発刊予定   2017 ERP市場の実態と展望

成熟したERP市場において、2016年は法改正等のトピックスはなかったものの、企業経営を強化するためのシステム導入ニーズは堅調だった。それと同時に、変化の激しい経営環境、クラウド利用の着実な拡大、外資系ベンダーを中心とした「モダンERP」と呼ばれる新しいコンセプ・アーキテクチャの製品のリリース、AI・RPA・IoTといったIT技術の進化などを背景に、2000年前後に日本にもたらされたERPとは異なる将来像が見えつつある。
本調査レポートでは、2016年までの市場規模と2017年(見通し)の市場動向予測、顧客企業規模別/モジュール別等による詳細なパッケージシェア、主要ERPパッケージベンダーの個票などの豊富なデータに加え、研究員に市場動向と予測の分析、ユーザ企業の動向に関するコメントなどを掲載する。

発刊日: 2017/07/下旬 体裁: A4 / 約300頁
資料コード: C59106200 PDFサイズ:
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2017年6月20日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

総論

  • ERPパッケージライセンス市場の動向
  • 2017年以降のERP市場の見通し
  • 主要ERPパッケージのシェア動向
  • 業種及びソリューション別の動向
  • ユーザ企業規模別の動向
  • 注目動向(クラウド化、AI/PRA等)

ERPパッケージの売上高シェア

  • 総市場
  • 大手企業向け(年商500億円以上)
  • 中堅・中小企業向け(年商500億円未満)
  • モジュール別(財務会計/人事給与/販売管理/生産物流)
  • 年商規模別詳細

ERPパッケージベンダーの動向と戦略

  • ビジネス概況
  • 製品の特徴
  • ターゲットとするユーザ
  • 競合状況

ERPパッケージベンダー個票

  • 売上高
  • 導入社数、導入実績
  • 販売ルート
  • 人員体制
  • パートナー

掲載企業
IFSジャパン、インフォアジャパン、内田洋行、SAPジャパン、SCSK、
NTTデータビズインテグラル、OSK、オービック、
オービックビジネスコンサルタント、GRANDIT、クレオ、
スーパーストリーム、東洋ビジネスエンジニアリング、日本オラクル、
日本電気、日本マイクロソフト、日立グループ゙、富士通、
ミロク情報サービス、ワークスアプリケーションズ、ワークデイ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59102700 2017年版 有力企業による農業ビジネス参入動向と将来展望
C59107600 2017 新エネルギー用パワーコンディショナー市場
C59107200 2017年版 住宅産業白書
C59107800 2017年版 遠隔医療市場の将来展望