2017年版 中古車流通総覧

本調査レポートでは、中古車関連企業への直接訪問を通じて多角的な視点から中古車流通市場を分析した。

発刊日: 2017/09/19 体裁: A4 / 267頁
資料コード: C59107300 PDFサイズ: 11.7MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 199,800円 (本体 185,000円 消費税 14,800円 )
定価 334,800円 (本体 310,000円 消費税 24,800円 )
定価 367,200円 (本体 340,000円 消費税 27,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料をご購入の方
Close

本資料をご購入の方は、1名様無料にて以下セミナーへご参加いただけます。

2017年10月20日(金)開催
2030年の自動車技術展望・発刊記念セミナー

調査概要
Close

調査目的:2016年は新車販売市場が低迷したことにより、中古車の流通台数も低迷したことで需要に対する供給が下回り、引き続き仕入競争の激しい年となった。その一方で、自動車関連業種における主力ビジネスの減退により、中古車事業に第二の収入源を求める業者の新規参入が引き続き旺盛であるため、過度な競争が常態化してきている。競争激化により、オートオークションでの業販に頼っていた中古車販売業者や買取専門店チェーンなどは小売りすることにより台当たりの収益を確保する戦略に舵を切り始めた。また、近年日本のオートオークション市場における落札の4 分の1 を占めるまでになった輸出需要は、年初来の急激な円高や輸出先国の経済不振などで前年を大きく下回った。このことは、逼迫した供給を若干弛緩させる効果があり、オートオークションにおける成約率と成約単価の下落の原因ともなった。しかし、車両の長期保有トレンドは2016 年中も進行を続けており、この車両の長期保有は流通車両における良質車の希少性を上げることに繋がる。輸出需要減少で全体的な供給逼迫は緩んだものの、良質車に対する仕入競争は引き続きタイトな状況が続いた。業販市場では出品者側の小売りシフトに対応すべく、共有在庫サービスの拡充を各社進めた。2016年は共有在庫市場が益々活発になった1年であった。本調査は上記現状を踏まえた上で、「①中古車流通市場の構造と変化の体系化」、「②中古車流通市場の数的規模の把握」、「③今後の中古車流通市場の展望」の3点を中心に取りまとめることを目的として実施した。
調査対象:自動車メーカー、自動車ディーラー、オートオークション・入札会開催業者、中古車販売業者、中古車買取専門業者、自動車ユーザー 等
調査方法:①直接面談取材・電話・メール取材・アンケートを併用 ②弊社過去実施の調査データ、業界団体・官公庁等調査資料からの考察
調査期間:2017年4月~2017年9月

資料ポイント
Close

  • 2016年の中古車小売台数は260万台規模(金額ベース:2兆7,200億円以上)
    軽自動車の燃費不正問題で車両購入の消費マインド悪化。新車・中古車需要共に低迷。
  • 2016年の中古車輸出市場は前年比8.6%減の131.4万台。UAEが1位に返り咲き。
    年明けから急激に進んだ円高、6月の英国国民投票でのEU離脱決定、資源安によるアフリカ経済低迷で日本の中古車市場に対する需要減退。
    民政化後、急激に中古車輸入大国になったミャンマーは、右ハンドル車の輸入規制により2位に後退。
  • 良質車の仕入競争過多は収益を圧迫。新規参入者増、自社買取増やす中古車販売店。
    GS、整備業者、用品店チェーンなど本業以外の第2の収益減を中古車販売に求める層の新規参入者増で、小売向き良質車の仕入激化。
    大手中古車販売店チェーンにも自社での買取にシフトする動きが。売り手市場での高値買取で収益減。
  • 2016年のオートオークション市場は出品台数増加、成約台数と成約単価は下落。
    落札台数の4分の1を占める輸出需要減退で、オートオークションの成約台数減少。落札競争の軟化で平均落札単価は前年から1.5万円下落の53.5万円。

資料概要
Close

第1章 中古車流通市場を取り囲む周辺環境の変変化
第2章 中古車輸出市場の変化が中古車流通市場に与える影響
第3章 新車ディーラーにおける中古車販売戦略
第4章 中古車買取業者の現状
第5章 オートオークション市場の現状
第6章 中古車小売市場の現状
第7章 有力中古車関連企業個表

リサーチ内容

■掲載内容

中古車流通総覧 2017年版 ~調査結果のポイント~

第1章 中古車流通市場を取り囲む周辺環境の変変化

第1節 自動車保有動向
  1-1.自動車保有台数の推移
  1-2.車両使用年数の長期化と車齢の高齢化
  1-3.自動車買い替えサイクルの長期化
  1-4.ハイブリッド自動車を中心に増加する次世代自動車の保有台数
第2節 新車販売動向
  2-1.新車販売台数の推移
第3節 中古車登録動向
  3-1.中古車登録台数の推移
  3-2.中古車小売実態と乖離する中古車登録台数

第2章 中古車輸出市場の変化が中古車流通市場に与える影響

第1節 中古車輸出動向
  1-1.中古車輸出台数の推移
  1-2.輸出先別中古車市場
第2節 中古車輸出市場が国内市場に与える影響
  2-1.オートオークション・入札会市場を底支えする中古車輸出業者
  2-2.良質車が減少する中で激しさを増す国内小売業者との車両獲得競争

第3章 新車ディーラーにおける中古車販売戦略

第1節 メーカー各社における中古車販売戦略
  1-1.ディーラー中古車事業支援策を拡充する自動車メーカー
  1-2.トヨタ自動車の中古車戦略
  1-3.日産自動車の中古車戦略
  1-4.本田技研工業の中古車戦略
第2節 新車ディーラーにおける中古車戦略
  2-1.新車ディーラーにおける中古車事業の位置付け
  2-2.良質車の囲い込みを進める新車ディーラー
  2-3.新車ディーラーによる中古車販売の展望

第4章 中古車買取業者の現状

第1節 中古車買取市場の動向
  1-1.参入業者の増加で加速する仕入競争
  1-2.重要さが増す中古車買取事業の方向性策定
  1-3.中古車買取市場規模の推移
第2節 主要買取専門店の戦略分析と市場展望
  2-1.主要買取専門店の店舗展開
  2-2.主要買取専門店の戦略と方向性
  2-3.日本自動車流通研究所の活動
  2-4.日本自動車購入協会の活動
  2-5.中古車買取市場の展望

第5章 オートオークション市場の現状

第1節 オートオークション市場の全体像
  1-1.オートオークション市場の成り立ちと中古車市場での役割
  1-2.オートオークション市場の出品成約台数の推移
  1-3.オートオークション成約車両の状況
  1-4.リユースオークションの現状
  1-5.地域・系列別に見たオートオークション市場
第2節 オートオークション関連企業の動向と市場動向
  2-1.継続されるオートオークション会場の整理統合
  2-2.寡占状況にあるオートオークション市場
  2-3.影響力を増す場外落札システム
  2-4.(一社)日本オートオークション協議会の活動
  2-5.オートオークション関連有力企業の方向性
  2-6.オートオークション市場の展望
第3節 入札会市場
  3-1.リースアップ車両中心に取引される入札会
  3-2.リースアップ車両の発生状況
  3-3.入札会の動向
  3-4.入札会市場の展望

第6章 中古車小売市場の現状

第1節 中古車購入ユーザーの動向
  1-1.ユーザー向けアンケート概要
  1-2.新車購入ユーザーと中古車購入ユーザーの比較
  1-3.新車購入ユーザーの動向
  1-4.中古車購入ユーザーの動向
第2節 中古車小売市場の展望
第3節 中古車小売市場規模の推計

第7章 有力中古車関連企業個表

オークション・入札会関連有力企業
中古車買取業者

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 199,800円 (本体 185,000円 消費税 14,800円 )
定価 334,800円 (本体 310,000円 消費税 24,800円 )
定価 367,200円 (本体 340,000円 消費税 27,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59104900 2017年版 ワイドバンドギャップ半導体単結晶市場の現状と展望 ~SiC、GaN、その他~
C59110100 ペット関連サービスの市場実態と将来展望 ~多様化するニーズと拡大する各種サービス~
C59108600 16~17年版 医療・衛生用品の市場実態と製品別需要動向
C59106500 2017年版 各種住宅用断熱材の市場実態 ~断熱材市場白書~