発刊予定   2017年度版 国内携帯電話市場レポート -曲がり角のMVNO・5G時代に新参入する「楽天」-

発刊日: 2018/01/下旬 体裁: A4 / 約300頁
資料コード: C59123600 PDFサイズ:
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、こちらの申込書(書籍)を印刷し、FAXまたはメールにてご注文頂けます。

(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • MVNOビジネスの変化
    国内市場では数多くの企業がMVNOビジネスに新規参入した。 「格安スマホ」として認知が進み、家電量販店に専用コーナーが開設された。事業者間の料金競争が起こり携帯料金の低価格化が一気に進んだ。一方でKDDIは子会社のUQコミュニケーションズ、ソフトバンクは吸収合併したワイモバイルを「格安スマホ」市場へ参入し、豊富な資金力を背景に大々的に売り出したことで大きなシェアを獲得した。しかし、2017年度以降格安スマホの需要は頭打ち傾向となり市場の伸びは鈍化している中、大手事業者による買収や事業譲渡が起こっている。また一部の事業者経営破たんしており、業界再編の機運も高まっている。そんな中、楽天が携帯電話ビジネスへの参入を発表し、5G時代は再び4社体制になる見通しとなっている。
  • SIMフリー端末の増加による端末流通の変化
    格安スマホ人気を背景にフィーチャーフォンからの買い替えが進み、2016年度以降スマートフォンの出荷台数は増加してきた。海外大手や国内メーカーによる新規参入が相次ぎSIMフリー端末市場が立ち上がった。またこれまで6万円以上のハイエンド、プレミアム機主体だったスマートフォン市場は現在、リーズナブルな価格のミドルエンド機の比率が高まるなど市場構造が大きく変化している。

リサーチ内容

2018年1月11日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

1:国内市場の状況
  1-1:国内携帯電話市場概況
  1-2:国内携帯電話契約数
  1-3:MVNO(仮想通信事業者)契約数
  1-4:国内移動体通信端末市場動向
  1-5:今後の見通し

第1章.国内携帯電話市場契約数動向

1:国内移動体通信サービス契約数動向
  1-1:移動体通信サービス契約数
2:番号ポータビリティ利用数動向
  2-1:番号ポータビリティ(MNP)概況
  2-2:MNP利用状況
3:カテゴリ別契約数動向
  3-1:カテゴリ別契約数の算出について
  3-2:国内移動体通信市場のシナリオ
  3-3:カテゴリ別契約数
  3-4:スマートフォン比率
  3-5:通信規格別契約数
  3-6:通信事業者別カテゴリ別契約数
    3-6-1:NTTドコモ
    3-6-2:KDDI
    3-6-3:ソフトバンク
    3-6-4:ワイモバイル
    3-6-5:UQコミュニケーションズ
4:基地局動向
  4-1:携帯電話基地局全体動向
5:MVNO動向
  5-1:MVNO市場動向
  5-2:MVNO契約数動向
  5-3:MVNOカテゴリ別契約数動動向
  5-4:MVNO事業者別(L2接続)契約数
  5-5:MVNOサービス事業者別(L3接続)契約数
  5-6:MVNO市場の課題と今後の見通し

第2章.国内端末出荷動向

1:移動体通信端末出荷台数実績/予測
  1-1:2016年度出荷台数実績
  1-2:移動体通信端末2017年度出荷見通し
  1-3:移動体通信端末2018年度出荷予測
2:移動体通信端末メーカー別出荷台数実績/予測
  2-1:2016年度メーカー別出荷台数
  2-2:2017年度メーカー別出荷台数見通し
  2-3:2018年度メーカー別出荷台数予測
3:通信事業者別調達台数実績/予測
  3-1:通信事業者別調達状況
  3-2:NTTドコモ
  3-3:KDDI
  3-4:ソフトバンク/ワイモバイル
  3-5:UQコミュニケーションズ
4:フィーチャーフォン
  4-1:フィーチャーフォン概況
  4-2:フィーチャーフォン2016年度出荷台数
  4-3:フィーチャーフォン2017年度出荷見通し
  4-4:フィーチャーフォン2018年度出荷予測
5:スマートフォン
  5-1:スマートフォン市場概況
  5-2:スマートフォン 2016年度出荷台数
  5-3:スマートフォン 2017年度出荷見通し
  5-4:スマートフォン 2018年度出荷予測
  5-5:プラットフォーム別出荷状況
  5-6:スマートフォン 通信事業者別調達状況
    5-6-1:NTTドコモ
    5-6-2:KDDI
    5-6-3:ソフトバンク/ワイモバイル
  5-7:スマートフォン ディスプレイサイズ別出荷状況
  5-8:スマートフォン デバイス別搭載状況
    5-8-1:地上デジタル放送搭載スマートフォン出荷状況
    5-8-2:おサイフケータイ搭載スマートフォン出荷状況
    5-8-3:ワイヤレス給電「Qi」搭載スマートフォン出荷状況
    5-8-4:防水対応スマートフォン出荷状況
6:タブレット
  6-1:タブレット市場概況
  6-2:タブレット(通信事業者向け)2016年度出荷実績
  6-3:タブレット(通信事業者向け)2017年度出荷見込
  6-4:タブレット(通信事業者向け)2018年度出荷予測
  6-5:ディスプレイサイズ別タブレット出荷台数動向
  6-6:タブレット 通信事業者別調達状況
    6-6-1:NTTドコモ
    6-6-2:KDDI
    6-5-3:ソフトバンク/ワイモバイル
7:モバイルデータ通信端末
  7-1:モバイルデータ通信端末市場概況
  7-2:モバイルデータ通信端末2016年度出荷実績
  7-3:モバイルデータ通信端末2017年度出荷見込
  7-4:モバイルデータ通信端末2018年度出荷予測
  7-5:モバイルデータ通信端末 通信事業者別調達状況
    7-5-1:NTTドコモ
    7-5-2:KDDI
    7-5-3:ソフトバンク/ワイモバイル
    7-5-4:UQコミュニケーションズ
8:SIMフリー端末
  8-1:SIM端末概況
  8-2:SIMフリー端末 カテゴリ別出荷状況
  8-3:SIMフリー端末 メーカー別出荷状況
  8-4:SIMフリースマートフォン 出荷状況
    8-4-1:SIMフリースマートフォン2016年度出荷台数
    8-4-2:SIMフリースマートフォン2017年度出荷見通し
    8-4-3:SIMフリースマートフォン2018年度出荷予測
  8-5:SIMタブレット 出荷状況
    8-5-1:SIMフリータブレット2016年度出荷実績
    8-5-2:SIMフリータブレット2017年度出荷見込
    8-5-3:SIMフリータブレット2018年度出荷予測
  8-6:SIMフリーモバイルデータ通信端末市場概況
    8-6-1:SIMフリーモバイルデータ通信端末2016年度出荷実績
    8-6-2:SIMフリーモバイルデータ通信端末2017年度出荷見込
    8-6-3:SIMフリーモバイルデータ通信端末2018年度出荷予測
  8-7:SIM端末市場の見通し

第3章.通信事業者 個票

<調査項目>
企業概要 契約数、純増数実績・予測
デバイス別純増数実績・予測
カテゴリ別出荷台数実績/予測
メーカー別移動体通信端末 出荷台数実績・予測
メーカー別フィーチャーフォン出荷台数実績・予測
メーカー別スマートフォン出荷台数実績・予測
メーカー別タブレット出荷台数実績・予測
メーカー別モバイルデータ通信端末出荷台数実績・予測

NTTドコモ
KDDI/au
ソフトバンク(ワイモバイル)
UQコミュニケーションズ(UQWiMAX)

第4章.MVNO事業者 個票

<調査項目>
企業概要
契約数実績/予測

NTTコミュニケーションズ(OCN)
インターネットイニシアティブ(IIJ)
楽天モバイル
イオンモバイル
U-mobile
ケイ・オプティコム(mineo)
UQコミュニケーションズ(UQMobile)
BIGLOBE その他

第5章.通信機器メーカー個票

<調査項目>
企業概要
移動体通信端末デバイス別出荷台数実績・予測
移動体通信端末 通信事業者別出荷台数 実績・予測
通信事業者別スマートフォン出荷台数実績・予測
OSプラットフォーム別スマートフォン出荷台数実績・予測
ディスプレイサイズ別スマートフォン出荷台数実績・予測
機能別スマートフォン出荷台数実績・予測
ワンセグ・地デジ搭載スマートフォン出荷台数実績・予測
おサイフケータイ搭載スマートフォン出荷台数実績・予測
ワイヤレス給電機能搭載スマートフォン出荷台数実績・予測
防水対応スマートフォン出荷台数実績・予測
2016年度・2017年度 移動体通信端末 製品リスト

Apple
SONY(ソニーモバイル)
シャープ
富士通
京セラ
サムスン電子
華為技術(Huawei)
LG電子
ASUS
ZTE(中興通迅)
Lenovo・Motorola
TCLコミュニケーションジャパン
HTC
その他メーカー

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、こちらの申込書(書籍)を印刷し、FAXまたはメールにてご注文頂けます。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59121300 2017年版 容器市場の展望と戦略
C59117300 2017-2018年版 自動車用フィルム・シート市場の展望と戦略 ~塗装代替、軽量化の一歩先へ~
C59119700 2018年版 玩具産業白書
C59120900 2018年版 病院の将来