2015~2016年版 医薬品卸企業年鑑

医薬品市場の動向と今後の医薬品卸企業に求められる企業像を展望。また国内の主要医薬品卸、臨床検査薬・医療機器卸企業約130社の詳細な戦力内容を網羅した総合マーケティング資料。各社基礎データから、事業別売上高、地域別売上高内訳、仕入先販売実績、業態別取引件数・売上高などのデータとランキング、さらには市場実態と目指すべき将来像を完全装備。

発刊日
2015/12/28
体裁
A4 / 376頁
資料コード
C57124600
PDFサイズ
13.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

108,000
100,000
8,000
108,000
100,000
8,000
140,400
130,000
10,400
216,000
200,000
16,000
248,400
230,000
18,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書においては医薬品卸売業、診断薬卸売業などを展開する医薬品卸関連企業の調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
(1)2014年度の医薬品卸関連企業の実態
(2)医薬品卸企業の展望と課題
(3)医薬品卸企業の将来
調査対象:医薬品卸売業、診断薬卸売業などの医薬品卸関連企業
調査対象エリア:日本
調査方法:直接面接取材、郵送式アンケート調査、文献調査その他データ収集
調査期間:2015年9月~2015年12月

資料ポイント
Close

  • 2015年の医薬品卸市場動向と、2016年度診療報酬改定後の医薬品卸の姿を予測
  • 各社最新データ集:国内医薬・臨床検査薬卸企業最新データ、ランキングを掲載
  • ランキング編:総売上高(連結・単体)/総売上高増減率/従業員1人当たり売上高/経常利益高(連結・単体)/経常利益高増減率/経常利益率/従業員1人当たり経常利益高/医薬品売上高(連結・単体)/医療用・一般用医薬品売上高(連結・単体)/ジェネリック医薬品売上高/主要医薬品卸MS・DS数/仕入先販売実績内訳(順位)/仕入先販売実績内訳(構成比) 等
  • 実態編:社名/代表者/本社所在地/事業所/設立/資本金/大株主/取引銀行/販売構成/主要薬効別取扱品/関連会社/業績推移/地域別販売シェア/業態別取引件数と売上高構成/仕入先販売実績内訳/従業員数/MS・DS数/一人当たり売上高/一人当たり経常利益/物流センター 等

資料概要
Close

第1章 医薬品流通(卸)市場規模・主要医薬品卸企業ランキング編
第2章 激変期の医薬品流通と卸
第3章 主要医薬品卸企業実態編 -医薬品卸グループ・連結企業-
第4章 主要医薬品卸企業実態編 -個別企業-
第5章 主要臨床検査薬・医療機器卸企業 実態編
第6章 医薬品卸企業関連データ編

リサーチ内容

■掲載内容

ExecutiveSummary

第1章 医薬品流通(卸)市場規模・主要医薬品卸企業ランキング編

医薬品流通(卸)市場規模
1.調査概要
2.医薬品流通(卸)市場規模
  (1)医薬品売上高
  (2)医療用医薬品売上高
  (3)一般用医薬品売上高
3.医薬品卸外事業
  総売上高ランキング《連結ベース》
  経常利益高ランキング《連結ベース》
  医薬品売上高ランキング《連結ベース》
  医療用医薬品売上高ランキング《連結ベース》
  一般用医薬品売上高ランキング《連結ベース》
  総売上高ランキング

  総売上高増減率ランキング
  従業員1人当たり売上高ランキング
  経常利益高ランキング
  経常利益高増減率ランキング
  経常利益率ランキング
  従業員1人当たり経常利益高ランキング
  医薬品売上高ランキング
  医療用医薬品売上高ランキング
  一般用医薬品売上高ランキング
  主要医薬品卸MS/DS数一覧
  仕入先販売実績内訳-順位-
  仕入先販売実績内訳-構成比-
  試薬・診断薬/医療機器売上高一覧《連結ベース》
  試薬・診断薬/医療機器売上高一覧《個別ベース》
  主要医薬品卸企業の物流拠点一覧

第2章 激変期の医薬品流通と卸

激変期の医薬品流通と卸
C型肝炎治療薬特需で好業績の卸各社
C型肝炎治療薬効果が限定的だったメディパルとアルフレッサ
メーカー物流まで担い好業績となったスズケン
特需が限定的となっている東邦
妥結率の向上と流通改善
約90%に達した妥結率、これは本物か
このような状況下で卸は課題を解決できるのか
2016年度診療報酬改定後の卸
市場の揺れは繰り返す
医薬品依存経営の限界
激変が予想される市場環境下で経営持続の道を見出すことができるのか

第3章 主要医薬品卸企業実態編 -医薬品卸グループ・連結企業-

4大医薬品卸グループ合算総売上高
アルフレッサホールディングス(株)、大木ヘルスケアホールディングス(株)、
(株)スズケン、東邦ホールディングス(株)、(株)バイタルケーエスケー・ホールディングス、
(株)フォレストホールディングス、(株)ほくやく・竹山ホールディングス、
(株)メディパルホールディングス、(株)葦の会

第4章 主要医薬品卸企業実態編 -個別企業-

(株)アスティス、(株)アステム、(株)アトル、天野商事(株)、
アルフレッサ(株)、アルフレッサ日建産業(株)、アルフレッサヘルスケア(株)、
イワキ(株)、岩渕薬品(株)、榎本薬品(株)、(株)エバルス、(株)大木、
岡野薬品(株)、(株)小田島、(株)神田大薬局、九州東邦(株)、協栄薬品(株)、
(株)ケーエスケー、(株)健翔大木、合同東邦(株)、(株)幸燿、(株)恒和薬品、
寿薬品(株)、酒井薬品(株)、(株)サンキ、シーエス薬品(株)、
四国アルフレッサ(株)、(株)翔薬、(株)新生堂、(株)スズケン、
(株)スズケン岩手、(株)スズケン沖縄薬品、(株)セイエル、ゼネル薬品工業(株)、
(株)ダイコー沖縄、ティーエスアルフレッサ(株)、DKSHジャパン(株)、
東七(株)、東邦薬品(株)、旧・常盤薬品(株)、富田薬品(株)、中北薬品(株)、
中澤氏家薬業(株)、ナカノ薬品(株)、鍋林(株)、(株)ナンブ、日邦薬品工業(株)、
(株)バイタルネット、(株)PALTAC、繁和産業(株)、ピップ(株)、藤村薬品(株)、
(株)ファイネス、(株)ホールセールスターズ、(株)ほくやく、松浦漢方(株)、
(株)マルタケ、(株)宮崎温仙堂商店、明祥(株)、(株)メディカル一光、
(株)メディセオ、(株)森田草楽堂、(株)モロオ、(株)よんやく、
(株)リードヘルスケア、(株)琉薬

第5章 主要臨床検査薬・医療機器卸企業 実態編

(株)朝日サイエンス、アズサイエンス(株)、(株)アテスト、(株)アビオス、
アルフレッサ篠原化学(株)、伊勢久(株)、大槻理化学(株)、尾崎理化(株)、
(株)カーク、(株)関薬、京都和光純薬(株)、(株)ケミカル同仁、高信化学(株)、
(株)小関秀雄商店、(株)サノ、四国八洲薬品(株)、正晃(株)、竹内化学(株)、
(株)タナカ、堤化学(株)、(株)テクノ・スズタ、(株)トーアサイエンス、
東北化学薬品(株)、鳥取サイエンス(株)、利根化学(株)、中山商事(株)、
(株)南部医理科、日進商事(株)、平野純薬(株)、広島和光(株)、広瀬化学薬品(株)、
不二化学薬品(株)、宝来メデック(株)、北海道和光純薬(株)、宮田化学(株)、
(株)宮田薬品、(株)薬研社、八洲薬品(株)、山本薬品(株)、横澤化学(株)、
理科研(株)

第6章 医薬品卸企業関連データ編

医薬品卸の合併及び営業権譲渡状況(1984~2016年)
日本医薬品卸業連合会会員構成員・本社数、医薬品生産高推移
日本医薬品卸業連合会会員会社の従業員・MS員数の推移(グラフ)
日本医薬品卸業連合会会員会社の従業員・MS員数の推移(表)
卸経営の状況
(社)日本医薬品卸業連合会会員構成員企業(本社)一覧

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

108,000
100,000
8,000
108,000
100,000
8,000
140,400
130,000
10,400
216,000
200,000
16,000
248,400
230,000
18,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています