2017 PLM市場の実態と展望

製造業においては、IoTやビッグデータアナリティクスを応用した設計・解析など、新しいエンジニアリングの手法が確実に成果をあげつつある。PLM(Product Lifecycle Management、製品ライフサイクル管理)は、従来型のCAD/CAM/CAE、PDMだけでなく、新しい領域を取り入れ発展が見込まれる。また、クラウドコンピューティングや仮想化など、ITの基盤技術の大きな進歩もPLM市場に影響を与えている。変化しつつあるPLMは、注目すべき市場となっている。

発刊日: 2017/03/27 体裁: A4 / 248頁
資料コード: C58123600 PDFサイズ: 3.6MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:製造業における製品管理の概念にPLM(Product Lifecycle Management)がある。本レポートは、それを実現するPLM ソフトウェア市場の実態を明らかにすることを目的とする。
調査の対象とした市場とその対象
<PLM>・・・PLM(Product Lifecycle Management)とは、開発・生産からメインテナンス、あるいはリサイクルにいたるまでの製品のライフサイクル全般にわたり管理しようという概念。それを実現するためのツールとして、CAD/CAM/CAE、PDM、デジタルファクトリー、DMU の各ツールがあると本書ではとらえている。
<CAD/CAM/CAE>・・・コンピュータを用いて設計を行うためのツール。本書では、2次元CAD、3次元CAD、金型設計用CAD/CAM、機械系CAEを対象としている。
<PDM>・・・製品の開発工程において、設計・開発に関わるすべての情報を一元化して管理し、工程の効率化や期間の短縮をはかる情報システム。
<デジタルファクトリー>・・・製造計画プロセスにおけるプランニングを行うシステム。具体的には、工程レイアウト、工程設計、工程シミュレーション、工程検証、製造実行、ロボットシミュレーションなどのツールを含む。
<ビューワ/DMU>・・・ビューワは3次元データファイルの内容を表示するためのツール。DMUは製品の外見、内部構成などを比較、検討するためのシミュレーションツール。
調査対象企業:PLMメーカー21社
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2016年10月~2017年3月

調査結果サマリー
Close

国内PLM市場に関する調査を実施(2017年)
~製造業の設備投資が好調で市場は堅調、デジタライゼーションが新たな事業機会を生むと予測~
・2016年の国内PLM市場規模は前年比5.0%増の約2,424億円の見込
・デジタル化の進展による新たな事業機会の獲得を図るPLMシステムメーカー
・2020年の国内PLM市場規模を2,900億円と予測

 

資料ポイント
Close

  • PLM市場概況と中期予測を掲載(全世界および日本国内)
  • アプリケーション別売上高予測(CAD/CAM/CAE、PDM、デジタルファクトリー、ビューワー)
  • 主要ベンダーの戦略展望で業界動向を網羅

資料概要
Close

Ⅰ.総論
Ⅱ.データ編
Ⅲ.主要ベンダーの戦略展望
Ⅳ.個別企業編

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

Ⅰ.総論

1.PLM市場概況
  1.1.2016年の全世界PLM市場は伸び悩む
  1.2.日本国内のPLM市場は順調に回復
  1.3.2017年以降も順調な成長を予測
  1.4.民間企業設備は高い水準を維持
  1.5.デジタライゼーションがあらたなビジネス機会を生み出す
  1.6.モデルベース開発は新しいステージへ
  1.7.3D入力の容易化がPLM市場を変える
  1.8.IT基盤技術の進歩とPLM
2.PLM市場中期予測
  2-1.PLM関連売上高予測(全世界/2014-2020予測)
  2-2.地域別売上高予測(全世界/2014-2020予測)
  2-3.アプリケーション別売上高予測(全世界/2014-2020予測)
  2-4.PLM関連売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
  2-5.アプリケーション別売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-5-1.CAD/CAM/CAE売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-5-2.PDM売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-5-3.デジタルファクトリー売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-5-4.ビューワ/DMU売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
  2-6.業種別売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-6-1.電気・電子機械業界に対する売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-6-2.精密機械業界に対する売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-6-3.産業機械業界に対する売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-6-4.自動車・輸送機械業界に対する売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-6-5.エネルギー・プロセス業界に対する売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-6-6.その他業界に対する売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
  2-7.年商別売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-7-1.大手企業に対する売上高予測 (日本国内/2014-2020予測)
    2-7-2.中小・中堅企業に対する売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
  2-8.ライセンス、サービス別売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-8-1.ライセンス売上高予測(日本国内/2014-2020予測)
    2-8-2.サポート・保守・サービス売上高予測(日本国内/2014-2020予測)

Ⅱ.データ編

1.PLMの出荷状況(全世界)
  1-1.PLM売上高推移(全世界)
  1-2.PLM売上高シェア(全世界)
  1-3.地域別売上高の推移(全世界)
  1-4.アプリケーション別売上高の推移(全世界)
    1-4-1.CAD/CAM/CAE売上高の推移(全世界)
    1-4-2.CAD/CAM/CAE売上高シェア(全世界)
    1-4-3.PDM売上高推移(全世界)
    1-4-4.PDM売上高シェア(全世界)
    1-4-5.デジタルファクトリー売上高の推移(全世界)
    1-4-6.デジタルファクトリー売上高シェア(全世界)
    1-4-7.ビューワ/DMU売上高の推移(全世界)
    1-4-8.ビューワ/DMU売上高シェア(全世界)
2.PLMの出荷状況(日本国内)
  2-1.PLM売上高推移(日本国内)
  2-2.PLM売上高シェア(日本国内)
  2-3.アプリケーション別売上高推移(日本国内)
    2-3-1.CAD/CAM/CAE売上高の推移(日本国内)
    2-3-2.CAD/CAM/CAE売上高シェア(日本国内)
    2-3-3.PDM売上高の推移(日本国内)
    2-3-4.PDM売上高シェア(日本国内)
    2-3-5.デジタルファクトリー売上高の推移(日本国内)
    2-3-6.デジタルファクトリー売上高シェア(日本国内)
    2-3-7.ビューワ/DMU売上高の推移(日本国内)
    2-3-8.ビューワ/DMU売上高シェア(日本国内)
  2-4.業種別売上高の推移(日本国内)
    2-4-1.電気・電子機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-2.電気・電子機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-3.精密機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-4.精密機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-5.産業機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-6.産業機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-7.自動車・輸送機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-8.自動車・輸送機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-9.エネルギー・プロセス産業業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-10.エネルギー・プロセス産業業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-11.その他業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-12.その他業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-5.顧客企業年商別売上高の推移(日本国内)
    2-5-1.中小・中堅企業(年商500億円以下)に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-5-2.中堅・中小企業(年商500億円以下)に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-5-3.大企業(年商501億円以上)に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-5-4.大企業(年商501億円以上)に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-6.ライセンス、サービス別売上高の推移(日本国内)
    2-6-1.ライセンス売上高の推移(日本国内)
    2-6-2.ライセンス売上高シェア(日本国内)
    2-6-3.サポート・保守・サービス売上高の推移(日本国内)
    2-6-4.サポート・保守・サービス売上高シェア(日本国内)

Ⅲ.主要ベンダーの戦略展望

アラスジャパン
  PLMソフトウェアをオープンソース・ソフトウェアとして提供
オートデスク
  「The Future Of Making Things ~創造の未来~」を提唱
シーメンスPLMソフトウェア
  メンター・グラフィックスを買収
図研
  ものづくり全体をサポートできる企業をめざす
ダッソー・システムズ
  3DEXPERIENCEプラットフォーム活用のさらなる進化をめざす
PTCジャパン
  ALM、SCM、SLM、IoTなどに事業領域を拡大
富士通
  日本のものづくりを先進のICTにより支援
ラティス・テクノロジー
  XVLパイプラインとCAD+1ソリューションの開発を進める

Ⅳ.個別企業編

アンシス、株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ、SAP、MSCソフトウェア、
オートデスク、シーメンスPLMソフトウェア、株式会社C&Gシステムズ、株式会社図研、
ダッソー・システムズ、ESIグループ、オラクル、NEC(日本電気)株式会社、
日本ユニシス株式会社、PTC、富士通株式会社、ラティス・テクノロジー株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58122200 2017 IoT/M2Mマーケット
C58124000 デジタルイノベーション動向研究 -産業用IoTプラットフォームの考察とイノベーション意識調査-
C58122800 2017 危機管理ソリューション(事業継続/防災/情報セキュリティ)市場の実態と展望
C58124300 2017年版 RFID市場の現状と展望
C58123100 2017 eラーニング/映像教育ビジネスレポート