2014年版 医療機器・医療ICTの保守契約市場

薬事法および医療法の改正により、医療機器の保守点検が義務化されてから、医療機関では医療機器の安全性および有効性を確保、さらに効果的に運用するため、適正な使用はもちろん、適正な保守管理が必要となっている。これにより医療機関が患者へ安全かつ安心な医療を提供できるものとなる。医療機関における保守点検の実際は、病院規模や導入されている各種機器等により、その状況は大きく異なっている。中でも代替可能な小型ME機器は、大型ME機器と比較して保守契約率は低くなっている。しかしながらメーカー各社は、医療機関へ新たな支払い方法やリモートメンテナンス、コンサルティング要素のあるサービス等の提案により、保守契約率の向上を目指している。本調査レポートでは、検査、診断、治療における医療機器/ICTの現状、各メーカーの取組みとその状況、医療機関とメーカーにおける保守契約内容例、保守点検をメインとしたアウトソース先例等を調査し、保守契約市場の現状と今後を予測した。

発刊日
2014/12/26
体裁
A4 / 242頁
資料コード
C56101200
PDFサイズ
5.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象品目
臨床検査機器・・・生化学自動分析装置、血球計数装置、血液凝固測定装置
ICT・・・病院向け基幹システム(電子カルテ・オーダリングシステム・医事会計システム)、一般診療所向けシステム(電子カルテ、レセコン)、臨床検査システム(LIS)、放射線部門システム(PACS、RIS/治療RIS)、循環器部門システム(Cardiology PACS)
医療機器(診断)・・・医用X線CT装置、MRI装置、一般X線装置、X線透視撮影装置、超音波画像診断装置、心電計、生体情報モニタ、内視鏡
医療機器(治療)・・・放射線治療装置、ESWL、ベンチレータ、全身麻酔器
調査方法:直接面談調査、文献やその他の情報収集による複合調査
調査期間:2014年5月~2014年12月

資料ポイント
Close

  • 医療機器ならびに医療ICTの主たる収益源となっている保守契約市場にフォーカス
  • 品目別の市場規模、保守契約内容、保守契約率等を明らかに
  • 同市場は臨床検査機器、ICT、医療機器(診断/治療)別に大きさ、病院規模、部門特性等で異なる傾向を示すことがある。そのため、行政や医療機関の概況、機器/ICTメーカーの有効事例等も合わせ、様々な角度からの分析を行い、本市場の今後の方向性を予測

資料概要
Close

1.調査要領
2.Summary
3.保守メンテナンスの概況
4.保守メンテナンスの市場動向
5.有力企業動向
6.企業個別票(182社)

リサーチ内容

■掲載内容

1.調査要領

(1)調査内容
(2)調査方法
(3)調査期間
(4)品目
(5)留意
(6)製作

2.Summary

3.保守メンテナンスの概況

(1)保守管理・保守点検とは
(2)特定保守管理医療機器
(3)保守管理に関する診療報酬
(4)保守管理の現状

4.保守メンテナンスの市場動向

(1)保守メンテナンスの市場概況
(2)保守メンテナンスのサービスフロー
(3)セグメント別の保守契約市場規模推移と予測

(3-1)臨床検査機器
  生化学自動分析装置
    生化学自動分析装置
    生化学自動分析装置市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  血球計数装置
    血球計数装置
    血球計数装置市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    守契約市場

  血液凝固測定装置
    血液凝固測定装置
    血液凝固測定装置市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

(3-2)ICT
  病院向け基幹システム
    病院向け基幹システム
    病院向け基幹システム市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  一般診療所向けシステム
    一般診療所向けシステム
    一般診療所向けシステム市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  臨床検査システム
    臨床検査システム
    臨床検査システム市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  放射線部門システム
    放射線部門システム
    放射線部門システム市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  循環器部門システム
    循環器部門システム
    循環器部門システム市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

(3-3)医療機器:診断
  医用X線CT装置
    医用X線CT装置
    医用X線CT装置市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  MRI装置
    MRI装置
    MRI装置市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  一般X線装置
    一般X線装置
    一般X線装置市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  X線透視撮影装置
    X線透視撮影装置
    X線透視撮影装置市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  超音波画像診断装置
    超音波画像診断装置
    超音波画像診断装置市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  心電計
    心電計
    心電計市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  生体情報モニタ
    生体情報モニタ
    生体情報モニタ市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  内視鏡
    内視鏡
    内視鏡市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

(3-4)医療機器:治療
  放射線治療装置
    放射線治療装置
    放射線治療装置市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  ESWL
    ESWL
    ESWL市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  ベンチレータ
    ベンチレータ
    ベンチレータ市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

  全身麻酔器
    全身麻酔器
    全身麻酔器市場
    保守契約動向
    メーカー動向
    保守契約市場

5.有力企業動向

<臨床検査機器>
  シスメックス、東芝メディカルシステムズ

<ICT>
  富士通、パナソニックヘルスケア、エイアンドティー、シスメックスCNA、
  富士フイルムメディカル、横河医療ソリューションズ、グッドマン

<医療機器>
  東芝メディカルシステムズ、GEヘルスケア・ジャパン、島津製作所、日立メディコ、
  フクダ電子、日本光電工業、オリンパスメディカルシステムズ、
  富士フイルム(富士フイルムメディカル)、バリアンメディカルシステムズ、
  エレクタ、アイ・エム・アイ、フィリップス・レスピロニクス

6.企業個別票(182社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。