2017 デジタルサイネージ市場の現状と展望

近年、デジタルサイネージ市場は防災・災害用途、東京オリンピック・パラリンピック、訪日外国人、4K・8K、地方創生などをキーワードに市場が活発化している。また、総務省がデジタルサイネージに関するアクションプランを策定したことも市場の追い風になっている。
本調査レポートは、有力デジタルサイネージ事業者へのヒアリングを通じて、デジタルサイネージ市場の今後を展望する資料として発刊した。

発刊日: 2017/05/26 体裁: A4 / 123頁
資料コード: C59103320 PDFサイズ: 9.6MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内のデジタルサイネージ市場の実態を調査・分析することで、当該関連企業および関係者のマーケティング活動に資することを目的とする。
調査対象:弊社が独自に選定したデジタルサイネージ関連事業者 合計13社
調査方法:直接面談を中心に、電話・メールを併用
調査期間:2017年2月~2017年5月

調査結果サマリー
Close

デジタルサイネージ市場に関する調査を実施(2017年) 
~スマートフォン連携、IoT活用等、コミュニケーションツールとしての需要が拡大~
・2016年度のデジタルサイネージ国内市場規模は前年度比116.2%の1,487億7,500万円
・スマートフォン連携、IoT活用等、コミュニケーションツールとしての需要が拡大
・東京オリンピック・パラリンピックなどを契機に2020年度は3,361億7,000万円を予測、その後も地方における観光用途などでデジタルサイネージ設置は増加基調

資料ポイント
Close

  • デジタルサイネージは、デジタルサイネージの一般化やイニシャルコスト・ランニングコストの低価格化などにより導入が増加している。
  • また、訪日外国人向け対応や東京オリンピック・パラリンピック、地方創生などが追い風となっており、近年同市場は成長が目覚ましい。
  • デジタルサイネージ市場のトレンドである4K・8Kや多言語対応、東京オリンピック・パラリンピック、緊急災害対応、スマートフォン連携、ICカード連携、IoTで進む効果の可視化、地方創生、AIの活用などの動向を追うとともに、海外事例や国内行政動向などの現状・進捗、有力企業の動向などをまとめ、2021年度までの同市場を予測した。

資料概要
Close

Ⅰ デジタルサイネージ市場の現状と展望
Ⅱ デジタルサイネージに関する行政動向
Ⅲ 企業個票

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  図表1 デジタルサイネージ市場規模(2015~2021予測)
2.企業動向
3.展望と課題
  図表2 分野別の展望と課題

Ⅰ デジタルサイネージ市場の現状と展望

1.デジタルサイネージとは
  1.1.本レポートにおける「デジタルサイネージ」とは
    図表3 デジタルサイネージの定義
    1.1.1.デジタルサイネージの分類
    図表4 デジタルサイネージの分類
    1.1.2.デジタルサイネージの用途
    図表5 デジタルサイネージの用途(2016年度)
    図表6 デジタルサイネージの用途(2020年度予測)
    図表7 デジタルサイネージの用途割合の変化(2016年度→2020年度予測)
2.デジタルサイネージ市場概況
  2.1.デジタルサイネージ市場規模(2015~2021予測)
    図表8 デジタルサイネージ市場規模(2015~2021予測)
  2.2.カテゴリ別 デジタルサイネージ市場規模
    2.2.1.広告
    図表9 デジタルサイネージ(広告)市場規模(2015~2021予測)
    2.2.2.コンテンツ制作
    図表10 デジタルサイネージ(コンテンツ制作)市場規模(2015~2021予測)
    2.2.3.システム販売/構築
    図表11 デジタルサイネージ(システム販売/構築)市場規模(2015~2021予測)
  2.3.デジタルサイネージの業種別市場可能性
    図表12 デジタルサイネージの業種別市場可能性
    図表13 運輸業(交通)の市場可能性
3.デジタルサイネージ市場動向
  3.1.ディスプレイ
    3.1.1.4K・8K
    図表14 4K・8K推進のためのロードマップ(2015年7月公表)
    3.1.2.テレビを使ったデジタルサイネージ
    3.1.3.液晶とLED
    3.1.4.省スペースへの設置
    3.1.5.空間演出
  3.2.多言語対応
    図表15 2016年訪日外客数(総数)トップ10
  3.3.オリンピック・パラリンピック(2020東京大会)
    図表16 2020東京大会における屋外デジタルサイネージの活用例
  3.4.緊急災害対応
    図表17 Lアラートの概要
    図表18 Lアラートの普及状況(平成29年4月1日現在)
  3.5.スマートフォン連携
  3.6.ICカード連携
    図表19 おもてなしICカード×デジタルサイネージの具体的なサービス例(イメージ)
  3.7.IoTで進む効果の可視化
  3.8.地方創生
    図表20 まち・ひと・しごと創生基本方針2016(全体像)
    図表21 地方創生推進交付金の対象事業・具体例
    図表22 地方創生深化のための新型交付金における先駆的な事業例
    図表23 京都タワーに設置したデジタルサイネージ
  3.9.AIの活用
    図表24 デジタルサイネージで利用される人工知能
    図表25 ディープラーニングを使ったリアルタイム道路広告のイメージ
  3.10.海外事例
    3.10.1.Link NYC
    3.10.2.マクドナルド
    3.10.3.飲食業
    3.10.4.小売業
    3.10.5.リアルタイム性
    3.10.6.テクノロジ
    3.10.7.その他

Ⅱ デジタルサイネージに関する行政動向

4.2020年に向けた社会全体のICT化アクションプラン
  4.1.2020年に向けた社会全体のICT化アクションプランとは
    図表26 2020年に向けた社会全体のICT化アクションプラン(概要図)
    4.1.1.デジタルサイネージ機能の拡大
    図表27 デジタルサイネージ機能の拡大(実現イメージ)
    4.1.2.分野横断的なアクションプラン
    図表28 都市サービス高度化の推進(イメージ)
    図表29 高度な映像サービスの実現(イメージ)
    4.1.3.アクションプランの進捗状況
    参考:デジタルサイネージシステムの国内共通仕様の概要
    図表30 デジタルサイネージシステムの国内共通仕様の概要
    参考:国内標準化の状況
    図表31 デジタルサイネージ標準システム相互運用ガイドライン1.0版で実現されるサービス例
    参考:国際標準化に向けた動き
5.IoTおもてなしクラウド事業
  5.1.IoTおもてなしクラウド事業とは
    図表32 IoTおもてなしクラウド事業(イメージ図)
    図表33 IoTおもてなしクラウド事業の全体像・推進体制
    図表34 IoTおもてなしクラウド事業の地域実証について(デジタルサイネージ)
    図表35 各社の役割
    図表36 災害情報等の提供(イメージ図)
    図表37 災害時・通常時に配信される情報の例
    図表38 実験で用いられた技術及びその特徴

Ⅲ 企業個票

1.株式会社impact TV
  図表39 PISTAの主な機能より④フィールドトラッキング
  図表40 PISTAの主な機能より⑤トラッキングデータ分析
  図表41 PISTAの分析画面イメージ
2.株式会社ジェイアール東日本企画
  図表42 ジェイアール東日本企画の広告配信の仕組み(例)
  図表43 ジェイアール東日本企画が提供するデジタルサイネージの主な種類
  図表44 トレインチャンネルの売上推移
  図表45 J・ADビジョン 売上・面積の推移(首都圏エリア)
  図表46 トレインチャンネルの路線別広告料金(例)
  図表47 J・ADビジョンの駅別広告料金(例)
  図表48 大型ビジョンの広告料金(例)
3.西武鉄道株式会社
  図表49 スマイル・ステーションビジョン広告料金等
  図表50 40000系車両の車内媒体ジャック料金等
4.ソフトバンク株式会社
  図表51 ビジュアモール クイックサイネージ サービスイメージ
  図表52 ビジュアモール クイックサイネージの主な特徴
5.ソフネットジャパン株式会社
  図表53 CYBER Signageイメージ
  図表54 CYBER Signage活用事例
6.大日本印刷株式会社
  図表55 大日本印刷が提供する主なデジタルサイネージサービス
  図表56 デジタルサイネージの主な利用目的
7.一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム
  図表57 デジタルサイネージコンソーシアムのミッション及び目的
8.株式会社電通
  図表58 プログラマティックOOH概要図
  図表59 ディープラーニングを使ったリアルタイム道路広告のイメージ
9.株式会社東急エージェンシー
  図表60 マルチメディアホームドア設置イメージ図
  図表61 TOQサイネージピラー武蔵小杉駅料金表
  図表62 武蔵小杉駅こすぎアイ料金表
10.凸版印刷株式会社
  図表63 凸版印刷のデジタルサイネージ区分
  図表64 凸版印刷の主なサービスラインアップ・活用例
  図表65 凸版印刷のワンストップ・ソリューション
11.ピーディーシー株式会社
  図表66 京都タワーに設置したデジタルサイネージ
  図表67 約200㎡の立体LEDビジョン(東急プラザ銀座)
12.表示灯株式会社
  図表68 栄ミナミ地区に設置されたデジタルサイネージ
13.株式会社マイクロアドデジタルサイネージ
  図表69 レオパレス21と提携した広告配信のイメージ図

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C58122700 2017 ワークスタイル変革ソリューション市場の実態と展望
C59100600 2017年版 激動するドラッグチェーン
C59101000 VOL.2 分析編 2017年度版 車載用ソフトウェア市場分析 ~AUTOSAR Adaptive時代のソフトとセキュリティ動向~
C59100800 2017年版 宝石・貴金属市場年鑑<小売編>