2017 危機管理ソリューション(事業継続/防災/情報セキュリティ)市場の実態と展望

2020年のオリンピック・パラリンピック開催地が東京に決まったことで、多くの企業がサイバーテロ対策や事業継続計画の見直しに取り組む可能性が高まってきている。それは、オリンピックでは、サイバーテロを始めとするテロの危険性が高くなることはもちろん、その他にも大量に押し寄せる観光客による交通網の麻痺や、通信回線のダウン、デマによる従業員の大量欠勤など、諸々のリスクが想定されるためである。
本調査レポートでは、「IT事業者」「通信事業者」「コンサルティング事業者」「シンクタンク」「セキュリティソフトメーカー」「警備会社」など多様なタイプの危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)ソリューション提供事業者20社の動向を掲載した。また危機管理ソリューション市場を「BCPコンサルティング」「DRソリューション」「防災行政無線システム」「消防指令システム」「総合防災システム」「災害情報管理システム」「安否確認・緊急速報サービス」「情報セキュリティコンサル・診断」「情報セキュリティツール(製品)」「情報セキュリティ構築」「情報セキュリティ運用監視・保守」の11のセグメントに分け、それぞれの市場規模推移を予測(2014年度~2021年度)した他、有力事業者のシェア推移をセグメント別に推計(2014年度~2016年度)した。

発刊日: 2017/03/24 体裁: A4 / 369頁
資料コード: C58122800 PDFサイズ: 18.9MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本レポートでは危機管理ソリューション(事業継続/防災/情報セキュリティ)に関する調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
(1)「事業継続ソリューション」「防災ソリューション」「情報セキュリティソリューション」の市場規模推移予測
(2)「事業継続ソリューション」「防災ソリューション」「情報セキュリティソリューション」の提供事業者の売上高等の定量情報
(3)「事業継続ソリューション」「防災ソリューション」「情報セキュリティソリューション」の提供事業者の動向と戦略
調査対象市場:事業継続ソリューション、防災ソリューション、情報セキュリティソリューション
調査対象エリア:日本
調査対象企業数:IT事業者 9社、コンサルティング事業者 5社、情報セキュリティ事業者 4社、総合セキュリティ事業者 2社
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2017年1月~2017年3月

調査結果サマリー
Close

危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)ソリューション市場に関する調査を実施(2017年)
~東京オリンピック・パラリンピックを控え、サイバーテロ攻撃対策強化がさらに進むと予測~
・BCPの見直しやサイバーテロ攻撃対策強化に取り組む企業が増加し、
 2016年度の危機管理ソリューション市場規模は前年度比105.8%の8,967億円の見込
・2021年度の危機管理ソリューション市場規模は1兆632億円に達すると予測

資料ポイント
Close

  • 「IT事業者」「通信事業者」「コンサルティング事業者」「シンクタンク」「セキュリティソフトメーカー」「警備会社」など多様なタイプの危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)ソリューション提供事業者20社を掲載
  • 危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)ソリューション市場を「BCPコンサルティング」「DRソリューション」「防災行政無線システム」「消防指令システム」「総合防災システム」「災害情報管理システム」「安否確認・緊急速報サービス」「情報セキュリティコンサル・診断」「情報セキュリティツール(製品)」「情報セキュリティ構築」「情報セキュリティ運用監視・保守」の11のセグメントに分け、それぞれの市場規模推移を予測(2014年度~2021年度)
  • 有力事業者のシェア推移をセグメント別に推計(2014年度~2016年度)
  • 現況と今後の展望をセグメント別に記載

資料概要
Close

I 危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)ソリューション市場の実態と展望
II 事業継続ソリューション市場の実態と展望
III 防災ソリューション市場の実態と展望
Ⅳ 情報セキュリティソリューション市場の実態と展望
V IT事業者の個別企業実態調査票
VI コンサルティング事業者の個別企業実態調査票
VII 情報セキュリティ事業者の個別企業実態調査票
VIII 総合セキュリティ事業者の個別企業実態調査票

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

I 危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)ソリューション市場の実態と展望

1.事業継続/防災/情報セキュリティとは
  (1)事業継続ソリューションの種類
    ①BCPコンサルティング
    ②DRソリューション
  (2)防災ソリューションの種類
    ①防災行政無線システム
    ②消防指令システム
    ③総合防災システム
    ④災害情報管理システム
    ⑤安否確認・緊急速報サービス
  (3)情報セキュリティの種類
    ①情報セキュリティツール(製品)
    ②情報セキュリティサービス
  (4)事業継続/防災/情報セキュリティ市場の概況と展望
    ①事業継続ソリューションの概況
    ②防災ソリューションの概況
    ③情報セキュリティソリューションの概況

II 事業継続ソリューション市場の実態と展望

1.BCPコンサルティング
  (1)市場の概要
    ①民間企業の動向
    ②中央政府の動向
    ③地方公共団体の動向
  (2)市場規模推移予測(2014~2021年度)
  (3)シェア推移(2014~2016年度)
  (4)主な参入企業
    ①損保系
    ②リスクマネジメント系
    ③シンクタンク系
    ④SI(SE)サービス系
    ⑤セキュリティ系
    ⑥情報通信系
  (5)課題
    ①専門家の育成
    ②繰り返される被害
    ③組織的取り組みと経営者の意識改革
    ④投資の優先順位
    ⑤コスト対効果
    ⑥リスク多様化への対応
    ⑦地方公共団体における人員不足
    ⑧地方自治体の予算措置
    ⑨内製企業の取り込み
    ⑩顧客企業内部の調整
    ⑪ガイドラインの拘束力不足
  (6)オリンピック関連需要
    ①日本の安全・安心を海外に訴える
    ②IT-BCPの構築加速
    ③オフィシャルスポンサー企業のBCP
    ④インフラ整備
    ⑤通信ネットワーク環境の整備
    ⑥外資から見たオリンピック関連投資
    ⑦警備
  (7)今後の展望
    ①市場の裾野拡大
    ②コンサルティング市場の傾向
    ③グローバル化
    ④社会インフラ整備
    ⑤ニーズの多様化
    ⑥地方公共団体における需要
2.DRソリューション
  (1)市場の概況
  (2)DRシステム構築の考え方
  (3)市場規模推移予測(2014~2021年度)
  (4)シェア推移(2014~2016年度)
  (5)主な参入企業
    ①富士通
    ②日本電気
    ③日立製作所
    ④NTTデータ
    ⑤NTT東日本
    ⑥野村総合研究所
    ⑦SCSK
    ⑧インターネットイニシアティブ
    ⑨ベリタステクノロジーズ
  (6)課題
    ①初動体制とインシデントマネジメント
    ②個別最適から全体最適へ
    ③DR思想の普及と適切な情報の提供
    ④DRシステムの導入コスト
    ⑤クラウドサービスのインフラ基盤への投資
    ⑥技術者の専門分野ごとの分散と絶対数不足
    ⑦製品の信頼性についてのアピール
    ⑧DRについてのガイドライン不足
  (7)今後の展望

III 防災ソリューション市場の実態と展望

1.防災行政無線システム
  (1)市場の概要
    ①中央防災無線
    ②消防防災無線
    ③都道府県防災行政無線
    ④市町村防災行政無線
  (2)市場規模推移予測(2014~2021年度)
  (3)シェア推移(2014~2016年度)
  (4)主な参入企業
    ①NEC
    ②沖電気工業
    ③日立国際電気
    ④富士通ゼネラル
    ⑤パナソニックシステムネットワークス
    ⑥日本無線
    ⑦三菱電機
    ⑧東芝
  (5)今後の展望
2.消防指令システム
  (1)市場の概要
  (2)市場規模推移予測(2014~2021年度)
  (3)シェア推移(2014~2016年度)
  (4)主な参入企業
    ①日本電気
    ②富士通ゼネラル
    ③沖電気工業
    ④日立製作所
  (5)今後の展望
3.総合防災システム
  (1)市場の概要
  (2)市場規模推移予測(2014~2021年度)
  (3)シェア推移(2014~2016年度)
  (4)主な参入企業
    ①NTTデータ
    ②日本電気
    ③富士通
    ④日立製作所
    ⑤日本IBM
  (5)今後の展望
4.災害情報管理システム
  (1)市場の概要
  (2)市場規模推移予測(2014~2021年度)
  (3)シェア推移(2014~2016年度)
  (4)主な参入企業
    ①NTTデータ
    ②富士通
    ③日本電気
    ④日立製作所
    ⑤日本IBM
    ⑥日本ユニシス
    ⑦セールスフォース・ドットコム
  (5)今後の展望
5.安否確認・緊急速報サービス
  (1)市場の概要
  (2)市場規模推移予測(2014~2021年度)
  (3)シェア推移(2014~2016年度)
  (4)主な参入企業
    ①セコムトラストシステムズ
    ②インフォコム
    ③富士通
    ④NECネッツエスアイ
    ⑤綜合警備保障
    ⑥NTT東日本
    ⑦NTTコミュニケーションズ
    ⑧サイボウズスタートアップス
    ⑨NTTドコモ
    ⑩KDDI
    ⑪ソフトバンク
  (5)今後の展望

Ⅳ 情報セキュリティソリューション市場の実態と展望

(1)市場の概況
(2)サイバー攻撃対策ソリューション
(3)市場規模推移予測(2014~2021年度)
(4)情報セキュリティ市場全体シェア(2015年度)
(5)情報セキュリティコンサルティング・診断市場シェア(2015年度)
(6)情報セキュリティツール(製品)市場シェア(2015年度)
(7)情報セキュリティ構築市場シェア(2015年度)
(8)情報セキュリティ運用監視・保守市場シェア(2015年度)
(9)情報セキュリティ市場参入事業者の分類
(10)情報セキュリティソリューションにおける課題
  ①インフォメーションガバナンスの意識欠如
  ②リソース不足
  ③攻撃手法進化への対応
  ④組織運営上の課題
(11)オリンピックのサイバーテロ対策
  ①2012年ロンドン大会でのサイバーテロ
  ②2020年東京オリンピックに向けた投資
(12)今後の動向

V IT事業者の個別企業実態調査票

1.株式会社インターネットイニシアティブ
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
2.SCSK株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
3.株式会社NTTデータ
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)今後の事業展開
4.日本電気株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
5.株式会社野村総合研究所
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
6.東日本電信電話株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
7.株式会社日立製作所
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
8.富士通株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)今後の事業展開
9.ベリタステクノロジーズ合同会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開

VI コンサルティング事業者の個別企業実態調査票

1.株式会社インターリスク総研
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
2.SOMPOリスケアマネジメント株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
3.デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
4.株式会社三菱総合研究所
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題およびその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
5.株式会社リスクマネジメントブレイン
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)オリンピック関連需要への対応
  (8)今後の事業展開

VII 情報セキュリティ事業者の個別企業実態調査票

1.株式会社シマンテック
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
2.トレンドマイクロ株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
3.マカフィー株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
4.株式会社ラック
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開

VIII 総合セキュリティ事業者の個別企業実態調査票

1.セコム株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開
2.綜合警備保障株式会社
  (1)市場の概況
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)サービスメニューと注力サービス
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題及びその解決の方向性
  (6)市場の将来展望
  (7)テロ対策サービスへの取り組み
  (8)オリンピック関連需要への対応
  (9)今後の事業展開

<図表目次>
図表1 危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)全体市場規模推移(2014~2021年度)
図表2 危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)ソリューション事業者別売上高(2015年度)
図表3 危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)市場規模推移予測(2014~2021年度)
図表4 セグメント別市場規模推移予測(2014~2021年度)
図表5 危機管理ソリューション(事業継続/防災/情報セキュリティ)事業者別売上高
図表6 BCPコンサルティングの一般的なフロー
図表7 BCPコンサルティングの市場規模推移予測(2014~2021年度)
図表8 BCPコンサルティング市場のシェア推移(2014~2016年度)
図表9 BCPコンサルティング市場参入企業
図表10 DRシステム構築のための指標
図表11 災害対策/障害対策としてのDRシステム構築
図表12 DRソリューションの市場規模推移予測(2014~2021年度)
図表13 DRソリューション市場のシェア推移(2014~2016年度)
図表14 防災行政無線システムの全体構成
図表15 市町村防災行政無線システムの整備率
図表16 デジタル化市町村防災無線システムの概念
図表17 防災行政無線システムの市場規模推移予測(2014~2021年度)
図表18 防災行政無線システム市場のシェア推移(2014~2016年度)
図表19 消防指令システムの市場規模推移予測(2014~2021年度)
図表20 消防指令システム市場のシェア推移(2014~2016年度)
図表21 防災情報共有プラットフォーム
図表22 総合防災システムを構成する主要なサブシステム
図表23 総合防災システムの市場規模推移予測(2014~2021年度)
図表24 総合防災システム市場のシェア推移(2014~2016年度)
図表25 災害情報管理システムの主な事例
図表26 災害情報管理システムの市場規模推移予測(2014~2021年度)
図表27 災害情報管理システム市場のシェア推移(2014~2016年度)
図表28 企業向け安否確認サービスの機能例
図表29 安否確認サービスの市場規模推移予測(2014~2021年度)
図表30 安否確認サービス市場のシェア推移(2014~2016年度)
図表31 日本におけるランサムウェア被害報告件数
図表32 日本におけるオンライン銀行詐欺ツール検出台数
図表33 IPAによる情報セキュリティ10大脅威2017
図表34 サイバー攻撃対策ソリューション
図表35 サイバー攻撃対策ソリューションの分類
図表36 情報セキュリティ市場規模推移予測(2014~2021年度)
図表37 情報セキュリティ市場分野別内訳
図表38 情報セキュリティ市場全体シェア(2015年度)
図表39 情報セキュリティコンサルティング・診断市場シェア(2015年度)
図表40 情報セキュリティツール(製品)市場シェア(2015年度)
図表41 情報セキュリティ構築市場シェア(2015年度)
図表42 情報セキュリティ監視運用・保守市場シェア(2015年度)
図表43 情報セキュリティ市場参入事業者の分類
図表44 IIJのクラウドサービスによるWebサイトの災害対策
図表45 IIJのハイブリッドクラウドソリューション
図表46 IIJの仮想デスクトップサービス
図表47 IIJのマルチポイントセキュリティ
図表48 IIJのIIJ C-SOCサービス
図表49 IIJのセキュリティサービス
図表50 SCSKの事業継続・災害対策支援サービス
図表51 SCSKのデータセンターnetXDC
図表52 SCSKのIT-BCP支援サービスメニュー
図表53 SCSKのBCP整備状況診断サービス
図表54 SCSKのFalconStor CDPによるBCP/DRソリューション
図表55 SCSKのFreeStorによる構成
図表56 SCSKのSECURE YOUR SITEメニュー
図表57 SCSKのセキュリティ監視サービス SCSK SOCのイメージ
図表58 SCSKの標的型攻撃対策サービスLastline
図表59 NTTデータの防災・危機管理ソリューション・サービス
図表60 NTTデータの東京・大阪共通ディザスタリカバリサービス
図表61 NTTデータのセキュリティ・認証サービス
図表62 NTTデータのWAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)監視サービス
図表63 NECのBCMサイクルと各フェーズでの対策
図表64 NECのBCPプロセス
図表65 NECのBCP策定支援
図表66 NECのBC/DRコンサルティングサービス
図表67 NECのDRシステム構築の考え方
図表68 NECのDRシステム設計・構築メニュー
図表69 NECのBCソリューションメニュー
図表70 NECのサイバー攻撃ソリューション
図表71 NECのサイバーセキュリティソリューションメニュー
図表72 NECの「東京2020ゴールドパートナー」分野
図表73 野村総合研究所のIT Risk Managementコンサルティングメニュー
図表74 NRIセキュアのサイバーテロ対策関連サービス
図表75 NTT東日本の事業継続関連サービスメニュー
図表76 NTT東日本のBCP/DRサービスの中核となるデータセンター
図表77 NTT東日本の安否確認サービス
図表78 NTT東日本の防災関連サービスメニュー
図表79 NTT東日本の被災者生活再建支援システム
図表80 NTT東日本の総合防災情報システム
図表81 NTT東日本のセキュリティオペレーションセンター
図表82 NTT東日本のセキュリティ関連サービス
図表83 日立の復旧要件に応じたDRシステム構築の考え方
図表84 日立の3データセンター方式事業継続性向上
図表85 日立のソフトウェアによるBCP/DR対応メニュー
図表86 日立のサイバーセキュリティソリューション
図表87 標的型サイバー攻撃の不審な活動を検知する「拡散活動検知ソフトウェア」
図表88 日立のサイバーセキュリティソリューションメニュー
図表89 富士通の事業継続対策レベル
図表90 富士通のディザスタリカバリセンタサービス
図表91 富士通の緊急連絡/安否確認サービス
図表92 富士通の事業継続(BC)サービス一覧
図表93 富士通の防災関連システム
図表94 富士通の総合防災情報システム
図表95 富士通のセキュリティソリューションメニュー
図表96 ベリタステクノロジーズのBCP/DR関連製品メニュー
図表97 インターリスク総研のBCM概念とBCMSへの取り組みの考え方
図表98 インターリスク総研のBCM/BCPコンサルティングメニュー
図表99 SOMPOリスケアマネジメントのBCP関連サービスメニュー
図表100 SOMPOリスケアマネジメントの情報セキュリティサービスメニュー
図表101 デロイトのBCM方法論
図表102 DTRSのBCP/BCMプロジェクト支援の例
図表103 DTRSの事業継続戦略策定支援
図表104 DTRSのBCP/BCM診断の流れ
図表105 DTRSのサイバーリスクサービス
図表106 三菱総合研究所のリスクマネジメントコンサルティング概念
図表107 三菱総合研究所の危機管理・BCP・BCMコンサルティング概念
図表108 三菱総合研究所のリスクマネジメント・BCMサービスメニュー
図表109 三菱総合研究所の安全・防災サービスメニュー
図表110 三菱総合研究所のサイバーセキュリティサービスメニュー
図表111 リスクマネジメントブレインのBCP策定支援
図表112 リスクマネジメントブレインのBCPコンサルティングメニュー(例)
図表113 リスクマネジメントブレインのBCP策定ステップ事例
図表114 シマンテックのセキュリティ関連の主な製品・ソリューション
図表115 シマンテックのクラウド型WAF(Web Application Firewall)
図表116 トレンドマイクロの標的型サイバー攻撃対策ソリューション
図表117 トレンドマイクロのサイバー攻撃各段階での対策
図表118 トレンドマイクロのConnected Threat Defense™(CTD)構成例
図表119 トレンドマイクロのウイルスバスター™コーポレートエディションXG
図表120 トレンドマイクロのメールセキュリティInterScan Messaging Security
図表121 トレンドマイクロのネットワーク型対策製品Deep Discovery™ Inspector
図表122 トレンドマイクロのセキュリティ製品・ソリューションメニュー
図表123 インテル セキュリティのセキュリティ製品・サービスメニュー
図表124 ラックのサイバーセキュリティサービスメニュー
図表125 ラックのJSOCマネージドセキュリティサービス
図表126 ラックのセキュリティ監視・運用支援システム「LAC Falcon®」
図表127 セコムのBCP/事業継続計画 危機管理支援トータルサービス
図表128 セコムの危機管理支援トータルサービスメニュー
図表129 セコムグループの情報セキュリティサービスメニュー
図表130 ALSOKのBCPソリューションイメージ
図表131 ALSOKのBCPソリューションサービスメニュー

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58122200 2017 IoT/M2Mマーケット
C58123600 2017 PLM市場の実態と展望
C58124000 デジタルイノベーション動向研究 -産業用IoTプラットフォームの考察とイノベーション意識調査-
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C58119200 2017 自治体向けソリューション市場の実態と展望