2018年版 医療用ディスポーザブル製品 汎用品市場の将来展望

本調査レポートでは、薬剤注入関連製品、輸液ライン、手術用関連製品の製品別分析を行うと共に、各製品別の国内トータル市場規模推移と企業別マーケットシェア分析、更に、製品毎のSafety製品(感染防止製品)とHome Use市場規模、キット化製品の成長分析を行った。

発刊日
2018/09/28
体裁
A4 / 510頁
資料コード
C60106100
PDFサイズ
10.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:国内メーカー及び輸入製品の総発売元
調査方法:面接取材とTEL取材、郵送取材併用(一部推定企業含む)
調査期間:2018年4月~2018年9月

調査結果サマリー
Close

医療用ディスポーザブル製品汎用品市場に関する調査を実施(2018年)
2017年度の国内医療用ディスポーザブル製品汎用品市場は前年度比2.1%増の2,479億6百万円
~針刺し事故防止や血液飛散防止、誤接続防止などの感染防止対策製品であるSafety製品やディスポーザブル化の進展が期待できる呼吸・麻酔回路、酸素マスク・カニューラが市場を牽引~

資料ポイント
Close

  • 医療用ディスポーザブル27項目(52製品)の2007~2017年度実績数量・金額ベース市場規模分析と製造販売業:販売元シェア(国内ベース)
  • 2018~2022年度までの中期予測
  • 各製品におけるSafety製品の市場推移と企業別動向
  • 各製品における在宅分野の市場規模推移と企業別動向
  • キット化製品、セット化製品の市場動向
  • 有力企業の参入製品個表

資料概要
Close

PARTⅠ 医療用ディスポーザブル製品の市場動向
PARTⅡ 製品別市場推移とSafety・キット化、病院・在宅分野の展望
PARTⅢ 参入企業分析 約120社

リサーチ内容

SUMMARY

医療用ディスポーザブル製品 汎用品市場の将来展望 ~SUMMARY~

1.市場動向及び市場推移 52製品で2017年度2,479億5.7百万円(大人用紙おむつ除く)
2.区分別 市場動向
  (1)Safety(安全機構付)製品
  (2)Home Use(在宅向け)製品
  (3)キット製品
3.医療用汎用品市場の展望と課題
  (1)市場背景
  (2)単回使用医療機器の「再製造」に関する制度スタート
  (3)呼吸回路・麻酔回路
  (4)酸素マスク・カニューラ
  (5)尿失禁治療・手術ディバイス(TVT・TOT・TMV、人工尿道括約筋術)

PARTⅠ 医療用ディスポーザブル製品の市場動向

医療用ディスポーザブル製品の市場動向 汎用品市場推移

薬事工業生産動態統計
  2015年における主要42分類で、医療用ディスポーザブル関連製品国内出荷は
  9,638億28百万円
  ディスポ製品主要品目推移・金額ベース(生産:歯科用除く2011年~2015年)
  ディスポ製品主要品目推移・金額ベース(輸入:歯科用除く2011年~2015年)
  ディスポ製品主要品目推移・金額ベース(国内:歯科用除く2011年~2015年)
  ディスポ製品主要品目推移・金額ベース(輸出:歯科用除く2011年~2015年)
  ディスポ製品主要品目推移・数量ベース(生産:歯科用除く2011年~2015年)
  ディスポ製品主要品目推移・数量ベース(輸入:歯科用除く2011年~2015年)
  ディスポ製品主要品目推移・数量ベース(国内:歯科用除く2011年~2015年)
  ディスポ製品主要品目推移・数量ベース(輸出:歯科用除く2011年~2015年)

調査品目の市場推移
  52製品で2017年度2,479.2億円、
  2018年度は2,518.4億円の市場予測(大人用紙おむつ除く)
  表:調査品目における市場推移(2007年度~2022年度)
  (1)Safety関連製品:2017年度520億3.5百万円市場、
  2018年度は531億61.0百万円の予測
  Safety製品別 数量・金額 市場規模推移(表)
  (2)キット製品:前年比6.0%アップの379億42百万円市場、
  2018年度は410億95百万円の予測
  (3)Home Use市場:2017年度245億91.1百万円、
  2018年度246億88.8百万円の予想
  Home Use製品別数量市場規模推移(表)
  Home Use製品別金額市場規模推移(表)
  図:Safety製品・キット化製品・Home Use製品の市場推移(金額ベース)
  調査品目における金額ベース市場規模推移(表)
  調査品目における数量ベース市場規模推移(表)
  総トータル市場におけるsafety、キット製品、Home Useの製品割合(図)
  表:品目別マーケットリーダー(2017年度総販売元ベース)

PARTⅡ 製品別市場推移とSafety・キット化、病院・在宅分野の展望

§1 シリンジ・注射筒
  市場概要
  市場規模:2017年度インスリン用含め、11億850万本、
  2018年度は11億20万本の予測
  インスリン用ディスポーザブル市場規模:2017年度5,026万本、
  2018年度は5,126万本の予測
  Safety製品市場動向:2015年度以降の販売実績なし
  表:シリンジ総市場とHome Use市場の推移・構成比
§2 注射針
  市場概要
  市場動向:2017年度7億9,670万本・17億20百万円、
  2018年度は7億8,010万本の予測
  Home Use(ペンニードル)市場動向:2017年度9億9,380万本、
  2018年度は9億9,440万本の予測
  インスリン療法について
  インスリン製剤の種類
  表:注射針総市場とHome Use市場の推移・構成比
§3 輸液セット
  製品概要
  市場概要
  市場動向:2017年度2億5,688万セット・120億71百万円、
  2018年度は2億5,336万セットの予測
  定量筒付輸液セット(微量・精密用)Measured Volume Set市場動向:
  2017年度前年比8.1%ダウンの32.5万セット市場、
  2018年度は30.4万セットの予測
§4 翼状針・翼付静注針
  市場概要
  市場動向:2017年度 数量ベースで前年比0.3%ダウンの2億3,678万本、
  2018年度は2億3,737万本の予測
  Safetyタイプ市場動向:2017年度1億5,130万本、38億94百万円、
  2018年度1億5,428万本の予測
§5 留置針
  市場概要
  市場規模:2017年度 トータル市場2億4,890万本、210億24百万円市場、
  2018年度は2億5,418万本・212億77百万円の予測
  企業別動向:メディキットが続伸 静脈内留置針、
  透析用留置針ともにトップシェア
  透析用留置針
  Safetyタイプ:9,423万本・72億47百万円市場、
  金額ベース市場規模に対し70.9%の占有率に
  2018年度は9,802万本・75億32百万円の予測
  表:プラスチックカニューレ静脈留置針総市場とHome Use市場の推移・構成比
§6 延長チューブ
  市場概要
  市場動向:2017年度8,689万本・83億35百万円、
  2018年度は8,716万本、83億82百万円の予測
  Safety輸液製品:ライン製品市場278億21百万円、
  栄養ライン製品市場87億60百万円
§7 三方活栓
  市場概要
  市場規模:2017年度 数量ベース前年比1.0%ダウンの3,177万ケ市場、
  2018年度も3,177万ケの予想
  耐圧用三方活栓(低圧・中圧・高圧)
  市場動向
§8 高カロリー輸液用カラバック
  市場概要
  市場動向:2017年度105.4万枚 ・4億83.5百万円、
  2018年度102.6万枚・4億71.4百万円の予測
  在宅輸液療法(HPN)
  市場概要:微増推移の予測
§9 連結管
  市場概要
  市場動向:2017年度 1,060.2万本・2億68.0百万円、
  2018年度は1,051.2万本の予測
§10 各種フィルター
  各種フィルターの2017年度市場規模
  輸血(血液)フィルター市場
  市場概要
  市場動向:2017年度 2億70百万円市場
  輸液フィルター(セット)市場
  市場概要
  市場動向:2017年度 242.8万セット・15億74百万円
  表:輸液フィルターセット総市場とHome Use市場の推移・構成比
  除菌フィルター(バクテリアフィルター)・HME・HMEF(人工鼻)市場
  市場概要
  市場規模:2017年度 バクテリアフィルタ市場 103.2万ケ、7億30百万円、
  HME+HMEF市場については932.9万ケ・42億10.3百万円
  企業別動向(HME・HMEF)
  表:バクテリアフィルター総市場とHome Use市場の推移・構成比
  表:HME(HMEF)総市場とHome Use市場の推移・構成比
  トランスデューサー 保護 フィルター市場
  市場概要
  人工心肺用動脈フィルター市場(胸部心臓血管外科)
  市場動向:2017年度11,970ケ、1億48百万円市場、
  2018年度は11,460ケの予測
  硬膜外カテーテル用フィルター市場
  市場動向:2017年度55.1万ケ、1億86百万円市場、
  2018年度は55.35万ケの予想
§11 各種吸引具(排液システム)
  吸引器(具)市場概要
  1.チェストドレナージユニット(胸腔吸引器)
  市場概要
  市場動向:2017年度180,500セット、住友ベークライト圧倒的シェア
  参考資料:気胸セット市場動向
  2.(電動式吸引器)排液ボトル
  市場概要
  市場動向:2017年度約58.3万ケ・6億7百万円市場を形成
  3.ポータブル低圧持続吸引器市場概要
  市場概要
  市場動向:2017年度 855,100ケ/セット・43億92百万円、
  2018年度は860,200セット・40億96百万円の予測
  4.サクション排液システム(パック・ボトル)
  市場概要
  市場動向:2017年度 1,377.6万ケ/枚・63億7百万円、
  2018年度は1,445.5万ケ/枚の予測
  参考資料:閉鎖式サクションカテーテル市場(感染防止)
§12 尿バッグ市場
  市場概要
  市場規模:尿バッグトータル市場は1,708.2万枚・36億88.9百万円市場に
  閉鎖式尿バッグ市場(Closed Type)
  市場動向:2017年度は811万枚市場 メディコンがシェアトップ、
  2018年度は806.3万枚の予測
  精密尿量計付尿バッグ市場
  市場動向:メディコンが数量ベースシェア86.5%
  開放式尿バッグ、(架台式)貯尿・蓄尿袋市場
  市場動向:2017年度は合計で前年比4.0%ダウンの746.9万枚、
  2018年度は731.5万枚の予測
§13 尿失禁市場
  市場概要
  Diveice市場・医療用具市場
  市場動向:2017年度 4億18百万円、
  2018年度 4億44百万円の予想(大人用紙おむつ市場除く)
  自己導尿カテーテル市場
  市場概要
  治療分野市場
  手術市場(Invasive)
  市場動向
  表:Device関連 Total市場とHome Use市場推移・構成比
  表:大人用紙おむつ Total市場とHome Use市場推移・構成比
§14 酸素マスク・カニューラ
  市場概要
  市場規模:2017年度 9,606,876本、23億96.8百万円市場
  (※ハイフローセラピー用除く)
  企業別動向:日本メディカルネクスト 429.3万ケ、
  テレフレックスメディカル202.3万ケ
  在宅酸素療法患者数、在宅持続陽圧呼吸療法、
  在宅気管切開患者を合わせ推定で56.2万人
  表:酸素マスク・カニューラ総市場とHome Use市場推移・構成比
  高流量式鼻カニューラ酸素療法(High Flow Therapy)市場
  市場概要
  企業別動向
§15 呼吸回路・麻酔回路
  市場概要
  市場規模:2017年度231.4万セット、2018年度251.2万セットの市場予測
  企業別動向:2017年度 東機貿 販売数量大幅増
  在宅人工呼吸療法患者は2017年度5.4万セット
  表:呼吸回路・麻酔回路 総市場とHome Use市場推移・構成比
§16 自動吻合器・自動縫合器、止血・結紮クリップ、皮膚縫合器
  市場概要
  自動吻合器・自動縫合器市場
  市場動向: 2017年度394億86百万円、2018年度は401億66百万円見込み
  血管領域自動吻合器/血管縫合補助器具市場:2017年度7,430セット
  循環器止血材(縫合器、コラーゲン)市場:
  2017年度は19億20百万円の市場形成
  止血・結紮クリップ市場(Open Surgery)
  市場動向:2017年度8億80百万円、2018年度予定8億50百万円
  皮膚縫合器(スキンステイプラー)市場
  市場動向:2017年度 17億72百万円、2018年度は17億66百万円の見込み
§17 血液バッグ・輸血セット
  市場概要
  市場規模・企業別動向:2017年度348.7万枚・93億64百万円市場、
  2018年度は338.5万枚の予測
  輸血セット市場動向:2017年度490.4万本・6億8.4百万円、
  2018年度は486.7万本の予測
§18 自己血輸血製品
  市場概要
  市場動向:2017年度144台、2018年度166台見込み、
  リヴァノヴァ「XTRA」が高シェア維持、
  Freseniu製品を展開するJMSは2017年度12台
  自己血輸血の消耗品市場
  1.貯血式・希釈式における血液バック市場
  2.術中回収式における自己血回収システム
  3.術後回収式における自己血輸血(セット)市場
§19 替刃メス・スカルペル
  市場概要
  市場規模/企業別動向:ディスポ替刃メス市場 合計で11億65.9百万円市場
§20 キット製品・パック製品
  市場概要
  市場規模:前年比6.0%アップの379億42百万円市場、
  2018年度は410億95百万円の予測
  企業別動向:ホギメディカル 高シェア続く
  参考資料:主要ディスポーザブル製品 キット/セット製品(表)
§21 インフューザー
  市場概要
  市場動向:2017年度 187万ケ/セット・52億67百万円市場、
  2018年度192.2万ケ/セットの予測
  インフューザー疾患対応別市場:
  2017年度 施設内175.1万セット、在宅分野11.8万セット
  参照資料:麻酔針(スパイナル針、硬膜外麻酔針、神経ブロック針)市場(表)
§22 生検針
  市場概要
  市場規模
  企業別動向
  生検針関連先進医療
§23 真空採血管
  市場概要
  市場動向:2017年度 9億9,097万本・121億74百万円市場、
  2018年度は9億9,940万本の予測
  プラスチック製品:2017年度99.9%
  Safety(広義・狭義)製品:2017年度数量ベース 2億4,000万本
§24 血液ガス測定用採血キット
  市場概要
  市場規模:2017年度1,358.3万セット、16億79百万円市場、
  2018年度は1,347.0万本の予測
  企業別動向
  Safety製品:2017年度は数量ベース969万キット、
  2018年度は963万キットの予測
§25 ECG電極
  市場概要
  市場動向:2017年度72億43百万円、2018年度72億54百万円
  Home Use市場:ホルター用は約14.5億円(推定)
§26 床ずれ防止用パット
  市場概要
  市場規模:2017年度 60,700枚、6億46.5百万円市場、
  2018年度 60,300枚の予測
  企業別動向
§27 安全機構付き/Safety(感染防止)製品市場
  市場概要
  市場動向:2017年度 市場規模は520億3.5百万円、
  2018年度は531億61.0百万円の予測
  企業別動向:テルモ 146億35百万円で28.1%シェアトップ、
  次いでJMS19.3%、トップ13.4%のシェア
  (図)Safety市場参入企業シェア
  (表)感染防止・セーフティ製品別推移 製品別
  (表)感染防止・セーフティ製品別推移 企業別
  (表)Safety製品実績推移と予測(2011年度~ 予)2018年度)

PARTⅢ 参入企業分析 115社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。