2017年版 理美容マーケティング総鑑

本調査レポートは、理美容市場参入企業における理美容事業・美容事業の方向性と、各社の企業戦略を調査・分析することにより、理美容市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。

発刊日: 2017/03/31 体裁: A4 / 1,064頁
資料コード: C58121700 PDFサイズ: 12.6MB
カテゴリ: ファッション、スポーツ、美容、生活雑貨、消費財 / 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 151,200円 (本体 140,000円 消費税 11,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象市場
・理容市場・美容市場
都道府県別市場規模、施術別市場規模(理髪、パーマネント、カット、セット、他)
※なお、本資料では、理容室を理容師法で規定された「理容所」、美容室を美容師法で規定された「美容所」と定義している。
・理美容化粧品市場
品目別市場規模、メーカーシェア(ヘアカラー剤、パーマネントウェーブ剤、ヘアケア剤、スタイリング剤)
調査対象先:関連企業/その他、理美容関連協会・団体、理美容関連企業
調査方法:面接調査、電話調査、郵送アンケート調査、文献調査
調査期間:2017年1月~2017年3月

調査結果サマリー
Close

理美容市場に関する調査を実施(2017年)
・2016年度の理美容市場規模は、前年度比99.6%の2兆1,575億円と微減
・大手美容サロンチェーンは新業態サロンを展開し、多様化する顧客ニーズに対応
・非正規流通防止による流通健全化への取り組みに注力するメーカーが増加

理美容向け業務用化粧品市場に関する調査を実施(2017年)
・2016年度の理美容向け業務用化粧品市場は、前年度比100.8%の1,399億円と微増
・ヘアケア化粧品が好調に推移、店頭販売品を強化する化粧品メーカーが増加
・自然派・オーガニック・植物成分配合を訴求した商材の販売が活発化

資料ポイント
Close

  • 理美容市場での施術別市場規模を掲載(2012~2016年度)、施術別動向を分析
  • 理美容化粧品カテゴリー別市場規模を掲載(2012~2016年度)、カテゴリー別動向を分析
  • 理美容化粧品のカテゴリー別マーケットシェア(2016年度)を掲載
  • 理美容チェーンの動向を調査、上位40社の売上高ランキングを掲載
  • 有力参入サロン(10社)/理美容化粧品メーカー(14社)/理美容機器メーカー(3社)/理美容商社・ディーラー(4社)

資料概要
Close

第Ⅰ章 理美容市場の全貌
第Ⅱ章 理美容チェーンの動向
第Ⅲ章 理美容化粧品市場の動向
第Ⅳ章 サロンの個別実態に関する調査
第Ⅴ章 有力企業のマーケティング戦略(31社)

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント(理美容マーケティング総鑑 2017 年版Semiannual Report)

第Ⅰ章 理美容市場の全貌

1.日本の理美容市場の概況
2.理美容市場規模推移(2012~2016年度)
3.施術別市場規模推移(2012~2016年度)
  1)理容市場
  2)都道府県別・理容市場規模推移
  3)美容市場
  4)都道府県別・美容市場規模推移
4.理美容室の施設数推移(2011~2015年度)
5.理美容室の新規開業数推移(2011~2015年度)
6.理容師・美容師数推移(2011~2015年度)
7.今後の市場見通し
8.理美容市場規模予測(2017~2021年度)
9.施術別市場規模予測(2017~2021年度)
  1)理容市場
  2)美容市場
10.理美容市場の市場規模推移一覧(2012~2021年度予測)
11.理美容市場の統計分析

第Ⅱ章 理美容チェーンの動向

1.理美容市場における有力理美容チェーンの位置付け
2.理美容市場の参入企業売上高ランキングとシェア(2016年度)
3.有力理美容チェーンの経営動向
  1)施術動向
  2)顧客動向
  3)技術者ランク、組織、研修、教育など
  4)物販への取組状況
  5)広告、販売促進策
  6)出店政策、店舗政策
  7)問題点と課題、市場戦略

第Ⅲ章 理美容化粧品市場の動向

1.理美容化粧品のポジショニング
2.理美容化粧品の市場規模推移(2012~2016年度)と市場動向
  1)理美容化粧品総市場
    (1)市場規模推移
    (2)市場動向
3.理美容化粧品の品目別市場規模推移(2012~2016年度)と市場動向
  1)ヘアカラー剤
    (1)市場規模推移
    (2)市場動向
  2)パーマネントウェーブ剤
    (1)市場規模推移
    (2)市場動向
  3)ヘアケア剤
    (1)市場規模推移
    (2)市場動向
  4)スタイリング剤
    (1)市場規模推移
    (2)市場動向
4.理美容化粧品のメーカーシェア状況(2016年度)
  1)理美容化粧品全体のメーカーシェア
  2)理美容化粧品の品目別メーカーシェア
    (1)ヘアカラー剤
    (2)パーマネントウェーブ剤
    (3)ヘアケア剤
    (4)スタイリング剤
5.理美容化粧品市場の今後の方向性と見通し
6.理美容化粧品の市場規模予測(2017~2021年度)
  1)理美容化粧品全体の市場規模予測
  2)理美容化粧品の品目別市場規模予測
    (1)ヘアカラー剤の市場規模予測
    (2)パーマネントウェーブ剤の市場規模予測
    (3)ヘアケア剤の市場規模予測
    (4)スタイリング剤の市場規模予測
7.理美容化粧品の市場規模推移一覧(2012~2021年度予測)

第Ⅳ章 サロンの個別実態に関する調査

1.理容室編
調査概要
調査結果要旨
1.取扱いメニュー
2.年間延べ顧客数
3.平均単価
4.店頭化粧品・関連商材の平均販売割合
5.広告・宣伝策
  1)現在実施している広告・宣伝策
  2)特に注力している広告・宣伝策
6.理美容化粧品や関連資機材の主要ディーラー
7.取扱い理美容化粧品
  1)シャンプー
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  2)リンス
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  3)トリートメント
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  4)スタイリング剤
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  5)ヘアカラー剤
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  6)パーマ剤
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  7)育毛・養毛剤
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  8)石鹸
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  9)剃刀(カミソリ)
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  10)シェービング剤
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  11)エステ用化粧品
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
8.取扱い美容関連資機材
  1)シャンプー機器
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  2)スタイリングチェア
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  3)理容椅子
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  4)スツール
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  5)パーマ促進機
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  6)ドライヤー
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  7)ヘアアイロン
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  8)バリカン・トリマー
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  9)ワゴン
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  10)ミラー
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
9.店頭販売用の化粧品・関連商材取扱状況
  1)シャンプー
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  2)リンス
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の取扱い意向
  3)トリートメント
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  4)スタイリング剤
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  5)育毛・養毛剤
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  6)エステ用化粧品
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  7)ドライヤー
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  8)ヘアアイロン
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  9)美顔器
  10)サプリ/美容ドリンク
10.メーカー・ディーラー及び製品に対する要望や不満
  1)業務用化粧品や関連資機材への要望・不満
  2)メーカーへの要望・不満
  3)ディーラーへの要望・不満
11.今後注力していく意向のメニュー、サービス
  1)今後注力していく意向のメニュー
  2)今後注力していく意向のサービス
12.今後の方針
13.理美容化粧品メーカー・ディーラーの評価(要望・不満)
  1)理美容化粧品メーカー担当営業スタッフの評価
  2)理美容化粧品メーカー担当営業スタッフへの要望・不満
  3)理美容ディーラー担当営業スタッフの評価
  4)理美容ディーラー担当営業スタッフへの要望・不満
理容室アンケート個票(161件)

2.美容室編
調査概要
調査結果要旨
1.取り扱いメニュー
2.年間延べ顧客数
3.平均単価
4.店頭化粧品・関連商材の平均販売割合
5.広告・宣伝策
  1)現在実施している広告・宣伝策
  2)特に注力している広告・宣伝策
6.理美容化粧品や関連資機材の主要ディーラー
7.取扱い理美容化粧品
  1)シャンプー
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  2)リンス
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  3)トリートメント
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  4)スタイリング剤
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  5)ヘアカラー剤
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  6)パーマ剤
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  7)育毛・養毛剤
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  8)石鹸
  9)剃刀(カミソリ)
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  10)エステ用化粧品
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
8.取扱い美容関連資機材
  1)シャンプー機器
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  2)スタイリングチェア
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  3)理容椅子
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  4)スツール
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  5)パーマ促進機
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  6)ドライヤー
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  7)ヘアアイロン
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  8)ホットカーラー
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  9)バリカン・トリマー
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  10)ワゴン
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  11)ミラー
    (1)使用メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
9.店頭販売用の化粧品・関連商材取扱状況
  1)シャンプー
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  2)リンス
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  3)トリートメント
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  4)スタイリング剤
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  5)育毛・養毛剤
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  6)エステ用化粧品
  7)ヘアアイロン
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  8)ドライヤー
    (1)販売メーカー
    (2)選定ポイントと今後の使用意向
  9)美顔器
  10)サプリ/美容ドリンク
10.メーカー・ディーラー及び製品に対する要望や不満
  1)業務用化粧品や関連資機材への要望・不満
  2)メーカーへの要望・不満
  3)ディーラーへの要望・不満
11.今後注力していく意向のメニュー、サービス
  1)今後注力していく意向のメニュー
  2)今後注力していく意向のサービス
12.今後の方針
13.理美容化粧品メーカー・ディーラーの評価(要望・不満)
  1)-①理美容化粧品メーカー担当営業スタッフの評価
  1)-②理美容化粧品メーカー担当営業スタッフへの要望・不満
  2)-①理美容ディーラー担当営業スタッフの評価
  2)-②理美容ディーラー担当営業スタッフへの要望・不満
美容室アンケート個票(100件)

第Ⅴ章 有力企業のマーケティング戦略(31社)

1.理美容チェーン編(10社)
  株式会社アルテサロンホールディングス、イーエムエーホールディングス株式会社、
  キュービーネットホールディングス株式会社、株式会社ケンジ、資生堂美容室株式会社、
  株式会社スカイ、株式会社田谷、株式会社デューアソシエ、株式会社マツモト、
  株式会社ロイヤル
2.理美容商社・ディーラー編(4社)
  滝川株式会社、日理株式会社、株式会社フジシン、株式会社ビューティガレージ
3.理美容化粧品メーカー編(14社)
  株式会社アジュバンコスメジャパン、株式会社アリミノ、
  クラシエホームプロダクツ株式会社、コタ株式会社、
  資生堂プロフェッショナル株式会社、
  株式会社ジョンマスターオーガニックグループ、
  タカラベルモント株式会社、玉理化学株式会社、株式会社ナンバースリー、
  日華化学株式会社、株式会社ビューティーエクスペリエンス、
  ヘンケルジャパン株式会社、三口産業株式会社、株式会社ミルボン
4.理美容機器メーカー編(3社)
  株式会社キャン、株式会社テスコム、日本ウォール株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円 )
定価 151,200円 (本体 140,000円 消費税 11,200円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C57126100 2016年版 理美容マーケティング総鑑
C58103800 2016年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析
C58123900 2017年版 スポーツ産業白書
C58117200 2017年版 パン市場の展望と戦略