2016年版 医薬品包装市場の現状と展望

医薬品包装市場とは、国内での医薬品の1次包装(容器・包材)市場を指す。医薬品包装市場は、これまで安定した推移をしてきたが、ここ数年、輸液容器に代表されるように、病院においての使用済み容器の廃棄のし易さが大きな製品選択のポイントとなり、プラスチックボトルからバッグへと転換が進んでいる。また、ドラッグストアの急速な発達から、OTC医薬品の錠剤では、ガラスの自動びんから樹脂ボトルへの転換が進むなど、少しずつ周辺環境とともに市場は変わりつつある。国の財政面から、国民医療費を下げるため、ジェネリック医薬品に移行するという流れも徐々に影響が出てきている。本調査レポートでは、医薬品包装市場において、出荷販売市場規模および今後の予測、また製品分類別参入企業のシェア、製品開発の動きなど、医薬品包装製品の動向と方向性を分析した。

発刊日
2016/09/30
体裁
A4 / 223頁
資料コード
C58108600
PDFサイズ
1.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

118,800
110,000
8,800
118,800
110,000
8,800
151,200
140,000
11,200
237,600
220,000
17,600
270,000
250,000
20,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:国内の医薬品包装市場(下記製品分類)を対象とする。
<医薬品包装の対象となる製品分類>
ドリンクびん、広口びん、アンプル、バイアル(管びん、自動びん)、プラスチック容器(プラスチックボトル等)、シリンジ、真空採血管、PTP用ブリスターシート、アルミニウム箔、SP・分包・貼布剤分包他、チューブ、噴霧器(エアゾール・スプレー用ポンプ)、プレフィラブル・シリンジ、輸液製剤容器
調査方法:直接面談調査、文献、その他の情報収集の複合調査
調査期間:2016年6月~2016年9月

資料ポイント
Close

  • 医薬品の包装(容器・包材)の製品分類別メーカー出荷ベース市場規模推移(2010~2025年度予測)
  • 同製品の参入企業シェア(2015年度)

資料概要
Close

第1章 医薬品包装市場の市場概況
第2章 医薬品包装市場の分類別動向分析
第3章 医薬品包装関連企業の動向
第4章 医薬品包装市場参入企業の項目別分析
第5章 医薬品包装市場の課題・問題点・方向性

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 医薬品包装市場の市場概況

1.医薬品包装(容器・包材)の分類
2.医薬品包装(容器・包材)市場の主要企業の参入動向
3.医薬品包装(容器・包材)の市場規模
  (1)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (2)医薬品包装(容器・包材)市場の製品分類別市場規模推移(2010~2025年度予測)
  (3)医薬品包装(容器・包材)の素材分類別市場規模推移(2015年度)
4.医薬品包装(容器・包材)を取り巻く環境
  (1)医薬品の剤型分類別生産金額(2012-2014年)
  (2)医薬品の剤型分類別生産金額構成比(2014年)
  (3)注射液剤の生産金額の推移(2009-2014年)
  (4)ワクチンの生産金額の推移(2009-2014年)
  (5)ジェネリック医薬品の動向
  (6)子供の誤飲事故の防止-チャイルド・レジスタンス シニア・フレンドリー(CRSF)-
  (7)医療用医薬品のバーコード表示の動向

第2章 医薬品包装市場の分類別動向分析

1.ドリンクびん
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)参入企業シェア
2.広口びん
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)参入企業シェア
3.アンプル
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)参入企業シェア
4.バイアル(管びん、自動びん)
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)参入企業シェア
5.プラスチック容器(プラスチックボトル、他)
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)参入企業シェア
6.シリンジ
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)参入企業シェア
7.真空採血管
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)参入企業シェア
8.PTP用ブリスターシート
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)素材別市場構成比
  (4)参入企業シェア
9.アルミニウム箔
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)参入企業シェア
10.SP・分包・貼布剤分包他(ラミネートシート)
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)参入企業シェア
11.チューブ
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度)
  (3)素材別市場構成比(2015年度)
  (4)参入企業シェア
12.噴霧器
  12-1.エアゾール
    (1)市場動向
    (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
    (3)参入企業シェア
  12-2.スプレー用ポンプ
    (1)市場動向
    (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
    (3)参入企業シェア
13.プレフィラブル・シリンジ
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)素材別市場規模推移
  (4)参入企業シェア
  (5)今後の方向性
14.輸液製剤容器
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移と予測(2010~2025年度予測)
  (3)形態別市場構成比
  (4)参入企業シェア
  (5)今後の方向性

第3章 医薬品包装関連企業の動向

◆(株)アルテ
◆キョーラク(株)
◆(株)サンエー化研
◆関西チューブ(株)
◆共同印刷(株)
◆住友ベークライト(株)
◆第一硝子(株)
◆(株)大協精工
◆大成化工(株)
◆大和特殊硝子(株)
◆武内プレス工業(株)
◆東洋ガラス(株)
◆内外化成(株)
◆阪神化成工業(株)
◆藤森工業(株)
◆ベスパック(株)
◆(株)細川洋行
◆三菱樹脂(株)
◆(株)メイワパックス
◆(株)モリモト医薬

第4章 医薬品包装市場参入企業の項目別分析

1.生産動向
2.製品動向
3.輸出入動向

第5章 医薬品包装市場の課題・問題点・方向性

1.課題・問題点
2.医薬品容器・包材の方向性

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

118,800
110,000
8,800
118,800
110,000
8,800
151,200
140,000
11,200
237,600
220,000
17,600
270,000
250,000
20,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。