2012年版 病院設備機器市場の現状と将来展望

2010年度以降については、地域医療再生基金が都道府県で設置されたことで、病院の救急・高度医療受け入れ態勢を整備する意味で、病院設備が充実化され、特に手術室、中央材料室関連機器においては市場が拡大傾向に転じる傾向となりました。これらの状況を踏まえ、本調査レポートでは、2000~2011年度の市場実績推移と、2015年度までの製品別市場予測、各製品のタイプ別・機能別予測、各年度におけるマーケットシェアの状況、更には新製品による市場動向等を分析しております。

発刊日
2012/05/15
体裁
A4 / 331頁
資料コード
C53205400
PDFサイズ
10.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:国内メーカー、及び、輸入製品総発売元
調査方法:面接取材とTEL取材併用、Web、公開資料、有価証券報告書などのオープンデータ
調査期間:2012年1月~2012年5月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 病院設備機器14項目・27製品(分類)の国内市場における2000~2011年度の台数・金額ベース市場規模推移と発売元(メーカー)シェアを算出。
  • 中分類として、院内管理システム、中央材料室関連設備機器、手術室関連調剤・病棟関連に分類して市場を算出。
  • 各製品のタイプ別市場分析と市場成長力を掲載。
  • 関連製品の相対性を分析。
  • 注目製品を分析。
  • 参入企業を分析。

■本資料の概要

PartⅠ 病院設備機器市場の動向と展望
PartⅡ 病院設備機器別市場推移及び展望
PartⅢ 参入企業分析

■掲載内容

PartⅠ 病院設備機器市場の動向と展望

§1.薬事工業生産動態統計推移
  病院設備機器関連製品
§2.病院設備機器の市場展望
  病院設備機器市場の背景
  1.2012年(平成24年度)主な診療報酬について
  2.医療施設数について
  3.病院の特殊設備保有状況と麻酔手術の実施状況
§3.病院設備機器の設備対象別市場展望
  1.院内管理システム
  2.手術室・中央材料室関連設備機器
  3.調剤機器・その他
§4.調査品目における市場予測
  14項目分析では922億15.6百万円市場
  調査品目における数量ベース市場推移
  調査品目における金額ベース市場推移
  品目別マーケットリーダー
  主要14項目における病院設備機器 分野別市場金額推移
  調査品目における病院設備機器分野別市場

PartⅡ 病院設備機器別市場推移及び展望

§1.HIS オーダリングシステム・電子カルテ・医療情報システム他
  市場概要
  オーダリングシステム参入企業状況
  オーダリングシステム金額市場推移
  電子カルテ・その他医療情報システム市場
  1.電子カルテ
  ○大規模電子カルテ
  ○中規模電子カルテ
  ○小規模電子カルテ(病院向け)
  ○小規模電子カルテ(一般診療所向け)
  2.医事会計システム
  3.医用画像システム
  4.RIS(放射線情報システム)
  5.臨床検査システム
  6.看護支援システム
  7.物品管理システム
  8.その他医療情報システム

§2.洗浄機・ウォッシャーディスインフェクター
  製品概要
  ○ウォッシャーディスインフェクター(ジェット式洗浄装置)
  ○超音波式洗浄装置
  ○ベッドパンウォッシャー
  市場概要
  ウォッシャーディスインフェクター(ジェットウォッシャータイプ)市場
  市場規模
  企業別動向
  超音波洗浄機市場
  市場概要
  企業別動向
  内視鏡洗浄機市場
  市場概要
  企業別動向
  参考資料:内視鏡(装置)市場を取り巻く環境について
  病棟用汚物処理洗浄機市場
  市場概要
  企業別動向

§3.滅菌器
  市場概要
  ○高圧蒸気滅菌器
  ○EOG(酸化エチレンガス)滅菌装置
  ○過酸化水素ガスプラズマ滅菌装置(一般名称:プラズマガス滅菌器)
  ○過酸化水素ガス滅菌装置(一般名称:過酸化水素ガス滅菌器)
  ○ホルムアルデヒドガス滅菌
  滅菌器Total市場規模
  高圧蒸気滅菌器(大型)
  市場概要
  企業別動向
  高圧蒸気滅菌器(卓上型)
  市場概要
  企業別動向
  ~低温滅菌装置~
  EOG滅菌器(ボンベ式大型)
  市場概要
  業別動向
  EOG滅菌器(カートリッジ式・卓上型)
  市場概要
  企業別動向
  過酸化水素低温プラズマ滅菌器
  製品概要
  過酸化水素ガス滅菌器
  市場概要
  ホルムアルデヒドガス滅菌器

§4.殺菌装置
  空気殺菌・脱臭装置市場
  市場概要
  市場規模
  企業別動向
  ホルマリン殺菌(消毒)装置市場
  市場概要
  企業別動向
  殺菌灯ロッカー
  市場概要
  参考資料:日本医療福祉設備境界規格「病院空調設備の設計指針」より
  清浄度クラスと換気条件(代表例)
  清浄度クラスと換気条件(詳細)

§5.手術用照明灯
  製品概要
  市場動向
  市場規模
  企業別動向

§6.ヘッドライトシステム
  市場概要
  企業別動向

§7.手術台
  製品概要
  市場動向
  市場規模
  手術台 Hight-end市場
  市場規模
  企業別動向
  手術台 Middle-end市場
  市場規模
  企業別動向
  手術台 Low-end市場
  市場概要
  企業別動向

§8.シーリングアーム
  製品概要
  市場概要
  企業別動向
  ICU・NICU向けサプライユニット市場
  市場概要
  企業別動向

§9.医療用殺菌水装置(医療用手洗い装置)
  製品概要
  市場概要
  市場規模
  企業別動向

§10.薬剤分包機
  製品概要
  市場動向
  Total市場:市場規模
  分包機:錠剤市場
  錠剤市場:市場規模・企業別動向:2011年度 1,392台・19億78百万円の市場形成予測
  分包機:散剤市場
  散剤市場:市場規模・企業別動向:2011年度 10,065台・69億18百万円の市場形成
  企業別動向
  参考資料:医薬分業動向関連
  主要調剤薬局チェーンの戦略(矢野経済研究所:調剤薬局の実態と展望より抜粋)
  主要調剤薬局チェーンの今後の展望

§11.薬袋印字システム
  製品概要
  市場概要
  企業別動向

§12.ストレッチャー
  市場概要
  企業別動向

§13.自動再来受付機
  製品概要
  市場概要・市場規模
  企業別動向

§14.自動精算機
  製品概要
  市場概要
  企業別動向

PartⅢ 参入企業分析

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。