2017 ギフト市場白書

近年、生活者の趣味・嗜好は多様化し、ギフトの「定番」がなくなりつつある。贈られた人が喜ぶものであれば、全てギフトになる今、小売業は全て、「ギフト好適品」を取り扱う業種であるともいえ、ギフト市場においては、もはや競合は「同業他社」ではなく、小売市場全体となった。フォーマルギフトのカジュアル化やプチギフトの活況などギフトオケージョンの多様化、モノだけでなくコト/体験までといったギフトアイテムの多様化、そしてSNS上で贈りあうソーシャルギフトの急成長といったギフトチャネルの多様化など、ギフト市場を取り巻く環境は大きく変化している。
最近では、「自分へのギフト」といったご褒美需要に加えて、「母の日」や「父の日」、「敬老の日」等において贈った人と贈られた人が一緒に楽しめる「共有型ギフト」のニーズも高まっている。
本調査レポートは、ギフト業界を体系的に調査・編集し、ギフト市場を総合的に把握いただけるよう企画した。ギフトの市場規模、チャネル別、アイテム別、オケージョン別市場を算出した。

発刊日: 2017/09/29 体裁: A4 / 388頁
資料コード: C59110200 PDFサイズ: 8.8MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:ギフト卸・メーカー・小売等、ギフトに関係する企業
調査方法:直接面接取材、電話取材及び郵送・FAX等による補足調査、文献調査その他データ収集
調査期間:2017年8月~2017年9月

調査結果サマリー
Close

ギフト市場に関する調査を実施(2017年)
・2016年の国内ギフト市場規模は前年比102.5%の10兆2,070億円のプラス成長
・食品ギフト需要の拡大
・贈る側と贈られる側が一緒に楽しむ「共有型ギフト」が増加傾向に

資料ポイント
Close

  • ギフト関連企業の戦略分析~商品、サービス、チャネルなど直接取材レポート
  • チャネル別、アイテム別、オケージョン別市場規模を掲載
  • ギフト市場のトレンド分析:定番カタログギフト(紙媒体)から進化した「新たなギフトスタイル」、ソーシャルギフトの攻勢、自分へのギフトの盛り上がりなど。ギフトの多様化に対し、卸・小売各社はどのような施策を講じているのか。
  • その他、各種統計より当該市場全容を分析、市場の行方を予測

資料概要
Close

Ⅰ.ギフト総市場の市場規模推移と予測
Ⅱ.オケージョン別市場動向
Ⅲ.チャネル別市場動向
Ⅳ.アイテム別市場動向
Ⅴ.主要企業の事例研究

リサーチ内容

■掲載内容

Ⅰ.ギフト総市場の市場規模推移と予測

1.ギフト市場規模推移
2.ギフトの定義
3.分類別市場規模推移
  (1)オケージョン別市場動向
  (2)チャネル別市場動向
  (3)アイテム別市場動向
4.注目トピック、トレンド
  (1)食品ニーズの高まり
  (2)一緒に楽しむ「共有型ギフト」の増加
  (3)ソーシャルギフトのさらなる浸透

Ⅱ.オケージョン別市場動向

1.パーソナルギフト(フォーマル)
  (1)結婚祝い・結婚式引出物
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など
  (2)出産祝い・出産内祝い
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など婚式引出
  (3)フューネラルギフト
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など婚式物
2.パーソナルギフト(カジュアル)
  (1)バレンタインデー
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など
  (2)父の日、母の日、敬老の日
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など
  (3)手土産
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など
3.法人ギフト
  ⅰ)商品・価格の特徴
  ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
  ⅲ)今後の展望と課題など婚
4.中元・歳暮
  ⅰ)商品・価格の特徴
  ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
  ⅲ)今後の展望と課題など婚
  ⅳ)チャネル別中元歳暮の取り組み

Ⅲ.チャネル別市場動向

1.百貨店
  (1)百貨店全体動向
  (2)百貨店におけるギフトの動向
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など婚
2.GMS
  (1)GMS全体動向
  (2)GMSにおけるギフトの動向
  (3)主要各社のギフトに関する取り組みの特徴
3.スーパーマーケット(SM)
  (1)スーパーマーケット全体動向
  (2)スーパーマーケットにおけるギフト動向
  (3)主要各社のギフトに関する取り組みの特徴
4.専門店
  (1)ギフト専門店
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など婚
  (2)雑貨専門店
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など婚
  (3)花専門店
  (4)家電量販店
  (5)ボディケア用品専門店
  (6)書籍・文具専門店
  (7)靴専門店
  (8)家具専門店
5.通販・インターネット
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など婚
6.ソーシャル
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
    ⅲ)今後の展望と課題など婚
7.その他
  (1)コンビニエンスストア
  (2)宅配事業者系チャネル
  (3)通信事業者系チャネル
  (4)郵便局チャネル
  (5)生協系チャネル

Ⅳ.アイテム別市場動向

1.食品
  ⅰ)商品の特徴
  ⅱ)販売戦略・プロモーション
  ⅲ)今後の展望と課題など
  ⅳ)食品ギフトへの取り組み
2.花
  ⅰ)商品の特徴
  ⅱ)販売戦略・プロモーション
  ⅲ)今後の展望と課題など
  ⅳ)消費者調査
3.雑貨
  ⅰ)商品・価格の特徴
  ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
  ⅲ)今後の展望と課題など
4.商品券・ギフト券・ギフトカード
  ⅰ)商品・価格の特徴
  ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
  ⅲ)今後の展望と課題など
5.カタログギフト
  ⅰ)商品・価格の特徴
  ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
  ⅲ)今後の展望と課題など
6.体験型ギフト
  ⅰ)商品・価格の特徴
  ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
  ⅲ)今後の展望と課題など

Ⅴ.主要企業の事例研究

百貨店
  株式会社高島屋、株式会社大丸松坂屋百貨店、株式会社三越伊勢丹
スーパー
  株式会社ライフコーポレーション
専門店
  株式会社イオンフォレスト、株式会社おおつか(ギフトプラザ)、株式会社サザビーリーグ、
  株式会社千趣会イイハナ、株式会社東急ハンズ、株式会社パーク・コーポレーション、
  株式会社パスポート、花キューピット株式会社、株式会社ハリカ、株式会社Francfranc、
  株式会社ラッシュジャパン、株式会社良品計画、ロクシタンジャポン株式会社、株式会社ロフト
通販
  株式会社千趣会、株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社ニッセン、
  株式会社ベルーナ、株式会社リクルートライフスタイル
ギフト卸
  株式会社三喜、ソウ・エクスペリエンス株式会社、株式会社大和、リンベル株式会社
ソーシャルギフト
  株式会社ギフティ
その他
  株式会社クオカード、株式会社JCB、日本図書普及株式会社、株式会社郵便局物販サービス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C58113100 2016 ギフト市場白書
C59108300 2017年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~
C59102000 2017年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~主要四部材編~
C59108500 2017年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望