2017年版 冷凍パン生地、冷凍パンの市場実態と展望

2016年度における冷凍パン生地・冷凍パンの市場規模(メーカー出荷ベース)は、矢野経済研究所推定で前年比101.5%の1,664億円となった。冷凍パン生地、冷凍パンの市場は、より加工度の高い製品への需要シフトが進んでおり、カフェチェーン、レストラン、ブライダル、カラオケ、テーマパーク等、ホイロを持たない店舗での冷凍パンの取扱増加が市場を牽引している。一方、冷凍パン生地については、大口需要先であるベーカリーの店舗数が横ばい傾向にあり、市場は微増傾向が続いており安定期にある。生地玉冷凍等、同じ冷凍パン生地でも加工度が低くコストが安い製品への需要は堅調であり、これが冷凍パン生地市場を支えている。

発刊日: 2017/09/29 体裁: A4 / 258頁
資料コード: C59114200 PDFサイズ: 11.0MB
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 475,200円 (本体 440,000円 消費税 35,200円 )
定価 507,600円 (本体 470,000円 消費税 37,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:冷凍パン生地と冷凍パンについて、国内のメーカーと輸入商社における取扱状況と、各社の市場戦略について調査し、冷凍パン生地、冷凍パンの市場実態と今後の市場見通しを行うことを当調査の目的とする。
調査対象製品:冷凍パン生地(生地玉冷凍、成型冷凍生地、ホイロ後冷凍生地)/冷凍パン(半焼成冷凍、焼成後冷凍〔製品冷凍〕)
調査対象企業:国内の冷凍パン生地と冷凍パンのメーカー、及び輸入商社
調査方法:直接面接調査を実施
調査期間:2017年7月~2017年9月

資料ポイント
Close

  • 1,664億円の冷凍パン生地・冷凍パン市場
  • 加工度の高い製品に需要がシフト
  • 製品、チャネル、加工度、用途で市場規模を算出
  • 冷凍パンは高成長が続き218億円市場に
  • 人手不足で堅調推移する菓子パン市場
  • 業務用が牽引する食パン・食卓パン市場
  • 生地玉は原価率低減目的に現場が支持
  • 輸入品が牽引するホイロ後冷凍
  • 市場の主役として成型後冷凍は安定成長
  • 半焼成と製品冷凍が新規チャネルを開拓
  • 輸入品はアジア、欧州、オセアニアから調達
  • アンデルセンと山崎製パンがシェア二強
  • セブン&アイ向けがシェア1/4に
  • 大手ホールセールが全方位営業を展開
  • 中堅企業は大口需要家のPBに対応
  • 注目20社のビジネスモデルを徹底研究
  • 2021年の市場規模、業界マップを大胆に予測

資料概要
Close

第Ⅰ章 マーケットの現状分析と展望
第Ⅱ章 パン市場の現状分析と展望
第Ⅲ章 有力冷凍パン生地・冷凍パンメーカー、商社の市場戦略分析
第Ⅳ章 注目企業の個別実態調査(20社)

リサーチ内容

■掲載内容

調査のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第Ⅰ章 マーケットの現状分析と展望

1.冷凍パン生地、冷凍パンの市場概況
  (1)パン市場における冷凍パン生地、冷凍パンの位置付け
  (2)参入パターン別の流通動向
  (3)冷凍パン生地、冷凍パンの輸入商社動向(海外動向)
  (4)ベーカリー製品の輸入推移(2008~2016年)~ヨーロッパの影響受ける~
  (5)日本メーカーによる海外での冷凍パン生地製造
  (6)消費者に魅力的、店舗に簡便オペレーションの100円均一ベーカリー
  (7)周辺商品の市場動向(冷凍パイ生地、冷凍ケーキ、他)
  (8)冷凍パン生地、冷凍パン市場の問題点と課題
  (9)冷凍パン生地、冷凍パンの市場拡大要因
  (10)冷凍パン生地向け小麦粉使用量推移(2008~2016年)
2.冷凍パン生地、冷凍パンの商品動向、需要動向
  (1)製法別~生地玉冷凍、成型冷凍生地、ホイロ後冷凍生地、半焼成、成型後冷凍他~
  (2)販売チャネル別~ベーカリーチェーン、個人ベーカリー、ホテル、外食、事業所給食、他~
  (3)コスト構造と企業戦略~加工度の二極化進む~
3.冷凍パン生地、冷凍パンの市場規模推移(2012~2016年度)
  (1)冷凍パン生地全体~2016年度は1,664億円に~
  (2)食パン、食卓パン~省力化ニーズを背景に高加工度へシフト~
  (3)菓子パン類~2016年度は前年比101.3%で安定推移~
  (4)生地玉冷凍~人件費高騰、人手不足で原価率低減対策に使用~
  (5)成型後冷凍~冷凍パン生地の主力市場は微増~
  (6)ホイロ後冷凍~高加工度製品シフトにより伸び悩む~
  (7)半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン(冷凍パン)~市場ニーズを受け、218億円市場に拡大~
  (8)外部販売分~新チャネルと従来チャネルが市場を相殺、微増推移~
  (9)内部使用分~自社工場内での効率生産・効率使用を助ける~
  (10)輸入冷凍パン生地・冷凍パン~一時期の勢いは無く横ばい推移~
  (11)国産冷凍パン生地・冷凍パン~高加工度商品の牽引で堅調推移~
4.冷凍パン生地、冷凍パンのメーカーシェア(2016年度)
  (1)全体~トップは僅差で山崎製パン~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (2)食パン、食卓パン~アンデルセングループとホールセール企業が上位~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (3)菓子パン類~「セブンイレブンオリジナルパン」向けが高シェア~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (4)生地玉冷凍
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (5)成型後冷凍
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (6)ホイロ後冷凍
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (7)半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン(冷凍パン)
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (8)外部販売分
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (9)内部使用分
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
5.冷凍パン生地、冷凍パンの今後の市場見通し
6.冷凍パン生地、冷凍パンの市場規模予測(2017~2021年度)
  (1)冷凍パン生地全体~2021年度は1,859億円に~
  (2)食パン、食卓パン~半焼成、製品冷凍が牽引し年率2%前後の拡大~
  (3)菓子パン類~市場の7割占める主力商品は今後も堅調~
  (4)生地玉冷凍~省力化とコスト重視で今後も微増推移~
  (5)成型後冷凍~メイン市場として安定成長~
  (6)ホイロ後冷凍~当面、横ばい推移を予測~
  (7)半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン(冷凍パン)~300億円市場に拡大~
  (8)外部販売分~年率3%前後の推移を予測~
  (9)内部使用分~微増傾向が続く~
  (10)輸入冷凍パン生地・冷凍パン~2021年度の市場規模は175億円に~
  (11)国産冷凍パン生地・冷凍パン~2021年度の市場規模は1,684億円に~
7.冷凍パン生地、冷凍パンの市場規模推移と予測一覧(2012~2021年度)

第Ⅱ章 パン市場の現状分析と展望

1.市場概況 ~プレミアム商品で息吹き返すも、競合環境は依然厳しい~
2.商品動向 ~特徴無いNBが淘汰される中、PBが市場の3割に迫る~
3.企業動向 ~大手との差別化策で、準大手・中堅が定番ラインを育成~
4.チャネル動向 ~チャネル構成比の20年を見る、コンビニチャネルの拡大~
5.パンMD、サンドイッチMDを見直すコンビニ本部
6.PBからプレミアムまで、全方位展開の量販店セルフコーナー
7.インストアベーカリーが復活の兆し
8.ブランド力でファンを囲い込む有力ベーカリー
9.様々に展開するベーカリーカフェ、ベーカリーレストラン
10.パンの総市場規模推移(2011~2015年度) ~2015年度は1兆5,097億円~
11.商品別市場構成比(2015年度) ~食パン、菓子パン、調理パンがシェアアップ~
12.末端チャネル別市場構成比(2015年度) ~コンビニ、その他チャネルが拡大~
13.地域別市場構成比(2015年度) ~関東は38.3%、近畿は19.4%~
14.メーカーシェア(2015年度) ~上位10社で占有率6割超え~
15.パン市場の拡大要因・阻害要因と2020年展望
16.パンの総市場規模予測(2016~2020年度) ~2020年は1兆5,937億円に~

第Ⅲ章 有力冷凍パン生地・冷凍パンメーカー、商社の市場戦略分析

1.参入経緯、参入方法
2.注力商品の傾向と商品開発動向
3.生産・輸入動向
4.販売動向
5.物流体制、及び対策
6.今後の市場戦略

第Ⅳ章 注目企業の個別実態調査(20社)

(株)アンデルセン・パン生活文化研究所
  ~外販部門が伸長、家庭用焼成後冷凍へも参入~
(株)イズム
  ~現場でのホイロのひと手間が美味しさを生む~
オーランドフーズ(株)
  ~課題は収益率向上、パウンドケーキが伸びる~
(株)オイシス
  ~ベーカリー技術を活用し玉生地・シート生地を利用~
岡野食品グループ
  ~100円均一ベーカリー“Pantasy”に注力
(株)神戸屋
  ~簡便さを求め、成型後冷凍が増加~
(株)サンフレッセ
  ~2018年7月新工場を稼働、増産・拡販体制へ~
敷島製パン(株)
  ~業務用焼成後冷凍パン市場に2018年参入予定~
昭和冷凍食品(株)
  ~主力はインストアベーカリーへのOEM供給~
(株)シンポフーズ
  ~冷凍パン、ホテルバイキング、朝食需要が旺盛~
(株)スタイルブレッド
  ~イオン、セブン・イレブンでリテールパッケージ商品を発売~
テーブルマーク(株)
  ~焼成後冷凍の業務用が好調、家庭用はじっくり取り組む~
トップトレーディング(株)
  ~焼成後とホイロ後成型が伸びる~
日本生活協同組合連合会
  ~半焼成冷凍をリトアニアでOEM製造~
(株)パントーネ・システム
  ~外販事業を強化、焼成後冷凍が伸びる~
フジパングループ本社(株)
  ~ベーカリーシステム研究所が外販を担う~
(株)フランソア
  ~冷凍パン生地は『セブンイレブンオリジナルパン』向けが主力~
ミヨシ油脂(株)
  ~冷生地は製パン油脂開発のアンテナ、補完商材~
山崎製パン(株)
  ~国内、冷凍パン生地の増産体制に~
(株)リョーユーパン
  ~『ワンミリオンベーカリー』を核に、FD事業を推進~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 475,200円 (本体 440,000円 消費税 35,200円 )
定価 507,600円 (本体 470,000円 消費税 37,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59102000 2017年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~主要四部材編~
C59101900 2017年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~正極材編~
C59108500 2017年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望
C59101800 2017年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~セパレーター編~