2014 キュレーション市場の実態と展望 ~EC/小売/メディア/ビッグデータ分析における活用~

インターネットが普及して流通情報量が飛躍的に増えていく一方で、消費情報量は限界を迎えている。つまり、個々人が真に必要な情報やモノを見つけるのが困難になりつつあることを示唆している。このような問題を解決していくのが「キュレーションサービス」だ。キュレーションとは「目的や意図を持って情報収集して、そこから不要なものを切り捨てて、人々の関心・興味を新たに喚起する形式で集約化し、共有すること」を示す。キュレーションサービスは散在するニュース情報をまとめる「ニュース配信」や、専門家が選ぶアイテムのみを扱うような「キュレーション型EC」等、様々な種類のものがある。メディア業界においてはニュース配信アプリによって効率的なコンテンツ配信が可能になり、小売業においてはキュレーション型ECによってO2Oマーケティングが可能になる等、キュレーションサービスは様々な活用の可能性を秘めている。本調査レポートでは、キュレーションサービスのビジネスモデル、及び、各種業界におけるタイアップ事例等を掲載している。そもそもキュレーションとは人の手を介して集約化することが前提となっていたが、近年ではアルゴリズム解析・分析等の発達により人の手を介さなくても個々人に合った情報提供が可能となっており、技術によるものも含めてキュレーションと言うケースが増えてきた。市場規模予測についてはアルゴリズム等を利用したサービスについても含めた上で、課金・広告収入・物品販売等のマネタイズ別、メディア・EC・コンサルティング/プラットフォーム構築/その他等の分野別による市場規模をそれぞれ掲載している。また、各種業界(EC/小売/メディア/教育/ビックデータ分析/オウンドメディア/新規事業)におけるキュレーションサービスの活用例も掲載している。

発刊日
2014/06/26
体裁
A4 / 242頁
資料コード
C56106300
PDFサイズ
3.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

97,200
90,000
7,200
97,200
90,000
7,200
129,600
120,000
9,600
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:現在、流通情報量が伸び続けている一方、消費情報量は変わらない状態にある。このことは、インターネットの普及により、世の中に出回る情報が増えたものの、個人で消化できる情報に限界がきていることを示唆している。本調査レポートでは、このような課題を解決できる可能性を秘めたキュレーションサービスを調査し、下記を明らかにすることを目的にしている。
(1)キュレーションサービス市場の動向 (2)市場規模と将来予測(2012年度~2017年度) (3)アンケート結果等から見たキュレーションサービスの状況 (4)参入企業の動向と戦略 (5)主要参入企業の個別実態
調査対象
調査対象市場:(1)情報系キュレーションサービス (2)キュレーション型EC (3)キュレーションコンサルティング・キュレーションプラットフォーム構築・その他
調査対象エリア:日本
調査対象企業:情報系キュレーションサービス/キュレーション型EC/コンサル・プラットフォーム
調査方法:直接面接取材。Webアンケート。文献調査その他データ収集。
調査期間:2014年4月~2014年6月

資料ポイント
Close

  • キュレーションサービス市場の動向を「情報系(ニュース配信、バイラルメディア等)」「EC」「コンサルティング・プラットフォーム構築・その他等」の3分野に分けて分析
  • 市場規模は「情報系」「EC」「コンサルティング・プラットフォーム構築・その他等」の3分野における「広告収入」「課金」「物品販売」「手数料」等のマネタイズ別に算出(2012年度~2017年度)
  • キュレーションサービスのビジネスモデル
  • 各種業界(EC/小売/メディア/教育/ビックデータ分析/オウンドメディア/新規事業)におけるキュレーションサービスの活用例を記載
  • 「キュレーションの時代」著者、佐々木俊尚氏のインタビューも掲載
  • アンケート調査を実施
    サンプル:15歳から69歳までの男女1,997名
    質問項目(1.キュレーションサービスへのニーズ 2.キュレーションサービスの利用状況 3.今後使用したいキュレーションサービス)
  • キュレーションサービス提供事業者21社を対象に以下項目を掲載
    (1)市場の概況、(2)サービスの概要とビジネスモデル、(3)ターゲットと営業スタイル、(4)他社との差別化ポイント、(5)プラットフォームの構築と運用、(6)課題と解決の方向性、(7)ビッグデータとの関連、(8)ECとの連携、(9)キュレーションが影響を与える業界、(10)外部企業とのタイアップ、(11) 市場の将来展望および今後の事業展開

資料概要
Close

I キュレーションサービス市場の実態と展望
II 市場規模と将来予測
III アンケート結果等から見たキュレーションサービスの状況
IV 参入企業の動向と戦略
V 個別企業実態調査票(21社)
VI その他参入企業簡易調査票(20社)

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  ①高い成長率を示すキュレーションサービス
  ②キュレーションサービスが影響を与えていく業界は様々
2.企業動向
  ①競争が激化している情報系キュレーションサービス
  ②多種多様なタイプが存在するキュレーション型EC
  ③ビッグデータの活用を促すキュレーションコンサル・プラットフォーム
3.展望と課題
  ①情報系キュレーションサービスは広告収入以外のマネタイズが課題
  ②キュレーション型ECは小売業とWin-Winの関係を結べるサービス
  ③キュレーション型コンサルティングサービスやプラットフォーム等の将来展望

I キュレーションサービス市場の実態と展望

1.キュレーションサービス市場とは
  (1)キュレーションサービスの定義
  (2)キュレーションの手法
    ①キュレーターやCGM等、人の手を介す方法(Naverまとめ、Togetter等)
    ②アルゴリズム解析等の技術を使う方法(Gunosy、SmartNews、Vingow等)
    ③技術とキュレーター両方を使う方法(NewsPicks、箱庭等)
  (3)キュレーションサービスの種類
    ①情報系キュレーションサービス
    ②キュレーション型EC
    ③コンサル・プラットフォーム構築・その他
  (4)キュレーションサービス概要
  (5)キュレーションサービスのマネタイズ方法
    ①広告収入
    ②EC(物品販売or出店料or手数料)
    ③その他(課金、コンサル料金、イベント参加費、ツール提供料等)
  (6)キュレーターの属性
    ①専門家(内部or外部)
    ②一般ユーザー(CGM、SNS等)
  (7)キュレーションコンテンツのソース元
2.キュレーションサービス市場の現状
  (1)マネタイズに着手し始めたキュレーションサービス事業者
  (2)グレーゾーンの著作権問題
3.キュレーションサービスの将来予測と方向性
  (1)流通情報量増加と消費流通量の限界がキュレーションサービスの牽引役
  (2)スマートデバイスの普及と共に成長していくキュレーションサービス
  (3)ユーザーのトラフィック確保後は横展開で事業を広げていく流れに
4.各種業界におけるキュレーションサービスの活用
  (1)EC/小売業
    ①コンバージョン率の良いキュレーション型ECに乗り出す巨大EC事業者
    ②小売業は顧客のパーソナルデータ獲得にキュレーション型ECを活用
    ③O2Oマーケティングとしての相乗効果も発揮するキュレーション型EC
  (2)メディア業界における活用
    ①優良記事を掘り起こしてくれる機能を持つ情報系キュレーションサービス
    ②自社コンテンツのPV数向上につながる情報系キュレーションサービスとの提携
  (3)教育業界における活用
    教育業界ではキュレーションプラットフォームを活用した教材作成や研究が進む
  (4)ビッグデータ分析/オウンドメディア/新規事業における活用
    ①ビッグデータ分析における活用
    ②オウンドメディアにおける活用
    ③新規事業展開における活用
5.「キュレーションの時代」著者・佐々木俊尚氏インタビュー
6.キュレーションサービス一覧
  (1)日本国内におけるキュレーションサービス一覧
  (2)海外におけるキュレーションサービス

II 市場規模と将来予測

1.キュレーションサービス全体市場規模予測(2012~2017年度)
2.キュレーションサービス分野別市場規模予測
  (1)情報系キュレーションサービス市場規模予測(2012~2017年度)
  (2)キュレーション型EC市場規模予測(2012~2017年度)
  (3)コンサル・プラットフォーム構築・その他 市場規模予測(2012~2017年度)

III アンケート結果等から見たキュレーションサービスの状況

1.回答者の属性
  (1)年齢
  (2)性別
  (3)年齢別「性別」
2.キュレーションサービスへのニーズ
  (1)検索エンジンへの不満
  (2)年齢別「検索エンジンへの不満」
  (3)ECサイトへの不満
  (4)年齢別「ECサイトへの不満」
3.キュレーションサービスの利用状況
  (1)キュレーションサービス(20種類)の利用状況
  (2)年齢別「キュレーションサービスの利用状況」
  (3)「Naverまとめ」の利用状況
  (4)「Yahoo!ニュース」の利用状況
  (5)「togetter」の利用状況
  (6)「はてなブックマーク」の利用状況
  (7)「Gunosy」の利用状況
  (8)「SmartNews」の利用状況
  (9)「Vingow」の利用状況
  (10)「NewsPicks」の利用状況
  (11)「Antenna」の利用状況
  (12)「箱庭」の利用状況
  (13)「旅ラボ」の利用状況
  (14)「dropout」の利用状況
  (15)「CuRAZY」の利用状況
  (16)「Whats」の利用状況
  (17)「auおまかせショッピング」の利用状況
  (18)「Fancy」の利用状況
  (19)「HATCH」の利用状況
  (20)「Origami」の利用状況
  (21)「Sumally」の利用状況
  (22)「babytopia」の利用状況
4.今後利用したいキュレーションサービス
  (1)20種類のキュレーションサービスの今後の利用意向
  (2)年齢別「キュレーションサービスの今後の利用意向」
  (3)「Naverまとめ」の利用意向
  (4)「Yahoo!ニュース」の利用意向
  (5)「togetter」の利用意向
  (6)「はてなブックマーク」の利用意向
  (7)「Gunosy」の利用意向
  (8)「SmartNews」の利用意向
  (9)「Vingow」の利用意向
  (10)「NewsPicks」の利用意向
  (11)「Antenna」の利用意向
  (12)「箱庭」の利用意向
  (13)「旅ラボ」の利用意向
  (14)「dropout」の利用意向
  (15)「CuRAZY」の利用意向
  (16)「Whats」の利用意向
  (17)「auおまかせショッピング」の利用意向
  (18)「Fancy」の利用意向
  (19)「HATCH」の利用意向
  (20)「Origami」の利用意向
  (21)「Sumally」の利用意向
  (22)「babytopia」の利用意向

IV 参入企業の動向と戦略

1.市場の概況
  (1)情報系キュレーションサービス
    ①埋もれた情報を掘り起こす機能を持つ情報系キュレーションサービス
    ②2013年末より日本国内にも出回り始めたバイラルメディアサイト
  (2)キュレーション型EC
    ①巨大なEC事業者とは別の道で成長しているキュレーション型EC
    ②SNS機能を備えたキュレーション型ECの魅力はデータ蓄積と購買意欲の促進
    ③著名人や専門家を大々的にキュレーターとして打ち出す事業者
  (3)コンサル・プラットフォーム構築・その他
    ①ビッグデータの台頭によるキュレーション型コンサルへのニーズ
    ②現状の技術力を活かしたキュレーションプラットフォーム
2.ターゲット
  (1)情報系キュレーションサービス
    ①ニュースアプリは男性、キュレーションマガジンは女性がメインターゲット
    ②企業向け広告商材についてはインバウンドによる受注
  (2)キュレーション型EC
    ①キュレーション型ECはファッション性が高いサービスが多く女性ユーザーが中心
    ②新規ショップ開拓の営業や著名人、専門家にキュレーターへの依頼
  (3)コンサル・プラットフォーム構築・その他
    模索段階のコンサルティングあるいはツールとしてのキュレーションサービス
3.マネタイズの在り方
  (1)情報系キュレーションサービス
    広告収入がメインとなる情報系キュレーションサービス
  (2)キュレーション型EC
    ①物品販売による売上、出店(出品)手数料、その他
    ②新たなマネタイズ方法とビジネスモデル
  (3)コンサル・プラットフォーム構築・その他
4.他社との差別化戦略
  (1)情報系キュレーションサービス
    ①ユーザー数獲得重視「ニュース配信」、コンテンツ重視「キュレーションマガジン」
    ②画像・動画のSNS上での拡散を重視するバイラルメディアサイト
  (2)キュレーション型EC
    ①多様な種類があるキュレーション型ECにおいてはコンセプトが重要
    ②SNS機能を持つキュレーション型ECはパーソナルデータを取得しやすい
  (3)コンサル・プラットフォーム構築・その他
    ①コンサルティングでビジネス展開なら知識豊富なキュレーターあるいはCGM
    ②キュレーションプラットフォームとしてのサービスは技術力が重要
5.課題及びその解決の方向性
  (1)情報系キュレーションサービス
    ①ユーザーがアクティブにサービスを使いたくなるUI・UXの快適さは重要
    ②参入障壁の低いバイラルメディアサイトは競争化が進んでいる
  (2)キュレーション型EC
    コンバージョンをとるための導線を引くことが重要
  (3)コンサル・プラットフォーム構築・その他
    目下の課題は具体的なマネタイズ方法
6.各種業界への影響
  (1)情報系キュレーションサービス
    メディアの在り方に大きな影響を及ぼすが基本的には共存していく流れに
  (2)キュレーション型EC
    ①巨大なEC事業者と2極化しながら、各々が成長していく市場
    ②百貨店等の小売業とのタイアップによるWin-Win関係
  (3)コンサル・プラットフォーム構築・その他
    様々な業界に影響を与えていくキュレーションという手法
7.市場の将来展望および事業展開
  (1)情報系キュレーションサービス
    ①スマートデバイスの普及に伴う情報系キュレーションサービスへのニーズ
    ②海外展開へ向けての取り組みが本格化するのは数年後になる見込み
    ③多様化していく収益の上げ方
  (2)キュレーション型EC
    ①成長率の期待が大きいキュレーション型EC
    ②マーケティングに活かせるキュレーション型EC
  (3)コンサルティング等(コンサルティング・ツール等)
    キュレーションツールやオウンドメディア構築、CGMによるコンサルティング等

V 個別企業実態調査票(21社)

1.株式会社eight
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
2.株式会社オールアバウト
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
3.株式会社Origami
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
4.株式会社クールミント
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
5.株式会社Gunosy
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
6.KDDI株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ECとの連携
  (8)キュレーションが影響を与える業界
  (9)外部企業とのタイアップ
  (10)市場の将来展望および今後の事業展開
7.株式会社サイバーエージェント
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
8.株式会社サマリー
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
9.株式会社JX通信社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
10.株式会社スタートアウツ
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
11.スマートニュース株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
12.トゥギャッター株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
13.株式会社nanapi
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
14.株式会社number9
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
15.日本電信電話株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ビッグデータとの関連
  (3)ECとの連携
  (4)キュレーションが影響を与える業界
  (5)市場の将来展望および今後の事業展開
16.株式会社はてな
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
17.株式会社BitGather
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
18.富士通株式会社
  【1】データキュレーションサービス
    (1)市場の概況
    (2)サービスの概要とビジネスモデル
    (3)ターゲットと営業スタイル
    (4)他社との差別化ポイント
    (5)ビッグデータとの関連
    (6)市場の将来展望および今後の事業展開
  【2】キュレーション・ラーニング
    (1)市場の概況
    (2)サービスの概要とビジネスモデル
    (3)ターゲットと営業スタイル
    (4)他社との差別化ポイント
    (5)プラットフォームの構築と運用
    (6)課題と解決の方向性
    (7)ビッグデータとの関連
    (8)ECとの連携
    (9)キュレーションが影響を与える業界
    (10)外部企業とのタイアップ
    (11)市場の将来展望および今後の事業展開
19.株式会社ポイントスリー
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)キュレーションが影響を与える業界
  (9)外部企業とのタイアップ
  (10)市場の将来展望および今後の事業展開
20.株式会社ユーザベース
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開
21.RIDEMEDIA&DESIGN株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)ビッグデータとの関連
  (8)ECとの連携
  (9)キュレーションが影響を与える業界
  (10)外部企業とのタイアップ
  (11)市場の将来展望および今後の事業展開

VI その他参入企業簡易調査票(20社)

1.アイティメディア株式会社
2.有限会社油忠
3.アマゾンジャパン株式会社
4.株式会社エニドア
5.株式会社エムティーアイ
6.カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
7.グーグル株式会社
8.株式会社グライダーアソシエイツ
9.株式会社神戸デジタル・ラボ
10.株式会社ザッパラス
11.株式会社スタートトゥデイ
12.株式会社CHINTAI
13.FancyJapan
14.株式会社MyGOD
15.ミューズコー株式会社
16.株式会社MONOCO
17.ヤフー株式会社
18.LINE株式会社
19.楽天株式会社
20.株式会社リクルートホールディングス

図表目次

図表1 キュレーションサービス市場規模推移(2012~2017年度)
図表2 キュレーションサービス提供事業者分布図
図表3 各情報量の推移(平成13年度=100)
図表4 日本国内におけるキュレーションサービス一覧
図表5 海外におけるキュレーションサービス一覧
図表6 全体市場規模予測(2012~2017年度)
図表7 情報系キュレーションサービス市場規模予測(2012~2017年度)
図表8 キュレーション型EC市場規模予測(2012~2017年度)
図表9 コンサル・プラットフォーム構築・その他 市場規模予測(2012~2017年度)
図表10 回答者の年齢
図表11 回答者の性別
図表12 回答者の年齢別「性別」
図表13 検索エンジンへの不満
図表14 年齢別「検索エンジンへの不満」
図表15 ECサイトへの不満
図表16 年齢別ECサイトへの不満
図表17 キュレーションサービス(20種類)の利用状況
図表18 20種類のキュレーションサービスの利用状況割合
図表19 年齢別「キュレーションサービスの利用状況」
図表20 「Naverまとめ」の利用状況
図表21 「Yahoo!ニュース」の利用状況
図表22 「togetter」の利用状況
図表23 「はてなブックマーク」の利用状況
図表24 「Gunosy」の利用状況
図表25 「SmartNews」の利用状況
図表26 「Vingow」の利用状況
図表27 「NewsPicks」の利用状況
図表28 「Antenna」の利用状況
図表29 「箱庭」の利用状況
図表30 「旅ラボ」の利用状況
図表31 「dropout」の利用状況
図表32 「CuRAZY」の利用状況
図表33 「Whats」の利用状況
図表34 「auおまかせショッピング」の利用状況
図表35 「Fancy」の利用状況
図表36 「HATCH」の利用状況
図表37 「Origami」の利用状況
図表38 「Sumally」の利用状況
図表39 「babytopia」の利用状況
図表40 20種類のキュレーションサービスの今後の利用意向
図表41 今後利用したいキュレーションサービスの割合
図表42 年齢別「キュレーションサービスの今後の利用意向」
図表43 「Naverまとめ」の利用意向
図表44 「Yahoo!ニュース」の利用意向
図表45 「togetter」の利用意向
図表46 「はてなブックマーク」の利用意向
図表47 「Gunosy」の利用意向
図表48 「SmartNews」の利用意向
図表49 「Vingow」の利用意向
図表50 「NewsPicks」の利用意向
図表51 「Antenna」の利用意向
図表52 「箱庭」の利用意向
図表53 「旅ラボ」の利用意向
図表54 「dropout」の利用意向
図表55 「CuRAZY」の利用意向
図表56 「Whats」の利用意向
図表57 「auおまかせショッピング」の利用意向
図表58 「Fancy」の利用意向
図表59 「HATCH」の利用意向
図表60 「Origami」の利用意向 
図表61 「Sumally」の利用意向
図表62 「babytopia」の利用意向
図表63 eightにおけるリアル×ネットでのブランディング
図表64 eightにおける商材の拡充
図表65 Gunosyインストール数グラフ
図表66 Gunosy機能概要
図表67 はてなのユーザー属性
図表68 データキュレーションサービス(データコンサルティング)
図表69 データコンサルティングのスケジュール
図表70 専門家集団「キュレーター」とは
図表71 キュレーション・ラーニングを支援するプラットフォーム
図表72 ポイントスリー他調査会社との比較
図表73 NewsPicksがメディアに与える影響

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

97,200
90,000
7,200
97,200
90,000
7,200
129,600
120,000
9,600
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。