2013 ICT資産管理ソリューション市場~IT資産管理/MDM/BYOD/ライフサイクルマネジメントの最新動向~

近年、iPhone/iPadやAndroidなどスマートデバイスの法人利用が進むなか、MDM(Mobile Device Management)市場が急拡大を続けている。従来は「セキュリティ保護」ニーズが中心であったが、コスト削減や業務効率化追求による「企業の競争力強化」に向けた取り組みが増加している。また、PCやサーバー向けIT資産管理システム市場では、クラウド/SaaS型の浸透やWindows 7切り替えを契機にクライアント/サーバー型からの移行する動きも出ている。それに伴い、従来のインベントリ情報の収集にとどまらず、情報セキュリティやソフトウェアライセンス管理など「統合的な管理」へと変わりつつある。さらに、IT機器を購入から廃棄までのライフサイクル全般で管理するLCM(ライフサイクルマネジメント)視点による運用管理により、ICT資産の効率的な管理を実現し、維持運用コストの低減に結びつけるソリューションも活発化している。

発刊日
2013/09/05
体裁
A4 / 237頁
資料コード
C55114200
PDFサイズ
6.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:スマートデバイスの企業利用が拡大し、MDM(モバイル端末管理)およびIT資産管理ツールの相互連携が深まりつつある。本レポートでは両市場を統合した「ICT資産管理市場」を新たに定義し、国内市場の現状および今後の動向を分析するための基礎資料とする。
調査方法:直接面談取材および既刊レポートを含む文献調査
調査期間:2013年6月~2013年8月

リサーチ内容

■本資料のポイント

●スマートデバイス普及で融合が進む「PC資産管理ツール」と「MDM」の市場をまとめた初のレポート。
●今回のレポートは、これら各市場の個別動向と相互の関連性を分析し、今後の市場を展望するものである。特に、「主要事業者への面談ヒアリング」に加え、「スマートデバイス出荷予測」や「法人ユーザアンケート結果」など既存データも活用し、多面的に分析している。

■本資料の概要

Ⅰ ICT資産管理ソリューション市場の動向
Ⅱ 各市場の動向
Ⅲ 個別企業の実態
Ⅳ 関連市場データ
Ⅴ 企業アンケート集計

■掲載内容

Ⅰ ICT資産管理ソリューション市場の動向

1. ICT資産管理ソリューションとは
  1.1.ICT資産管理ソリューションとは
  1.2.MDMの整理
    1.2.1.提供形態
    1.2.2.機能
    1.2.3.対象となるサービス
  1.3.IT資産管理ツールの整理
    1.3.1.提供形態
    1.3.2.機能
    1.3.3.対象となるサービス
2. 注目される背景
  2.1.スマートデバイス拡大に伴う管理が必要な端末が増大
    2.1.1.業務利用目的のスマートフォン/タブレット端末導入状況
    2.1.2.業種別のスマートフォン/タブレット導入状況
  2.2.ライセンス監査対応に向けたソフトウェア資産管理ニーズの高まり
  2.3.WindowsXPからの環境移行にともなうIT資産管理の導入
3. 今後のICT資産管理市場
  3.1.今後の市場規模予測(全体、2011年~2015年予測)
  3.2.MDM市場
    3.2.1.MDMによる「管理台数」を押し上げるデバイスの登場に期待
    3.2.2.「3つの競争環境」生き残る成長モデルをどう描くか
  3.3.IT資産管理市場
    3.3.1.市場拡大に向けた3つ要素
    3.3.2.各社が描く今後の拡大シナリオ
  3.4.ICT資産管理市場の将来展望

Ⅱ 各市場の動向

1. MDM市場
  1.1.市場規模(2011年度~2013年度予測)
  1.2.プレーヤー動向の分析
    1.2.1.パートナー戦略に成功した事業者が上位シェアを確保
    1.2.2.各社とも「機能」以外での差別化要素を模索
    1.2.3.MAMやMCMへのニーズが拡大傾向。BYOD拡大は依然として不透明感
    1.2.4.順調な拡大を続ける一方、中長期的な課題も顕在化
2. IT資産管理市場
  2.1.市場規模(2011年度~2013年度予測)
  2.2.プレーヤー動向の分析
    2.2.1.上位企業はともに堅調に事業規模を拡大し、シェアは均衡している
    2.2.2.競合他社よりも「既存ユーザ」や「未利用層」を意識した差別化戦略が中心
    2.2.3.「Windowsリプレイス」「ライセンス監査」への対応ニーズが旺盛
    2.2.4.足元は堅調だが、中期的な成長には課題が見え始めている

Ⅲ 個別企業の実態

1.エムオーテックス株式会社
2.クオリティソフト株式会社
3.株式会社オプティム
4.株式会社アイキューブドシステムズ
5.株式会社AXSEED
6.BizMobile株式会社
7.ペネトレイト・オブ・リミット株式会社
8.サイバートラスト株式会社
9.日本マイクロソフト株式会社
10.株式会社日立製作所
11.株式会社コア
12.NECフィールディング株式会社
13.ユニアデックス株式会社

Ⅳ 関連市場データ

1. ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)市場
  1.1.国内ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)出荷台数
  1.2.プラットフォーム別出荷状況
2. タブレット市場
  2.1.国内タブレット出荷台数
  2.2.データ通信モジュール搭載/非搭載別出荷台数
  2.3.OSプラットフォーム別出荷台数動向
3. POSターミナル市場
  3.1.POSターミナル市場の概要
  3.2.POSターミナル市場の注目すべき動向
  3.3.POSターミナル市場の将来展望
4. ハンディターミナル市場
  4.1.ハンディターミナル市場の動向
  4.2.ハンディターミナル市場の注目すべき動向

Ⅴ 企業アンケート集計

1. アンケートの概要
  1.1.アンケート実施内容
  1.2.業種
2. プロフィール
  2.1.業種
    2.1.1.売上高規模別 業種
    2.1.2.従業員数規模別 業種
  2.2.売上高規模
    2.2.1.業種別 売上高規模
    2.2.2.従業員数規模別 売上高規模
  2.3.従業員数規模
    2.3.1.業種別 従業員数規模
    2.3.2.売上高規模別 従業員数規模
  2.4.IT関連要員数規模
    2.4.1.業種別 IT関連要員数規模
    2.4.2.売上高規模別 IT関連要員数規模
    2.4.3.従業員数規模別 IT関連要員数規模
3. IT投資の目的について
  3.1.今後3年間におけるIT投資の目的(2012)
  3.2.今後3年間でIT投資が増加するソフトウェア(2012)
  3.3.今後3年間でIT投資が増加するハードウェア(2012)
4. 業務利用のスマートデバイス
  4.1.スマートフォンやタブレット端末を利用した業務スタイル
    4.1.1.業種別 スマートデバイスを利用した業務スタイル
    4.1.2.売上高規模別 スマートデバイスを利用した業務スタイル
    4.1.3.従業員数別 スマートデバイスを利用した業務スタイル
  4.2.スマートフォンやタブレット端末を利用した業務スタイルの課題
  4.3.業務利用目的のスマートフォン導入状況
    4.3.1.業種別 業務利用目的のスマートフォン導入状況
    4.3.2.売上高規模別 業務利用目的のスマートフォン導入状況
    4.3.3.従業員数規模別 業務利用目的のスマートフォン導入状況
  4.4.業務利用目的のタブレット端末導入状況
    4.4.1.業種別 業務利用目的のタブレット端末導入状況
    4.4.2.売上高規模別 業務利用目的のタブレット端末導入状況
    4.4.3.従業員数規模別 業務利用のタブレット端末導入状況
  4.5.スマートフォンの導入/検討目的
  4.6.タブレット端末の導入/検討目的
  4.7.スマートフォン導入/検討のきっかけ
  4.8.タブレット端末導入/検討のきっかけ
  4.9.業務用スマートフォン/タブレット端末に当たり重視する項目
  4.10.業務用スマートフォン/タブレット端末を導入しない理由
  4.11.個人所有スマートフォンの業務利用について
    4.11.1.業種別 個人所有スマートフォンの業務利用について
    4.11.2.売上高規模別 個人所有スマートフォンの業務利用について
    4.11.3.従業員数規模別 個人所有スマートフォンの業務利用について

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。