発刊予定   2017 IoT/M2Mマーケット

IoT/M2Mマーケットの現状(市場規模、内訳)、ビジネス構造、テクノロジー情報(LPWA/IoT向け通信、IoTセキュリティ、標化動向、MVNO連携など)、有力ベンダー情報、ユーザ事例などを明らかにする。また収集情報をベースとしたカテゴリー別のIoT/M2M需要の現況、及び2021年を目処とした中期需要予測を行う。

発刊日: 2017/03/下旬 体裁: A4 / 約200頁
資料コード: C58122200 PDFサイズ:
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 保全・モニタリング領域を中心に、工場・製造で期待されるIoT活用の将来像を考察
  • 作業者(建設現場、警備、製造、倉庫・物流、ドライバーなど)の健康モニタリングへのIoT活用は? 健康管理&安全管理の融合が需要拡大のポイント
  • 防災関連/インフラ監視/工場・製造分野などで期待される「次世代モニタリング(ITモニタリング)」の動向を探る
  • LPWA(SIGFOX、LoRaWAN、NB-IoT/Cat.M1など)の普及見通しと標準化動向

資料概要
Close

第Ⅰ章 IoT/M2Mマーケット
第Ⅱ章 カテゴリー別の動向
第Ⅲ章 企業個票

リサーチ内容

2016年12月28日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  (1)IoT/M2Mビジネスの背景
    (図表1)IoT/M2Mビジネスの背景
  (2)M2MとIoTの関係
    (図表2)IoTとM2Mの関係
    (図表3)M2MからIoTでのビジネス領域拡大
2.市場規模予測
  (1)M2M市場規模予測(国内)
    (図表4)国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2012~2021年度予測)
  (2)M2M市場規模予測(世界)
    (図表5)世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2012~2021年度予測)
3.カテゴリー別の動向
  (1)カテゴリー別の動向(2014~2021年度)
    (図表6)カテゴリー別のM2M市場規模推移(国内累計回線数)
  (2)M2Mビジネスでのカテゴリー別国内市場動向
    (図表7)M2Mビジネスでのカテゴリー別の動向

第Ⅰ章 IoT/M2Mマーケット

Ⅰ.IoT/M2Mマーケット
  1.IoTの規定
    (図表8)IoTが生み出す付加価値・サービス
  2.IoTが注目される背景
    (図表9)IoTが急速に拡大する背景要因:再掲
    ・IoTでのエコシステム
    ・IoTでの標準化/リファレンスモデル
  3.IoTとM2Mの関連
    (図表10)IoTとM2Mの関係:再掲
    (図表11)M2MからIoTでのビジネス領域拡大:再掲
  4.調査対象領域
    (図表12)IoT/M2Mビジネスの構造
  5.IoTビジネスの展望
    ・IoTビジネスではM2Mが先行するも、中期的にはIoT社会への転換が進む
    ・IoT社会の実現には個々人の容認もポイントになる
  6.M2M市場規模
    (1)国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース)
    (図表13)国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース:2012~2021年度予測)
    (2)国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
    (図表14)国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2012~2021年度予測)
    (3)世界M2M市場規模推移(M2M売上ベース)
    (図表15)世界M2M市場規模推移(M2M関連売上ベース:2012~2021年度予測)
    (4)世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
    (図表16)世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2012~2021年度予測)
  7.M2M市場のレイヤー別の内訳(金額ベース)
    (1)国内M2M市場の内訳(2015年度)
    (図表17)国内M2M市場の内訳(2015年度)
    (2)世界M2M市場の内訳(2015年度)
    (図表18)世界M2M市場の内訳(2015年度)
  8.カテゴリー別の国内M2M市場規模推移
    (図表19)カテゴリー別のM2M市場規模推移(国内累計回線数):再掲
    (図表20)カテゴリー別のM2M構成推移
  9.主要ベンダーのIoT/M2M事業動向
    (1)IoT/M2M事業の位置づけ
    (図表21)IoT/M2M事業の位置づけ
    (2)IoT/M2M事業の展開状況
    (図表22)IoT/M2M事業の展開状況
    (3)IoT/M2M事業でのターゲット
    (図表23)IoT/M2M事業でのターゲット
    (4)IoT/M2Mサービスメニュー
    (図表24)IoT/M2Mサービスメニュー
    (5)IoT/M2Mでの事業目標
    (図表25)IoT/M2Mでの事業目標
  10.IoT/M2Mでの技術動向
    (1)標準化動向
    (図表26)IoT/M2M関連での主な標準化団体
    ・スマートホーム関連動向
    (Allseen Alliance、HomeKit、Open Interconnect Consortium、Thread Group)
    (2)IoTセキュリティ
    1)IoTセキュリティの背景
    2)IoTセキュリティの現状と課題
    (図表27)IoTセキュリティでの問題点・課題
    3)業界別のIoTセキュリティへの取り組み
    (図表28)IoTセキュリティ関連での業界別ガイドライン
    4)IoTセキュリティでの留意点・強化点
    (留意点、強化点)
    (3)アナリティクス・解析/AI
    (図表29)アナリティクス・解析/AI活用の可能性
    (4)IoT向け低消費電力ネットワーク(LPWA)の動向
    (図表30)タイプ別LPWAの特徴
    1)SIGFOX
    (図表31)SIGFOXの概要
    2)LoRaWAN
    (図表32)LoRaWANサービスの概要
    3)NB-IoT/Cat.M1
    (5)IoT/M2MとMVNO
    (図表33)主要MVNO一覧
    ・MVNO市場規模(契約件数)
    ・IoT/M2MとMVNO
    (6)センサーネットワーク
    (図表34)センサーネットワークとIoT/M2M
    (7)IoT/M2M関連ビジネスでの主要海外事業者
    (図表35)主要海外事業者
    (8)IoTマーケットのポテンシャル
    1)オフィス/流通
    (図表36)オフィス/流通でのIoT潜在需要関連基礎データ①
    (図表37)オフィス/流通でのIoT潜在需要関連基礎データ②
    ・資源エネルギー庁/NEDO:「省エネルギー技術戦略2016」
    (図表38)「省エネルギー技術戦略2016」における14の重要技術分野
    (図表39)「省エネルギー技術戦略2016」の重要技術
    (図表40)オフィス/流通でのIoT事例
    2)ヘルスケア・健康管理/医療・介護
    (図表41)ヘルスケア・健康管理/医療・介護でのIoT潜在需要関連基礎データ①
    ・ヘルスケアモニタリングの可能性
    (図表42)ヘルスケア・健康管理/医療・介護でのIoT潜在需要関連基礎データ②
    (図表43)ヘルスケア・健康管理/医療・介護でのIoT潜在需要関連基礎データ③
    ・ウェアラブルデバイス/ストレッチャブルデバイスへの期待は大きい
    ・介護でのヘルスケアロボット活用可能性
    (図表44)ヘルスケア・健康管理/医療・介護でのIoT事例
    ・ヘルスケア・健康管理/医療・介護におけるIoTでの問題点・課題
    3)自動車/パーキング関連
    (図表45)自動車でのIoT潜在需要関連基礎データ
    ・自動車/パーキング関連でのIoT活用の可能性
    (図表46)自動車/パーキング関連でのIoT事例
    4)農業・畜産
    (図表47)農業・畜産でのIoT潜在需要関連基礎データ①
    (図表48)農業・畜産でのIoT潜在需要関連基礎データ②
    ・農業政策
    ・農業・畜産におけるIoT活用
    ・林業・漁業でのIoT活用の可能性
    (図表49)農業・畜産関連でのIoT事例
    ・農業ITでの問題点・課題
    ・農業向けドローン
    5)運輸・物流
    (図表50)運輸・物流でのIoT潜在需要関連基礎データ①
    ・トータルサプライチェーンでのIoT活用
    (図表51)運輸・物流でのIoT潜在需要関連基礎データ②
    ・運輸・物流でのヘルスケアモニタリング
    ・物流ビジョン(日本ロジスティックシステム協会報告書)
    (図表52)運輸・物流関連でのIoT事例

第Ⅱ章 カテゴリー別の動向

Ⅱ.カテゴリー別の動向
  1.エネルギー関連
    (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
    (図表53)エネルギー関連でのM2M市場規模推移(累計回線数ベース:2014~2021年度予測)
    (2)市場動向
    ・HEMS普及に向けてのシナリオ
    ・エネルギー関連でのM2Mアプリケーション
    (図表54) エネルギー関連でのM2Mアプリケーション
    (3)今後の見通し、課題
  2.流通・物流関連
    (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
    (図表55)流通/物流関連でのM2M市場規模推移(累計回線数ベース:2014~2021年度予測)
    (2)市場動向
    ・店舗のエネルギー監視
    ・トラッキング
    ・温度管理サービス事例
    ・店舗モニタリング
    (3)今後の見通し、課題
    ・マーケティング業務への適用が期待される
  3.設備・機器監視
    (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
    (図表56)設備・機器監視分野でのM2M市場規模推移(累計回線数ベース:2014~2021年度予測)
    (2)市場動向
    (図表57)工場におけるM2M活用事例
    ・生産革新の概要
    (3)今後の見通し、課題
    (4)注目テーマ(インダストリー4.0、インダストリアル・インターネット)
    1)インダストリー4.0
    ・ビジョン
    2)インダストリアル・インターネット
    ・IoT基盤「Predix」
  4.自動車関連
    (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
    (図表58)自動車関連でのM2M市場規模推移(累計回線数ベース:2014~2021年度予測)
    (2)市場動向
    ・自動車分野でのM2M/IoTアプリケーション
    (図表59)自動車分野でのM2M/IoTアプリケーション
    (3)今後の見通し、課題
    (図表60)自動運転レベルの整理
  5.その他分野
    (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
    (図表61) その他分野でのM2M市場規模推移(累計回線数ベース:2014~2021年度予測)
    (2)市場動向
    ①ヘルスケア
    (図表62)厳しい作業環境のある現場
    ・医療イノベーション
    ②農業・畜産
    ・異業種からの農業参入
    ・現状の農業IT
    ・畜産でのポテンシャル
    ③インフラ監視
    ・インフラの維持管理業務へのIT活用の背景
    ・インフラモニタリングの実態は防災用途が主体
    ④見守り・セキュリティ
    ・セキュリティ事例
    ⑤オフィス機器(MFP・複写機など)
    (図表63)カウンターチャージモデルでのアプリケーション
    ⑥プロパティマネジメント/建物ヘルスモニタリング
    ⑦ペット関連
    ⑧環境計測

第Ⅲ章 企業個票

<国内企業>
  KDDI(株)
  (株)NTTドコモ
  (株)インターネットイニシアティブ
  エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)
  (株)エヌ・ティ・ティ・データ
  京セラコミュニケーションシステム(株)
  ソフトバンクグループ(株)
  (株)ソラコム
  (株)東芝
  日本システムウエア(株)
  日本ユニシス(株)/ユニアデックス(株)
  日本電気(株)
  (株)日立製作所
  富士通(株)
  三井物産エレクトロニクス(株)
<海外企業>
  Digi International(米国)
  Ericsson(スウェーデン)
  Cisco Jasper(アメリカ)
  PTC(Parametric Technology Corporation:アメリカ)
  Telefonica,S.A.(スペイン)
  Telenorグループ(ノルウェー)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58124000 デジタルイノベーション動向研究 -産業用IoTプラットフォームの考察とイノベーション意識調査-
C58122800 2017 危機管理ソリューション(事業継続/防災/情報セキュリティ)市場の実態と展望
C58122500 2017 FinTech市場の実態と展望
C58124300 2017年版 RFID市場の現状と展望
C58119700 2016年度版 国内携帯電話市場レポート -成熟する国内市場-