2017年版 子供市場総合マーケティング年鑑

本調査レポートは、子供に関連するマーケットを体系的に捉え、市場の将来性を検証するための総合資料として企画した。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象エリア:国内市場
調査対象企業(詳細情報掲載企業):保育・学童10社、教育5社、製造・小売3社、サービス9社
調査方法
・直接面接取材、FAX・電話・Eメール取材。
・弊社刊行の各種マーケットレポートのデータ引用
・ウェブによる消費者アンケート実施
・各企業の決算関連資料収集
・各企業のプレスリリース資料収集
・官公庁・自治体・業界団体が発表する各調査結果の収集
・各報道情報の収集
調査期間:2017年4月~2017年6月

資料ポイント
Close

  • 子供関連の各種ビジネス・市場を網羅した総合マーケティング資料
  • 各種子供向けビジネスの動向と参入事業者の戦略を徹底解説
  • 拡大する「保育関連サービス」市場の豊富な取材データ、解説を掲載
  • 3~9歳の子を持つ母親に対するアンケート調査を実施、子供関連サービスに対する親の意向を詳細調査

資料概要
Close

Ⅰ.総論
Ⅱ.子供関連主要企業の戦略
Ⅲ.子供関連市場分野別の動向
Ⅳ.3~9歳の子供を持つお母さんへのアンケート調査
Ⅴ.子供関連ビジネス展開企業リスト

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

Ⅰ.総論

1.子供関連市場の動向
  (1)子供向け用品流通市場の動向
    専門量販店の動向
    子供商品の購入はSCが主流、ネット通販はPCからスマホへのシフト進む
  (2)ベビー・子供向けネット通販の動向
    全体の76.8%がネット通販を利用、活用サイトは「楽天」「アマゾン」の2強体制続く
  (3)キャラクター商品の動向
    2017年の人気キャラクター1位は「ドラえもん」
    「妖怪ウォッチ」「アナ雪」は高人気を維持するもポイントは年々減少
2.子供を取り巻く市場環境
  (1)子供人口の推移
    ①子供(15歳未満)人口の推移
    15歳未満の子供人口は34年連続で減少
    子供人口は2050年に半減となる見通しも減少幅は緩やかに
    ②出生数・婚姻数の推移
    2016年の出生数、ついに100万人割れに
    ③幼稚園児・小学生・中学生・高校生数の推移
    施設数、生徒数の減少さらに進む、施設当たりの生徒数は小学校で増加
  (2)子供に関する消費支出の動向
    子供関連支出は前年に引き続き減少項目が増加項目上回る、教育費は増加に
  (3)子供のライフスタイルの変化
    ①食生活、健康面
    ②こづかい額
    長期的な減少トレンドも、「小学3~4年生」以外は軒並み増加
    ③海外渡航者数
    渡航者数、渡航者割合ともに大幅アップ

Ⅱ.子供関連主要企業の戦略

1.保育・学童分野
  株式会社キッズベースキャンプ
  株式会社グローバルグループ
  コンビウィズ株式会社
  サクセスホールディングス株式会社
  株式会社JPホールディングス
  株式会社小学館集英社プロダクション
  長谷川キッズライフ株式会社
  株式会社パソナフォスター
  ピジョンハーツ株式会社
  株式会社ベネッセスタイルケア
2.教育分野
  有限会社キッズインターナショナル
  有限会社キャンプリンカーン
  株式会社明光ネットワークジャパン
  株式会社ヤマハミュージックジャパン(ヤマハ英語教室)
  株式会社やる気スイッチグループホールディングス
3.製造・小売分野
  株式会社西松屋チェーン
  日本トイザらス株式会社
  三起商行株式会社
4.サービス分野
  株式会社イオンファンタジー
  イオンモールキッズドリーム合同会社
  株式会社global bridge HOLDINGS
  KCJ GROUP株式会社
  株式会社スパインラボ
  株式会社hugmo
  株式会社フレーベル館
  株式会社ボーネルンド
  株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

Ⅲ.子供関連市場分野別の動向

1.娯楽用品・レジャー
  (1)玩具
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    玩具各ジャンルの概況
    大手2大メーカー動向 ~バンダイ、タカラトミー~
  (2)家庭用ゲーム
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    ●ハード・ソフトメーカーもスマートフォン対応に注力
    ●2015年ハードゲームメーカーの動向
    ●仮想現実(VR)・拡張現実(AR)対応、新型機でさらなる市場活性へ
    ●2015年国内ソフト市場規模は前年比2割減
    ●海外市場拡大の取り組みを加速
    ●時流の早いマーケットに沿うべく構造改革相次ぐ
    ●本社オフィスの拡充でさらなる成長図る
    ●現状と今後の見通し
  (3)子供向け出版物
    ①市場規模推移
    ・児童書(書籍)
    ・少年・少女向けコミック誌・コミックス
    ・児童向け雑誌(コミック関連除く)
    ②市場動向
    ・児童書(書籍)
    ・ハリー・ポッターの新作や絵本人気などで児童書は前年増
    ・絵本はロングセラーが中心だが、新刊にもヒット作が登場
    ・少年・少女向けコミック誌・コミックス
    ・コミック誌は、少年向け・少女向けとも大幅減
    ・コミックスは、電子コミックスが市場拡大
    ・児童向け雑誌(コミック関連除く)
    ・少子化の影響を強く受け、長期低迷続く
  (4)子供向けビデオ・DVD
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    2016年はビッグヒットがなく、市場は2年連続で大幅減
    単価の高いブルーレイ対応ソフトの普及は頭打ち
  (5)子供向けスポーツ用品
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    2016年のスポーツ用品総市場は成長を持続、トップカテゴリーは“スポーツシューズ”
    子供・ファミリー層向けマーケットの動向
  (6)子供・ファミリー向け劇場用映画
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    邦画はアニメ映画が主流で、引き続き東宝が好調
  (7)遊園地・テーマパーク
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    東京ディズニーリゾート、入場者数微減も客単価上昇で増収増益
    USJは業績非開示も好調持続、株式再上場にらむ
    風評被害のハウステンボス、17年4月オープンのレゴランド
  (8)ゲームセンター・アミューズメント施設
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    各社の動向
  (9)インドアプレイグラウンド
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    世界同時中継に取り組むビーエルデーオリエンタル
    プレイリーダー設置するボーネルンド
2.教育サービス・用品
  (1)学習塾・予備校
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    大手教育事業者を中心にICT関連サービスの導入が活発化
    合併・吸収・提携が続く教育市場の状況
    教育関連支出は「増やしたい」傾向が強まっている
    教育においても、経済面に対する懸念が大きなウエイトを占める
  (2)私立幼稚園
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    教育機能に預かり保育機能を付加し園児の取り込みを強化
    認定こども園の設置状況
    2020年度の幼児教育無償化に向けた動きが始動
  (3)幼児英才教育市場
    ①全体動向
    ②市場動向
    ・幼児受験教育市場
    ・幼児知育教育市場
  (4)私立中学校
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    安定人気は難関校への合格実績のある中学校、大学付属、共学、新校舎も人気に
    中高一貫校では高校での生徒募集を取りやめるところも
    都立一貫校でも受験倍率の低下が続く、2017年度は高校間における倍率の平準化も
    科学やグローバルなど特色ある学校づくり進む
  (5)幼児・子供英会話教室
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    予定通り、小学校英語教育において「3年生から必修化」「5年生から教科化」へ
    市場は拡大傾向も参入事業者間での競争が激化、生徒数を減らす事業者も散見
    読み書きを重視したプログラムや、語学関連検定試験対策プログラムの需要も拡大
    シェアトップは引き続きECCが堅持、イッティージャパン、イーオンなどが続く
    弊社アンケートでは、語学・外国語会話の習い事需要が若干縮小
  (6)子供向け習い事教室
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    教養系習い事月謝は減少、全体に占める割合も5割を切る状態が続く  家計調査
    習い事をしていない子供が増加し、複数の習い事をしている子供が減少
    支出行動は二極化から中間層の拡大へとシフト、男児・女児の平均費用はほぼ同額に
    習い事トップ「水泳」の人気は健在、費用のかかる「ピアノなどの音楽」は減少
    お稽古・習い事市場におけるプレイヤー動向
    子供向け習い事の新勢力「プログラミング」の市場は拡大傾向
  (7)幼児・学生向け通信教育
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    少子化やベネッセの会員減少に伴い、幼児向け通信教育市場は縮小基調で推移
    学習塾との競争激化やベネッセの会員減少に伴い、学生向け通信教育市場は大幅縮小
  (8)学習参考書
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    学研のボカロシリーズ好調、発売即重版に
    空前のヒット作となった「うんこ漢字ドリル」
  (9)学童文具
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    ・鉛筆
    ・消しゴム
    ・学習帳
  (10)学習机・椅子
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    シンプルかつおしゃれなデザインが人気、リビング学習需要に対応した商品が続々登場
  (11)ランドセル
    ①市場規模推移
    ②市場動向
3.食品
  (1)粉ミルク
    ①市場規模推移
    母乳育児が推奨されるも、働く母親の増加で粉ミルク需要は拡大
    中国産粉ミルクへの不信感から“日本製”粉ミルク人気が回復
    ②市場動向
    成分による差別化が難しいなか、参入各社は利便性を高めたリニューアルを継続
    主要チャネルはベビー専門店とドラッグストア、伸び率では通販チャネル
    マス広告ではなくターゲットを絞ってWebや雑誌に集中する傾向もみられるように
    市場成長の鍵握る“フォローアップミルクの利用期間延長”
    森永は5歳までを対象とした新カテゴリー「グローイングアップミルク」を訴求
    哺乳瓶の消毒やお湯が不要な「液体ミルク」、震災での経験から注目度高まる
  (2)ベビーフード
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    ベビーフードは前年比3.8%減、ウエットタイプへのシフト停滞か、ドライタイプが復調
    ベビー飲料は前年比2.3%増、前年不調のイオン飲料は今年も前年並み
    離乳完了期の“後ろ倒し月齢”に焦点をあてた商品、おやつ領域の商品が増加
  (3)菓子・デザート
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    菓子の支出金額は69,823円、70,000円台目前で足踏み
    推定生産数量・推定生産金額・推定小売金額すべてで増加基調続く
    菓子・デザート動向 ~プロセスと作りたてをアピール~
    玩具菓子動向 ~爆発的なヒット商品見当たらず2.3%増~
    流通菓子動向 ~大人が市場を牽引~
4.衣料品・身の回り品
  (1)子供・ベビー服
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    専門店のシェアがさらに拡大、ネット販売も自前ショップ開設などの動きが活発化
    ベビー・子供服世帯支出額は、低水準が続く
    購買動向 -注目されるカジュアルギフト市場
    有力事業者の動向 ―ベビー分野の強化や海外進出が活発化
  (2)学生服
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    世帯支出では学生服の平均単価は上昇基調。学童・学生数は長期的に減少
    機能性の向上や著名ブランドメーカーとの共同開発 …有力メーカーの取り組み続く
  (3)ベビーシューズ・子供靴
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    「機能性」や「走行強化」といった高付加価値商品が市場をけん引
    各社の動向
  (4)子供用眼鏡・コンタクトレンズ
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    子供用眼鏡に対する関心の高まり
    ユーザー動向
5.日用品・生活雑貨
  (1)ベビー用紙おむつ
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    インバウンド需要ピークアウトでユニ・チャームが再逆転
  (2)ベビーカー
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    新製品を投入し続けるピジョン
    国産の高価格帯製品が盛り返す
  (3)ベビーベッド・子供用寝具
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    ・ベビーベッド
    ・子供用寝具
  (4)チャイルドシート
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    0歳から4歳まで長期使用可能なチャイルドシートが主流に
    2015年使用状況全国調査、8年連続装着率向上
    安全・快適からデザイン性の訴求へ
  (5)幼児・子供用自転車
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    道路交通法改正で安全に走れる環境整備へ
    電動アシスト自転車の利用広がる
    全国各地で開催されるサイクリング関連イベント
6.ベビー・子供用サービス
  (1)保育園・託児所
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    企業立保育所の加速度的な増大続く
    施設開設を阻む保育士確保問題、処遇改善を段階的に実施も不足状態続く
    施設拡大路線を継続する事業者と施設開設を控える事業者との二極化進む
  (2)保育園向け業務支援システム
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    補助金の活用により私立認可保育所への導入進む
    ユーザー動向
  (3)ベビーシッター
    ①市場規模推移
    ベビーシッター事業者の成長要因は託児事業の拡大
    ②市場動向
    主要プレイヤーは小規模事業者、大手保育関連事業者は対応に温度差
    「教育」「家事」などを加えた付加価値サービスの提供により新規需要を創出
    マッチングサイトの登場により利便性高まるも安心安全に対する利用者ニーズも表面化
  (4)学童保育
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    2016年は1,011施設増え2万3,619設数に、公設民営クラブが1万施設を突破
    2015年4月施行の改正児童福祉法により学童の対象範囲が小6まで拡大
    民間学童の動向 ~習い事付き学童が普及・拡大、
    プレスクール併設による未就学児からの囲い込みも進む
    参入各社の動向(電鉄系) ~沿線を利用した駅型学童を展開
    参入各社の動向(教育系) ~保育園併設型施設の展開やコンテンツビジネスも
    参入各社の動向(学習塾系) ~学習ノウハウを最大限活用し需要取り込みを拡大
    参入各社の動向(スポーツクラブ系) ~学習メニュー充実化に向け他社との提携進む
  (5)プリスクール
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    子どもの早期教育を国が後押し、マーケットの強力な追い風に
    利用者は富裕層がメインも徐々に裾野が拡大
    プリスクール参入事業者の動向
  (6)家事代行サービス
    ①市場規模推移
    ②行政による家事支援サービスの振興
    ③市場動向
  (7)子供写真館
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    小規模事業者は全国で散見されるも、スタジオアリスとキタムラが市場を占有
    早撮りキャンペーンなど「七五三」需要の先取りと分散化に注力
    子供周辺へと範囲を広げ、新規事業に注力 ~スタジオアリス
    カメラのキタムラ不振に伴い、大量閉店へ ~キタムラ
  (8)子供向けスポーツ教室・スポーツクラブ
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    月謝類全体を上回る伸び率で推移してきたスポーツ月謝も2016年は減少に
    東京オリンピック開催決定に合わせ、選手育成プログラムを拡充する事業者も
    習い事に預かりサービスを付加して保護者ニーズに対応
    大手フィットネスにおける子供向けスポーツスクールの展開状況
  (9)ベビー用品レンタルサービス
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    リアル店舗主流からネットへ、SNS経由のリユース拡大が市場に影
    全ベビー用品の1割でレンタル利用 ~弊社アンケート調査結果より
  (10)子供向け携帯電話
    ①市場規模推移
    ・子供向け移動電話通信(子供向け携帯電話)
    ・子供の移動電話通信(全体)
    ②市場動向
    小学校高学年以上を対象とした子供向けスマートフォンが登場
    弊社アンケート調査結果よりタブレット端末の保有率が上昇
  (11)子供向け防犯用品・サービス
    ①市場規模推移
    ②市場動向
    大都市ほど子ども被害の犯罪に対する不安は高い
    スマホの普及でフィルタリング利用数の減少が続く
    オンラインゲームトラブルの相談件数は減少
    コミュニティサイト被害が拡大

Ⅳ.3~9歳の子供を持つお母さんへのアンケート調査

1.調査概要
  (1)調査の目的
  (2)調査概要
  (3)回答者の属性
  (4)末子の性年齢による属性区分について
2.結果の詳細
  (1)育児で参考にする情報源
  (2)子育てにおける注意点・関心事
  (3)子供の所有物
  (4)子供の習い事
    ①習い事の有無
    ②習い事の種類
    ③利用しているスクール
    ④習い事の費用
  (5)子ども向け教育サービスの選択要因
  (6)将来的な教育スタンス
  (7)子供向け商品の購入場所
    ①靴・洋服
    ②玩具
    ③文房具
  (8)よく利用する専門店・量販店
    ①靴・洋服
    ②玩具
    ③文房具
  (9)よく利用するインターネットサイト
  (10)インターネットサイトで購入時の1回の支出
    ①靴・洋服
    ②玩具
    ③文房具
  (11)プレゼントの贈呈者
    ①誕生日
    ②クリスマス
    ③お正月(お年玉)
  (12)キャラクターについて
    ①キャラクター商品の購入
    ②子供が好きなキャラクター
  (13)子供向けサービスの利用
  (14)今後の子供関連支出
  (15)あると良い子供向け・子育て支援向けの商品・サービス(自由回答)

Ⅴ.子供関連ビジネス展開企業リスト

1.ベビー・子供用品・サービス・食品
2.玩具・ゲーム・アミューズメント
3.教育・出版
4.ベビー服・子供服
5.キャラクター・通販

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59104400 2017年版 お稽古・習い事サービス市場徹底調査
C58119600 2017年版 ベビー関連市場マーケティング年鑑
C58101600 2016年版 子供市場総合マーケティング年鑑
C59101200 2017 ネット通販市場白書