2012年版 在宅医療市場の現状と展望

在宅医療では、病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション等がそれぞれの役割や機能を分担し、ネットワーク化を図ることで、医療連携を推進していくことが重要な位置づけとなっている。これら環境整備や在宅療養支援診療所・病院、訪問看護ステーションの普及等からも、在宅死の割合が今後増えることが推察される。在宅医療の診療報酬は、在宅療養指導管理料に挙げられているような在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法、在宅自己腹膜灌流等があり、最近では医療機器の小型化やワイヤレス化等によりポータブル医療機器も普及しつつある。
本調査レポートでは、需要が高まっている在宅医療市場に焦点をあて、注目動向や品目別の市場規模、メーカーシェア、企業戦略、営業・開発動向など多角的に分析を行い、今後の方向性などの将来展望をレポートした。

発刊日
2012/12/21
体裁
A4 / 285頁
資料コード
C54204800
PDFサイズ
8.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

135,000
125,000
10,000
135,000
125,000
10,000
167,400
155,000
12,400
270,000
250,000
20,000
302,400
280,000
22,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:・在宅酸素療法・在宅人工呼吸療法・睡眠時無呼吸症候群関連・腹膜透析療法・在宅血液透析・在宅輸液療法・在宅自己導尿・在宅自己注射・在宅医療機器関連・在宅医療関連サービス・在宅医療支援関連システム
調査方法:直接面談調査、文献、その他の情報収集の複合調査
調査期間:2012年10月~2012年12月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 在宅医療市場を分野別(在宅酸素療法市場、在宅人工呼吸療法市場、睡眠時無呼吸症候群関連市場、腹膜透析市場、在宅血液透析市場、在宅輸液療法市場、交換用胃瘻カテーテル市場、在宅自己導尿市場、在宅自己注射市場、血糖自己測定器市場、ポータブル内視鏡市場、在宅医療関連サービス市場、在宅医療支援関連システム市場)にまとめている。
  • 「2007年版 在宅療養市場の展望と戦略」の更新版。

■本資料の概要

第1章 在宅医療市場の概況
第2章 在宅医療市場の市場動向分析
第3章 在宅医療市場の参入企業動向
第4章 在宅医療市場の将来展望
第5章 在宅医療関連参入企業の個別実態(16社)

■掲載内容

第1章 在宅医療市場の概況

1.在宅医療市場の分類
  (1)在宅医療
  (2)在宅医療市場
2.在宅医療に関する状況
  (1)高齢者人口と国民医療費
  (2)在宅療養支援診療所・病院の現状と今後
  (3)在宅医療に関連する費用
  (4)医療制度改革による重点課題
  (5)認知症高齢者人口の増加と体制整備

第2章 在宅医療市場の市場動向分析

1.在宅酸素療法市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
2.在宅人工呼吸療法市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
3.睡眠時無呼吸症候群関連市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
4.腹膜透析市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
5.在宅血液透析市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
6.在宅輸液療法市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
7.交換用胃瘻カテーテル市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
8.在宅自己導尿市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
9.在宅自己注射市場
  (1)市場動向
  (2)【ヒト成長ホルモン製剤】市場規模推移・予測
  (3)【ヒト成長ホルモン製剤】製品概要
  (2)【インスリン製剤】市場規模推移・予測
  (3)【インスリン製剤】製品概要
  (4)【インスリン製剤】参入企業動向
10.血糖自己測定器市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
11.ポータブル内視鏡市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
12.在宅医療関連サービス市場
  (1)訪問看護ステーションの現状
  (2)営利法人の取り組み
  (3)訪問看護ステーションの今後
13.在宅医療支援関連システム市場
  (1)在宅医療支援関連システム
  (2)PHRおよびEHRとの連携
  (3)在宅医療における医療機関の取り組み
  (4)介護・看護サービス企業の取り組み
  (5)在宅医療参入企業の取り組み
  (6)在宅医療支援関連システム企業の取り組み
  (7)現状の問題点・課題と方向性

第3章 在宅医療市場の参入企業動向

1.企業戦略
2.受注動向
3.営業動向
4.開発・サービス動向

第4章 在宅医療市場の将来展望

1.現状の問題点と課題
2.在宅医療の方向性
  (1)地域医療連携・多職種連携
  (2)在宅医療体制の強化
  (3)機能強化型在宅療養支援診療所・病院の現状
  (4)サービス付き高齢者向け住宅の現状
  (5)在宅医療の方向性

第5章 在宅医療関連参入企業の個別実態(16社)

アイ・エム・アイ株式会社、株式会社小池メディカル、コヴィディエンジャパン株式会社、
株式会社ジェイ・エム・エス、スカラ株式会社、大陽日酸株式会社、チェスト株式会社、
帝人ファーマ株式会社、株式会社東機貿、バクスター株式会社、フィリップス・レスピロニクス合同会社、
フクダ電子株式会社、富士システムズ株式会社、HOYA株式会社、株式会社メディコン、リブト株式会社
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

135,000
125,000
10,000
135,000
125,000
10,000
167,400
155,000
12,400
270,000
250,000
20,000
302,400
280,000
22,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。