発刊予定   2017年版 健康食品の受託製造市場

発刊日: 2017/09/下旬 体裁: A4 / 約400頁
資料コード: C59115300 PDFサイズ:
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 2016年度は、機能性表示食品の受託などを背景に、各社の業績が概ね好調に推移し、全体の市場規模も拡大。ファブレスが多い健康食品市場において、通販事業者や、大手医薬品・食品メーカーからの受注を獲得している総合受託大手企業や得意技術を有する中堅OEMメーカーの業績が好調。引き合いが強まる機能性表示食品に対する受託メーカー各社の取り組みを徹底検証。
  • 剤形別では、好調に推移する青汁市場を中心に、顆粒の需要が拡大基調。これに伴い、スティック三方シール包装が伸長。また、打錠やソフトカプセルなどの剤形も堅調に推移。
  • 参入企業が増加する中、OEMメーカーには差別化が求められており、独自素材の開発・展開、製剤技術の開発、加工技術の高度化(ナノ化、精製脱臭、マスキング、コーティング、脂溶成分の可溶化、等)、品質管理体制強化などが進んでいる。特に、品質管理面については、大手医薬品・食品メーカーの健康食品市場参入が進む中で、要求レベルが高まっている。
  • あらゆる剤形を原料仕入から最終製品製造まで一貫して受託する総合系、特定の加工・剤形に強みを持つ専業系など、約30社の事業戦略を徹底分析。また、本版から新たにメーカーシェア・ランキングを算出・掲載。
  • 健康食品を展開する有力企業へのアンケートを実施し、製造委託状況やOEMメーカーに対する要望などを分析。健康食品受託製造市場を中心として、健康食品産業の川上から川下までを網羅した必携の一冊。

リサーチ内容

2017年8月28日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章 健康食品受託製造市場の動向

1.受託製造市場を取り巻く環境と市場概況
  (1)健康食品受託製造市場 市場規模推移(2010~2016年度)
  (2)メーカーシェア、主要企業の動向(2015~2016年度)
2.受託製造市場の動向
  (1)市場の構造と近年の変化
3.製品形状別の動向
  (1)全体動向
  (2)ハードカプセル
  (3)ソフトカプセル
  (4)錠剤
  (5)顆粒・粉末
  (6)ドリンク
  (7)その他
4.注目の市場動向
  (1)機能性表示食品制度に対する各社の状況
  (2)ロコモティブシンドローム対策
  (3)イスラム市場を見据えたハラール認証取得状況
5.健康食品の受託製造に対する需要動向
6.海外展開状況
7.受託製造市場の課題
8.受託製造市場の今後の市場動向、市場規模予測(2017~2021年度)

第Ⅱ章 健康食品(末端製品)の市場動向

1.健康食品の市場動向
  (1)市場動向、市場規模(2012~2016年度)
  (2)流通別の市場概況、市場規模
  (3)今後の市場規模予測(2017~2020年度)
2.商品動向
  (1)素材動向、市場規模(2014~2016年度)
  (2)効果・効能別の市場動向、市場規模(2014~2016年度)
  (3)価格動向
3.消費者の健康食品摂取状況~消費者調査分析~
  (1)摂取状況の変化
  (2)摂取目的
  (3)1ヶ月当たりの支出金額
  (4)素材
  (5)形状
  (6)購入場所
  (7)選定要因

第Ⅲ章 健康・機能性食品素材(バルク原料)の市場動向

1.健康・機能性食品素材市場の概況
  ・調査対象39素材の流通量、流通金額の推移(2011~2014年度)
2.健康・機能性食品素材の価格動向
  ・主要素材の原料単価
3.注目の業界動向
  (1)流動食市場
  (2)嚥下食市場
  (3)咀嚼困難者食市場
4.今後の健康・機能性食品素材市場の展望

第Ⅳ章 健康食品の受託製造企業に対するユーザーニーズ

~健康食品主力販売事業者に対するアンケート結果より分析~
  現在展開している健康食品の商品数
  健康食品商品数の増減とその理由(2016、2017年度)
  商品リニューアルのタイミング
  関心のあるサプリメントの高付加価値化策
  高付加価値カプセル・打錠への関心
  現在の製造委託状況と委託先社数
  複数のOEMメーカーに製造を委託している理由
  製造委託先を選ぶ際に重視するポイント(上位5位)
  原材料・包材・資材の指定状況と指定する理由
  製造委託先を切り替える場合の理由
  機能性表示食品の届出状況
  機能性表示食品の取り組み状況とその理由
  機能性表示食品の販売状況とその要因
  機能性表示食品として関心のある保健用途
  今後届出を想定する関与成分、素材

第Ⅴ章 有力企業の動向(予定)

(株)AFC-HDアムスライフサイエンス、アピ(株)、アリメント工業(株)、
井藤漢方製薬(株)、磐田化学工業(株)、カプスゲル・ジャパン(株)、
協和薬品(株)、(株)コーワリミテッド、(株)サプリメントジャパン、
(株)三協、三生医薬(株)、至誠堂製薬(株)、(株)シンギー、
大同薬品工業(株)、東洋カプセル(株)、(株)東洋新薬、中日本カプセル(株)、
(株)ナルミヤ、日本タブレット(株)、日本ヘルス(株)、バイホロン(株)、
PCシステム(株)、(株)ファイン、富士カプセル(株)、フロイント産業(株) 他

参考資料:健康食品受託製造市場 参入企業一覧

1.健康食品受託製造企業 参入企業一覧(北海道・東北)
2.健康食品受託製造企業 参入企業一覧(関東・甲信越)
3.健康食品受託製造企業 参入企業一覧(北陸・東海・近畿)
4.健康食品受託製造企業 参入企業一覧(中国・四国)
5.健康食品受託製造企業 参入企業一覧(九州・沖縄)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59104900 2017年版 ワイドバンドギャップ半導体単結晶市場の現状と展望 ~SiC、GaN、その他~
C59108600 16~17年版 医療・衛生用品の市場実態と製品別需要動向
C59107300 2017年版 中古車流通総覧
C59110100 ペット関連サービスの市場実態と将来展望 ~多様化するニーズと拡大する各種サービス~