2009年版 理美容マーケティング総鑑

理美容市場の現状と展望について調査・分析を行った。また、首都圏在住の20~30代女性300人に対し、美容室に関するインターネット消費者調査を実施。消費者のリアルな声を掲載。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、理美容市場参入企業における理美容事業・美容事業の方向性と、各社の企業戦略を
       調査・分析することにより、理美容市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。
調査対象:関連企業、他(理美容チェーン 13社/理美容商社・ディーラー 3社/業務用化粧品メーカー 13社
       郵送アンケート回答サロン 125軒)
       消費者(首都圏在住の20~30代女性300人(インターネットによる消費者調査))
       その他、理美容関連協会・団体、理美容関連企業
調査方法:当社専門研究員による面接調査、電話調査、郵送アンケート調査、インターネット調査
調査・分析期間:2009年1月~2009年3月

 

リサーチ内容

第Ⅰ章 理美容市場の全貌

1.日本の理美容市場の概況
2.理美容市場規模推移(2004~2008年度)
3.施術別市場規模推移(2004~2008年度)
1)理容市場
2)都道府県別・理容市場規模推移
3)美容市場
4)都道府県別・美容市場規模推移
4.理美容室の施設数推移(2003~2007年度)
5.理美容養成施設数推移(2004~2008年度)
6.理容師・美容師数推移(2003~2007年度)
7.今後の市場見通し
8.理美容市場規模予測(2009~2013年度)
9.施術別市場規模予測(2009~2013年度)
1)理容市場
2)美容市場
10.理美容市場の市場規模推移一覧(2004~2013年度予測)
11.理美容市場の統計分析
12.エステティックサロン市場の現状と見通し
1)市場規模推移(2004~2008年度見込み)
2)施術・物販別市場構成(2008年度見込み)
3)参入企業シェア(総市場2008年度見込み)
4)売上高ランキング(総市場2008年度見込み)
5)市場規模予測(2009~2013年度)
6)市場見通し


第Ⅱ章 理美容チェーンの動向

1.理美容市場における有力理美容チェーンの位置付け
2.理美容市場の参入企業売上高ランキングとシェア(2008年度)
3.有力理美容チェーンの経営動向
1)施術動向
2)顧客動向
3)技術者ランク、組織、研修、教育など
4)物販への取組状況
5)広告、販売促進策
6)出店政策、店舗政策
7)問題点と課題、市場戦略


第Ⅲ章 業務用化粧品市場・参入メーカーの動向

1.業務用化粧品の市場概況
2.品目別市場動向
1)ヘアカラー剤
2)パーマネントウェーブ剤
3)ヘアケア剤
4)スタイリング剤
3.参入企業動向
4.業務用化粧品の市場規模推移(2004~2008年度)
1)業務用化粧品全体の市場規模推移
2)ヘアカラー剤の市場規模推移
3)パーマネントウェーブ剤の市場規模推移
4)ヘアケア剤の市場規模推移
5)スタイリング剤の市場規模推移
5.業務用化粧品のメーカーシェア状況(2008年度)
1)業務用化粧品全体のメーカーシェア
2)ヘアカラー剤のメーカーシェア
3)パーマネントウェーブ剤のメーカーシェア
4)ヘアケア剤のメーカーシェア
5)スタイリング剤のメーカーシェア
6.業務用化粧品の市場規模予測(2009~2013年度)
1)業務用化粧品全体の市場規模予測
2)ヘアカラー剤の市場規模予測
3)パーマネントウェーブ剤の市場規模予測
4)ヘアケア剤の市場規模予測
5)スタイリング剤の市場規模予測
7.業務用化粧品の市場規模推移一覧(2004~2013年度予測)


第Ⅳ章 美容室に関する消費者調査

回答者属性
1.美容室の利用頻度
2.美容室を利用する理由
3.利用する美容室のタイプ
4.美容室の選択理由
5.新しい美容室の探し方
6.美容室を探す際に重視する点
7.美容室の変更理由
8.特定の美容室の利用状況
9.現在利用中の美容室の継続期間
10.現在利用中の美容室に行き始めたきっかけ
11.現在利用中の美容室の美容師数
12.担当者の指名
13.美容室の予約
14.希望する髪形の美容師への説明
15.仕上がりの満足度
16.髪型に不満がある時の対処法
17.美容室での平均支出金額
18.美容室で受けた・受けたいメニュー
1)美容室で受けた・受けたいメニュー比較
2)美容室で受けたことのあるメニュー
3)美容室で今後(今後とも)受けたいメニュー
19.妥当な料金
1)メニュー毎の妥当な料金
2)妥当な料金(年齢別)
3)妥当な料金(職業別)
20.ヘアスタイルで最も関心のある点
21.今の髪型の満足度
22.現在のヘアスタイルの選択理由
23.髪色について
1)髪色の変更経験
2)現在の髪色と今後染めたい髪色(全体)
3)現在の髪色と今後染めたい髪色(現在の髪色別)
24.自分の髪の悩み
25.美容室での物品購入状況
1)美容室での物品購入経験
2)美容室での購入物品
3)美容室での購入物品の今後の購入意向
4)美容室で物品を購入したことがない理由
26.美容室で希望するサービス
27.ヘッドスパサービスの利用状況
1)美容室でのヘッドスパ利用状況
2)美容室でヘッドスパを利用する理由
3)美容室でのヘッドスパ利用金額
4)美容室でヘッドスパを利用していない(したことがない)理由
5)今後のヘッドスパサービス利用意向
28.使途未定の臨時収入2万円の使い方


第Ⅴ章 単独サロンの個別実態に関する調査

調査概要
調査結果要旨
1.取扱いメニュー
2.年間延べ顧客数
3.平均客単価
4.現在実施している広告・宣伝策
5.業務用化粧品や関連資機材の主要ディーラー
6.取扱い業務用化粧品
1)シャンプー
2)リンス
3)トリートメント
4)スタイリング剤
5)ヘアカラー剤
6)パーマ剤
7)養毛・育毛剤
8)石鹸
9)剃刀
10)エステ化粧品
7.取扱い美容室関連資機材
1)シャンプー機器
2)スタイリングチェア
3)理容椅子
4)スツール
5)パーマ促進機
6)ワゴン
7)ミラー
8.今後注力していく意向のメニュー、サービス
1)今後注力していく意向のメニュー
2)今後注力していく意向のサービス
9.今後の方針
個表(125軒)


第Ⅵ章 有力企業のマーケティング戦略

1.理美容チェーン編
株式会社 アルテサロンホールディングス
株式会社 カットインユアーズ東海
株式会社 柿本榮三美容室
キュービーネット 株式会社
資生堂美容室 株式会社
株式会社 芝山みよか美容室
株式会社 スカイ
株式会社 田谷
株式会社 大国屋
株式会社 フォーキャスト
株式会社 マツモト
株式会社 ユニックス
株式会社 ロイヤル
2.理美容商社・ディーラー編
株式会社 ガモウ
滝川 株式会社
日理 株式会社
3.業務用化粧品メーカー編
株式会社 アリミノ
コタ 株式会社
資生堂プロフェッショナル 株式会社
タカラベルモント 株式会社
玉理化学 株式会社
株式会社 ナンバースリー
日華化学 株式会社
日本ロレアル 株式会社
ヘンケルジャパン 株式会社
株式会社 ミルボン
三口産業 株式会社
株式会社 ムツナミ
株式会社 モルトベーネ


第Ⅶ章 理美容関連名鑑

理美容関連企業一覧
理容師・美容師養成施設一覧
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。