2017年版 介護福祉用具用品市場の現状と方向性

福祉用具・介護用品販売市場では、高齢者人口の安定的な増加を背景に、一時期は拡大傾向が続いた。昨今では、メーカーの海外生産シフトに対して、円安による利益圧迫が大きく影響している。今後、2018年改正では福祉用具購入・レンタル部門は若干の制限はあるが、大きな影響はなく、いわば「先送り」とはなった。ここ数年は次期改定に向けての準備期間という位置づけとなる。
一方、団塊の世代が2025年に75歳となることで、新たな動きも想定される。個別援助計画書の作成が浸透し、標準型の商品だけでなく、機能付加した製品によって、レンタル事業者の差別化に繋がることから、介護福祉用具用品メーカーには特徴のある製品の提供が求められている。
本調査レポートでは、福祉用具・介護用品のメーカー出荷販売市場規模および今後の予測、また製品分類毎の有力企業のシェア、製品開発の動きなど、福祉用具・介護用品メーカーの動向と方向性を分析・編集した。

発刊日: 2017/04/28 体裁: A4 / 290頁
資料コード: C59100700 PDFサイズ: 2.5MB
カテゴリ: ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 302,400円 (本体 280,000円 消費税 22,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:福祉用具・介護用品(本文では介護福祉用具用品とする)を取り扱うメーカー及び輸入商社
調査方法:参入企業への直接面談調査による
調査期間:2017年2月~2017年4月

資料ポイント
Close

  • 介護福祉用具用品市場のメーカー出荷ベース市場規模推移(2009年~2025年予測)
  • 介護福祉用具用品市場(6分野、11製品)を分析

リサーチ内容

2017年4月5日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 介護福祉用具用品の市場概要

1.介護福祉用具用品の市場動向
2.高齢者人口と福祉用具レンタル・販売の動向
  (1)高齢者人口の推移
  (2)介護保険におけるレンタル・購入市場の動向
    ①レンタル市場の動向
    ②購入市場の動向
3.介護福祉用具用品市場の市場規模推移
4.課題・問題点
5.今後の方向性

第2章 介護福祉用具用品の製品分類別動向

1.寝具関連機器・用品
  (1)在宅用介護ベッド
  (2)医療・介護施設用ベッド
  (3)エアマット・体圧分散マット
2.移動用機器・用品
  (1)車いす
  (2)電動車いす、電動3・4輪車
  (3)歩行器・歩行車・シルバーカー
  (4)移動用リフト
3.特殊浴槽
  ①市場動向と市場規模推移
  ②需要分野別割合
  ③製品分類別割合
  ④参入企業シェア
  ⑤今後の方向性
4.入浴用品・排泄用品(特定福祉用具関連)
  ①市場動向と市場規模推移
  ②製品の動向
  ③参入企業シェア
  ④今後の方向性と課題・問題点
5.大人用おむつ
  (1)市場規模推移と将来性
  (2)参入メーカーの販売シェア
  (3)主要参入メーカーの市場戦略
  (4)主要参入メーカーのブランド政策・商品戦略
6.介護シューズ製品
  ①市場動向と市場規模推移
  ②製品の動向
  ③今後の方向性と課題・問題点

第3章 介護ロボットの製品分類別動向

1.コミュニケーション機器
  ・チャピット
  ・かぼちゃん
  ・パルロ
  ・パロ
2.見守りシステム
  ・コニカミノルタ
  ・パラマウントベッド
  ・イデアクエスト
  ・大和ハウス工業
3.その他

第4章 元気な高齢者ビジネスの市場性

1.元気な高齢者に対しての製品化へのヒント
2.元気な高齢者の志向とその課題・問題点
  ・健康・医療
  ・買い物
  ・自動車・運転
  ・仕事・勤労状況・農業
  ・住まい
  ・外出
  ・デザイン・色合い~やってはいけないこと
  ・見た目は同じ高齢者(老人)でも中身は大きく異なっている
  ・貯金、お金~いつまで生きるのかわからない~
  ・運動
  ・スマホ、パソコン、電話
3.NEDO福祉.ne.jpサイトで紹介されている「日常生活に不便さを感じる高齢者」を対象とした調査結果を例として、不便さに対する要望や特徴を確認する。
  (1)日常生活の上での不便さのポイント
  (2)家族と本人とのギャップ
  (3)新製品の開発に向けて

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 302,400円 (本体 280,000円 消費税 22,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59103200 2017年版 偏光板及び部材フィルム市場 Annual Report
C59100200 2017年版 パッケージ印刷市場の展望と戦略
C59100500 2017年版 学校向けビジネス徹底調査
C59102100 2017 自治体向けソリューション市場の実態と展望 ~自治体別アンケート回答結果編~
C58103800 2016年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析