2017年版 血液分析装置に関する市場動向調査

本調査レポートでは、臨床化学自動分析・血液検査装置、免疫血清検査装置など9品目分野の血液分析装置市場の最新動向、市場規模、製品動向、販売動向、累計稼動台数、参入企業動向、開発動向など市場を全体的に把握・調査し、今後の市場見通しを展望した。

発刊日: 2017/06/30 体裁: A4 / 304頁
資料コード: C59107000 PDFサイズ: 2.5MB
カテゴリ: ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 712,800円 (本体 660,000円 消費税 52,800円 )
定価 745,200円 (本体 690,000円 消費税 55,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:血液分析装置は長らく生化学自動分析装置がその中心でしたが、最近では測定法や装置が高機能化、多様化してきております。また、血液分析装置の完全自動化、連続化、リアルタイム化の開発により、周辺機器としての検体搬送システムが中小病院においても導入検討されようとしております。病院では、診療報酬の低下により厳しい経営が続く中、患者サービスの向上によって生き残りを図るべく努力しており、そのために院内合理化も進められています。血液検査室の大型機により大量処理からマルチ装置化による効率的な運用や迅速化を目指し、緊急用やベッドサイド等の簡易型機種への需要が高くなっています。一方では、医療施設の統廃合や検査の合理化のため、検査センターへの外注委託やFMS、病院内のブランチラボの増加、病院間における検査機能の分担・集中化など様々な動きが見られております。最近では新規敗血症マーカーや、腫瘍マーカー等、特定の項目に対する検査ニーズが生まれており、試薬・機器メーカーは項目と連動した製品展開を行っております。加えて、省メンテナンス化のニーズは各製品分野で高くなっており、利用者の作業負担やコストを軽減させた製品が、継続的に上市されている状況です。矢野経済研究所では、継続して当該分野の市場調査を実施しております。今回は第17 回経時調査として臨床化学自動分析・血液検査装置、免疫血清検査装置など9 品目分野の血液分析装置市場の最新動向、市場規模、製品動向、販売動向、累計稼動台数、参入企業動向、開発動向など市場を全体的に把握・調査し、今後の市場見通しを展望いたします。
調査対象:①生化学自動分析装置 ②ドライケミストリーシステム ③電解質分析装置 ④血液ガス分析装置 ⑤グルコース分析装置 ⑥液体クロマトグラフ・HbA1c分析装置 ⑦血球計数装置 ⑧血液凝固測定装置 ⑨免疫反応測定装置
調査方法:直接面談調査、間接調査および文献調査
調査期間:2017年4月~2017年6月

資料ポイント
Close

  • 検査の効率化、多機能化が進む同市場。加えて、需要の高いマーカーの検査を付帯させた装置の開発、市場投入も進んでいる。今後、需要が拡大するのはどの装置か。最新動向を探る

資料概要
Close

第1章 総論
第2章 各論
第3章 主要参入企業個表編

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 総論

1.血液分析装置市場の現状と課題
  (1)血液分析装置の市場概況
  (2)参入メーカーの動向
  (3)血液分析装置の統合化
  (4)ラボラトリー・インフォメーションシステム・ネットワーク化
  (5)POCT(ポイント・オブ・ケア・テスティング)
  (6)装置別市場動向
2.血液分析装置市場の市場規模
  (1)血液分析装置の市場規模推移
  (2)血液分析装置の国内稼動台数
3.血液分析装置市場の参入企業動向
  (1)血液分析装置別参入企業
    ①生化学自動分析装置
    ②ドライケミストリーシステム
    ③電解質分析装置
    ④血液ガス分析装置
    ⑤グルコース分析装置
    ⑥HPLC・HbA1c分析装置
    ⑦血球計数装置
    ⑧血液凝固測定装置
    ⑨免疫反応測定装置
  (2)参入企業の事業展開動向
4.血液分析装置の開発動向
  ①メンテナンスのオンライン化、包括化
  ②迅速性
  ③多項目・マルチ装置化
  ④検体・試薬の微量化
  ⑤操作の簡便性とメンテナンスフリー
  ⑥ランニングコストダウン
  ⑦ネットワーク化
  ⑧簡易型・ポータブル化・POCT対応
  ⑨専用試薬を用いた製品展開
5.血液分析装置市場の今後の見通し
  (1)今後の市場見通し
  (2)市場規模予測

第2章 各論

I.生化学自動分析装置市場
  1.生化学自動分析装置市場の現状と課題
  2.生化学自動分析装置市場の参入企業と製品動向
    (1)参入企業動向
    (2)生化学自動分析装置の主要機種
  3.生化学自動分析装置の市場規模
  4.参入メーカーシェア
  5.生化学自動分析装置の開発動向
  6.生化学自動分析装置市場の今後の見通し
Ⅱ.ドライケミストリーシステム市場
  1.ドライケミストリーシステム市場の現状と課題
  2.ドライケミストリーシステム市場の参入企業と製品動向
    (1)参入企業動向
    (2)ドライケミストリーシステムの主要機種
  3.ドライケミストリーシステムの市場規模
  4.参入メーカーシェア
  5.ドライケミストリーシステムの開発動向
  6.ドライケミストリーシステム市場の今後の見通し
Ⅲ.電解質分析装置市場
  1.電解質分析装置市場の現状と課題
  2.電解質分析装置市場の参入企業と製品動向
    (1)参入企業動向
    (2)電解質分析装置の主要機種
  3.電解質分析装置の市場規模
  4.参入メーカーシェア
  5.電解質分析装置の開発動向
  6.電解質分析装置市場の今後の見通し
Ⅳ.血液ガス分析装置市場
  1.血液ガス分析装置市場の現状と課題
  2.血液ガス分析装置市場の参入企業と製品動向
    (1)参入企業動向
    (2)血液ガス分析装置の主要機種
  3.血液ガス分析装置の市場規模
  4.参入メーカーシェア
  5.血液ガス分析装置の開発動向
  6.血液ガス分析装置市場の今後の見通し
V.グルコース分析装置(専用機)市場
  1.グルコース分析装置(専用機)市場の現状と課題
  2.グルコース分析装置(専用機)市場の参入企業と製品動向
    (1)参入企業動向
    (2)グルコース分析装置(専用機)の主要機種
  3.グルコース分析装置(専用機)の市場規模
    (1)グルコース分析装置(専用機)
  4.参入メーカーシェア
  5.グルコース分析装置(専用機)の開発動向
  6.グルコース分析装置(専用機)市場の今後の見通し
Ⅵ.高速液体クロマトグラフ・グリコヘモグロビン分析装置市場
  1.高速液体クロマトグラフ・グリコヘモグロビン分析装置市場の現状と課題
  2.HPLC・HbA1c分析装置市場の参入企業と製品動向
    (1)参入企業動向
    (2)HPLC・HbA1c分析装置の主要機種
  3.HPLC・HbA1c分析装置の市場規模
  4.参入メーカーシェア
  5.HPLC・HbA1c分析装置の開発動向
  6.HPLC・HbA1c分析装置市場の今後の見通し
Ⅶ.血球計数装置市場
  1.血球計数装置市場の現状と課題
  2.血球計数装置市場の参入企業と製品動向
    (1)参入企業動向
    (2)血球計数装置の主要機種
  3.血球計数装置の市場規模
  4.参入メーカーシェア
  5.血球計数装置の開発動向
  6.血球計数装置市場の今後の見通し
Ⅷ.血液凝固測定装置市場
  1.血液凝固測定装置市場の現状と課題
  2.血液凝固測定装置市場の参入企業と製品動向
    (1)参入企業動向
    (2)血液凝固測定装置の主要機種
  3.血液凝固測定装置の市場規模
  4.参入メーカーシェア
  5.血液凝固測定装置の開発動向
  6.血液凝固測定装置市場の今後の見通し
Ⅸ.免疫反応測定装置市場
  1.免疫反応測定装置市場の現状と課題
  2.免疫反応測定装置市場の参入企業と製品動向
    (1)参入企業動向
    (2)免疫反応測定装置の主要機種
    ①EIA/FEIA装置
    ②ELISA装置
    ③FIA装置
    ④ネフェロメトリー免疫測定装置
    ⑤ラテックス凝集測定装置
    ⑥化学発光免疫測定装置
    ⑦電気化学発光免疫測定装置
    ⑧その他
  3.免疫反応測定装置の市場規模
  4.参入メーカーシェア
    ①EIA
    ②ELISA
    ③FIA
    ④ネフェロメトリー
    ⑤ラテックス凝集
    ⑥化学発光(CLIA、CLEIA、ECLIA)
    ⑦その他
  5.免疫反応測定装置の開発動向
  6.免疫反応測定装置市場の今後の見通し

第3章 主要参入企業個表編

1.主要参入企業実態
  アークレイ、エイアンドティー、協和メデックス、
  シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス、シスメックス、
  シスメックスビオメリュー、積水メディカル、テクノメディカ、
  東芝メディカルシステムズ、東ソー、日本光電工業、日本電子、
  ノバ・バイオメディカル、日立ハイテクノロジーズ、富士フイルムメディカル、
  ベックマン・コールター、堀場製作所、ラジオメーター、
  ロシュ・ダイアグノスティックス
2.参入企業製品概要
  アイ・エル・ジャパン、アボットジャパン、LSIメディエンス、エル・エム・エス、
  オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス、常光、フクダ電子、富士レビオ、
  和光純薬工業、アリーアメディカル、サーモフィッシャーダイアグノスティックス、
  東京貿易メディシス、東洋紡、日本ケミファ

【図表目次】
表1 血液分析装置(9品目)の国内市場規模推移
図1 血液分析装置9品目の国内市場規模(台数)推移
表2 血液分析装置別(9品目)の国内市場規模(台数)推移(2012~2016年)
図2 血液分析装置9品目の国内市場規模(金額)推移
表3 血液分析装置(9品目)の国内市場規模(金額)推移(2012~2016年)
図3 血液分析装置別国内市場規模構成
表4 血液分析装置別(7品目)の国内稼動台数推移(2012~2016年)
表5 血液分析装置主要参入メーカー一覧表
表6 参入企業の事業展開動向
表7 血液分析装置別需要動向予測
表8 血液分析装置別(9品目)の国内市場規模(台数)予測(2017~2020)年)
表9 血液分析装置別(9品目)の国内市場規模(金額)予測(2017~2020年)
表10 生化学自動分析装置の速度比較
表11 生化学自動分析装置の速度比較(続)
表12 生化学自動分析装置の主要機種一覧
表13 免疫反応測定統合・連結装置
図4 生化学自動分析装置の市場規模推移
表14 生化学自動分析装置の市場規模推移
表15 生化学自動分析装置の市場規模金額推移
表16 生化学自動分析装置の国内稼動台数
図5 生化学自動分析装置のメーカー別出荷台数・シェア(国内)
表17 生化学自動分析装置のメーカー別出荷台数・シェア(国内)(2014~2016年)
図6 生化学自動分析装置の国産メーカー(3社)別出荷台数・シェア(国内+輸出)
表18 生化学自動分析装置の国産メーカー(3社)別出荷台数・シェア(国内+輸出)(2014~2016年)
図7 生化学自動分析装置の開発方向性
表19 生化学自動分析装置の新製品
表20 生化学自動分析装置の国内市場規模予測
表21 ドライケミストリーシステムの主要機種一覧
図8 ドライケミストリーシステムの市場規模推移
表22 ドライケミストリーシステムの市場規模推移
表23 ドライケミストリーシステムの市場規模金額推移
表24 ドライケミストリーシステムの国内稼動台数
図9 ドライケミストリーシステムのメーカー別国内出荷台数シェア
表25 ドライケミストリーシステムのメーカー別出荷台数とシェア(2014~2016年)
表26 ドライケミストリーシステムの新製品
表27 ドライケミストリーシステムの国内市場規模予測
表28 電解質分析装置の主要機種一覧
図10 電解質分析装置の国内市場規模推移
表29 電解質分析装置の国内市場規模推移
表30 電解質分析装置の国内市場規模金額推移
表31 電解質分析装置の国内稼動台数
図11 電解質分析装置のメーカー出荷台数シェア
表32 電解質分析装置のメーカー別出荷台数とシェア(2014~2016年)
表33 電解質分析装置の国内市場規模予測
表34 血液ガス分析装置の主要機種一覧
表35 血液ガス分析装置のポータブル・ハンディ機種(ディスポ・ドライタイプ)
図12 血液ガス分析装置の国内市場規模推移
表36 血液ガス分析装置の国内市場規模推移
表37 血液ガス分析装置の国内市場規模金額推移
表38 血液ガス分析装置の国内稼動台数
図13 血液ガス分析装置(ハンディタイプ除く)のメーカー別出荷台数シェア
表39 血液ガス分析装置のメーカー別出荷台数とシェア(2014~2016年)
表40 血液ガス分析装置の新製品
表41 血液ガス分析装置の国内市場規模予測
表42 グルコース分析装置の主要機種一覧
表43 ヘモグロビンA1c・グルコース同時分析(糖尿病検査項目分析)装置
図14 グルコース分析装置(専用機)の国内市場規模推移
表44 グルコース分析装置(専用機)の国内市場規模推移
図15 グルコース分析装置(専用機)のメーカー別出荷台数シェア
表45 グルコース分析装置(専用機)のメーカー別出荷台数とシェア(2014~2016年)
表46 グルコース分析装置(専用機)の国内場規模予測
表47 HPLC・HbA1c分析装置の主要機種一覧
表48 HPLC以外のグリコヘモグロビン分析装置
図16 HPLC・HbA1c分析装置の市場規模推移
表49 HPLC・HbA1c分析装置の市場規模推移(数量ベース)
表50 HPLC・HbA1c分析装置の市場規模金額推移(金額ベース)
表51 HPLC・HbA1c分析装置のメーカー別出荷台数とシェア(2014~2016年)
図17 HPLC・HbA1c分析装置のメーカー別国内出荷台数シェア
表52 HPLC・HbA1c分析装置の新製品
表53 HPLC・HbA1c分析装置の国内市場規模予測
表54 血球計数装置の主要機種一覧
表55 血液像自動分類装置関連の主要機種
表56 血液検査搬送システム
図18 血球計数装置の市場規模推移
表57 血球計数装置の市場規模推移
表58 血球計数装置の市場規模金額推移
表59 血球計数装置の国内稼動台数
図19 血球計数装置のメーカー別国内出荷台数シェア
表60 血球計数装置のメーカー別出荷台数とシェア(2014~2016年)
表61 血球計数装置の新製品
表62 血球計数装置の国内市場規模予測
表63 血液凝固測定装置の主要機種一覧
図20 血液凝固測定装置の国内市場規模推移
表64 血液凝固測定装置の国内市場規模推移
表65 血液凝固測定装置の国内稼動台数
図21 血液凝固測定装置のメーカー別国内出荷台数シェア
表66 血液凝固測定装置のメーカー別出荷台数とシェア(2014~2016年)
表67 血液凝固測定装置の新製品
表68 血液凝固測定装置の国内市場規模予測
表69 免疫反応測定装置の主要機種一覧
図22 免疫反応測定装置の市場規模推移(RIA除く)
表70 免疫反応測定装置の市場規模推移(RIA除く)
表71 免疫反応測定装置の市場規模金額推移(RIA除く)
表72 免疫反応測定装置の国内稼動台数
表73 東ソーのEIA装置出荷台数推移(2014~2016年)
表74 ELISAの主なメーカー別出荷台数(2014~2016年)
表75 FIAの主なメーカー別出荷台数(2014~2016年)
表76 ネフェロメトリーメーカーの出荷台数(2014~2016年)
表77 化学発光免疫測定装置の主なメーカー別出荷台数(2014~2016年)
表78 ロシュ・ダイアグノスティックスの電気化学発光免疫測定装置出荷台数>(2014~2016年)
表79 免疫反応測定装置の新製品
表80 免疫反応測定装置の国内市場規模予測

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 712,800円 (本体 660,000円 消費税 52,800円 )
定価 745,200円 (本体 690,000円 消費税 55,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C56103530 2014年版 血液分析装置に関する市場動向調査
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59108400 2017年版 医療用ポンプ市場の現状分析と中期予測
C59104100 2017年版 高効率熱交換器市場の現状と将来展望
C59107700 2017年版 バイオ・ヘルスケアベンチャーの現状と展望