2017年版 シニア関連市場マーケティング年鑑

少子高齢化が進み、団塊世代の大量定年が本格化するなど、消費購買層としてシニア層に対する注目度が高まっている。従来の若者向けやファミリー向けの消費が縮小する中で、使えるお金や時間に余裕があるとされているシニア層の消費をどのようにして取り込んでいくかが、今後のマーケティング活動や集客戦略のポイントになるとみられているからである。
本調査レポートでは、多くの分野にわたるシニア関連マーケットを取り上げ、その市場動向や消費の実態のほか、実際にシニア層をターゲットとしている企業の動向についてもまとめている。特に、介護・リハビリや老人ホームなどといった、従来から取り上げられてきた高齢者向けのマーケットだけでなく、レジャー、スポーツ、趣味、習い事といった新しいカテゴリーや、シニア取り込みに向けて動き出した小売事業者の動向等、新たな視点でもシニアマーケットを捉えた総合的資料として企画した。

発刊日: 2017/01/18 体裁: A4 / 535頁
資料コード: C58120100 PDFサイズ: 8.4MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 各種シニア関連マーケットの市場動向と消費のトレンドを探る。注目の市場・業態、企業の取り組みは?新たな試みなども次々と登場
  • すでに市場拡大傾向にある介護・リハビリ、高齢者住宅、生活支援サービスなどの分野から、今後注目される旅行、スポーツ、娯楽、趣味・習い事などまで、関連市場の動向を網羅する
  • シニア層を主力ターゲットとして事業展開を行う企業のほか、新たにシニア層の需要の取り込みを狙う企業等、主要事業者28社の詳細調査個表も一挙掲載

資料概要
Close

Ⅰ.シニア関連マーケットの動向
Ⅱ.シニア関連マーケット分野別の動向
Ⅲ.主要シニア関連企業の動向
Ⅳ.シニア関連企業リスト

リサーチ内容

■掲載内容

本書のポイント

Ⅰ.シニア関連マーケットの動向

1.シニア関連マーケットの動向
  (1)シニア関連主要マーケットの市場規模
  (2)シニア関連マーケットの現状と新たな動き
    ・消費の主役として注目、多様な業界で加速するシニアシフト
    ・消費には慎重な側面も、求められる要求満たす商品開発
    ・若い世代にも通用するデザインへ、変化するシニア向け商品
    ・あえてシニア向けで訴求する商品も
    ・変化するシニア世代の意識と消費動向
    ・孫がターゲット、3世代消費が伸びる
  (3)シニアの取り込み狙う業界動向と企業戦略
    ・シニア市場で描く成長戦略、異業種大手の参入続く介護業界
    ・競合激化に人手不足などが重なり、事業者破綻やトラブルも
    ・宅配や見守り、家事代行から婚活、終活まで多様化するシニア向けサービス
    ・シニアの需要で高額旅行が堅調、バリアフリーツアーも広がる
    ・シニア向け分野でノウハウ活かす、展開加速するスポーツ関連企業
    ・娯楽も若者からシニアに移行、カラオケ、テーマパークなど取り込み狙う
    ・食品・外食分野でもシニアシフト進む、品質重視の傾向強まる
    ・アパレル、日用品、家電などでもシニア仕様が拡大、あえてシニア向けを訴求
    ・ビジネスモデル転換図る流通業界、スーパー、コンビニなどでシニアシフト進む
2.シニア関連マーケットの市場背景
  (1)高齢者人口の推移と今後の予測
    ・全ての団塊世代が高齢層に到達、高齢者人口3,463万人に
    ・2060年には2.5人に1人が高齢者に
  (2)高齢者がいる世帯の状況
    ・高齢者世帯は1,271万世帯、全世帯の25.3%に
  (3)団塊世代の動向
    ・突出する団塊世代の人口、消費のけん引役となる一方で2017年問題も
  (4)シニア世代の金融資産の動向
  (5)シニア世代の消費支出の動向
  (6)シニア世代の就業状況
  (7)介護保険の受給動向
  (8)シニア世代のインターネット利用動向
  (9)シニア世代のスマートフォン等の利用率

Ⅱ.シニア関連マーケット分野別の動向

1.介護・リハビリ市場
  (1)市場概要
    ・用途に応じて細分化進む、民間参入も加速
  (2)分野別の動向
    ①訪問サービス
    ②通所サービス
    ③短期入所サービス
    ④施設サービス
    ⑤介護福祉用品
    ⑥介護ロボット
    ⑦介護食
2.住宅市場
  (1)市場概要
    ・民間は有料老人ホームとサ高住へと2本化へ
  (2)分野別の動向
    ①有料老人ホーム
    ②サービス付き高齢者向け住宅
    ③グループホーム
    ④シニア向け分譲マンション
3.宅配市場
  (1)市場概要
    ・成長続くシニア向け宅配サービス
  (2)分野別の動向
    ①在宅配食サービス・宅配弁当
    ②生協食品個配
    ③ネットスーパー宅配
    ④コンビニエンスストア宅配
    ⑤外食チェーン宅配
4.各種支援サービス市場
  (1)市場概要
    ・多様な分野に広がるシニア向け支援サービス
  (2)分野別の動向
    ①見守りサービス
    ②家事代行サービス
    ③シニア人材派遣・シニア向け起業支援
    ④シニア向け婚活支援・マッチングサービス
    ⑤終活支援サービス
    ⑥金融サービス
5.旅行市場
  (1)市場概要
    ・シニア層の高い旅行需要が市場をけん引
  (2)分野別の動向
    ①シニア向けツアー
    ②介護旅行・バリアフリー旅行
    ③クルーズツアー
    ④鉄道旅行
    ⑤バスツアー
6.スポーツ市場
  (1)市場概要
    ・アクティブシニアが支えるスポーツ市場
  (2)分野別の動向
    ①フィットネスクラブ
    ②ゴルフ
    ③登山・アウトドア
    ④ボウリング
    ⑤卓球
    ⑥ダンス
7.娯楽市場
  (1)市場概要
    ・若者からシニア層へと移行進む娯楽市場
  (2)分野別の動向
    ①音楽
    ②映画
    ③カラオケ
    ④ゲームセンター
    ⑤テーマパーク・遊園地
    ⑥温浴施設
8.趣味・習い事市場
  (1)市場概要
    ・健康系、趣味系などが中高年に人気
  (2)分野別の動向
    ①カルチャースクール
    ②大学公開講座
    ③日本文化教室
    ④アート教室
    ⑤資格取得教室
    ⑥パソコンスクール
    ⑦音楽教室
9.食品・外食市場
  (1)市場概要
    ・シニアをターゲットとした商品開発、業態へと移行
  (2)分野別の動向
    ①食品
    ・プレミアム食パン
    ・ハム・ソーセージ
    ・冷凍食品・チルド食品
    ・総菜調味料
    ・レトルト食品・フリーズドライ食品
    ・インスタントラーメン・カップ麺
    ・大人向け菓子
    ②健康食品・サプリメント
    ③総菜・弁当
    ④飲食店
    ⑤コーヒー・カフェ
10.衣料品・日用品市場
  (1)市場概要
    ・ファッション性、機能性強化でアクティブシニアをサポート
  (2)分野別の動向
    ①アパレル
    ②化粧品
    ③大人用紙むおつ
    ④毛髪業(かつら・増毛)
    ⑤杖
    ⑥眼鏡
    ⑦補聴器
11.家電・情報機器市場
  (1)市場概要
    ・シニア仕様で活路見出す、シニア家電・シニアスマホなどが成長
  (2)分野別の動向
    ①生活家電
    ②音響機器
    ③シニア向け携帯電話・スマートフォン
12.流通
  (1)市場概要
    ・シニア取り込み目指し、新たなビジネスモデル構築目指す
  (2)分野別の動向
    ①スーパー
    ・総合スーパー
    ・食品スーパー
    ・ミニスーパー
    ・移動スーパー
    ②コンビニエンスストア
    ③百貨店
    ④ドラッグストア・薬局
    ⑤通信販売

Ⅲ.主要シニア関連企業の動向

1.介護サービス・高齢者住宅・介護福祉機器
  ベッネセホールディングス
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・介護関連事業は7期連続の増収増益、高齢者向けホームでは7つのシリーズを用意
    ・トータルシニアリビングの実現目指し、配食サービスなど周辺事業も強化
    4.今後の展開
  ニチイ学館
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・フルラインで全国展開、総合介護のリーディングカンパニー
    ・介護サービスを補完するヘルスケアやセラピーなどにも注力
    4.今後の展開
  ワタミ
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・経営再建のため、介護事業をSOMPOホールディングスに売却
    ・宅配事業は異業種との連携強化で拡大狙う
    4.今後の展開
  SOMPOホールディングス
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・大手2社の買収で介護業界2位の規模に、ブランドイメージ回復が急務
    4.今後の展開
  ツクイ
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・介護施設をドミナント展開、食事強化などで差別化図る
    ・異業種との連携・協業により見守りサービスを強化
    4.今後の展開
  セントケア・ホールディング
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・服薬支援ロボの開発・販売など関連事業領域を拡充
    ・AI導入により最適な介護計画を提案できる体制を目指す
    4.今後の展開
  パナソニック
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・介護関連4社を統合して新会社設立、介護サービス拠点を10倍以上に拡大
    ・サ高住とデイサービスの一体運営で手厚いケアを実現
    ・シニア向け家電「Jコンセプト」シリーズで販売拡大図る
    4.今後の展開
  東急不動産
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・「東急ハーヴェストクラブ」や「東急スポーツオアシス」でシニア向けの展開を拡大
    ・シニア向け住宅事業にも注力、在宅介護などトータルサービスの展開も
    4.今後の展開
  フランスベッドホールディングス
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・介護機器・システムからアクティブシニア向け商品まで高齢者向け事業を拡充
    4.今後の展開
  セコム
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・「マイホームコンシェルジュ」やウェアラブル端末を使ったサービスなどを展開
    4.今後の展開
  綜合警備保障(ALSOK)
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・M&Aにより、介護事業の成長とサービスの拡充を図る
    ・地域の見守りネットワーク構築を支援、自治体と共同事業にも着手
    4.今後の展開
2.旅行・観光
  ジェイティービー
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・ブランドごとに工夫を凝らした企画でシニアに訴求
    ・シニア富裕層向け旅行もラインアップ拡充、バリアフリー旅行にも注力
    4.今後の展開
  エイチ・アイ・エス
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・シニア富裕層をターゲットとした高級ブランドを復活
    ・ユニバーサルツーリズムデスクでバリアフリー旅行も強化
    4.今後の展開
  クラブツーリズム
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・シニアを主力ターゲットに様々な旅行カテゴリーを拡充
    ・ユニバーサルデザイン旅行にも注力、新たな旅行需要の獲得目指す
    ・介護事業、生活サポート、フィットネスなどシニア関連分野の事業を拡充
    4.今後の展開
  ANAセールス
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・引き続き海外シニア向けツアーを拡充、2016年度は大幅増目指す
    ・ユニバーサル・ツーリズムを強化、パーソナルモビリティを活用した旅行も提供
    4.今後の展開
  東日本旅客鉄道(JR東日本)
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・「大人の休日倶楽部」会員200万人突破、「TRAINSUITE四季島」申し込みも高倍率に
    ・ジェイアール東日本スポーツを通じデイサービス施設も展開
    4.今後の展開
  リゾートトラスト
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・主力の会員権事業が順調に拡大、客室稼働率も上昇
    ・メディカル会員権事業が好調に推移、オリックスとの提携でさらなる成長目指す
    4.今後の展開
3.スポーツ・娯楽・習い事・外食
  セントラルスポーツ
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・健康サポート事業や介護予防事業などが順調に成長
    ・異業種や自治体との連携で関連事業を拡大
    4.今後の展開
  カーブスジャパン
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・効果的な独自プログラムの提供や女性トレーナーとの距離の近さが人気の要因
    ・自治体からの健康促進・介護予防受託事業などにも注力
    4.今後の展開
  第一興商
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・「DKエルダーシステム」導入は2万ヵ所を突破、新機種投入により機能も強化
    ・介護事業者と提携、新たな支援プログラムの開発も模索
    ・自治体施設の運営受託にも注力、介護・健康増進事業などを展開
    4.今後の展開
  JEUGIA
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・シニア開拓を狙い「大人の教室」拡充、65歳以上は入会金無料に
    4.今後の展開
  すかいらーく
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・和食業態への転換・新規開業でシニア層取り込み狙う
    ・シニア・女性をターゲットにカフェ機能拡充
    4.今後の展開
4.流通
  イオン
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・「G・G(グランド・ジェネレーション)」世代に注力、商品・サービスを拡充
    ・デイサービス「イオンスマイル」、
    健康管理「ヘルスステーション」などの展開も
    4.今後の展開
  セブン‐イレブン・ジャパン
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・「セブンミール」を通じ、様々な高齢者向けサービスを拡充
    4.今後の展開
  ローソン
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・介護拠点併設型店舗「ケアローソン」を展開、新たなモデル店舗も出店
    ・高齢者を意識し、魚を使った弁当類などメニューを拡充
    4.今後の展開
  ファミリーマート
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・療養食の拡充に加え「栄養ケア・ステーション」も展開、園芸用品の開発も
    4.今後の展開
  三越伊勢丹ホールディングス
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・中高年女性に若い感性を提案、シニア向けの売り場や商品開発に注力
    ・カフェ、カルチャー、旅行など、様々なシニア向けの集客策を展開
    4.今後の展開
  ウエルシアホールディングス
    1.企業概要
    2.業績推移
    3.シニア関連事業への取り組み
    ・自治体やメーカー、異業種などとの連携により様々な高齢者向け事業を展開
    4.今後の展開

Ⅳ.シニア関連企業リスト

1.介護サービス・住宅
2.介護福祉機器
3.介護食・治療食
4.宅配
5.生活支援・見守りサービス
6.老人施設給食
7.健康食品
8.旅行・レジャー
9.フィットネス・習い事

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C57127500 2016年版 シニア関連市場マーケティング年鑑
C58120900 2017 サービス産業白書
C58119400 2017年版 健康食品の市場実態と展望
C59100700 2017年版 介護福祉用具用品市場の現状と方向性
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典