2016 ベビー・こども服市場年鑑

本調査レポートでは、業績を伸ばしている企業、顧客に支持されている企業など、注目の動きを取材し、まとめた。また、ベビー・こども服関連企業の個表や各種統計による多角的な情報等を掲載した。

発刊日: 2016/06/30 体裁: A4 / 359頁
資料コード: C58106400 PDFサイズ: 6.0MB
カテゴリ: ファッション、スポーツ、美容、生活雑貨、消費財 / 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 151,200円 (本体 140,000円 消費税 11,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内ベビー・こども服業界の有力企業を中心に、末端消費市場まで幅広いデータの収集及び分析をすることで、ベビー・こども服市場の現状把握、並びに将来予測を行い、マーケティングのための基礎資料とすることを目的とする。
調査対象:ベビー・こども服市場に参入している小売業、卸売業、製造業の有力企業を中心とし、その他関連企業を調査対象とした。
調査方法:個別企業に対する、弊社研究員による直接面接取材を中心に電話・FAX取材、郵送取材などを併行して行った。尚、掲載内容については、取材、アンケートにご協力頂けなかった企業では一部推計値を掲載させていただいた。
調査期間:2016年5月~2016年6月

調査結果サマリー
Close

ベビー・こども服市場に関する調査を実施(2016年)
・2015年の国内ベビー・こども服の小売市場規模は前年比99.5%の9,180億円
・百貨店チャネル、次世代顧客取り込みに注力
・カジュアルギフト需要の増加に伴い、ライフスタイル提案も

資料ポイント
Close

  • ベビー・こども服関連企業の戦略分析 ~商品、チャネルなど直接取材レポート
  • ベビー・こども服関連企業の概要表 ~メーカー/卸/SPA/専門小売店/通販
  • チャネル別、アイテム別市場規模
  • ベビー・こども服関連企業の売上高一覧
  • 小売市場の動向分析 ~百貨店、量販店、専門店、総合衣料品店、通販など各チャネルの行方を予測
  • 海外ブランド・ライセンスブランド市場規模と動向

資料概要
Close

第1編 ベビー・こども服小売市場
第2編 ベビー・こども服メーカー/卸市場
第3編 ベビー・こども服/海外ブランド・ライセンスブランド市場
第4編 ベビー・こども服消費者市場
第5編 ベビー・こども服関連企業実態調査

リサーチ内容

■掲載内容

第1編 ベビー・こども服小売市場

・ベビー・こども服小売市場規模の推移と予測
  ◆ベビー・こども服小売市場規模推移
  ◆チャネル別市場規模
  ◆カテゴリー別市場規模
  ◆グレード別・業態別市場規模
  ◆2015年のベビー・こども服市場の特徴と今後の展望
・チャネル別販売動向
  Ⅰ.百貨店市場
    1.全国百貨店売上高
    2015年全国百貨店の総売上高と衣料品売上高
    2.大手百貨店の売上動向と主要百貨店の近況
    2015年全国百貨店の衣料品販売動向
    百貨店業界トピック
    近年の百貨店の開店、閉店
    3.百貨店のベビー・こども服売場動向
    百貨店チャネルの市場規模推移
    百貨店のベビー・こども服売場の動向
  Ⅱ.量販店市場
    1.量販店売上高
    量販店販売額の推移
    量販店月別売上高
    量販店商品別販売額
    量販店の店舗数、売場面積
    量販店の店舗当たり、面積当りの販売額
    量販店営業収益
    大手量販店の2015年衣料品販売額
    2.量販店のベビー・こども服売場の動向
    量販店チャネルの市場規模推移
    量販店のベビー・こども服売り場の動向
    3.グランツリー武蔵小杉利用者の来店目的と満足度
    4.2015年ショッピングセンター市場の動向とトレンド
    2015年のショッピングセンターの売り上げ動向
    2015年のショッピングセンターの開発動向
    2015年オープンのSCの概要
  Ⅲ.専門店市場
    1.専門店におけるベビー・こども服の動向
    専門店チャネルの市場規模推移
    専門店チャネルの各社取組み動向
    商品戦略/チャネル出店戦略/プロモーション戦略/海外戦略/今後の課題
    ベビー・こども服アパレルの直営店戦略
  Ⅳ.通信販売市場
    1.通信販売業界の動向
    通信販売市場の規模推移と動向
    大手通信販売企業の2015年度実績
    EC市場
    2.通信販売におけるベビー・こども服の動向
    通販チャネルの市場規模推移
    各社の取組み動向
  Ⅴ.インバウンド動向
    1.百貨店外国人観光客売上高・来店動向
    外国人観光客売上高・来店動向
    外国人観光客に人気のある商品
    2.インバウンド需要の動向と取組み
・ベビー・こども服〔小売〕売上高一覧(2015年度)

第2編 ベビー・こども服メーカー/卸市場

・ベビー・こども服卸売市場規模の推移と予測
  ◆ベビー・こども服卸売市場規模推移
  ◆ベビー・こども服アパレル企業の動向
    チャネル戦略
    プロモーション戦略
    海外戦略
    課題と中期戦略
・ベビー・こども服国内生産動向
  ◆工業統計に見る生産動向
    品目別出荷事業所数
    出荷金額
    出荷数量
・ベビー・こども服の輸入動向
  ◆貿易統計に見る輸入動向
    金額・数量推移
    アイテム別推移
    輸入先
・ベビー・こども服〔卸〕売上高一覧(2015年度)

第3編 ベビー・こども服/海外ブランド・ライセンスブランド市場

・ベビー・こども服海外ブランド・ライセンスブランド市場規模の推移と予測
  ◆ベビー・こども服 インポートブランド市場
    インポートブランド市場動向
    ブランド動向
  ◆ベビー・こども服 ライセンスブランド市場
    ライセンスブランド市場動向

第4編 ベビー・こども服消費者市場

・人口動態に見る消費者動向
  ◆年少人口の動態
    (ア)子供(15歳未満)の数
    (イ)年齢3歳階級別こどもの数
    (ウ)都道府県別こどもの数
    (エ)海外諸国におけるこどもの割合
  ◆出生数の動態
  ◆日本人女性人口動態
・家計調査年報に見る消費者動向
  ◆家計収支の概要
    1.消費支出の増減
    2.消費支出の費目別増減と構成比
    3.総世帯のうち勤労者世帯の家計
    4.2015年のベビー・こども服関連消費の動向
・インバウンド消費動向
  ◆訪日外国人観光客数推移
  ◆訪日外国人消費推移・動向
・ベビー・こども服に関する意識調査
  ◆インターネットによる意識調査
    1.子供向け商品の購入場所
    2.よく利用する専門店・量販店
    3.商品(靴・洋服/玩具/文房具)を購入する際、よく利用するインターネットサイト
    4.インターネットサイトでの購入時の1回の支出
    5.子供へのプレゼントの贈呈者
    6.キャラクターについて
    7.今後の子ども関連支出

第5編 ベビー・こども服関連企業実態調査

Ⅰ.ベビー・こども服関連企業詳細個表

株式会社赤ちゃん本舗、イオンリテール株式会社、株式会社キムラタン、
株式会社しまむら、株式会社ストンプ・スタンプ、株式会社千趣会、株式会社大丸松坂屋、
タキヒヨー株式会社、株式会社ナルミヤ・インターナショナル、株式会社西松屋チェーン、
株式会社ニットプランナー、株式会社ノーザンスカイ、株式会社バンダイ、
株式会社ファーストリテイリング、株式会社ファミリア、株式会社ベベ、
株式会社マーキーズ、マザウェイズ株式会社、丸高衣料株式会社、三起商行株式会社、
株式会社三越伊勢丹、株式会社リトルアンデルセン、株式会社RONI WORLD、
株式会社ワールド

Ⅱ.ベビー・こども服関連企業簡易個表

株式会社赤ちゃんの城、株式会社アスコット、株式会社アスティ、株式会社東商店、
アドヴェンチャー株式会社、株式会社アンテナ・ビス、株式会社アン・ドゥー、
株式会社エターナル中紡、株式会社F.O.インターナショナル、株式会社エムエイポップ、
エリカランド株式会社、株式会社オーパス、岡野株式会社、小川株式会社、
株式会社小倉メリヤス製造所、華恵商事株式会社、株式会社カネノ、カモン株式会社、
株式会社キッズ・ジョイ、株式会社キンキ制服、クロスプラス株式会社、
コイズミクロージング株式会社、株式会社コージィコーポレーション、
小松和テキスタイル株式会社、コンビ株式会社、株式会社サイキ、サンフォード株式会社、
サンラリー株式会社、三和株式会社、シーマ・プランニング株式会社、株式会社ジェフ、
株式会社シップス、有限会社シモンズ、株式会社ジャクエツキャラ、株式会社シンク・ビー、
株式会社信浩コーポレーション、株式会社スズキ邦、双日インフィニティ株式会社、
ダイワボウアドバンス株式会社、竹内克毛織株式会社、株式会社ダッドウェイ、
有限会社チャールズ、株式会社DIL、株式会社ティンカーベル、株式会社東京エンゼル本社、
冨田商事株式会社、有限会社ドライブ、株式会社ナカタ、株式会社ナカノ、
ニシキ株式会社、丹羽幸株式会社、株式会社のんのん、株式会社ビィー・カブ、
株式会社ビーズインターナショナル、株式会社ファイン、株式会社フィス、
フィリアインターナショナル、株式会社ふじや、ブランシェス株式会社、
株式会社プロルート丸光、株式会社ボヴィス、ホットマン株式会社、株式会社丸茂繊維、
モリリン株式会社、ヤマトインターナショナル株式会社、有限会社ラスタ・アート・デザイン、
株式会社リトルクラン、株式会社レナウン、株式会社ロープ、株式会社ワイズ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 151,200円 (本体 140,000円 消費税 11,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58119600 2017年版 ベビー関連市場マーケティング年鑑
C58115500 2017 繊維白書
C58107600 2016年版 インナーウェア市場白書
C58104200 2016 アパレル産業白書
C55117200 2013 ベビー・こども服市場年鑑