2017 新エネルギー用パワーコンディショナー市場

本調査レポートでは、パワーコンディショナー(PCS)を対象に、その市場規模やメーカシェア、製品動向、参入メーカの取り組み実態、課題・問題点等を把握し、将来の市場規模や需要動向等を展望する。

発刊日: 2017/07/27 体裁: A4 / 138頁
資料コード: C59107600 PDFサイズ: 2.7MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象先:パワーコンディショナー(PCS)を生産もしくは販売を行い国内市場に参入しているメーカや関係省庁、業界団体等
調査方法:直接面接取材を中心に、電話ヒアリング、周辺取材等を実施。尚公表されている資料やデータ、研究成果、新聞記事、社内データ等も活用している。
調査期間:2017年4月~2017年7月
 

調査結果サマリー
Close

新エネルギー用パワーコンディショナー市場に関する調査を実施(2017年)
・2016年度の新エネルギー用パワーコンディショナー市場は前年度比28.3%減の1,284億6,500万円
・低価格化ニーズが強まり、中型パワーコンディショナーの多数台連系の採用が増える見込み
・2020年度の新エネルギー用パワーコンディショナー市場は630億円に減少すると予測

資料ポイント
Close

  • 国内PCS市場は、PV向けが中心となる構造は変わらない。2015年度が需要のピークとなり、以後そのニーズと業界構造は大きく変わった
  • PCSに求められる出力抑制制御や屋外設置、塩害対策、エアコンレス冷却等の機能はいずれのメーカも装備しつつあり、決定的なメーカ差は生じにくくなっている
  • FIT価格は毎年下がり、PV事業の採算性低下は進む。更に、低圧連系は期待するほどの伸びはなく、メガソーラも適地が減少する中で、PCSの低価格化ニーズは強まる
  • 2015年度途中から生産規模に勝る海外メーカの展開が活発化し、低価格の多数台連携の提案で急激にシェアを伸ばす。その反動で、国内メーカは2016年度から一気にシェアが低下
  • 未接続PVの認定取り消しもあり、2020年まではメガソーラの需要は残り、当面はそれを目指したシェア争いは進む。FIT需要では、価格競争力に勝る海外メーカ有利の状況は変わらない
  • 2030年のエネルギーミックス指針で、PVは達成確実。PV以外の再生可能エネルギー向けPCSで、積極的な製品投入も進む
  • PV向けでは、いずれ先細るFIT需要に代わる需要開拓が直面する課題。産業向けでは、蓄電池との併設や自家消費需要開拓を目指し、次のステップに向けたPCSメーカの取り組みは既に始まっている。住宅向けは、PCS単体の展開から、HEMSとの融合が進みV2HやZEHへと発展していく

資料概要
Close

第1章 新エネルギー用PCSを取り巻く市場環境
第2章 新エネルギー用PCS市場の現状
第3章 主要PCSメーカの取り組み実態
第4章 新エネルギー用PCS市場の将来展望

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 新エネルギー用PCSを取り巻く市場環境

1.2014年度にピークを迎え、以後減少傾向にある再生可能エネルギー導入量
2.5つのポイントをベースにFITを見直し。2017年度から改正FITが施行
3.改正FIT施行に伴い2,766万kWが認定失効と試算。大半はPV
4.減少傾向にはあるが、一定の需要は存在する低圧連系

第2章 新エネルギー用PCS市場の現状

1.顔ぶれに大きな変化はない参入メーカ。PV向けで撤退もある一方、蓄電池向けは増加
2.PV向けPCSの品揃えと供給関係
  (1)3~5.5kWに集中する住宅用PCS。大口ユーザを巡り流動的な供給関係
  (2)100kWを境に顔ぶれが異なる産業用PCS
3.需要縮小で、伸び悩むPV向けPCSの市場規模。際立つ海外メーカの躍進
4.メーカシェア推移
  (1)オムロンの強さが継続する小容量(10kW未満)。海外メーカシェアは上昇傾向
  (2)海外メーカが躍進する中容量PCS(10~100kW)のシェア。国内メーカは軒並み低下
  (3)需要縮小に加え、新たな競合が加わることで変動する大容量(100kW以上)シェア
5.性能差がなくなり、設置条件やO&M対応、消費電力削減等の仕様で違いを追求
6.新たな取り組みが顕在化しつつあるその他の新エネルギー用PCS。まだ、市場は未確立

第3章 主要PCSメーカの取り組み実態

1.SMAジャパン(株)
2.山洋電気(株)
3.新電元工業(株)
4.(株)ダイヘン
5.東芝三菱電機産業システム(株)
6.田淵電機(株)
7.日新電機(株)
8.富士電機(株)
9.三菱電機(株)
10.(株)明電舎
11.(株)安川電機

第4章 新エネルギー用PCS市場の将来展望

1.PVは2030年度のエネルギーミックス達成確実。それに伴いFIT需要は先細り
2.出力制御を契機に、検討が進む蓄電池の活用
3.当面は、FIT以外の需要創出を目指す国内メーカ、FIT需要に依存する海外メーカ
4.しばらくはFIT需要に依存し、その間に自家消費用途の開拓が進むPV用PCS
5.市場規模予測(~2020年度)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59106200 2017 ERP市場の実態と展望
C59101500 2017 ビジネスプリンタ市場の実態と展望
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59107200 2017年版 住宅産業白書
C59102400 2017 ITアウトソーシング市場総覧 ~オンサイト運用保守/データセンター/クラウド~