2019 次世代モニタリングビジネスの現状と中期展望 ~レガシー型遠隔監視からIoTモニタリングへの移行実態~

製造・工場、建設、運輸・物流、インフラ保全に関わる機器・設備の状態監視、稼働監視、環境計測、車両運行モニタリングなどの実態を探る。特に、収集データの蓄積及びデータ分析に主眼をおいて、新たなビジネス創出に向けての取り組みを明らかにする。

発刊日
2019/01/31
体裁
A4 / 284頁
資料コード
C60117000
PDFサイズ
3.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内の製造業、建設業、運輸・物流業、社会インフラ・防災分野(自治体)において、遠隔監視/ITモニタリング(次世代モニタリング)の活用実態及び今後の見通しなどを明らかにする。さらに、直接面談調査・電話調査及び文献調査を基に、ITモニタリング市場の現況及び2022 年度を目処とした中期市場予測を行う。
※本調査におけるIT モニタリング(次世代モニタリング)とは、普及が進むIoT/クラウド関連技術を活用した遠隔監視の仕組みと規定する。
※ITモニタリングでの要素技術としては、「センサーシステム/センサーネットワーク、M2M/IoT、クラウド、ビッグデータ/解析・アナリティクス、AI」などを包含する。
調査対象分野及び調査方法:製造業:電話調査51社、建設業:電話調査21社、運輸・物流:電話調査25社、インフラ保全:電話調査79自治体、ITベンダー:直接面接調査8社(個票掲載6社)、文献調査
調査期間:2018年4月~2019年1月

調査結果サマリー
Close

国内工場・製造分野での次世代モニタリングシステム普及率を予測(2018年)
次世代モニタリングシステムの2017年度末での国内工場・製造分野の普及率は21.1%と推計
~今後の設備導入進展により、2022年度末の普及率42.1%と予測~

資料ポイント
Close

ベンダー調査と併せて、事業所向けの電話調査を併用。製造業(調査件数51社)、建設業(調査件数22社)、運輸・物流業(調査件数25社)、自治体(インフラ保全:調査件数79件)向けユーザ調査を行い、ITモニタリング市場の現況と需要見通しを明らかにした。

資料概要
Close

第Ⅰ章 遠隔監視とITモニタリング(次世代モニタリング)の概況
第Ⅱ章 事業者調査編 ~分野別の遠隔監視/ITモニタリングへの取り組み~
第Ⅲ章 遠隔監視/ITモニタリング関連製品・ソリューション一覧
第Ⅳ章 個票編

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  (1)遠隔監視とITモニタリング(次世代モニタリング)
    (図表1)本調査で対象とした設備・機器
  (2)遠隔監視からITモニタリングへの変遷について
    (図表2)遠隔監視~ITモニタリングへの変遷
  (3)ITモニタリングとデータ活用
    (図表3)ITモニタリングにおけるデータ活用見通し
2.市場規模予測
  (1)工場・製造でのITモニタリング市場規模推移(工場数ベース)
    (図表4)工場・製造向けITモニタリングシステムの普及予測(累計)
  (2)建設向けITモニタリング市場規模推移(企業数ベース)
    (図表5)建設向けITモニタリングシステムの普及予測(累計)
  (3)運輸・物流向けITモニタリング市場規模推移(企業数ベース)
    (図表6)運輸・物流向けITモニタリングシステムの普及予測(累計)
3.カテゴリー別の市場展望
  (1)保全業務で期待の大きなITモニタリング
  (2)状態基準保全(CBM)の可能性
    (図表7)工場における設備保全の変遷
  (3)ITモニタリングによるビジネスモデルの変化
    (図表8)ITモニタリングによる製造業でのビジネスモデル変化

第Ⅰ章 遠隔監視とITモニタリング(次世代モニタリング)の概況

1.遠隔監視の現状とITモニタリング
  (1)産業向け遠隔監視とは
    ・遠隔監視/ITモニタリング(次世代モニタリング)の概要
    (図表9)本調査で対象とした設備・機器
  (2)遠隔監視からITモニタリングへの変遷
    (図表10)遠隔監視業務の変化
  (3)遠隔監視/ITモニタリングの範囲
    (図表11)遠隔監視/ITモニタリングの範囲
  (4)遠隔監視とITの融合
    (図表12)ITモニタリングで期待される次世代技術
  (5)ITモニタリングとデータ活用
    (図表13)ITモニタリングでのデータ活用見通し
    ・データ活用×AI
  (6)製造業におけるITモニタリング
    (図表14)工場における設備保全の変遷
    ・製造業での保全業務とビジネスモデルの変化
    (図表15)ITモニタリングによる製造業でのビジネスモデル変化
  (7)生産機器メーカーによる遠隔監視への取り組み
    (図表16)生産機器・設備別のITモニタリングニーズの評価
  (8)センシング需要に関する考察
    (図表17)データ収集とデータの活用イメージ
  (9)フィールドワーク支援におけるITモニタリング活用
    (図表18)フィールドワーク支援ソリューションの背景
2.ITモニタリング市場
  (1)工場・製造でのITモニタリング市場規模推移(工場数ベース)
    (図表19)工場・製造向けITモニタリングシステムの普及予測(累計)
    (図表20)製造向け遠隔監視/ITモニタリング一覧
  (2)建設向けITモニタリング市場規模推移(企業数ベース)
    (図表21)建設向けITモニタリングシステムの普及予測(累計)
    (図表22)建設向け遠隔監視/ITモニタリング一覧
  (3)運輸・物流向けITモニタリング市場規模推移(企業数ベース)
    (図表23)運輸・物流向けITモニタリングシステムの普及予測(累計)
    (図表24)運輸・物流向け遠隔監視/ITモニタリング一覧
  (4)インフラ(保全)向けITモニタリング市場規模推移(自治体数ベース)
    (図表25)インフラ保全向けITモニタリングシステムの普及予測(累計)
    (図表26)インフラ保全向け遠隔監視/ITモニタリング一覧
3.事業者アンケート結果
  (1)工場・製造での遠隔監視・ITモニタリング調査
    ①対象機器・設備の導入状況
    (図表27)対象機器・設備の導入状況
    ②遠隔監視システムの導入状況および実施場所/監視者
    (図表28)遠隔監視の実施状況
    (図表29)遠隔監視の実施場所/監視者
    ③遠隔監視システムの拡大意向の有無と検討タイプ
    (図表30)遠隔監視の拡大意向
    (図表31)導入・検討タイプ
    ④ITモニタリングの活用状況
    (図表32)ITモニタリングの活用状況
    ⑤ITモニタリングを導入している生産設備・機器
    (図表33)ITモニタリングを導入している設備・機器
    ⑥ITモニタリングの実施場所
    (図表34)ITモニタリング実施場所
    ⑦モニタリングデータの蓄積・活用状況
    (図表35)データ蓄積の有無
    (図表36)データの活用状況
    ⑧データ分析内容
    (図表37)データ分析内容
    ⑨ITモニタリングの導入予定/検討対象機器
    (図表38)ITモニタリングの導入を検討している設備・機器
    ⑩ITモニタリングに対する関心
    (図表39)ITモニタリングに対する関心
  (2)建設での遠隔監視・ITモニタリング調査
    ①対象機器・設備の導入状況
    (図表40)対象機器・設備の導入状況
    ②遠隔監視システムの導入状況および実施場所/監視者
    (図表41)遠隔監視の実施状況
    (図表42)遠隔監視の実施場所/監視者
    ③遠隔監視システムの拡大意向の有無と検討タイプ
    (図表43)遠隔監視の拡大意向
    (図表44)導入・検討タイプ
    ④ITモニタリングの活用状況
    (図表45)ITモニタリングの活用状況
    ⑤ITモニタリングを導入している建設機械/重機など
    (図表46)ITモニタリングを導入している設備・機器
    ⑥ITモニタリングの実施場所
    (図表47)ITモニタリング実施場所
    ⑦モニタリングデータの蓄積・活用状況
    (図表48)データ蓄積の有無
    (図表49)データの活用状況
    ⑧データ分析内容
    (図表50)データ分析内容
    ⑨ITモニタリングの導入予定/検討対象機器
    (図表51)ITモニタリングの導入を検討している設備・機器
    ⑩ITモニタリングに対する関心
    (図表52)ITモニタリングに対する関心
  (3)運輸・物流での遠隔監視・ITモニタリング調査
    ①対象機器・設備の導入状況
    (図表53)対象機器・設備の導入状況
    ②遠隔監視システムの導入状況および実施場所/監視者
    (図表54)遠隔監視の実施状況
    (図表55)遠隔監視の実施場所/監視者
    ③遠隔監視システムの拡大意向の有無と検討タイプ
    (図表56)遠隔監視の拡大意向
    (図表57)導入・検討タイプ
    ④ITモニタリングの活用状況
    (図表58)ITモニタリングの活用状況
    ⑤ITモニタリングを導入している物流機器/関連設備など
    (図表59)ITモニタリングを導入している設備・機器
    ⑥ITモニタリングの実施場所
    (図表60)ITモニタリング実施場所
    ⑦モニタリングデータの蓄積・活用状況
    (図表61)データ蓄積の有無
    (図表62)データの活用状況
    ⑧データ分析内容
    (図表63)データ分析内容
    ⑨ITモニタリングの導入予定/検討対象機器
    (図表64)ITモニタリングの導入を検討している設備・機器
    ⑩ITモニタリングに対する関心
4.ITモニタリングの普及予測
  (1)工場・製造での普及予測
    (図表65)工場・製造での普及予測
  (2)建設(総合建設)での普及予測
    (図表66)建設での普及予測
  (3)運輸・物流(陸運業、倉庫業)での普及予測
    (図表67)運輸・物流での普及予測
  (4)インフラ保全での普及予測
    (図表68)インフラ保全での普及予測
    ・インフラ保全での課題
    ・道路インフラでのITモニタリング
    ・水関連施設・設備でのITモニタリング
5.製造現場における注目動向
  ~ODMA予兆監視モデル for 光ファイバー温度検知ソリューション~
    ◆工場でのデータ利活用ソリューション「ODMAシリーズ」
    (図表69)ODMAシリーズ一覧
    ◆ODMA予兆監視モデル for 光ファイバー温度検知ソリューションの特徴
    ◆問題点・課題
    ◆製造現場の将来像

第Ⅱ章 事業者調査編 ~分野別の遠隔監視/ITモニタリングへの取り組み~

1.工場・製造での遠隔監視/ITモニタリングを利用する設備・機器
  (1)遠隔監視の対象設備・機器
    (図表70) 遠隔監視での主な対象設備・機器
  (2)遠隔監視への取り組み
    (図表71) 遠隔監視への取り組み状況
  (3)遠隔監視の拡大意向
    (図表72) 遠隔監視の拡大意向
  (4)ITモニタリングへの取り組み①
    (図表73) ITモニタリングへの取り組み①
  (5)ITモニタリングへの取り組み②
    (図表74) ITモニタリングへの取り組み②
2.建設現場での遠隔監視/ITモニタリングを利用する設備・機器
  (1)遠隔監視の対象設備・機器
    (図表75) 遠隔監視での主な対象設備・機器
  (2)遠隔監視への取り組み
    (図表76) 遠隔監視の取り組み状況
  (3)遠隔監視の拡大意向
    (図表77) 遠隔監視の拡大意向
  (4)ITモニタリングへの取り組み①
    (図表78) ITモニタリングへの取り組み①
  (5)ITモニタリングへの取り組み②
    (図表79) ITモニタリングへの取り組み②
3.運輸・物流での遠隔監視/ITモニタリングを利用する設備・機器
  (1)遠隔監視の対象設備・機器
    (図表80) 遠隔監視での主な対象設備・機器
  (2)遠隔監視への取り組み
    (図表81) 遠隔監視の取り組み状況
  (3)遠隔監視の拡大意向
    (図表82) 遠隔監視の拡大意向
  (4)ITモニタリングへの取り組み①
    (図表83) ITモニタリングへの取り組み①
  (5)ITモニタリングへの取り組み②
    (図表84) ITモニタリングへの取り組み②

第Ⅲ章 遠隔監視/ITモニタリング関連製品・ソリューション一覧

1.ODMA予兆監視 for光ファイバー(富士通)
  (図表85) 専用センサー(耐熱性光ファイバーシート)の特長
2.コルソス CSDJシリーズ(NECプラットフォームズ)
  (図表86) コルソスCSDJの特長
  (図表87) コルソスの運用スタイル
3.MMCloud(安川情報システム)
  (図表88) MMCloudの特長
  (図表89) MMCloudのサービス内容
4.MMsmartMonitor(安川情報システム)
  (図表90) MMsmartMonitorの特長
5.MMEye(安川情報システム)
6.故障予知サービス「MMPredict」(安川情報システム)
7.Facteye(シーイーシー)
  (図表91) Facteye設備機器対応状況
8.SmartFollow(シーイーシー)
9.SmartLogger(シーイーシー)
10.RaFLOW(シーイーシー)
11.WiseImaging(シーイーシー)
12.Visual Factory(シーイーシー)
13.Industrial IoT「Sushi Sensor」(横河ソリューションサービス)
14.Industrial IoT「DUCSOnEX」(横河ソリューションサービス)
  (図表92) DUCSOnEXの特長
15.Industrial IoT「産業用IoT データロギング&ダッシュボード」(横河ソリューションサービス)
  (図表93) 産業用IoT データロギング&ダッシュボードの特長と概要
  (図表94) 産業用IoT データロギング&ダッシュボードの機能一覧
16.CareQube+(クオリカ)
  (図表95) CareQube+の特長
  (図表96) CareQube+のサービス内容
17.Super CMS-10000(JFEアドバンテック)
  (図表97) Super CMS-10000の特長
  (図表98) 主な適用設備
18.i-SENSOR2(応用地質)
  (図表99) i-SENSOR2の特長
  (図表100) i-SENSOR2 Tiltの特長
  (図表101) i-SENSOR2 Rainの特長
  (図表102) i-SENSOR2 Loggerの特長
19.電源レス映像監視システム(ブレインズ)
  (図表103) 電源レス映像監視システムの特長
  (図表104) ロケーションバッジ・タグの主な機能
20.Machine Fitness System(新川電機)
  (図表105) Machine Fitness Systemの特長
  (図表106) Machine Dossierの特長
21.ばらまき型傾斜計(オサシ・テクノス)
  (図表107) ばらまき型傾斜計の構成及び機能
22.T-MCMA(高田工業所)
  (図表108) T-MCMAの適用分野
  (図表109) T-MCMAの特長
23.CO2地上漏洩常時監視システム(中外テクノス)
  (図表110) CO2地上漏洩常時監視システムの特長
24.CMAXS e-GICSX(三井E&Sマシナリー)
  (図表111) CMAXS e-GICSXの特長
25.簡易斜面変位監視システム(リプロ)
  (図表112) 簡易斜面変位監視システムの特長
26.傾斜監視システム「OKIPPA104」(西松建設)
  (図表113) OKIPPA104の特長
27.ユビキタスウェア/バイタルセンシングバンド(富士通)
  (図表114) バイタルセンシングバンドの特長
  (図表115) バイタルセンシングバンドの仕様機能
28.ユビキタスウェア/ロケーションバッジ・タグ(富士通)
  (図表116) ロケーションバッジ・タグの特長

第Ⅳ章 個票編

<ベンダー個票>
NECプラットフォームズ株式会社
株式会社シーイーシー
TISインテックグループ
富士通株式会社
安川情報システム株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

<ユーザ個票:工場・製造>
・製造1:電子部品・回路・デバイス製造
・製造2:配合飼料製造
・製造3:自動車部分品・附属品製造
・製造4:医薬品製剤製造
・製造5:調味料製造
・製造6:乳製品製造
・製造7:発電・電動機・回転電気機械製造
・製造8:農薬製造
・製造9:プラスチック製造
・製造10:歯科材料製造
・製造11:配合飼料製造
・製造12:光電変換素子製造
・製造13:生菓子製造
・製造14:金属工作機械製造
・製造15:厨房機器製造
・製造16:舶用機関製造
・製造17:抵抗器・変成器・複合部品製造
・製造18:電子部品・回路・デバイス製造
・製造19:集積回路製造
・製造20:電気照明器具製造
・製造21:食肉・冷凍肉製造
・製造22:食用油脂加工
・製造23:金属プレス製品製造
・製造24:自動車部分品・附属品製造
・製造25:プラスチック製容器製造
・製造26:惣菜製造
・製造27:靴下製造
・製造28:水産練製品製造
・製造29:自動車部分品・附属品製造
・製造30:蒸留酒・混成酒製造
・製造31:試薬製造
・製造32:自動車部分品・附属品製造
・製造33:航空機部分品・補助装置製造
・製造34:パン製造
・製造35:清涼飲料製造
・製造36:プラスチック製容器製造
・製造37:プラスチック床材製造
・製造38:食肉加工品製造
・製造39:配合飼料製造
・製造40:農薬製造
・製造41:配合飼料製造
・製造42:金物類製造
・製造43:発電・電動機・回転電気機械製造
・製造44:無線通信機械器具製造
・製造45:医薬品製剤製造
・製造46:非鉄金属製造
・製造47:冷凍機・温湿調整装置製造
・製造48:プラスチックシート・合成皮革製造
・製造49:銑鉄鋳物製造
・製造50:畜産食料品製造
・製造51:石油精製

<ユーザ個票:建設>
・建設1:舗装工事
・建設2:建築工事
・建設3:土木工事
・建設4:一般土木建築工事
・建設5:土木工事
・建設6:一般土木建築工事
・建設7:一般土木建築工事
・建設8:一般土木建築工事
・建設9:土木工事
・建設10:舗装工事
・建設11:土木工事
・建設12:舗装工事
・建設13:建築工事
・建設14:建築工事
・建設15:一般土木建築工事
・建設16:一般土木建築工事
・建設17:一般土木建築工事
・建設18:土木工事
・建設19:一般土木建築工事
・建設20:一般土木建築工事
・建設21:一般土木建築工事
・建設22:建設工事

<ユーザ個票:物流>
・物流1:一般貨物自動車運送
・物流2:一般貨物自動車運送
・物流3:特定貨物自動車運送
・物流4:一般貨物自動車運送
・物流5:特定貨物自動車運送
・物流6:一般貨物自動車運送
・物流7:特定貨物自動車運送
・物流8:一般貨物自動車運送
・物流9:一般貨物自動車運送
・物流10:倉庫業
・物流11:一般貨物自動車運送
・物流12:一般貨物自動車運送
・物流13:一般貨物自動車運送
・物流14:集配利用運送業
・物流15:集配利用運送業
・物流16:倉庫業
・物流17:一般貨物自動車運送
・物流18:一般貨物自動車運送
・物流19:特定貨物自動車運送
・物流20:一般貨物自動車運送
・物流21:一般貨物自動車運送
・物流22:一般貨物自動車運送
・物流23:集配利用運送業
・物流24:一般貨物自動車運送
・物流25:一般貨物自動車運送

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。