2010年版 「元気」な高齢者の暮らし・住まいの状況と今後に関する調査

介護保険制度が施行されて10年以上経過し、介護高齢者をターゲットとするも、制度ビジネスであるがゆえの制約があり、ビジネスとして自由な展開が行いにくいため、高齢者市場を考える上で、元気な高齢者をターゲットに変えていく動きも見られます。
本調査レポートでは、「元気な」高齢者の生活や今後について、また「元気な」高齢者を対象としたビジネスについても分析いたしました。

発刊日
2010/09/28
体裁
A4 / 242頁
資料コード
C52201230
PDFサイズ
1.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

330,000
300,000
30,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
660,000
600,000
60,000
693,000
630,000
63,000
990,000
900,000
90,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:アンケート調査:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府在住の元気な高齢者(56~64歳)
、事例調査:高齢者ビジネス参入企業・団体
調査方法:インターネットアンケート調査、参入企業への直接面談調査、文献調査
調査期間:2010年6月~8月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 都市部に在住するインターネットモニター登録者1,500人(首都圏、大阪府に居住する「56~64歳」)の高齢者予備軍、団塊の世代等に対し、暮らしや住まいについての考えや今後をアンケート形式で回答、データを分析。
  • 有力機関や企業への事例により、「元気な」高齢者の動向を踏まえ、方向性を分析。
  • 最終的に「元気な」高齢者が介護保険のような「ビジネス」として成り立つかどうかを検証。
  • あわせて「元気な」高齢者ビジネス(想定)とその課題・問題点を明らかに。

■本資料の概要

第1章 元気な高齢者対応ビジネスへの道程
第2章 元気な高齢者の暮らし・住まいのアンケート調査分析
第3章 元気な高齢者に関する学術研究
第4章 元気な高齢者から想定されるビジネスの可能性

■掲載内容

第1章 元気な高齢者対応ビジネスへの道程

1.元気な高齢者対応ビジネスに至る背景
  (1)元気な高齢者世代とは
  (2)介護保険10年経過しての企業の対応
  (3)無縁社会、単身者世帯の増加
2.元気な高齢者の人口動向
  (1)団塊の世代の動向
  (2)元気な高齢者の動向
3.元気高齢者をベースとしたビジネスの意味
  (1)制度ビジネスへの不安感
  (2)「元気」な高齢者を対象とする意味
4.元気な高齢者ビジネスの市場規模推計
  (1)人口の動向
  (2)金額的な市場規模の予測
5.元気高齢者ビジネスの方向性と問題点・課題

第2章 元気な高齢者の暮らし・住まいのアンケート調査分析

〔Ⅰ〕アンケート調査の実施状況
〔Ⅱ〕調査の集計結果
1)回答者の属性
  1 年齢別&性別
  2 住まいの都道府県
  3 子供の数
  3-1 男の子供の数
  3-2 女の子供の数
  4 孫の数
  4-1 男の孫の数
  4-2 女の孫の数
2)調査回答結果の集計結果(元気高齢者に98の質問)
  ■過ごし方
  1-1 平日の過ごし方(会社等の仕事)
  1-2 平日の過ごし方(趣味)
  1-3 平日の過ごし方(家事)
  1-4 平日の過ごし方(何もしない)
  2-1 土曜日の過ごし方(会社等の仕事)
  2-2 土曜日の過ごし方(趣味)
  2-3 土曜日の過ごし方(家事)
  2-4 土曜日の過ごし方(何もしない)
  3-1 日曜・祝日の過ごし方(会社等の仕事)
  3-2 日曜・祝日の過ごし方(趣味)
  3-3 日曜・祝日の過ごし方(家事)
  3-4 日曜・祝日の過ごし方(何もしない)
  ■食事
  4-1 1週間のうちの食事回数(朝御飯)
  4-2 1週間のうちの食事回数(昼御飯)
  4-3 1週間のうちの食事回数(晩御飯)
  5 朝御飯の時刻
  6 朝御飯を一緒に食べる人
  7 朝御飯の楽しさ
  8 昼御飯の時刻
  9 昼御飯を一緒に食べる人
  10 昼御飯の楽しさ
  11 晩御飯の時刻
  12 晩御飯を一緒に食べる人
  13 晩御飯の楽しさ
  14-1 平日の料理(朝御飯)
  14-2 平日の料理(昼御飯)
  14-3 平日の料理(晩御飯)
  15 食事の主食(平日の朝御飯)
  16 調理の数(平日の朝御飯)
  17 食事の主食(平日の昼御飯)
  18 調理の数(平日の昼御飯)
  19 食事の主食(平日の晩御飯)
  20 調理の数(平日の晩御飯)
  21-1 土・日・祝日の料理(朝御飯)
  21-2 土・日・祝日の料理(昼御飯)
  21-3 土・日・祝日の料理(晩御飯)
  22 食事の主食(土・日・祝日の朝御飯)
  23 調理の数(土・日・祝日の朝御飯)
  24 食事の主食(土・日・祝日の昼御飯)
  25 調理の数(土・日・祝日の昼御飯)
  26 食事の主食(土・日・祝日の晩御飯)
  27 調理の数(土・日・祝日の晩御飯)
  ■住まい
  28 住まいの形態
  29 同居状況
  30 居住年数
  31 子供の独立(別居)状況
  31-S1 独立している子供の人数
  32 独立(別居)している子供の住まいとの距離
  32-S1 30分以内に独立(別居)している子供の人数
  32-S2 30分以上、1時間未満に独立(別居)している子供の人数
  32-S3 1時間以上、1時間30分未満に独立(別居)している子供の人数
  32-S4 1時間30分以上、2時間未満に独立(別居)している子供の人数
  32-S5 2時間以上に独立(別居)している子供の人数
  33 職場と住まいに関する位置関係
  34 リフォームの有無、建替えの意向
  34-S1 大きくリフォームした時期(年)
  34-S2 部分的にリフォームした時期(年)
  34-S3 今後リフォームしなければならない時期(年)
  34-S4 建替えが必要である時期(年)
  35 今の住まいの満足度
  36 満足している理由
  37 不満な理由
  38 「住替え」のイメージ
  39 5年以内の住替えの可能性
  40 住替えの可能性の理由
  41 10年以内に住替えする可能性
  42 住替えする理由
  43 住替えについての課題や問題点
  44-1 5年後に住みたい地域
  44-2 10年後に住みたい地域
  45-1 今後の理想の生活(同居する人)
  45-2 今後の理想の生活(生活スタイル)
  46 今後の住替えする要因
  47 今後の住替えをする場所と職場との位置関係
  48 高齢者になった後の住まいの場所
  49 高齢者向けの施設・住宅へ「住替え」のイメージ
  50 高齢者向けの施設・住宅へ「住替え」の想定時期
  51 施設・住宅の付帯設備・機能について必要なもの
  ■健康
  52 回答者(あなた)の健康状態
  53-1 健康の維持のための方策(現状)
  53-2 健康維持のためにかける費用(月額)
  54 医療機関・かかりつけ医との関係
  55 健康についての相談先
  56 行っている脳の活性化策(ボケ防止策等)
  57-1 自身の介護についての考え
  57-2 要介護状態や認知症について
  ■仕事・収入
  58 職業
  59 労働(雇用)形態
  60 勤務形態
  61-1 働く時間帯
  61-2 働く時間量(月合計労働時間)
  62 主たる収入の有無
  63-1 回答者(あなた)の昨年(2009年)年間収入
  63-2 家計の年間収入の合算(2009年)
  64 回答者(あなた)の収入に対しての満足度
  65 働きたいと思う年齢
  66-1 5年後の回答者(あなた)の仕事について
  66-2 10年後の回答者(あなた)の仕事について
  67-1 5年後での仕事への意欲等
  67-2 10年後での仕事への意欲等
  68 今後勤労する場所のイメージ
  69 リタイア後のまとまった財産(貯金や株式など)の有無
  70 財産を子供などへ相続・贈与するかどうかについて
  71-1 リタイア後の資金(本人)
  71-2 リタイア後の資金(家族全体)
  72-1 1ヵ月の年金のみの予測収入(本人)
  72-2 1ヵ月の年金のみの予測収入(夫婦全体)
  ■趣味
  73 現在の趣味の有無
  74 趣味を通じての友人の有無
  75 趣味
  76-1 趣味に費やす日数
  76-2 趣味に費やす時間量(1週間の合計)
  77 趣味に対する満足度
  78 不満解消の方策
  79 趣味に対する意欲
  80 趣味のためにかける費用(月額)
  81 趣味を続けたい年齢
  82-1 5年後での趣味の継続度合
  82-2 10年後での趣味の継続度合
  83 今後趣味を行う場所
  84 趣味による収入(会費等)
  85 野菜や果物を育てることへの興味
  86 農業に対してのイメージ
  ■友人・夫婦
  87 定期的に会う友人の有無
  88 定期的に面会する友人と知り合いになった理由
  89 友人への依存度
  92 今後の生活(65歳以上)を考える上で、大事なこと
  93 今後の生活において、不安なことや問題点
  94 今後の夫婦一緒に住むことに対する意向
  ■その他
  97 子供への金銭的な支援について
  98 孫への金銭的な支援について

第3章 元気な高齢者に関する学術研究

1.東京都老人総合研究所
2.東北大学加齢医学研究所
3.介護系企業の元気高齢者向け事業動向
  (1)ニチイ学館
  (2)セントケア・ホールディング
  (3)メデカジャパン

第4章 元気な高齢者から想定されるビジネスの可能性

1.元気な高齢者向けビジネスとは
2.ビジネスとして成り立つかどうかの検証~個別提案ごとに~
  (1)想定ビジネス分野
  (2)個別提案の検証
    ①健康ビジネス
    ②サポートビジネス
    ③ホビー・カルチャービジネス
    ④住宅関連ビジネス
    ⑤その他ビジネス
3.元気な高齢者ビジネスとその課題・問題点
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

330,000
300,000
30,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
660,000
600,000
60,000
693,000
630,000
63,000
990,000
900,000
90,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。