2014 グローバルアウトソーシング市場の実態と展望

本調査レポートでは、SIer、システム運用保守事業者、データセンター事業者、BPO事業者等日本に拠点を構えるグローバルアウトソーシング事業者29社の「グローバルシステム開発・統合サービス」、「グローバルシステム運用・データセンター」、「グローバルBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)」、「日本国内向けオフショア開発」、「日本国内向けオフショアBPO」への取り組みを取り上げました。また、グローバルアウトソーシングサービス市場をセグメント別(システム開発・統合、システム運用・データセンター、BPO)、地域別(日本、北米、APAC、EMEA、南米)に分け、市場規模推移(2012~2017年度)を予測しました。さらに、日本国内向けのオフショアサービスもセグメント別(オフショア開発・オフショアBPO)、エリア別に分け、市場規模推移(2012~2017年度)を予測しました。また、グローバルアウトソーシングサービス及びオフショアサービスの地域別の状況を記載しました。

発刊日
2014/02/21
体裁
A4 / 201頁
資料コード
C56100500
PDFサイズ
2.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:日本に拠点を構えるアウトソーシング事業者のグローバルアウトソーシングサービスの実態を調査・分析することにより、当該・関連企業及び担当者各位の経営戦略における参考資料を作成する。
調査対象:日本に拠点を構えるグローバルアウトソーシング事業者(SIer、システム運用保守事業者、データセンター事業者、BPO 事業者等)
調査方法:直接面接取材が基本。一部e-mail・電話による取材、文献による調査。
調査期間:2013年10月~2014年2月

資料ポイント
Close

  • グローバル拠点を活用したアウトソーシングサービス「グローバルアウトソーシングサービス」の有力提供事業者29社の情報を掲載
  • 29社の「グローバルシステム開発・統合」、「グローバルシステム運用・データセンター」、「グローバルBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)」、「日本国内向けオフショア開発」、「日本国内向けオフショアBPO」などのグローバル拠点を活用したサービスへの取り組み状況を取材・調査
  • 参入企業のグローバル拠点数・取り組み体制等の状況を掲載(拠点数、従事者数、主要サービス、英語・日本語対応、コールセンター対応、取り組み体制、データセンター数、現地企業名、外部提携先、導入実績等)
  • グローバルアウトソーシングサービス市場規模推移を予測(2012年度~2017年度)
  • グローバルアウトソーシングサービスのサービスセグメント別(システム開発・統合、システム運用・データセンター、BPO)の市場規模推移を予測(2012年度~2017年度)
  • グローバルアウトソーシングサービスの地域別(日本、北米、APAC、EMEA、南米)の市場規模推移を予測(2012年度~2017年度)
  • 日本国内向けオフショアサービス全体コスト規模推移を予測(2012年度~2017年度)
  • 日本国内向けオフショアサービスのサービスセグメント別(オフショア開発、オフショアBPO)のコスト規模推移を予測(2012年度~2017年度)
  • 日本国内向けオフショアサービスの地域別のコスト規模推移を予測(2012年度~2017年度)
  • グローバルアウトソーシングサービス及びオフショアサービスの地域別の状況を記載
  • グローバルアウトソーシング事業者の今後の方向性について記載

資料概要
Close

I 日本におけるグローバルアウトソーシングサービスの実態と展望
II 日系グローバルアウトソーサーから見た地域別の概況
III グローバルアウトソーシングの市場規模推移予測
IV 参入企業のグローバル拠点・取り組み体制等
V 個別企業実態調査票

リサーチ内容

■掲載内容

I 日本におけるグローバルアウトソーシングサービスの実態と展望

1.グローバルアウトソーシングとは
2.グローバルアウトソーシングの現状
  (1)グローバルアウトソーシングサービスの現況
    ①ユーザー、アウトソーサーともに海外進出が必須となってきている
    ②海外進出時に留意すべき国の情勢、インフラ状況、規制等
  (2)日本国内向けオフショアサービスの現況
    ①オフショア拠点の活用は増加傾向
    ②日本国内向けオフショアサービス拠点として東南アジアに注目が集まる
3.将来予測と日系アウトソーサーの方向性
  ①日本市場の伸び悩みとコスト競争がグローバル化を推進
  ②世界が注目する2015年末発足のASEAN経済共同体(AEC)6億人市場
  ③日系アウトソーサーの今後の方向性

II 日系グローバルアウトソーサーから見た地域別の概況

1.中国地域の概況
  (1)中国向けマーケット
    ①中国進出に慎重になる動きはあるものの、成長市場として魅力的な中国
    ②中国系オフショアベンダーが中国進出の強力なサポーターに
    ③カントリーリスクや人件費高騰を懸念する日系企業への対応策
  (2)オフショア拠点としての中国
    ①オフショア拠点を持つ日系企業の約8割は中国を活用
    ②中国オフショア活用の目的はコストメリット、IT人材、パートナー確保
    ③中国オフショア活用のデメリット
2.APAC地域の概況
  (1)APAC向けマーケット
    ①メーカーを中心としたAPAC進出の増加
    ②APACアウトソーシング事業者による海外進出支援
    ③日系アウトソーシング事業者はグローバル/現地パートナーと提携
  (2)オフショア拠点としてのAPAC
    ①単純労働集約型のBPOを中心に中国からAPACにシフト
    ②オフショア拠点としてのインド
    ③インド系オフショアベンダーが日系SIerのライバルに
    ④ベトナムはコストメリットが魅力
3.北米・中南米地域の概況
  ①海外進出先として安定感がある北米地域
  ②対象企業のIT部門の力量により訴求ポイントが変わる
  ③北米への進出がグローバル化・オフショア拠点の拡充につながる
  ④アジアに工場を構える日系製造業が次に目指している中南米
4.EMEAの概況
  ①景気低迷が長引き、IT投資に慎重さが残るEMEA
  ②比較的低コストで人材が豊富な東欧はオフショア拠点としての潜在性あり
  ③EMEAの企業買収が中南米のオフショア拠点獲得につながるケースも

III グローバルアウトソーシングの市場規模推移予測

1.グローバルアウトソーシング市場全体の動向
  (1)グローバルアウトソーシング全体市場規模(サービス別)予測(2012~2017年度)
  (2)グローバルアウトソーシング全体市場規模(エリア別)予測(2012~2017年度)
  (3)日本国内向けオフショアサービス全体コスト規模(サービス別)予測(2012~2017年度)
  (4)日本国内向けオフショアサービス全体コスト規模(エリア別)予測(2012~2017年度)
2.サービスセグメント別・エリア別の市場規模予測
  (1)グローバル(システム開発・統合)の市場規模予測(2012~2017年度)
    ①グローバル化の進展とともにシステム開発・統合案件が増加
  (2)グローバル(システム運用管理・データセンター)の市場規模予測(2012~2017年度)
    ①BCP、モバイルコンテンツ、クラウドサービスなどを背景に需要が増加
    ②地域別市場規模は北米が約4割を占めるが、APACの成長率が最も高い
  (3)グローバル(BPOサービス)の市場規模予測(2012~2017年度)
    ①先進国の中で日本はBPO市場成長の潜在性あり
    ②海外進出先として注目される新興国にてBPOニーズの潜在性あり
  (4)日本国内向けオフショア開発のコスト規模予測(2012~2017年度)
    ①オフショア比率を上げる大手ITベンダー、リショアリングする中小ITベンダー
    ②国内向けオフショア開発拠点として最も活用されている中国
    ③英語圏ユーザーの獲得後にも活用の期待ができるインド
    ④中国、インドに代わるオフショア開発拠点として注目度の高い東南アジア
  (5)日本国内向けオフショアBPOのコスト規模予測(2012~2017年度)
    ①価格競争が激化するBPO市場ではオフショア拠点の活用が有効

IV 参入企業のグローバル拠点・取り組み体制等

1.グローバル拠点の状況
  (1)エリア別グローバル拠点数
  (2)エリア別グローバル従事者数
  (3)エリア別主要サービス
  (4)エリア別英語・日本語対応、コールセンター対応の状況
2.グローバルアウトソーシングの取り組み体制等
  (1)グローバルアウトソーシング取り組み体制
  (2)グローバルデータセンター数
  (3)現地企業名
  (4)外部提携先
  (5)導入実績

V 個別企業実態調査票

1.株式会社iSoftStone Japan
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
2.アクセンチュア株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)コスト削減効果
  (4)日本語対応能力
  (5)他社との差別化ポイント
  (6)グローバル拠点活用における課題
  (7)市場の将来展望
  (8)今後の事業展開
3.株式会社アグレックス
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
4.株式会社インターネットイニシアティブ
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)日本語対応能力
  (5)他社との差別化ポイント
  (6)グローバル拠点活用における課題
  (7)市場の将来展望
  (8)今後の事業展開
5.インフォシスリミテッド日本支店
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
6.ウィプロ・ジャパン株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日  本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
7.株式会社エイチシーエル・ジャパン
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
8.エクイニクス・ジャパン株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)日本語対応能力
  (5)他社との差別化ポイント
  (6)グローバル拠点活用における課題
  (7)市場の将来展望
  (8)今後の事業展開
9.NTTコミュニケーションズ株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)多言語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
10.株式会社NTTデータ
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
11.KDDI株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)日本語対応能力
  (5)他社との差別化ポイント
  (6)グローバル拠点活用における課題
  (7)市場の将来展望
  (8)今後の事業展開
12.KVH株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
13.コグニザントジャパン株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
14.Genpact Japan株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
15.株式会社第一コンピュータリソース
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
16.タタコンサルタンシーサービシズジャパン株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
17.TIS株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)日本語対応能力
  (5)他社との差別化ポイント
  (6)グローバル拠点活用における課題
  (7)市場の将来展望
  (8)今後の事業展開
18.株式会社TMJ
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
19.トランスコスモス株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)日本語対応能力
  (5)他社との差別化ポイント
  (6)グローバル拠点活用における課題
  (7)市場の将来展望
  (8)今後の事業展開
20.日本電気株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
21.NEUSOFT Japan株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
22.株式会社野村総合研究所
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)他社との差別化ポイント
  (6)グローバル拠点活用における課題
  (7)市場の将来展望
  (8)今後の事業展開
23.パクテラ・テクノロジー・ジャパン株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
24.株式会社ビジネスブレイン太田昭和
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)日本語対応能力
  (5)他社との差別化ポイント
  (6)グローバル拠点活用における課題
  (7)市場の将来展望
  (8)今後の事業展開
25.株式会社日立システムズ
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)グローバル拠点活用における課題
  (6)市場の将来展望
  (7)今後の事業展開
26.株式会社日立製作所
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)他社との差別化ポイント
  (6)グローバル拠点活用における課題
  (7)市場の将来展望
27.富士通株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
28.ベライゾンジャパン合同会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開
29.株式会社もしもしホットライン
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)コスト削減効果
  (5)日本語対応能力
  (6)他社との差別化ポイント
  (7)グローバル拠点活用における課題
  (8)市場の将来展望
  (9)今後の事業展開

<図表目次>
図表1 グローバルアウトソーシングの区分
図表2 日本国内向けサービスの区分
図表3 国別のカントリーリスク・インフラ整備状況等
図表4 国別の規制状況
図表5 IT人材年間給与
図表6 グローバルアウトソーシング全体市場規模(サービス別)予測(2012~2017年度)
図表7 グローバル海外売上高に占める日系アウトソーサ―海外売上高の割合(2012~2017年度)
図表8 グローバルアウトソーシング全体市場規模(エリア別)予測(2012~2017年度)
図表9 日本国内向けオフショアサービス全体コスト規模(サービス別)予測(2012~2017年度)
図表10 日本国内向けオフショアサービス全体コスト規模(エリア別)予測(2012~2017年度)
図表11 グローバル(システム開発・統合)の市場規模予測(2012~2017年度)
図表12 グローバル(システム運用管理・データセンター)の市場規模予測(2012~2017年度)
図表13 グローバル(BPOサービス)の市場規模予測(2012~2017年度)
図表14 日本国内向けオフショア開発の市場規模予測(2012~2017年度)
図表15 日本国内向けオフショアBPOの市場規模予測(2012~2017年度)
図表16 エリア別グローバル拠点数
図表17 エリア別グローバル従事者数
図表18 エリア別主要サービス
図表19 英語対応可能エリア
図表20 日本語対応可能エリア
図表21 顧客の社外向けコールセンター機能保有エリア
図表22 グローバルアウトソーシング取り組み体制
図表23 グローバルデータセンター数
図表24 現地企業名
図表25 外部提携先
図表26 導入実績
図表27 iSoftStone Japanの受注関連図
図表28 iSoftStone Japanのオフショア提供サービスプラットフォーム
図表29 アグレックスのグローバル展開
図表30 IIJの主なグローバル関連サービスメニュー
図表31 ウィプロ・ジャパンが提供するサービス一覧
図表32 HCLグループの概要
図表33 エクイニクス・ジャパンの主要サービス
図表34 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズが提供する各種サービス
図表35 KDDIの提供するグローバルICT事業
図表36 KVHの主なサービスメニュー
図表37 DCRの提供するサービス
図表38 トランスコスモスの主なサービスメニュー
図表39 NECグローバルサービス
図表40 NECのグローバルサービス提供体制
図表41 各工程における作業内容(例)
図表42 野村総合研究所のグローバルサービス拠点
図表43 海外進出支援サービス概念図
図表44 富士通のグローバル・インフラストラクチャー・サービス
図表45 ベライゾンが提供するグローバルサービス
図表46 もしもしホットラインが提供するグローバルサービス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。