マイクロLED市場の現状と将来展望

本調査レポートは、マイクロLEDに関する研究開発及び事業化動向を調査・分析し、更に周辺情報を加えることでマイクロLED市場における現状と将来展望を把握することを目的とした。

発刊日: 2017/08/04 体裁: A4 / 108頁
資料コード: C59102200 PDFサイズ: 6.5MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:マイクロLEDとマイクロLEDの潜在アプリケーション(ディスプレイ、車載用ヘッドランプ、バイオ・医療、Li-Fi通信、スマート繊維)
調査方法:直接面談取材をベースに、文献調査を併用
調査期間:2017年4月~2017年7月

資料ポイント
Close

  • マイクロLEDの世界市場規模予測を算出(金額ベース:2017年~2025年予測)
  • マイクロLEDの特長、技術課題(光源製造、ピックアップ・実装、フルカラーの具現、不良管理)を掲載
  • マイクロLEDの潜在アプリケーション市場動向を掲載
    ※潜在アプリケーション:ディスプレイ、車載用ヘッドランプ、バイオ・医療、スマート繊維、Li-Fi通信
  • 主要プレーヤーにおけるマイクロLED関連動向を収録
    ソニー、名古屋大学・豊田合成他、LuxVue Technology、X-Celeprint、Lumiode、Ostendo Technologies、Lumens、韓国光技術院、電子部品研究院、eLux、PlayNitride、Leti、OSRAM・Daimler他、LED Litek他、イリノイ大学・ワシントン大学他、イリノイ大学・漢陽大学他、Google、エディンバラ大学他、pureLiFi、等

資料概要
Close

第1章 マイクロLED市場の展望
第2章 マイクロLED市場の動向と将来展望

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 マイクロLED市場の展望

マイクロLEDのSWOT分析
マイクロLED市場の現行及び潜在アプリケーション
マイクロLED市場ロードマップ
  ディスプレイ、ヘッドランプ、Li-Fi、スマート繊維、バイオ・医療機器の順で採用が始まる見通し

マイクロLED市場規模予測
  2025年におけるマイクロLED世界市場規模は約46億ドル
    (図・表)マイクロLED世界市場規模予測
    (金額ベース:CY2017~CY2025予測)
  ディスプレイと車載用ヘッドランプを除くアプリケーション向け市場は一部に止まる見通し
    (図・表)アプリケーション別マイクロLED世界市場規模予測
    (金額ベース:CY2017~CY2025予測)

第2章 マイクロLED市場の動向と将来展望

1.マイクロLED市場の動向
  1-1.マイクロLEDの特長
    100μm以下のLEDでデバイスの低電力化、小型化、軽量化、フレキシブル化等を具現
    (表)サイズ別LEDの比較
  1-2.マイクロLEDの技術課題
    解決すべき技術課題が山積み
    (表)マイクロLEDの技術課題
    ①チップの製造
    ②ピックアップ・実装
    ③フルカラーの具現
    ④不良管理
  1-3.主要メーカー・機関におけるマイクロLED関連動向
2.マイクロLEDの潜在アプリケーション市場の動向
  2-1.ディスプレイ
    ①市場概要
    現状のディスプレイ市場は依然としてLCDが主流
    (表)現行ディスプレイ別の特徴
    (表)主要アプリケーション別に求められるディスプレイスペック
    OLEDが市場拡大に乗り出している中、マイクロLEDの登場が注目を浴びる
    (表)LCD、OLED、マイクロLEDディスプレイの特性比較
    ②マイクロLEDの採用により期待されるメリット
    LCDやOLEDに比べ、優れた特性を持つ
    (表)マイクロLEDディスプレイの特長
    自発光するマイクロLEDで単純なディスプレイ構造を具現
    (表)LCD、OLED、マイクロLEDを用いたTV用ディスプレイの構造比較
    超小型から超大型ディスプレイまで対応可能
    (表)小型ディスプレイの具現におけるマイクロLED採用のメリット
    (表)大型ディスプレイの具現におけるマイクロLED採用のメリット
    ディスプレイのフレキシブル化が図れる
    (表)主要フレキシブルディスプレイ技術別の特徴
    ③マイクロLEDの採用に向けての課題
    製造工程及び装備の最適化による歩留まりの向上とコストダウンが採用拡大のカギ
    (表)主要アプリケーション別に求められるサブピクセルのサイズ
    (表)ディスプレイの解像度別に求められるサブピクセル数
    (表)ウェハーサイズ別に得られるマイクロLEDチップ数
    ④マイクロLEDの採用に向けた取り組み

    ソニー
      2017年上期に超大型CLEDISディスプレイを発売
      (図)ソニーのピック・アンド・プレース技術の例

    名古屋大学・豊田合成他
      2016年から車載用マイクロLEDディスプレイの研究開発を開始

    LuxVue Technology
      Appleに買収され、2018年以降発売を目処にスマートウォッチ向けディスプレイを開発中
      (図)LuxVueのピック・アンド・プレース技術の例

    X-Celeprint
      弾性高分子スタンプを利用したピック・アンド・プレース技術の商用化を図る
      (図)X-Celeprintのピック・アンド・プレース技術の例

    Lumiode
      モノリシック実装技術を活用し、AR用次世代マイクロLEDディスプレイを研究開発
      (図)Lumiodeのモノリシック実装技術の例

    Ostendo Technologies
      1つのLEDでRGBを具現するQPI技術を開発し、マイクロディスプレイを具現
      (図)OstendoのRGB QPIデバイスのテストイメージ
      (表)OstendoのQPI目標スペック
      (図)OstendoのQPI技術

    Lumens
      2017年下期にマイクロLEDディスプレイ製品の商用化を図る

    韓国光技術院
      エラストマースタンプを利用したマイクロLEDのピック・アンド・プレース技術を開発中

    電子部品研究院
      高輝度、高解像度の大型LEDサイネージの具現に必要な技術を研究開発中
    
    eLux
      Foxconnに買収され、2018年を目処にマイクロLEDディスプレイの事業化を目指す

    PlayNitride
      電気的にプログラマブル磁気モジュールを使用したピック・アンド・プレース技術を開発
      (図)PlayNitrideのピック・アンド・プレース技術の例

    Leti
      マイクロチューブを利用してチップのズレを防止するモノリシック実装技術を開発
      (図)Letiのマイクロチューブを活用したモノリシック実装技術の例
    
    ⑤ディスプレイ用マイクロLED市場の展望
    技術ソリューションの定立と強いサプライチェーンの確保を目指せ
    LCD、OLEDでは対応が難しいディスプレイアプリケーション向けから採用が始まる見通し
      (図)マイクロLEDディスプレイの潜在アプリケーション
      (図)マイクロLEDディスプレイの採用時期予測

  2-2.車載用ヘッドランプ
    ①市場概要
    優れた特性とコストダウンを実現したLEDヘッドランプへの需要が拡大
      (表)車載用ヘッドランプ光源の種類及び特性比較
    夜間運転時の安全性の向上に向けて知能型LEDヘッドランプが浮上
      (表)時間帯ごとの自動車交通事故及び死亡事故の発生件数
    LEDヘッドランプ開発は機能の更なる多様化・知能化がトレンド
    ②マイクロLEDの採用により期待されるメリット
    遮光範囲を最小化し、視野確保を極大化
      (図)従来のADBの遮光範囲
      (図)マイクロLEDを用いたADBの遮光範囲
    路面上に情報表示が可能
      (図)ナビゲーションと連携した運転アシスト
      (図)歩行者とのコミュニケーション
    ③マイクロLEDの採用に向けての課題
    差別化ポイントの確立、歩留まりの向上、コストの削減などが課題
    ④マイクロLEDの採用に向けた取り組み

    OSRAM、Daimler他
      115μmのLEDを用いたヘッドランプを開発
   
    LED Litek他
      韓国政府の支援を受け、マイクロLEDヘッドランプの開発に取り組む
      (表)「マイクロLED応用VGAクラスのスマートヘッドランプの開発」の課題目標
   
    ⑤車載用ヘッドランプ用マイクロLED市場の展望
    2020年以降、高価のプレミアム自動車向けで限定的に採用される見通し

  2-3.バイオ・医療
    ①市場概要
    健康志向社会で注目される光学技術ベースのバイオ・医療機器
      (図)光源の波長別の透過可能な皮膚の深さ
      (表)光源の波長別光治療の作用効果及び応用分野
      (表)光学技術が採用される生医学分野
    治療対象に光を直接かつ正確に照射すべく、LED光源の微細化が求められる
    ②マイクロLEDの採用により期待されるメリット
    副作用を最小化できるバッチ型・人体挿入型バイオ・医療機器の具現が図れる
    ③マイクロLEDの採用に向けての課題
    安全性、柔軟性、伸縮性の確保が課題
    ④マイクロLEDの採用に向けた取り組み
    
    イリノイ大学・ワシントン大学
      埋め込みが可能なマイクロLEDデバイスを開発し、光遺伝学に活用
      (図)マイクロLEDを用いた針穴より細い薄型・フレキシブルなプラスチックリボン
      (図)ネズミの脳に埋め込まれたマイクロLEDデバイス
    
    イリノイ大学・ワシントン大学他
      3D形状の内部臓器にも適用可能なデバイスを開発
    
    イリノイ大学・漢陽大学他
      マイクロLEDを搭載したパッチ型デバイスで生体指標をモニタリング
    
    Google
      血糖測定用スマートコンタクトレンズの開発計画を発表
      (図)従来の血糖測定器
      (図)Googleのスマートコンタクトレンズ
    
    ⑤バイオ・医療用マイクロLED市場の展望
    商用化への道のりは遠い見通し

  2-4.スマート繊維
    ①市場概要
    衣服、インテリア材料、ヘルスケアなどにLEDを用いたスマート繊維が登場
      (表)LEDを用いた従来のスマート繊維の例
    ②マイクロLEDの採用により期待されるメリットと課題
    更なるフレキシブル化・低消費電力化が図れるも、高いコストがネック
    ③スマート繊維用マイクロLED市場の展望
    軍事用や保護装備用生体指標モニタリング繊維に採用可能性有り
  2-5.Li-Fi通信
    ①市場概要
    次世代超高速・近距離無線通信技術としてLED照明を利用するLi-Fiが浮上
      (図)Li-Fi技術の原理
      (表)Li-Fiの特長と課題
      (表)Li-FiとWi-Fi技術の比較
    ②マイクロLEDの採用により期待されるメリット
    集積化部品及びシステムの小型化と高速通信の具現が可能
    ③マイクロLEDの採用に向けての課題
    従来のLED照明より高い価格がネック
    ④マイクロLEDの採用に向けた取り組み
    
    エディンバラ大学他
      マイクロLEDをCMOSに実装し、ディスプレイ・照明・通信の統合化を目指す
      (図)CMOSで駆動されるカラー調整が可能なスマートディスプレイ

    pureLiFi
    データ送受信用ドングルの小型化に取り組む
      (図)pureLiFiが開発したLiFi-X

    ⑤Li-Fi通信用マイクロLED市場の展望
    マイクロLEDの採用は2020年以降になる見通し

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59101300 2017年度版 (CMOS/CCDカメラ応用)画像システム・機器の需要予測 -ビジュアル・コミュニケーション調査シリーズ-
C59107200 2017年版 住宅産業白書
C59109600 2017年版 ゴルフ産業白書
C59107600 2017 新エネルギー用パワーコンディショナー市場