2018 進展するクルマの48V化と市場展望

車両電源システムに関する現状の市場動向を明らかにし、開発動向や技術動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する。

発刊日
2018/08/09
体裁
A4 / 181頁
資料コード
C60105600
PDFサイズ
20.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:48Vマイルドハイブリッドを構成するシステム、主要構成部品の技術動向、市場動向
調査対象先:自動車メーカ、48Vシステムサプライヤ など
調査方法:面談取材、電話取材、文献調査 など
調査期間:2018年4月~2018年7月

調査結果サマリー
Close

48Vマイルドハイブリッドシステム世界市場に関する調査を実施(2018年)
拡大するか48V、欧州が仕掛ける足元での電動化技術

資料ポイント
Close

  • 2017年の48Vシステム市場はラグジュアリーカーを中心に5万台規模(新車販売台数における搭載率0.1%)と推測されるが、2020年には200万台規模(同2%)、2030年には1,530万台規模(同12.7%)まで拡大すると予測。
  • 厳格化する環境規制値の目標達成のため、車両の電動化は必須となっているが、電気自動車やプラグインハイブリッドはシステムコストの高さから足元では莫大な普及が望めない状況。
  • それに対して最小限の設計変更と低価格で容易に燃費改善が図れる48Vマイルドハイブリッドシステムに期待が集まっている。

資料概要
Close

第1章 48Vシステム市場の概況
第2章 48Vシステムの地域別市場予測
第3章 自動車メーカ別の電動車戦略の概況
第4章 48V構成システム別の市場動向

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 48Vシステム市場の概況

1-1.自動車電源システムの歴史
1-2.48V M-HEVの構成とシステムの特徴
1-3.48Vシステムのメリットと課題
1-4.48Vシステムの普及をねらう欧州勢の打算
1-5.48Vシステムのロードマップ

第2章 48Vシステムの地域別市場予測

2-1.電動車の地域別市場規模予測
  2-1-1.地域別新車販売台数予測
  2-1-2.セグメント別自動車販売台数予測
  2-1-3.次世代車におけるパワートレイン別の販売台数予測
  2-1-4.48Vマイルドハイブリッドシステムの普及台数予測
  2-1-5.2030年の次世代車市場予測と需要拡大要因
2-2.厳格化する環境・低燃費規制
  2-2-1.各国の燃費規制の動向
  2-2-2.各国の排出ガス規制と排出ガス測定試験の動向
2-3.日本市場
  2-3-1.パワートレイン別販売台数(日本)
  2-3-2.環境規制の動向(日本)
  2-3-3.次世代車に対する優遇政策(日本)
2-4.欧州市場
  2-4-1.パワートレイン別販売台数(欧州)
  2-4-2.環境規制の動向(欧州)
  2-4-3.次世代車に対する優遇政策(欧州)
2-5.北米市場
  2-5-1.パワートレイン別販売台数(北米)
  2-5-2.環境規制の動向(北米)
  2-5-3.次世代車に対する優遇政策(米国)
2-6.中国市場
  2-6-1.パワートレイン別販売台数(中国)
  2-6-2.環境規制の動向(中国)
  2-6-3.次世代車に対する優遇政策(中国)

第3章 自動車メーカ別の電動車戦略の概況

3-1.48V M-HEVの投入計画と各社の電動車戦略における状況
3-2 日本自動車メーカ
  3-2-1 トヨタ自動車
  3-2-2 本田技研工業
  3-2-3 日産自動車
  3-2-4 三菱自動車工業
  3-2-5 マツダ
  3-2-6 スズキ
3-3 欧州自動車メーカ
  3-3-1 VW Gr.
  3-3-2 Daimler
  3-3-3 BMW AG
  3-3-4 Renault
  3-3-5 PSA Gr.
3-4 北米自動車メーカ
  3-4-1 General Motors
  3-4-2 Ford
  3-4-3 FCA
  3-4-4 Tesla
3-5 韓国・中国自動車メーカ
  3-5-1 BYD
  3-5-2 北京汽車(BAIC)
  3-5-3 上海汽車(SAIC)
  3-5-4 吉利汽車(Geely)、Volvo
  3-5-5 長安汽車(Changan)
  3-5-6 現代自動車/Kia

第4章 48V構成システム別の市場動向

4-1.12V/48V ISG
  4-1-1.コンポーネント概要
  4-1-2.技術動向・参入各社の動向
  4-1-3.納入マトリクス
  4-1-4.メーカシェア
  4-1-5.市場規模予測(2017年~2020年/2025年/2030年)
4-2.インバータ(48V M-HEV~次世代車向け)
  4-2-1.コンポーネント概要
  4-2-2.技術動向・参入各社の動向
  4-2-3.納入マトリクス
  4-2-4.メーカシェア
  4-2-5.市場規模予測(2017年~2020年/2025年/2030年)
4-3.DC-DCコンバータ(48V M-HEV~次世代車向け)
  4-3-1.コンポーネント概要
  4-3-2.技術動向・参入各社の動向
  4-3-3.納入マトリクス
  4-3-4.メーカシェア
  4-3-5.市場規模予測(2017年~2020年/2025年/2030年)
4-4.48V向けバッテリ
  4-4-1.コンポーネント概要
  4-4-2.技術動向・参入各社の動向
  4-4-3.納入マトリクス
  4-4-4.メーカシェア
  4-4-5.市場規模予測(2017年~2020年/2025年/2030年)
4-5.48Vシステムによって普及が有望視される電装部品
  4-5-1.電動過給機
  4-5-2.電動アクティブスタビライザ
  4-5-3.電動ウォーターポンプ(EWP)
  4-5-4.触媒コンバータ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。