2017年版 玩具産業白書

本調査レポートでは、「男児玩具」「女児玩具」「模型・ホビー」「基礎玩具」「知育玩具」等、主要分野毎の玩具市場の市場規模を算出し、市場動向を解説するとともに、玩具流通、周辺市場、その他注目市場にもスポットを当て解説した。

発刊日: 2016/12/28 体裁: A4 / 646頁
資料コード: C58119000 PDFサイズ: 6.3MB
カテゴリ: ファッション、スポーツ、美容、生活雑貨、消費財 / レジャー・エンターテインメント、パチンコ・パチスロ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書は日本国内の「玩具産業市場」を様々な資料を元に解説するレポートである。ここでいう「玩具産業」は、旧来からある物体として存在する「モノ」としての玩具だけを対象とするのではなく、ネット上のゲームコンテンツや、生活用品、家電、食品などとボーダレスに繋がっている娯楽品も一部含んでいる。産業の進化とともに、従来の「玩具」で捉えきれないものが誕生しており、本書ではなるべくそれらの新市場もカバーし、解説するよう心掛けた。
調査対象:モノ、又はデジタルで提供される、玩具又はゲームに関するコンテンツを取り扱う、製造、流通、インフラ事業者、約300社
調査方法:事業者への面接取材、アンケート調査、電話調査、弊社独自の資料等により調査を実施
調査期間:2016年10月~2016年12月

調査結果サマリー
Close

玩具市場に関する調査を実施(2016年)
・2015年度の国内玩具市場規模(主要9品目)は前年度比1.3%減の6,407億円と縮小
・2016年度の国内玩具市場規模(主要9品目)は前年度比0.7%減の6,364億円、
 主要8品目(テレビゲームを除く)では前年度比1.4%増の3,514億円を予測

資料ポイント
Close

  • 玩具・模型・テレビゲーム関連 17市場ごとの市場動向/市場規模推移/販売チャネル動向などを調査・分析
  • 解説市場分野:電子玩具、模型・ホビー、男児玩具、女児玩具、ゲーム類、季節物・雑玩具、基礎玩具、ジグソーパズル、ぬいぐるみ、テレビゲームハード・ソフト玩具菓子、カプセル入り玩具、フィギュア、鉄道模型、ハイターゲットトイ、トレーディングカードゲーム
  • 主要メーカー・卸・小売事業者を徹底調査。有力企業52社の個票を掲載。前回版(2016年版)より6社プラス
  • 主要事業者各社の有力商品・サービス概況、事業体制・事業戦略、事業見通などを掲載。メインプレーヤーの動向から業界動向を探ったレポート

資料概要
Close

第1章 総論
第2章 産業分野別市場動向
第3章 有力事業者の実態
第4章 玩具関連事業者個表

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

<表>主要玩具分野のマーケット概況①(2015~2016年度)
<表>主要玩具分野のマーケット概況②(2015~2016年度)

第1章 総論

1.玩具産業全体動向
  (1)玩具市場の現況/市場規模推移 ~2015年度から2016年度見込み~
    ◇玩具市場規模推移(玩具9品目)/<図>玩具9品目国内市場規模推移
    【玩具8品目・国内出荷市場規模推移】/【玩具8品目・国内小売市場規模推移】
    【玩具9品目・国内出荷市場規模推移】/【玩具9品目・国内小売市場規模推移】
2.玩具メーカーの動向
  ①メーカーの全体動向
    ●従業員数は増加したものの、製造事業所数は減少傾向が続く
    ◇玩具関連事業所・従業員数推移
    ●玩具関連15項目の合計出荷額は前年に続き2014年も7.6%増
    ◇玩具関連事業所別出荷額推移
    ◇玩具関連品目別出荷金額及び事業所数(従業員4人以上の事業所)関連15項目
  ②テレビゲームメーカーの動向
    【市場概要】
    <表>TVゲームハード国内出荷額
    <表>TVゲームソフト国内出荷額
    ■テレビゲームソフト・ハードメーカーデータ比較
    <表>◇連結売上高/<表>◇海外売上高/<表>◇販売費及び一般管理費等
    <表>◇項目別ランキング―2015年度金額ベース/<表>◇項目別ランキング―2015年度売上高比率
    【市場動向及び今後の見通し】
    ●時流の早いマーケットに沿うべく構造改革相次ぐ
    ●ハード・ソフトメーカーもスマートフォン対応に注力
    ●海外市場拡大の取り組みを加速
    ●本社オフィスの拡充でさらなる成長図る
    ●現状と今後の見通し
3.玩具卸業の動向
  ●玩具卸業界の寡占化・構造変化進む
  ●マツガンの廃業、任天堂のゲーム卸子会社化
  ●卸以外に収益性の高い事業の展開
  ●ハピネット、新たな領域にチャレンジ
  ●タカラトミーはグループ3社で営業体制を強化したことが奏功し業績拡大
  ◇玩具・TVゲーム・模型主要卸売問屋業績推移(表)
4.玩具小売業者の動向
  ●玩具流通チャネルの変遷
  <図>玩具流通の販売チャネル別の構成比率(2015年度・テレビゲーム含む)
  ●玩具小売店の数は依然減少傾向
  <表>玩具・小売状況
  ●有力玩具関連小売店の概況
  <表>有力玩具関連小売の販売状況
  日本トイザらス/西松屋チェーン/赤ちゃん本舗/キデイランド/博品館
  【チャネル別の状況】
  ●eコマース(インターネット販売)
  ●家電量販店
  ○玩具取扱額ランキング(家電量販店)
  ●GMS・SC
  ○玩具取扱額ランキング(GMS・SC)
  ●コンビニエンスストア(CVS)
  ○玩具取扱額ランキング(コンビニエンスストア)
  ●玩具専門店(個店)
  ●メーカー直営店(実店舗)
  <表>メーカー直営店(実店舗)の事例
5.消費支出動向
  ●2015年は1.3%減
  ◇1世帯当たり年間消費支出推移
  ●テレビゲームは減少、玩具は横ばいをキープ
  <図>テレビゲーム支出金額推移(年間/世帯あたり)/
  <図>玩具(テレビゲーム除く)支出金額推移(年間/世帯あたり)
  ●教育費は微増、電話通信料スマートフォンの普及で増加傾向続く
  <図>教育費推移(年間/世帯あたり)/<図>電話通信支出推移(年間/世帯あたり)

第2章 産業分野別市場動向

Ⅰ.玩具産業分野別市場動向
  1.電子玩具市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫バンダイ/タカラトミー/タカラトミーアーツ/セガトイズ/メガハウス/エポック社
    ≪販売チャネル動向≫玩具専門チェーン店/家電量販店/e コマース/GMS/玩具専門店/百貨店/その他
    <図>電子玩具流通チャネル比率(2015年度)
    ≪電子玩具市場の構成≫
    <図・表>電子玩具メーカーシェア
  2.模型・ホビー市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫バンダイ/タミヤ/トミーテック/関水金属/京商/東京マルイ
    ≪販売チャネル動向≫模型・ホビー専門店/e コマース/家電量販店/玩具専門チェーン店/GMS/その他
    <図>模型・ホビー商品流通チャネル比率(2015年度)
    ≪模型・ホビー市場の構成≫
    <図・表>模型・ホビーメーカーシェア
  3.男児キャラクター玩具・男児玩具市場
    ①男児キャラクター・男児玩具全般
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫バンダイ/タカラトミー/コナミデジタルエンタテインメント/
    マテル・インターナショナル/エポック社
    ≪販売チャネル動向≫玩具専門チェーン店/eコマース/家電量販店/GMS/コンビニエンスストア/
    玩具専門店/百貨店/その他
    <図>男児玩具流通チャネル比率(2015年度)
    ≪男児キャラクター玩具・男児玩具市場の構成≫
    <図・表>男児キャラクター玩具・男児玩具メーカーシェア
    ②トイラジコン市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫シー・シー・ピー/タカラトミー/京商
    ≪販売チャネル動向≫玩具専門チェーン店/家電量販店/eコマース/GMS/ホビーショップ/その他
    <図>トイラジコン流通チャネル比率(2015年度)
    ≪トイラジコン市場の構成≫
    <図・表>トイラジコンメーカーシェア
  4.女児キャラクター玩具・女児玩具市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫タカラトミー/タカラトミーアーツ/バンダイ/エポック社/セガトイズ/パイロットインキ/
    ピープル/マテル・インターナショナル/ハナヤマ
    ≪販売チャネル動向≫玩具専門チェーン店/GMS/eコマース/家電量販店/玩具専門店/百貨店/その他
    <図>女児玩具流通チャネル比率(2015年度)
    ≪女児キャラクター玩具・女児玩具市場の構成≫
    <図・表>女児キャラクター玩具・女児玩具メーカーシェア
  5.ゲーム類(アナログゲーム)市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    <図>ゲーム類市場推移(国内出荷ベース・億円)
    ≪主要事業者(メーカー)動向≫エポック社/エンゼルプレイングカード/任天堂/タカラトミー/バンダイ/
    メガハウス/マテル・インターナショナル/ハナヤマ
    ≪販売チャネル動向≫玩具専門チェーン店/家電量販店/玩具専門店/GMS/eコマース/百貨店/その他
    <図>アナログゲーム流通チャネル比率(2015年度)
    ≪ゲーム類市場の構成≫
    <図・表>ゲーム類メーカーシェア
  6.季節・雑玩具市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    <図>季節・雑玩具市場推移(国内出荷ベース・億円)
    ≪販売チャネル動向≫玩具専門チェーン店/GMS/eコマース/玩具専門店/家電量販店/雑貨店/その他
    <図>季節玩具流通チャネル比率(2015年度)
  7.基礎玩具市場
    ①知育・乳幼児玩具市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫レゴジャパン/ボーネルンド/パイロットインキ/くもん出版/ピープル/カワダ/
    マテル・インターナショナル/ジョイパレット/ブリオジャパン/学研ステイフル/その他事業者
    ≪販売チャネル動向≫玩具専門チェーン店(乳幼児製品専門チェーン含む)/GMS/家電量販店/
    eコマース/百貨店/雑貨店/玩具専門店/ホームセンター/書店
    <図>知育・乳幼児玩具流通チャネル比率(2015年度)
    ②ジグソーパズル市場
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫テンヨー/エンスカイ/ビバリー/エポック社/やのまん
    ≪販売チャネル動向≫玩具専門チェーン店/家電量販店/玩具専門店/GMS/ホームセンター/雑貨店/書店/
    eコマース/文房具店/百貨店/その他
    <図>ジグソーパズル流通チャネル比率(2015年度)
    ≪ジグソーパズル市場の構成≫
    <図・表>ジグソーパズルメーカーシェア
    ≪基礎玩具市場推移≫
    <図・表>基礎玩具市場推移
  8.ぬいぐるみ市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫タカラトミーアーツ/セキグチ/ナカジマコーポレーション/その他
    ≪販売チャネル動向≫玩具専門チェーン店/e コマース/GMS/家電量販店/雑貨店/玩具専門店/百貨店/その他
    <図>ぬいぐるみ流通チャネル比率(2015年度)
    ≪ぬいぐるみ市場の構成≫
    <図>ぬいぐるみメーカーシェア/<表>ぬいぐるみ市場規模
  9.テレビゲームハード市場
    ≪市場動向≫/●2015年度は「プレイステーション4」「Wii U」が牽引して増加へ
    ≪TVゲームハード国内出荷額≫
    <表>テレビゲームハード・機種別国内出荷数量
    ●2015年ハードゲームメーカーの動向/●筐体の小型・軽量・省電力化で差別化図る/
    ●仮想現実(VR)・拡張現実(AR)対応、新型機でさらなる市場活性へ/
    ●中国市場における販売をさらに強化/●スマートデバイス市場に向けた取り組みにも注力
    ≪販売チャネル動向≫玩具専門チェーン店/eコマース/家電量販店/GMS/ゲーム専門店/その他
    <図>テレビゲーム(ハード)流通チャネル比率(2015年度)
  10.テレビゲームソフト市場
    ≪市場動向≫/●ハードは前年上回るも2015年のソフト出荷額はさらに縮小
    ≪TVゲームソフト国内出荷額≫
    <表>テレビゲームソフト国内出荷数量(機種別)
    ●2015年国内ソフト市場規模は前年比2割減/●ユーザーとのコミュニケーション戦略模索/
    ●各社ともIPを活用した取り組み進む
    ≪主要事業者動向≫任天堂/スクウェア・エニックス/カプコン/コーエーテクモゲームス/
    バンダイナムコエンターテインメント/セガゲームス/ソニー・インタラクティブエンタテインメント/
    コナミデジタルエンタテインメント
    ≪販売チャネル動向≫eコマース/家電量販店/玩具専門チェーン店/GMS/ゲーム専門店/
    コンビニエンスストア/その他
    <図>テレビゲームソフト流通チャネル比率(2015年度)
  11.玩具菓子市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫バンダイ/カバヤ食品/タカラトミーアーツ/フルタ製菓/リーメント/
    UHA味覚糖(味覚糖グループ)/江崎グリコ/エフトイズ・コンフェクト
    ≪販売チャネル動向≫GMS、スーパーマーケット/コンビニエンスストア/玩具専門チェーン店/
    eコマース/その他
    <図>玩具菓子流通チャネル比率(2015年度)
    ≪玩具菓子市場の構成≫
    <図>玩具菓子メーカーシェア/<表>玩具菓子市場規模推移
  12.カプセル入り玩具市場
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫バンダイ/タカラトミーアーツ/奇譚クラブ/エポック社/海洋堂
    ≪販売チャネル動向≫GMS/アミューズメント施設/玩具専門チェーン店/家電量販店/駅/
    コンビニエンスストア/外食チェーン店/ホビーショップ/その他
    <図>カプセル玩具流通チャネル比率(2015年度)
    ≪カプセル入り玩具市場の構成≫
    <図>カプセル入り玩具メーカーシェア/<表>カプセル玩具市場規模推移
  13.フィギュア市場
    ≪定義≫
    ≪分類・素材≫
    ≪市場動向≫
    <図>フィギュア市場規模推移
    ≪主要事業者動向≫グッドスマイルカンパニー/バンダイ/壽屋/メディコム・トイ/ボークス/
    海洋堂/メガハウス
    ≪販売チャネル動向≫eコマース/ホビーショップ/家電量販店/メーカー直販/雑貨店/
    玩具専門チェーン店/GMS/その他
    <図>フィギュア流通チャネル比率(2015年度)
  14.鉄道模型市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫関水金属/トミーテック/マイクロエース/グリーンマックス/ハセガワ
    ≪鉄道模型市場の構成≫
    <図>鉄道模型市場参入事業者シェア(ジオラマ、動力ユニット等を含む)
    <図>鉄道模型市場参入事業者シェア(ジオラマ、動力ユニット等を除く)
    <図>鉄道模型市場規模推移
  15.ハイターゲットトイ市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    <表>ハイターゲットトイ・市場規模/<図>ハイターゲットトイ市場推移
    ≪主要事業者動向≫バンダイ/タカラトミーアーツ/タカラトミー/エポック社/タミヤ/京商/
    グッドスマイルカンパニー/壽屋
  16.トレーディングカードゲーム市場
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    ≪主要事業者動向≫コナミデジタルエンタテインメント/ブシロード/タカラトミー/ポケモン/バンダイ/
    ブロッコリー/ウィザーズ・オブ・ザ・コート/その他
    ≪販売チャネル動向≫トレーディングカード専門店/GMS/玩具専門チェーン店/家電量販店/
    eコマース/ホビーショップ/コンビニエンスストア/その他
    <図>トレーディングカードゲームチャネル比率(2015年度)
    ≪トレーディングカードゲーム市場の構成≫
    <図・表>トレーディングカードゲームメーカーシェア
Ⅱ.玩具周辺産業の分野別市場動向
  1.幼児英才教育市場
    ≪市場動向≫
    <表・図>幼児英才教育市場規模推移
    <表>学校種別「学校外活動費総額」 「学習塾費」推移(幼稚園)
    <図>幼稚園児「学校外活動費総額」と「学習塾費」の推移
    <表>学校種別・年齢別「学校外活動費総額」推移(幼稚園)
    <図>幼稚園児 学校種別・年齢別「学校外活動費総額」推移
    <表>学校種別・年齢別「学習塾費」推移(幼稚園)
    <図>幼稚園児 学校種別・年齢別「学習塾費」推移
    ≪玩具産業への影響≫
  2.幼児・子ども英会話教室市場
    ≪市場動向≫
    <図>幼児英会話教室の市場規模推計
    ≪玩具産業への影響≫
  3.幼児向け英会話教材市場の動向
    ≪定義≫
    ≪市場動向≫
    <図>幼児向け英会話教材市場規模推移
    ≪玩具産業への影響≫
    <表>主要商品比較
  4.eコマース市場の動向
    ≪市場動向≫
    ●BtoBのeコマース市場は前年比3.5%増
    ●BtoCのeコマースは着実に拡大
    <表>電子商取引 BtoB 業種別市場規模(狭義EC)/<図>電子商取引BtoBの市場規模
    <表>電子商取引 BtoC 業種別市場規模/<図>電子商取引 BtoC市場規模
    ≪玩具産業への影響≫
  5.アミューズメント施設市場の動向
    ≪市場動向≫
    <表・図>国内アミューズメント産業の市場規模
    ≪玩具産業への影響≫

第3章 有力事業者の実態

Ⅰ-a.玩具メーカー<ケーススタディ>

■青島文化教材社
  1.業績概況/●車関連のプラモデルを軸にキャラクターコンテンツも堅調に推移
  2.有力商品・サービス概況/①車シリーズ(プラモデル)/②ウォーターラインシリーズ/
    ③デコトラシリーズ(プラモデル・ラジコン)/④ダイキャストミニカー
  3.事業体制・事業戦略動向/●カーモデルを重点商品としてブランド価値向上を図る/
    ●ベトナムでの生産を開始/●海外向け製品の強化/●消費者の声を活かした商品開発を重視
  4.業績見通・課題/●プラモデルは定番品、キャラクターは連動商品を強化し増収を見込む

■エポック社
  1.業績概況/●2016年3月期/●海外売上が大きく伸長
  2.有力商品・サービス概況/①シルバニアファミリー/②アクアビーズ/③ホイップる/④野球盤/⑤サッカー盤/
    ⑥「スーパーマリオ」シリーズ/⑦ジグソーパズル
  3.事業体制・事業戦略動向/●プロモーション戦略/●生産体制・販売チャネル
  4.業績見通・課題・展望/●リピート需要を喚起/●アクアビーズを第二のシルバニアとして海外に販売してゆく

■海洋堂
  1.事業概況/●2016年3月期の売上高は約6%減
  2.有力商品・サービス概況/●リボルテックシリーズ/●アッセンブルボーグ/●カプセルQ/
    ●カプセルミュージアム
  3.事業体制・事業戦略動向/●企業・団体とのコラボレーション展開を推進/
    「ワンダーフェスティバル」の開催を通じてフィギュア文化の普及に貢献/
    ●オンラインショップ「海洋堂オンラインショップ」で拡販を目指す
  4.事業見通・課題/●直営店「海洋堂 ホビーロビー門真」をオープン/●設立50周年記念イベントを継続開催

■京商
  1.業績概況/●2015年度(2016年3月期)はほぼ横ばいを確保
  2.有力商品・サービス概況/①ラジオコントロールモデル/②ダイキャストモデル/③トイホビー
  3.事業体制・事業戦略動向/●「ニッコー・キョウショウエッグ」を設立しトイホビー事業を移管
  4.事業見通・課題/●2017年3月期はラジオコントロールモデル、ダイキャストモデルとも横ばいを維持

■グッドスマイルカンパニー
  1.業績概況/●海外売上が好調に推移し、業績は引き続きプラス成長
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュア/
    ②(株)グッドスマイルレーシングによるモータースポーツ事業等の展開/
    ③「グッドスマイル×アニメイトカフェ」の運営
  3.事業体制・事業戦略動向/●創業15周年、「ねんどろいど」10周年の記念イベントを開催/
    ●製作現場でのコミュニケーションを重視、原型師の人材育成にも注力/
    ●国内工場で生産技術・生産効率の改革を推進/●海外販売の強化
  4.業績見通・課題/●主体的にコンテンツ開発に関わることで市場の底上げに寄与する

■くもん出版
  1.業績概況/●2016年3月期
  2.有力商品・サービス概況/●知育玩具/●知育玩具以外の商品
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制/●事業戦略/●プロモーション戦略
  4.業績見通・課題/●流通の変化への対応と、認知の向上を目指す

■壽屋
  1.業績概況/●2016年6月期売上高は、前期比25.6%増の81億円へ
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュア/②プラモデル/③その他雑貨等
  3.事業体制・事業戦略動向/●対象ユーザーや販売エリアを重視した企画・営業体制/
    ●様々なイベント活動の実施/●フレームアームズシリーズの普及活動を強化
  4.業績見通・課題/●ライト層の開拓と海外市場の拡大に注力/
    ●スポーツを通じた普及活動や地域貢献活動に注力

■シー・シー・ピー
  1.業績概況/●2015年度は法改正によってフライトトイが需要減少するもカーが好調で横ばいを維持
  2.有力商品・サービス概況/①フライトトイ/②R/Cカー・他
  3.事業体制・事業戦略動向/●TVCM、パブリシティ、店頭でのプロモーションに注力
  4.業績見通・課題/●2017年3月期は横ばいを見込む/
    ●「HOW to FUN」を伝えるためにユニークトイの供給を継続

■シュライヒジャパン
  1.業績概況/●日本法人は2011年の設立以降、2桁ペースの増収を継続
  2.有力商品・サービス概況/①ワイルド・ライフ/②ファームワールド/③ホース・クラブ/④恐竜/
    ⑤エルドラド/⑥キャラクターフィギュア
  3.事業体制・事業戦略動向/●再現性の高さ、安全性の高さ、教育的価値の高さが特徴/
    ●カテゴリーと価格を色分けして統一/●ユーザーニーズに合わせた売場づくり/
    ●メディアプロモーションを強化
  4.業績見通・課題/●今後は女の子のファン獲得に注力/

■ジョイパレット
  1.業績概況/●「それいけ!アンパンマン」シリーズが牽引し増収増益にて推移
  2.有力商品・サービス概況/①「それいけ!アンパンマン」シリーズ/②その他商品シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●「ユーザー」「小売店」「版権元」3者の調整力を強化/
    ●中価格帯をボリュームとしたラインナップを強化/●実演サンプルを重視した売場づくり/
    ●テレビCMを積極的に展開
  4.業績見通・課題/●2018年度に売上60億円を目指す

■セガトイズ
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/①「アンパンマン」シリーズ/②「リルリルフェアリル」シリーズ(NEW)/
    ③「ホームスター」シリーズ/④キラデコアートシリーズ/⑤スマホトイシリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制/●生産体制/●プロモーション/●ライセンスビジネスも注力
  4.業績見通・課題・トピックス/●「クレヨンしんちゃん」TVアニメ放映25周年記念トイを発売

■セキグチ
  1.業績概況/●2015年度は減収減益にて推移
  2.有力商品・サービス概況/①モンチッチ/②キャラクターぬいぐるみ/③momokoDOLL(モモコ ドール)
  3.事業体制・事業戦略動向/●専門店との取引関係を強化/●メディアプロモーションを強化/
    ●ライセンシーで商品の拡大を図る/●イベント活動や地域貢献による啓蒙活動を実施
  4.業績見通・課題/●「モンチッチ」を軸とした安定的な事業拡大と収益性向上を図る

■関水金属
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/●入門者向けのスターターセット/●「サウンドボックス」
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制について/●事業戦略について
  4.業績見通・課題

■タカラトミー
  1.業績概況/●2016年3月期/●2017年3月期
  2.有力商品・サービス概況/①トミカ/②プラレール/③トランスフォーマー/④デュエル・マスターズ/
    ⑤リカちゃん/⑥ポケモン関連(玩具・アミューズメントマシン)/⑦ディズニー関連/⑧プリパラ/
    ⑨ベイブレードバースト/⑩こえだちゃん/⑪アニア/⑫オムニボットシリーズ/
    ⑬JOY!VR 宇宙の旅人(新商品)
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制/●営業体制/●生産体制
  4.今後の事業戦略・課題/●課題/●今後の事業戦略

■タカラトミーアーツ
  1.事業概況/●2016年3月期
  2.有力商品・サービス概況/①ガチャ(カプセル入り玩具)/②アミューズメント筐体「プリパラ」/
    ③アミューズメント筐体「ポケモンガオーレ」/④ぬいぐるみ/⑤キャンディトイ(玩具菓子)/
    ⑥バラエティトイ
  3.事業体制・事業戦略動向/●プロモーション戦略/●チャネル拡大に注力/●海外展開/●生産体制
  4.業績見通・課題・展望/●2017年3月期の見込み(2016年12月8日現在)

■タミヤ
  1.業績概況/●2015年度はミニ四駆が好調を維持、RCモデルも初心者を取り込みプラス成長
  2.有力商品・サービス概況/①RCモデル(ラジコンカー)/②プラモデル(スケールモデル)/③ミニ四駆
  3.事業体制・事業戦略動向/●東南アジアを生産拠点に製造からアフターサービスまでを自社で担う/
    ●ユーザーや販売協力店とのコミュニケーションを重視/●海外での強固な販売体制を構築/
    ●販売先小売店と連携して遊ぶ場や情報発信の場を展開/●公式スマホアプリを開設し、利便性を向上/
    ●ミニ四駆で実車を活用したプロモーション活動/●世界最大級の全天候型RCサーキットをオープン
  4.業績見通・課題/●2016年度はミニ四駆の出荷数が落ち着き、成長率は鈍化する見込み

■トミーテック
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/①「TOMIX」(鉄道模型)/●TOMIX(トミックス)ブランドで鉄道模型を展開/
    ②ジオラマコレクション/③コレクションフィギュア/④技MIX(ギミックス)/⑤スケールミニカー
  3.事業体制・事業戦略動向/●緻密な取材をもとに再現した製品をシリーズ化/
    ●異業種とのコラボや各種イベントにも積極的に参加
  4.業績見通・課題/●「TOMIX」40周年に向けた企画の検討や海外販売にも意欲を見せる

■パイロットインキ
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/①「メルちゃん」シリーズ/②「スイスイおえかき」シリーズ/
    ③「バストイ」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●生産体制について/●販売チャネルについて
  4.業績見通・課題・トピックス/●2016年12月期の見込について(2016年11月現在)/
    ●「アヒル隊長」に新ライナップを追加予定/
    ●スイーツパラダイス×メルちゃん「メルちゃんカフェ」を期間限定でオープン

■ハナヤマ
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/①「メイキングホビー」シリーズ/②「ゲーム」シリーズ/③「はずる」シリーズ/
    ④「クリスタルギャラリー」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●生産体制/●販促・プロモーション/●海外展開
  4.業績見通・課題・展望/●2017年3月期

■バンダイ
  1.業績概況/●2016年3月期/●2017年3月期上期のトイホビー事業
  2.有力商品・サービス概況/①「機動戦士ガンダム」シリーズ/②「仮面ライダー」シリーズ/
    ③「それいけ!アンパンマン」/④「妖怪ウォッチ」シリーズ/⑤「ドラゴンボール」シリーズ/
    ⑥「スーパー戦隊」シリーズ/⑦「プリキュア」シリーズ/⑧「デジモン」シリーズ/
    ⑨「ウルトラマン」シリーズ/⑩「アイカツ!」シリーズ/
    ⑪デジタルキッズカードゲーム(データカードダス)/⑫「たまごっち」シリーズ/
    ⑬「かみさまみならいヒミツのここたま」シリーズ(NEW)/
    ⑭カプセルトイ(ガシャポン)/⑮食玩・菓子・食品
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制/●生産体制/●事業戦略/●売り場づくり支援を引き続き注力/
    ●直営店舗の展開や主催イベントの積極開催によるリアルマーケティングの強化
  4.業績見通・課題・展望/●2017年3月期の業績見込/●アジアでのNO.1を目指した3カ年計画の折り返し

■ピープル
  1.業績概況/●2016 年1 月期は前期比32.2%増で過去最高の増収
  2.有力商品・サービス概況/①幼児・知育玩具/②女児玩具/③自転車・乗り物/④新規事業/⑤海外販売
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制/●生産体制/●事業戦略
  4.業績見通・課題・展望/●2017 年1 月期に向けた経営課題/●2017 年1 月期は横ばいを維持

■ブシロード
  1.業績概況/●トレーディングカードゲーム事業が2桁増にて推移
  2.主力商品・サービス概況/●トレーディングカードゲーム(TCG)事業/
    ●モバイル&オンラインゲーム(ブシモ)事業/
  3.事業体制・事業戦略動向/●Webプロモーションの強化/●専門店でのティーチングイベントを実施/
    ●異業種とのコラボレーション企画を展開/●「大ヴァンガ祭×大バディ祭」の開催/
    ●グリー(株)と資本業提携契約を締結/●カプセルトイ市場へ新規参入
  4.業績見通・課題/●今後はIP軸でプロダクトとサービスを統合する組織図づくりを目指す

■ブリオジャパン
  1.業績概況/●機能性の付加、販路拡大により増収基調で推移
  2.有力商品・サービス概況/①トドラー(対象年齢3歳まで)/②レールウェイ(対象年齢3~6歳)/
    ③ビルダー(対象年齢5歳から)
  3.事業体制・事業戦略動向/●価格は競合商品を見定めた上で柔軟に設定/
    ●国内の売場に対応した販促ツールや商品パッケージに変更/
    ●インターネットやイベントを活用したプロモーションを強化
  4.業績見通・課題/●玩具流通をベースとした販路拡大を推進

■ブロッコリー
  1.事業概況/●2016年2月期は増収を確保するも、利益は前期を下回る
  2.有力商品・サービス概況/●トレーディングカードゲーム/●ゲーム (コンシューマー・PCゲーム)/
    ●音楽(CD)/●グッズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●ブロッコリーの事業モデル/●主要顧客/
    ●「ツインエンジン」事業戦略とその特徴
  4.業績見通・課題/●経営方針と事業戦略/●中期目標/●2017年2月期の売上は55~60億円

■ボーネルンド
  1.業績概況/●2016年1月期
  2.有力商品・サービス概況
  3.事業体制・事業戦略動向
  4.業績見通・課題・展望

■ポケモン
  1.事業概況
  2.有力商品・サービス概況/●「ポケットモンスター」関連ソフトの販売/●ポケモンカードゲームの販売/
    ●映像作品の企画・制作/●関連商品の開発・販売/●専門店の運営
  3.事業体制・事業戦略動向/●「ポケモン」の維持管理およびプロデュース/●横浜市と協力協定を締結/
    ●2016年7月より「Pokémon GO」配信スタート/
    ●公式資格試験を実施し、カードゲームのエキスパートを養成
  4.業績見通・課題

■マテル・インターナショナル
  1.業績概況/●2015年12月期
  2.有力商品・サービス概況/①フィッシャープライス/②ゲームカテゴリー(UNO・ブロックス)/
    ③バービー/④ホットウィール/⑤きかんしゃトーマス/⑥メガブロック
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業戦略
  4.業績見通・課題・展望/●2016年12月期

■メガハウス
  1.業績概況/●2015年度はOEM事業が大幅反動減、2016年度は2014年度の水準に回復見込み/
    ●海外はフィギュアが好調を維持し拡大基調
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュア/②オセロ/③ルービックキューブ/④3Dドリームアーツペン/
    ⑤ガールズホビー/⑥コト創造プロジェクト関連
  3.事業体制・事業戦略動向/●生産体制/●プロモーションはインターネットやイベント活動に注力/
    ●オンリーワンとなる商品や「コト」を通じたコミュニケーションを提供
  4.業績見通・課題

■UHA味覚糖(味覚糖グループ)
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/●「ぷっちょワールド」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略/●新たなコンテンツ展開も検討/
    ●流通・小売チャネルからのオーダーに応じた受注生産体制
  4.業績見通・課題・展望

■リーメント
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/●「ぷちサンプル」シリーズ/●「企業コラボ」シリーズ/
    ●「ポースケルトン」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略/●事業体制/●生産体制/●プロモーション戦略/●海外展開
  4.業績見通・課題・展望/●展望

■レゴ ジャパン
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/●基本セット(レゴクラシック)/●レゴ マインドストーム/
    ●レゴエデュケーションWeDo/●幼稚園・保育園向け事業(プリスクール事業)/●インスクール事業/
    ●レゴ スクール(アフタースクール事業)
  3.事業体制・事業戦略
  4.業績見通・課題・展望

Ⅰ-b.玩具メーカー<調査データ>

■アガツマ
■エフトイズ・コンフェクト
■フルタ製菓
■ヨシリツ

Ⅱ.テレビゲームメーカー

■カプコン
  1.業績概況/●2016年3月期は、増収増益で着地
  2.有力商品・サービス概況/①「バイオハザード」シリーズ/②「モンスターハンター」シリーズ/
    ③「ストリートファイター」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略/●マルチプラットフォーム展開をさらに強化/
    ●モバイル事業の組織刷新、自社コンテンツを活用したタイトルを積極投入
  4.業績見通・課題/●今後の見通しと経営戦略

■コーエーテクモゲームス
  1.業績概況/●コーエーテクモホールディングスは6期連続最高益更新
  2.有力商品・サービス概況/①「信長の野望」シリーズ/②「三國志」シリーズ/③「無双」シリーズ/
    ④「NINJA GAIDEN」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●ブランドとIPの価値を最大化するため組織改革実行/
    ●「my GAMECITY」をオープンプラットフォーム化、会員数87万人に/
    ●みなとみらい21地区に本社オフィス取得
  4.業績見通・課題/●2017年度も増収増益で最高値更新図る

■コナミデジタルエンタテインメント
  1.業績概況/●2015年度のデジタルエンタテインメント事業は大幅な増収増益
  2.有力商品・サービス概況/①コンシューマゲーム/②SNS/③カードゲーム
  3.事業体制・事業戦略動向/●ソーシャルコンテンツの中でも特にネイティブアプリ市場に注力/
    ●海外市場拡大へ、現地でのゲーム制作体制の強化に注力/
  4.業績見通・課題/●中長期的な経営戦略/●コア・コンピタンスを最大限に活用

■スクウェア・エニックス
  1.業績概況/●2016年3月期デジタルエンタテインメント事業は大幅な増収増益で着地
  2.有力商品・サービス概況/①「ドラゴンクエスト」シリーズ/②「ファイナルファンタジー」シリーズ/
    ③「キングダムハーツ」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●「スマホ向け有料ゲーム」、「VR・AR」、「海外展開」の3点を成長戦略に/
    ●「ドラゴンクエスト」、「ファイナルファンタジー」など周年イベントで活性図る
  4.業績見通・課題/●今後の方針と中期的な経営目標

■セガゲームス
  1.業績概況/●セガグループ再編、セガゲームスは据え置き機のコンテンツの企画・開発・販売担う
  2.有力商品・サービス概況/①アミューズメント機器/②エンタテインメントコンテンツ事業
  3.事業体制・事業戦略動向/●新会社3社とそれぞれの役割/
    ●欧米エリア強化のためフランスの開発会社買収/●セガグループ初の共同イベント「セガフェス」開催
  4.業績見通・課題/●分社化の効果を実感/●2020年営業利益200億円に向けてさらなる構造改革推進/
    ●今後の成長戦略

■ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  1.業績概況/●2016年4月、新会社「ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC」設立
  2.有力商品・サービス概況/①「プレイステーション3(PS3)」/②「PlayStation Vita(PS Vita)」/
    ③「プレイステーション4(PS4)」
  3.事業体制・事業戦略動向/●SIE LLC設立の経緯と目的/
    ●スマートデバイス市場に向けた新たなサービス事業を展開する新会社設立/
    ●小型・軽量化を実現した新型「PS4」発売
  4.業績見通・課題/●新会社の事業方針および経営数値目標

■日本マイクロソフト(日本法人)
  1.業績概況/●国内「Xbox One」はハード・ソフトともに伸び悩む
  2.有力商品・サービス概況/●2016年11月、日本国内で新モデル「Xbox One S」投入/
    ●拡張現実(AR)端末「HoloLens」の先行予約開始/●主力商品の概要/
    ①「Xbox One」/②「Xbox One S」/③「Xbox LIVE」/④「Windows 10」のゲーム
  3.事業体制・事業戦略動向/●「Xbox One」シリーズを機軸に攻勢図る
  4.業績見通・課題/●全社挙げてのトランスフォーメーション(変革)推進

■任天堂
  1.業績概況/●2016年3月期は減収減益で着地
  2.有力商品・サービス概況/①ニンテンドーDS・3DS・3DSLL/②Wii・Wii U/③ゲームソフト/
    ④amiibo(アミーボ)
  3.事業体制・事業戦略動向/●スマートデバイスに最適化した新しいアクションゲーム配信/
    ●ユニバーサル・パークス&リゾーツと提携、テーマエリアオープン決定
  4.業績見通・課題/●2017年3月期の業績は減収増益を見込む/●今後の事業戦略

■バンダイナムコエンターテインメント
  1.業績概況/●2016年3月期決算は同社、親会社とも増収減益で着地
  2.有力商品・サービス概況/①トイホビー事業/②ネットワークエンターテインメント事業
  3.事業体制・事業戦略動向/●3つの戦略ビジネスユニットに再編し機能強化/
    ●グループ5の本社機能を2016年1月より順次移転/
    ●豪州ゲーミング製品開発会社と提携してゲーミング市場へ参入/
    ●UCGを活用した新規プロジェクト立ち上げ
  4.業績見通・課題/
    ●重点戦略は「IP軸戦略の進化」、「グローバル市場での成長」、「ビジネスモデル革新」/
    ●中期経営計画と数値目標

Ⅲ.玩具卸売

■石川玩具
  1.業績概況/●2016年5月期
  2.有力商品・サービス概況/①卸売事業/②新規事業、グッズ製造・販売
  3.事業体制・事業戦略動向/●組織体制/●グループ体制

■カワダ
  1.業績概況/●2016年5月期
  2.有力商品・サービス概況/①ダイヤブロック/②ナノブロック/③ナノブロックプラス/
    ④ナノゲージ/⑤輸入玩具/⑥国内玩具
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制/●生産体制/●プロモーション
  4.業績見通・課題/●2017年5月期/●課題

■タカラトミーマーケティング
  1.業績概況/●2016年3月期
  2.有力商品・サービス概況/①販社事業
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制/●事業戦略
  4.業績見通・課題/●2017年3月期の見通

■ハピネット
  1.業績概況/●2016年3月期
  2.有力商品・サービス概況/①玩具事業/②TVゲーム/③カプセル玩具、キッズカードゲーム
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制/●物流体制/●事業戦略
  4.業績見通・課題・トピックス/●2017年3月期の見通し(2016年11月17日時点の見込)/
    ●ブロッコリーとの新規レーベル「b-sound」を発足

■マルカ
  1.業績概況/●アミューズメント施設の不振から店舗減少
  2.有力商品・サービス概況/①花火/②ウォーターガン/③ドライブタウンシリーズ、のりもの関連商品/
    ④キャラクター商品/⑤アミューズメント
  3.事業体制・事業戦略動向

■宮沢模型
  1.業績概況/●2015年度は取扱いカテゴリー全てで好調に推移
  2.有力商品・サービス概況/①卸売事業
  3.事業体制・事業戦略動向/●問屋の強みを活かして取引先に貢献/●「商売繁盛応援セール」を開催
  4.業績見通・課題/●2016年度は成長率が鈍化する見込み

Ⅳ.玩具小売

■赤ちゃん本舗
  1.業績概況/●2016年2月期
  2.有力商品・サービス概況/●ベビートイをメインとした品揃え
  3.事業戦略動向/●出店動向/●パーソナルマーケティングに注力/●eコマースはオムニチャンネルに移行
  4.業績見通・課題・展望・トピックス

■アマゾンジャパン
  1.業績概況
  2.サービス概況/●玩具事業の取組み
  3.事業戦略動向/●プロモーション戦略
  4.業績見通・課題・展望/●課題・展望

■キデイランド
  1.業績概況/●2016年3月期
  2.有力店舗・サービス概況/●「キャラクター」を軸としたショップ展開/●キデイランド原宿店の状況/
    ●キデイランド大阪梅田店の状況
  3.事業体制・事業戦略動向/●組織体制/●店舗運営/●出店状況
  4.業績見通・課題・展望/●2017年3月期の業績見通(2016年11月現在)/●課題/●今後の展望

■西松屋チェーン
  1.業績概況/●2016年2月期は3.3%増収・10.8経常増益を確保
  2.有力商品・サービス概況/●玩具はPB商品「スマートエンジェル」を中心に展開
  3.事業戦略動向/●出店動向について/
    ●店舗のないエリアの顧客へリーチする手段としてネット通販を強化
  4.業績見通・課題・展望・トピックス

■日本トイザらス
  1.企業概要
  2.有力商品・サービス概況/●2016年ホットトイリストTOP15発表、キーワードは「リアル」
  3.事業体制・事業戦略動向●代表取締役社長にマーク・ゴダード氏が就任/
    ●神戸フルフィルメントセンターの新設/●出店戦略/
    ●「ブラック・フライデー」を3年連続で実施/●価格戦略
  4.業績見通・課題・展望

■博品館
  1.業績概況/●2016年3月期/●2017年3月期(2016年12月現在)
  2.主力商品・サービス概況/●オリジナル商品の展開/●旗艦店銀座本店の動向 ~2015年度~/
    ●旗艦店銀座本店の動向 ~2016年度~
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業戦略
  4.業績見通・課題・展望/●課題・展望

第4章 玩具関連事業者個表

玩具関連メーカー一覧
TVゲーム・アミューズメント関連メーカー一覧
玩具関連問屋一覧
玩具関連小売業一覧
その他玩具関連企業一覧

付属資料
参考データ:玩具輸出入動向(表)
日本アミューズメントマシン工業協会会員名簿
全日本アミューズメント施設営業者協会連合会会員名簿

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C57122000 2016年版 玩具産業白書
C58112000 2016 クールジャパンマーケット/オタク市場の徹底研究
C58101600 2016年版 子供市場総合マーケティング年鑑
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C58109800 2016年版 教育産業白書