発刊予定   2018年版 栄養剤、流動食、栄養補給食品(経口、経管)に関する市場動向調査

医療財政の増大と国民医療費の負担増、病院の倒産・廃業と病床数の減少、病院区分の変更、介護保険改正と病院の食事費改定、NSTの設置増加と栄養療法の見直し、嚥下食や咀嚼困難者食の普及・拡大、PEG栄養への批判、NST加算など、『栄養剤、流動食、栄養補給食品』を取り巻く市場環境は大きく変化している。
そのような中、栄養剤・流動食・栄養補給食品メーカーは、腎不全・肝機能障害・免疫賦活・慢性呼吸器不全などの病態別製品やPEG専用製品、ソフトバッグ化、容器形状の工夫、微量元素や食物繊維の添加、味や食感の改良、固さの調整、補食対応、高カロリータイプ、加水タイプなどの製品開発を進めている。また、栄養士資格者によるサポート体制の整備、在宅マーケットや健常者の栄養補給を想定した流通対策、NSTへの販促強化、ドラッグストア店頭配置による一般流通への注力、自社HPや専門ネット通販の活用、製造ラインの増・新設、製造の受委託強化、海外展開、在宅医療サービス企業や食品宅配業、医薬品卸や全病食などとの提携を進めている。
その結果、メーカー間の販売競争は更に激しさを増しており、製品間のシェア拡大、上位メーカーによる寡占化が進行しつつある。また、競争激化や得意分野への事業領域集中から市場撤退や事業統廃合を実施したメーカーも出ている。
一方、新規参入もあり、活発な製品改廃も相俟って市場は変動期にある。
本調査レポートでは、周辺環境が大きく変化する中、新製品の市場投入や価格競争の激化により激動期にある『栄養剤、流動食、栄養補給食品』市場について、その市場動向と参入企業動向、市場の将来見通しなどを総合的、多面的に調査・分析する。

発刊日: 2017/12/下旬 体裁: A4 / 約280頁
資料コード: C59118700 PDFサイズ:
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 712,800円 (本体 660,000円 消費税 52,800円 )
定価 745,200円 (本体 690,000円 消費税 55,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2017年10月31日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第Ⅰ章 市場分析編

1.市場概況
  1)栄養療法(輸液、栄養剤、流動食、栄養補給食品)の現状
  2)2017年の市場概況
    (1)栄養剤
    (2)流動食
    (3)栄養補給食品
  3)NSTにおける栄養療法
  4)高齢者における栄養療法
  5)PEG(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy)の現状
  6)市場参入と市場撤退
2.市場規模推移(2012~2016年度)
  1)栄養剤
  2)流動食
  3)栄養補給食品
3.メーカーシェア(2016年度)
  1)栄養剤
  2)流動食(全体)
  3)固形タイプ流動食
  4)半固形タイプ(PEG対応)流動食
  5)病態別流動食
  6)加水タイプ流動食
  7)栄養補給食品
4.市場構成比(2016年度)
  1)形状別
    (1)栄養剤
    (2)流動食
    (3)栄養補給食品
  2)製品別(名称別)
    (1)栄養剤
    (2)流動食
    (3)栄養補給食品
  3)投与方法別(使用方法別)
    (1)栄養剤
    (2)流動食
    (3)栄養補給食品
  4)病態別(用途別)
    (1)栄養剤
    (2)流動食
    (3)栄養補給食品
  5)使用場所別
    (1)栄養剤
    (2)流動食
    (3)栄養補給食品
  6)容器タイプ別
    (1)栄養剤
    (2)流動食
    (3)流動食のバッグ化推移
    (4)栄養補給食品
5.メーカーの研究開発・生産・流通・販売動向
  1)研究開発動向
    (1)栄養剤
    (2)流動食
    (3)栄養補給食品
  2)生産動向
    (1)栄養剤
    (2)流動食
    (3)栄養補給食品
  3)販売動向(病院、高齢者施設)
    (1)栄養剤
    (2)流動食
    (3)栄養補給食品
  4)新規チャネル動向(ドラッグストア、スーパー、通信販売)
6.主要製品一覧
  1)栄養剤
  2)流動食
  3)栄養補給食品
7.製品トレンド
  1)バッグ化とバッグの多様化
  2)MCT(中鎖脂肪酸トリグリセリド)、オメガ(ω-3)系脂肪酸
  3)味の改良(モンドセレクション受賞等、おいしさの追及)
  4)食感追求製品の増加(固形食、嚥下食の増加)
  5)食物繊維入り、乳糖不耐症タイプ(下痢しにくい)
  6)高カロリー製品、高タンパク製品
  7)乳たんぱく使用トレンド
  8)嚥下食、咀嚼困難者食
  9)補酵素を配合した製品開発
  10)病態別流動食
  11)微量元素配合製品の増加
  12)PEG専用製品(半固形タイプ)のトレンド
  13)小容量化(補食タイプ)
  14)成分栄養、ペプチドを使った流動食の開発
  15)加水タイプ
  16)特別用途食品制度改正について
  17)紙パックからチルドカップ容器への移行
  18)ロコモ、サルコペニアの対応製品
8.価格動向(実勢売価)
  1)栄養剤
  2)流動食
  3)栄養補給食品
9.新規参入動向
  1)栄養剤
  2)流動食
  3)栄養補給食品
10.企業提携動向(取引状況一覧)
  1)栄養剤
  2)流動食
  3)栄養補給食品
11.ユーザー動向(対象患者人口の推定)
  1)経管栄養分野(経鼻投与、PEG)
  2)経口栄養分野
12.在宅栄養動向(一般家庭)
  1)栄養剤
  2)流動食
  3)栄養補給食品
  4)在宅介護市場との関係
    (1)行政施策の今後(地域包括ケアシステム)
    (2)商流・物流の今後(介護食品の小売販売、通信販売)
13.市場拡大要因・阻害要因
  1)栄養剤
  2)流動食
  3)栄養補給食品
14.市場の将来展望
  1)栄養剤
    (1)市場見通し(薬価否定、新製品上市の可能性)
    (2)市場規模予測(2017~2021年度)
  2)流動食
    (1)市場見通し(価格軟化、新規参入、市場撤退の可能性)
    (2)市場規模予測(2017~2021年度)
  3)栄養補給食品
    (1)市場見通し(製品領域拡大、新規参入の可能性)
    (2)市場規模予測(2017~2021年度)

第Ⅱ章 参入企業個別実態調査編(この中から17~18社を掲載)

アサヒグループ食品株式会社、味の素株式会社、アボットジャパン株式会社、
EAファーマ株式会社、イーエヌ大塚製薬株式会社、株式会社大塚製薬工場、
株式会社カネカ、キッセイ薬品工業株式会社、キユーピー株式会社、クラシエ薬品株式会社、
株式会社クリニコ、テルモ株式会社、トーアス株式会社、日清オイリオグループ株式会社、
日油株式会社、ニプロ株式会社、ニュートリー株式会社、ネスレ日本株式会社、
株式会社フードケア、不二製油株式会社、ヘルシーフード株式会社、
フォンテラジャパン株式会社、株式会社ホテイフーズコーポレーション、
ホリカフーズ株式会社、株式会社明治

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 712,800円 (本体 660,000円 消費税 52,800円 )
定価 745,200円 (本体 690,000円 消費税 55,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59113600 2017年版 臨床検査市場の展望
R59301200 フレキシブル化を目指すタッチパネル電極材料と電極形成技術(韓国語版)
C59114400 2017-2018年版 AMOLEDパネル・主要部材市場の現状と将来展望
C59116200 2017年版 クレジットカード市場の実態と展望