注目スポーツビジネスの現状と展望 ~2020年東京五輪後のスポーツビジネス~

2020年の東京オリンピック開催決定により、注目が集まるスポーツ業界。国が2025年までに「スポーツ産業3倍計画」を掲げるなど、市場拡大への期待が高まるスポーツビジネスの未来を展望。今後成長が期待されるなど注目のスポーツビジネスを紹介、スポーツビジネスに参入済みの企業はもちろん、今後の参入を図る企業も活用できるマーケティングレポート。

発刊日
2019/07/31
体裁
A4 / 188頁
資料コード
C60124100
PDFサイズ
2.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

167,400
155,000
12,400
167,400
155,000
12,400
199,800
185,000
14,800
334,800
310,000
24,800
367,200
340,000
27,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:自治体、スポーツ施設の指定管理業者、プロスポーツチーム、イベントプロモーター、旅行事業者、フィットネス関連事業者
調査方法:各種文献分析調査を中心としながら、適宜ヒアリング調査を行った。
調査期間:2019年5月~2019年7月

資料ポイント
Close

  • 注目度高まる2020東京オリンピックだが、すでに「オリンピック後」を見据える企業も多い。本資料では、今後の拡大が期待される「スタジアム・アリーナ」、「スポーツツーリズム」、「シニア向けスポーツビジネス」という3つのスポーツビジネスに絞り、各市場の現状を踏まえて「2020年後」のビジネス像を展望
  • およそ60のスポーツコミッションについて、「コミッションとしてPRしている地域のメリット」、「コミッションの活動内容」を個表で紹介。各自治体や地域がどのようにしてスポーツを介して地域活性化を図ろうとしているのかを一目で把握可能

資料概要
Close

1.総論
2.スタジアム・アリーナ関連ビジネス
3.スポーツツーリズム
4.シニア向けスポーツビジネス
特集.eスポーツ市場
資料①.地域スポーツコミッション個表
資料②.スポーツ用品関連データ

リサーチ内容

SUMMARY

注目スポーツビジネスの現状と展望 ~調査結果のポイント~

1.総論

1-1.大規模スポーツイベント開催に向けた国内の動向
1-2.スポーツビジネスの動向
1-3.「2020後」のスポーツビジネス

2.スタジアム・アリーナ関連ビジネス

2-1.スタジアム・アリーナの現状
2-2.スタジアム・アリーナ関連ビジネスの現状
 2-2-1.プロスポーツビジネスの動向
  2-2-1-1.プロ野球
  2-2-1-2.Jリーグ
  2-2-1-3.Bリーグ
 2-2-2.ライブ・コンサート
 2-2-3.プロスポーツチームの魅力を高めるビジネス
2-3.スタジアム・アリーナにおけるICTの活用状況
2-4.スタジアム・アリーナの課題
2-5.「2020後」のスタジアム・アリーナ関連ビジネス

3.スポーツツーリズム

3-1.スポーツツーリズムの現状
3-2.注目スポーツツーリズムの動向
 3-2-1.アウトドアツーリズム
 3-2-2.武道ツーリズム
3-3.「2020後」のスポーツツーリズム

4.シニア向けスポーツビジネス

4-1.シニアのスポーツ参加動向
4-2.シニア向けスポーツビジネスの現状
 4-2-1.フィットネス
 4-2-2.ゴルフ
 4-2-3.登山・アウトドア
 4-2-4.卓球
4-3.「2020後」のシニア向けスポーツビジネス

特集.eスポーツ市場

(1)海外eスポーツ市場
(2)国内eスポーツ市場

資料①.地域スポーツコミッション個表

さっぽろグローバルスポーツコミッション
特定非営利活動法人 東北海道スポーツコミッション
旭川市スポーツ合宿誘致等推進協議会
合宿の里士別推進協議会
Nスポーツコミッション
稚内市スポーツ合宿誘致推進協議会
苫小牧市大会等誘致推進協議会
釧路町スポーツでまちを元気に推進委員会
いわてスポーツコミッション
スポーツリンク北上
はなまきスポーツコンベンションビューロー
盛岡広域スポーツコミッション
スポーツコミッションせんだい
由利本荘市スポーツ・ヘルスコミッション
ホームタウンTENDO推進協議会
スポーツによる人・まちづくり推進協議会
いわき市スポーツコミッション
前橋スポーツコミッション
矢板スポーツコミッション
一般社団法人 さいたまスポーツコミッション
きさらづスポーツコミッション
特定非営利活動法人 成田臨空スポーツ文化推進ネットワーク
特定非営利活動法人 銚子スポーツコミュニティー
一般社団法人 おおたスポーツコミッション
新潟市文化・スポーツコミッション
十日町市スポーツコミッション
一般財団法人 佐渡市スポーツ協会
金沢文化スポーツコミッション
長野県スポーツコミッション
一般社団法人 菅平高原観光協会
特定非営利活動法人 スポーツコミュニティー軽井沢クラブ
長野市市役所文化スポーツ振興部スポーツ課・スポーツコミッション推進室
一般社団法人 松本観光コンベンション協会
静岡県東部地域スポーツ産業振興協議会
静岡県中部地域スポーツ産業振興協議会
静岡県西部地域スポーツ産業振興協議会
特定非営利活動法人 掛川市体育協会
特定非営利活動法人 ふじさんスポーツコミッション協会
一般社団法人 富士山観光交流ビューロー
三島市スポーツ・文化コミッション
御前崎スポーツ振興プロジェクト
あいちスポーツコミッション
ホームチームサポーター事業実行委員会
いぬやまスポーツコミッション
いなべ市サイクルツーリズム
熊野マリンスポーツ推進委員会
一般社団法人 志摩スポーツコミッション
スポーツコミッション関西
京丹波町ホストタウン推進協議会
舞洲スポーツ振興事業推進協議会
ひめじスポーツコミッション
南紀エリアスポーツ合宿誘致推進協議会
一般社団法人 どんぐり財団
しまなみ海道自転車道利用促進協議会
下関市観光交流部スポーツ振興課スポーツコミッション推進係
九州スポーツツーリズム推進協議会
長崎県スポーツコミッション
南関町スポーツコミッション
スポーツランドみやざき推進協議会
かのやスポーツコミッション
スポーツコミッション沖縄

資料②.スポーツ用品関連データ

スポーツ用品国内出荷市場規模推移
スポーツ用品国内小売市場規模推移
スポーツ用品国内出荷市場規模カテゴリー別推移
スポーツ用品国内小売市場規模カテゴリー別推移
スポーツ用品国内出荷市場規模カテゴリー別構成
スポーツ用品国内小売市場規模カテゴリー別構成
スポーツ用品別国内出荷指数推移
2018年スポーツ用品 カテゴリー別出荷概況

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

167,400
155,000
12,400
167,400
155,000
12,400
199,800
185,000
14,800
334,800
310,000
24,800
367,200
340,000
27,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。