーム等
7.陰圧テント
8.簡易陰圧装置
9.消毒薬
10.予防・治療薬(タミフル・リレンザ等)
11.対策セット ※マスク、ゴーグル、ガウン等がまとまったもの
■自治体の製品購入範囲
■パンデミック対策製品への関心度
■パンデミック対策の現在の課題
3.パンデミック対策製品市場の概況
(1)市場概況
(2)市場規模(2007年~2009年見込み)
(3)市場の課題
(4)参入動向
4.パンデミック対策における事業機会
(1)共同事業体(コンソーシアム)の動向
1)新型インフルエンザ対策コンソーシアム
2)パンデミックフルー対策コンソーシアム
3)ジャパンメディカルパートナーズ
(2)事業継続計画(BCP)支援
(3)その他(安否確認サービス)
5.主要企業別参入品目状況一覧


第2章 パンデミック対策製品別市場動向

1.ゴーグル
(1)ゴーグル市場の現状と課題
1)市場の現状と注目動向
2)市場の課題
(2)参入企業と製品動向
1)参入企業動向
2)主要製品動向
(3)市場規模と参入企業シェア
1)市場規模(2007年~2009年見込み)
2)参入企業シェア
(4)営業・マーケティング動向
(5)市場の見通し
2.マスク(医療用)
(1)マスク市場の現状と課題
1)市場の現状と注目動向
2)市場の課題
(2)参入企業と製品動向
1)参入企業動向
2)主要製品動向
(3)市場規模と参入企業シェア
1)市場規模(2007年~2009年見込み)
2)参入企業シェア
(4)営業・マーケティング動向
(5)市場の見通し
3.ガウン
(1)ガウン市場の現状と課題
1)市場の現状と注目動向
2)市場の課題
(2)参入企業と製品動向
1)参入企業動向
2)主要製品動向
(3)市場規模と参入企業シェア
1)市場規模(2007年~2009年見込み)
2)参入企業シェア
(4)営業・マーケティング動向
(5)市場の見通し
4.感染防御・隔離製品
(1)感染防御・隔離製品市場の現状と課題
1)市場の現状と注目動向
2)市場の課題
(2)参入企業と製品動向
1)参入企業動向
2)主要製品動向
(3)市場規模と参入企業シェア
1)市場規模(2007年~2009年見込み)
2)参入企業シェア(2008年)
(4)営業・マーケティング動向
(5)市場の見通し
5.消毒薬
(1)消毒薬市場の現状と課題
1)市場の現状と注目動向
2)市場の課題
(2)参入企業と製品動向
1)参入企業動向
2)主要製品動向
(3)市場規模と参入企業シェア
1)市場規模(2007年~2009年見込み)
2)参入企業シェア(2008年)
(4)営業・マーケティング動向
(5)市場の見通し
6.医薬品(診断薬、予防・治療薬)
(1)医薬品市場の現状と課題
1)市場の現状と注目動向
2)市場の課題
(2)参入企業と製品動向
1)参入企業動向
2)主要製品動向
(3)市場規模と参入企業シェア
1)市場規模(2007年~2009年見込み)
2)参入企業シェア(2008年)
(4)開発動向
1)診断薬
2)予防・治療薬
(5)営業・マーケティング動向
(6)市場の見通し


第3章 全国21自治体のパンデミック対策状況〈自治体アンケート調査個票〉

  山形県
新潟県
千葉県
神奈川県
岐阜県
長野県
福井県
和歌山県
鳥取県
徳島県
沖縄県
宮城県
栃木県
東京都
愛知県
三重県
滋賀県
大阪府
兵庫県
山口県
佐賀県


第4章 参入企業実態調査編

主要参入企業詳細個票(10社)
アイソテック株式会社
栄研化学株式会社
川本産業株式会社
キンバリークラーク・ヘルスケア・インク
ゴージョージャパン
サラヤ株式会社
株式会社トップ
株式会社ノルメカ・エイシア
株式会社ホギメディカル
株式会社UMNファーマ
主要参入企業概況個票(62社)
あいおい損害保険株式会社
アキレス株式会社
アゼアス株式会社
株式会社アメニティ・テクノロジー
伊藤忠商事株式会社
岩片医療器株式会社
イワツキ株式会社
株式会社インターリスク総研
エイブル山内株式会社
NTTアイティ株式会社
荏原実業株式会社
株式会社エルクコーポレーション
株式会社大塚商会
株式会社オートワークス京都
株式会社オーヤラックス
オカモト株式会社
兼一薬品工業株式会社
グラクソ・スミスクライン株式会社
健栄製薬株式会社
興研株式会社
興和新薬株式会社
コーウェイ株式会社
小林製薬株式会社
サッシュ株式会社
サンエムパッケージ株式会社
三機工業株式会社
株式会社重松製作所
シスメックス株式会社
スミスメディカル・ジャパン株式会社
スリーエムヘルスケア株式会社
精研医科工業株式会社
セコム株式会社
株式会社セス
大幸薬品株式会社
太陽工業株式会社
田中貴金属工業株式会社
玉川衛材株式会社
中外製薬株式会社
東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
東邦薬品株式会社
富山化学工業株式会社
株式会社日本医化器械製作所
日本エアーテック株式会社
株式会社日本環境調査研究所
日本光電工業株式会社
日本船舶薬品株式会社
日本通運株式会社
バイリーンクリエイト株式会社
株式会社長谷川綿行
株式会社富士通総研
丸石製薬株式会社
ミドリ安全株式会社
明治製菓株式会社
株式会社モチガセ
山本光学株式会社
ユニ・チャーム株式会社
吉田製薬株式会社
株式会社理研オプテック
理研化学株式会社
株式会社レスキューナウ
株式会社レックスマネジメント
株式会社ワコー商事


図表目次

第1章
<表1-1>  過去のインフルエンザ・パンデミック一覧
<表1-2>  パンデミック対策製品市場における製品分類
<表1-3>  新型インフルエンザ対策行動計画(改定後)の概要
<表1-4>  新型インフルエンザ対策ガイドライン(新規策定)の全体の概要
<表1-5>  新型インフルエンザ対策関係予算要求の概要
<表1-6>  都道府県別保有量・メーカー名(ゴーグル)
<表1-7>  都道府県別追加調達量(ゴーグル)
<表1-8>  都道府県別保有量・メーカー名(N95マスク)
<表1-9>  都道府県別追加調達量(N95マスク)
<表1-10> 都道府県別保有量・メーカー名(サージカルマスク)
<表1-11> 都道府県別追加調達量(サージカルマスク)
<表1-12> 都道府県別保有量・メーカー名(アイソレーションガウン)
<表1-13> 都道府県別追加調達量(アイソレーションガウン)
<表1-14> 都道府県別保有量・メーカー名(防護服)
<表1-15> 都道府県別追加調達量(防護服)
<表1-16> 都道府県別保有量・メーカー名(パーテション、陰圧隔離室)
<表1-17> 都道府県別保有量・メーカー名(陰圧テント)
<表1-18> 都道府県別保有量(消毒薬)
<表1-19> 都道府県別追加調達量(消毒薬)
<表1-20> 都道府県別保有量・メーカー(予防・治療薬)
<表1-21> 都道府県別追加備蓄量(予防・治療薬)
<表1-22> 都道府県別保有量・メーカー名(対策セット)
<表1-23> 都道府県別追加備蓄量(対策セット)
<表1-24> 自治体の製品購入範囲(複数回答)
<図1-1>  自治体の製品購入範囲(複数回答)
<表1-25> 自治体の製品購入範囲(その他の回答)
<表1-26> パンデミック対策製品・サービスへの関心度
<図1-2>  パンデミック対策製品・サービスへの関心度
<表1-27> パンデミック対策に関する現在の課題(複数回答)
<図1-3>  パンデミック対策に関する現在の課題(複数回答)
<図1-4>  パンデミック対策製品市場の市場規模推移(2007年~2009年見込み)
<表1-28> パンデミック対策製品市場の市場規模推移(2007年~2009年見込み)
<表1-29> パンデミック対策製品市場の製品別市場規模推移
<図1-5>  パンデミック対策製品市場の製品別構成比(2008年)
<表1-30> 新型インフルエンザ対策コンソーシアム 参画企業一覧
<表1-31> パンデミックフルー対策コンソーシアム 参画企業一覧
<表1-32> ジャパンメディカルパートナーズ 参画企業一覧
<表1-33> 事業継続計画(BCP)支援サービス関連企業一覧
<表1-34> 主要企業別参入品目状況一覧
第2章
<表2-1>  ゴーグルの製品分類
<表2-2>  メーカー別主要製品(ゴーグル)
<図2-1>  ゴーグルの市場規模推移(2007年~2009年見込み)
<表2-3>  ゴーグルの参入企業シェア(2008年)
<図2-2>  ゴーグルの参入企業シェア(2008年)
<表2-4>  マスク(医療用)の主要製品一覧
<図2-3>  マスク(医療用)の市場規模推移(2007年~2009年見込み)
<表2-5>  マスク(医療用)の参入企業シェア(2008年)
<図2-4>  マスク(医療用)の参入企業シェア(2008年)
<表2-6>  ガウンの製品分類
<表2-7>  感染防護服・アイソレーションガウンの主要製品一覧
<図2-5>  感染防護服・アイソレーションガウンの市場規模推移
(2007年~2009年見込み)
<表2-8>  感染防護服・アイソレーションガウンの参入企業シェア(2008年)
<図2-6>  感染防護服・アイソレーションガウンの参入企業シェア(2008年)
<表2-9>  感染防御・隔離製品の製品分類
<表2-10> 感染防御・隔離製品の主要製品一覧
<図2-7>  感染防御・隔離製品の市場規模推移(2007年~2009年見込み)
<表2-11> 感染防御・隔離製品の参入企業シェア(2008年)
<図2-8>  感染防御・隔離製品の参入企業シェア(2008年)
<表2-12> パンデミック対策における消毒薬の種類
<表2-13> 消毒薬の分類
<表2-14> 消毒薬の主要製品一覧
<図2-9>  消毒薬の市場規模推移(2007年~2009年見込み)
<表2-15> 消毒薬の参入企業シェア(2008年)
<図2-10> 消毒薬の参入企業シェア(2008年)
<表2-16> 診断薬、予防・治療薬の主要製品一覧
<図2-11> 診断薬、予防・治療薬の市場規模推移(2007年~2009年見込み)
<表2-17> 診断薬、予防・治療薬の参入企業シェア(2008年)
<図2-12> 診断薬、予防・治療薬の参入企業シェア(2008年)
<表2-18> 新型インフルエンザに関する診断薬の主要開発品目
<表2-19> 抗インフルエンザ薬の主要開発品目一覧
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

108,000
100,000
8,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています