2016年版 製薬市場の10年展望

本調査レポートでは、製薬市場の現状、そして今後生じることが予想される変化の波について最新の情報分析を掲載した。

発刊日
2016/03/24
体裁
A4 / 188頁
資料コード
C57124400
PDFサイズ
4.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:行政当局、製薬企業、医薬品卸、医療機関、薬局、学識経験者、業界紙関係者
調査方法:面接調査を基本として実施
調査期間:2015年4月~2016年3月

資料ポイント
Close

  • 今後、製薬市場において生じるさまざまな変化を予測
  • 2025年へ向けて変革が進む医療提供体制をさまざまな視点から解説
  • 薬効別医薬品の今後10年を予測
  • 医薬品流通市場の構造的変化予測

資料概要
Close

第1章 変革途上期の医療提供体制
第2章 変革途上期の医薬品流通
第3章 変革途上期の製薬企業
第4章 変革途上期の製薬市場

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 変革途上期の医療提供体制

2025年に向け着実に大きさが増す変革の足音
  2016年度診療報酬改定は外枠でネットマイナスに
  「社会的インフラ」であるべき医療も厳しい対応を余儀なくされる時代に

2025年の必要病床数
  強まる病床削減の圧力
  過度の病院依存社会の終焉

迫られる病院病床の再編
  2018年を目途に病床機能を明確化
  地域医療連携推進法人の効果は限定的
  療養病床の再編

地域包括ケアの推進で何が変わるのか
  地域医療のあり方が変貌を遂げる
  患者の居宅を基本とした医療提供体制の強化

揺れる薬局
  時限爆弾がセットされた2016年度調剤報酬改定
  「かかりつけ薬剤師」評価のための点数を新設することの意味
  「大手門前薬局」の見直し評価の影響
  あと何回の改定で医薬分業のあり方が変わるのか

第2章 変革途上期の医薬品流通

C型肝炎治療薬特需で好業績の卸各社
  C型肝炎治療薬効果が限定的だったメディパルとアルフレッサ
  メーカー物流まで担い好業績となったスズケン
  特需が限定的となっている東邦

妥結率の向上と流通改善
  約90%に達した妥結率、これは本物か
  卸は課題を解決できるのか

2016年度診療報酬改定後の卸
  市場の揺れは繰り返す
  医薬品依存経営の限界
  激変が予想される市場環境下で経営持続の道を見出すことができるのか

調剤報酬改定の卸経営への影響度
  安定利益確保から経営を圧迫する要因に
  強まる薬価引き下げ圧力

パテントクリフに対応できる経営に
  地域包括ケアへの対応は現場から
  独自のデータ戦略を活用し、自社の強みを構築する
  ユーザーの変化に適応した卸へ

第3章 変革途上期の製薬企業

毎年改定と特例再算定制度
  毎年改定はほぼ決まり
  経営計画をさらに不透明化する特例再算定

わが国市場の大きな特徴だった長期収載品の存在が消滅する
  製薬企業各社はビジネスモデルの変更を迫られている
  代わってAGやバイオシミラーの台頭はあるのか
  特許切れ即後発医薬品の構図が生まれるのか
  強まる業界再編圧力

既発売の医薬品を生まれ変わらせる
  オフラベルでの効果を確認し、新薬として生まれ変わらせる
  対応部門新設・強化の必要性

どこまで変われるのかMR
  営業・宣伝要員としての限界と新たなる可能性
  卸と製薬企業との新たな関係を構築

「産業ビジョン2025」を自社の成長と合致させることができるのか
  ハードルが高いビジョンの実行性
  不透明感増す環境下でリスクと向き合った戦略が実行できるのか

M&Aは成長のキーワードではない
  製薬企業はどこまでM&Aを有効活用できるのか

第4章 変革途上期の製薬市場

新薬開発の大転換
  特例再算定制度を生み出したC型肝炎治療薬
  PPIでも異変が生じている
  抗がん剤は世界的規模で開発ラッシュ

患者数は増え続けるが有効な新薬が登場しない
  人口高齢化や食生活の変化が生み出した疾患
  新薬の宿命パテントクリフ

新たな薬効の新薬として再登場
  新たなチャンスを生かす

わが国の医療用医薬品生産高予測(2015年~2023年)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。