2018年版 クレジットカード市場の実態と展望

カード業界は、2020年に向けたキャッシュレス化への取組みを一層強化している。2020年に向けて、訪日外国人の増加が予想されており、決済における訪日外国人の利便性の向上がテーマとなっている。それに向けて、決済インフラをどのように整備していくか、がまさに議論されている。また、海外では、スマートフォンの台頭により、スマートフォンを活用した決済ソリューション「Apple Pay」をはじめとしたコンタクトレス決済やQRコード決済サービス提供事業者の台頭によるUI・UXの変化により、クレジットカード会社の役割が変化していくことが予測される。
本調査レポートでは、カード会社の取組みを網羅的に把握することで、2020年に向けたキャッシュレス化の推進に対する課題を分析し、決済インフラのあり方を展望した。

発刊日
2018/11/29
体裁
A4 / 380頁
資料コード
C60115600
PDFサイズ
3.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:クレジットカード市場について、主要クレジットカード発行会社の戦略・取組み・実績などを詳細に調査し、動向や課題などの実態を把握するとともに今後の市場動向を展望する。
調査対象企業:主要カード発行会社
調査方法:直接面接取材を主体に、一部アンケート調査を併用。
調査期間:2018年8月~2018年11月

資料ポイント
Close

  • 実行計画の2020年に向けたインフラ整備が本格化
  • Apple Payをはじめとしたコンタクトレス決済の普及の可能性
  • 決済分野のFinTechの動向と展望

資料概要
Close

第Ⅰ章 総論
第Ⅱ章 カード会社の業績及び事業実績
第Ⅲ章 業態・出資母体別の動向分析
第Ⅳ章 カード会社の各種サービス等への取組み
第Ⅴ章 新決済サービス及び周辺サービスの動向分析
第Ⅵ章 個別企業の実態

リサーチ内容

調査のポイント

第Ⅰ章 総論

1.クレジットカードを取り巻く環境
  1.1 訪日外客数の拡大と行政の施策
  1.2 割賦販売法の改正
    1.2.1 概要
    1.2.2 措置事項の概要
    1.2.3 改正のポイント①:加盟店におけるセキュリティ対策の義務化
    1.2.4.改正のポイント②:カード番号等取扱契約締結事業者の登録
    1.2.5 改正のポイント③:加盟店調査等の義務
    1.2.6 改正割賦販売法に対する附帯決議(概要)
  1.3 クレジット取引セキュリティ対策協議会と「実行計画」
    1.3.1 クレジット取引セキュリティ対策協議会とは
    1.3.2 「実行計画」における対策
  1.4 FinTech活用に向けた行政の取組み
    1.4.1 金融分野におけるAIの応用と不正検知での活用
2 市場規模
  2.1 ショッピング取扱高推移(イシュアベース)
  2.2 ショッピング取扱高シェア(イシュアベース)
  2.3 カード発行会社の業績推移
3.市場展望
  3.1 ショッピング取扱高予測
  3.2 コンタクトレス決済市場予測
  3.3 モバイル決済市場規模予測

第Ⅱ章 カード会社の業績及び事業実績

1 営業収益
2 経常利益
3 当期純利益
4 有効会員数
5 稼動会員比率
6 カード取扱高(ショッピング・キャッシング合計)
7 カード取扱高(ショッピング)
8 カード取扱高(キャッシング)
9 ショッピングリボ・分割払い残高
10 キャッシング残高
11 ポイント引当金残高

第Ⅲ章 業態・出資母体別の動向分析

1 銀行系、独立系カード会社
  1.1 主要銀行系、独立系カード会社
  1.2 主要銀行系、独立系カード会社の特徴、強み
    1.2.1 三菱UFJニコスの特徴、強み
    1.2.2 三井住友カードの特徴、強み
    1.2.3 JCBの特徴、強み
    1.2.4 クレディセゾンの特徴、強み
    1.2.5 セディナの特徴、強み
  1.3 業績動向
  1.4 基本戦略
2 信販系カード会社
  2.1 主要信販系カード会社
  2.2 主要信販系カード会社の特徴、強み
    2.2.1 オリエントコーポレーションの特徴、強み
    2.2.2 ジャックスの特徴、強み
    2.2.3 アプラスの特徴、強み
    2.2.4 ライフカードの特徴、強み
  2.3 業績動向
  2.4 基本戦略
3 流通系カード会社(GMS、スーパー、コンビニ)
  3.1 主要流通系カード会社(GMS、スーパー、コンビニ)
  3.2 流通系カード会社(GMS、スーパー、コンビニ)の特徴、強み
    3.2.1 イオンフィナンシャルサービスの特徴、強み
    3.2.2 セブン・サービスの特徴、強み
    3.2.3 UCSの特徴、強み
    3.2.4 ポケットカードの特徴、強み
    3.2.5 ゆめカードの特徴、強み
  3.3 業績動向
  3.4 基本戦略
4 流通系カード会社(百貨店)
  4.1 流通系カード会社(百貨店)一覧
  4.2 流通系カード会社(百貨店)の特徴、強み
    4.2.1 エムアイカードの特徴、強み
    4.2.2 東急カードの特徴、強み
  4.3 業績動向
  4.4 基本戦略
5 自動車メーカー、交通系カード会社
  5.1 自動車メーカー、交通系カード発行会社
  5.2 自動車メーカー、交通系カード会社の特徴、強み
    5.2.1 トヨタファイナンスの特徴、強み
    5.2.2 日産フィナンシャルサービスの特徴、強み
  5.3 基本戦略
6.オンラインモール、通信キャリア、IT系カード会社
  6.1 オンラインモール、通信キャリア、IT系カード会社一覧
  6.2 オンラインモール、通信キャリア、IT系カード会社の特徴、強み
    6.2.1 楽天カードの特徴、強み
    6.2.2 ワイジェイカードの特徴、強み
    6.2.3 NTTドコモの特徴、強み
  6.3 オンラインモール、通信キャリア、IT系カード会社の基本戦略
  6.4 オンラインモール、通信キャリア、IT系カード会社の業績動向

第Ⅳ章 カード会社の各種サービス等への取組み

1 ポイントプログラムの動向
2 情報システム投資の動向

第Ⅴ章 新決済サービス及び周辺サービスの動向分析

1 日本におけるコンタクトレス決済の動向
  1.1 Apple Payの動向
    1.1.1 日本でApple Payの対応開始へ
    1.1.2 日本におけるApple Payの概要、特徴
    1.1.3 クレジットカードイシュアにおけるApple Payの対応状況
    1.1.4 Apple Payのビジネスモデル
    1.1.5 主要事業者のApple Payへの取組み状況
  1.2 Google Payの動向
    1.2.1 Google Payの日本でのサービス展開
    1.2.2 Google Payの狙い
    1.2.3 ビジネスモデル
    1.2.4 今後の展開
    1.2.5 主要事業者のGoogle Payへの取組み状況
2.アメリカにおけるキャッシュレスの動向
  2.1 アメリカにおけるキャッシュレスの市場規模推移
  2.2 アメリカにおけるコンタクトレス決済の状況
    2.2.1 Apple Pay
    2.2.2 Google Pay
  2.3 アメリカにおけるFinTech関連のトピックス
    2.3.1 Square
    2.3.2 PayPal
  2.4 将来展望
3 イギリスにおけるキャッシュレスの動向
  3.1 イギリスにおけるキャッシュレスの市場規模推移
  3.2 市場規模推移(コンタクトレス/コンタクトレス以外)
  3.3 イギリスにおけるコンタクトレス決済の状況
  3.4 将来展望
4 中国におけるキャッシュレスの状況
  4.1 中国におけるキャッシュレスの市場規模推移
  4.2 市場規模推移(スマートフォン/カード)
  4.3 中国におけるキャッシュレス決済の主要プレイヤーの動向
    4.3.1 中国銀聯(China Unionpay)
    4.3.2 Alipay
    4.3.3 WeChatPay
  4.4 中国におけるコンタクトレス決済の状況
  4.5 中国におけるFinTech関連のトピックス
  4.6 主要カード会社のAlipay、WeChat Payに関する取組み、考え方
    4.6.1 クレディセゾンのAlipayやWeChat Payに対する考え方
    4.6.2 オリエントコーポレーションのAlipayへの取組み
    4.6.3 アプラスフィナンシャルのWeChat Payに関する取組み
    4.6.4 ユーシーカードのAlipayやWeChat Payに関する考え方
5 主要カード会社のFinTechに関する取組み、考え方
  5.1 スタートアップとの連携に関して
    5.1.1 三菱UFJニコスのスタートアップとの連携に関する考え方
    5.1.2 三井住友カードのスタートアップ企業との協業に関する取組み
    5.1.3 JCBのスタートアップ企業との協業に関する取組み
    5.1.4 クレディセゾンのスタートアップ企業との協業に関する取組み
  5.2 今後の決済サービスやFinTechに関する考え方
    5.2.1 三菱UFJニコスの今後の決済サービスに関する考え方
    5.2.2 三井住友カードのFinTechに関する考え方
    5.2.3 イオンフィナンシャルサービスの新決済サービスに関する取組み
    5.2.4 オリエントコーポレーションの新決済サービスに関する取組み
    5.2.5 NTTドコモの新決済サービスに関する取組み
    5.2.6 ポケットカードのFinTechに対する考え方
  5.3 AIの活用
    5.3.1 楽天カードのAI活用に関する取組み
    5.3.2 三菱UFJニコスのAI活用に関する取組み
    5.3.3 三井住友カードのAI活用に関する取組み
    5.3.4 イオンフィナンシャルサービスのAI活用に関する取組み
    5.3.5 クレディセゾンのAI活用に関する取組み
    5.3.6 オリエントコーポレーションのAI活用に関する取組み
    5.3.7 ライフカードのAI活用に関する取組み
  5.4 生体認証決済の推進
    5.4.1 JCBの生体認証に関する取組み
    5.4.2 イオンフィナンシャルサービスの生体認証に関する取組み
    5.4.3 クレディセゾンの生体認証に関する取組み
    5.4.4 セディナの生体認証に関する取組み
  5.5 データ活用に関する取組み
    5.5.1 三菱UFJニコスのビックデータ活用に関する取組み
    5.5.2 JCBのデータ活用に関する取組み
    5.5.3 セディナのデータ活用に関する取組み
    5.5.4 オリエントコーポレーションのデータ活用に関する取組み
    5.5.5 アプラスのデータ活用に関する取組み
    5.5.6 東急カードのAI活用に関する取組み
  5.6 IoTに関する考え方
    5.6.1 三菱UFJニコスのIoTに関する考え方
  5.7 APIに関する考え方
    5.7.1 三菱UFJニコスのAPIに関する考え方
  5.8 ブロックチェーンに関する考え方
    5.8.1 三菱UFJニコスのブロックチェーン活用に関する取組み
    5.8.2 ユーシーカードのブロックチェーン活用に関する取組み
  5.9 RPA活用に関する取組み
    5.9.1 セディナのRPA活用に関する取組み
    5.9.2 アプラスのRPAを活用した取組み
    5.9.3 ポケットカードのRPAを活用した取組み

第Ⅵ章 個別企業の実態

1.楽天カード
2.三菱UFJニコス
3.三井住友カード
4.イオンフィナンシャルサービス
5.JCB
6.クレディセゾン
7.トヨタファイナンス
8.セディナ
9.オリエントコーポレーション
10.NTTドコモ
11.ジャックス
12.エムアイカード
13.ワイジェイカード
14.セブン・カードサービス
15.ライフカード
16.UCS
17.アプラスフィナンシャル
18.ポケットカード
19.東急カード
20.ゆめカード
21.ユーシーカード

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。