2019年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望

日本、米国、欧州、中国におけるxEV関連政策及び環境規制を徹底調査し、主要自動車メーカー17社と主要車載用リチウムイオン電池(以下、LiB)メーカー15社の最新動向を調査することで、車載用LiB市場の現状と将来展望を把握することを目的とする。

発刊日
2019/08/30
体裁
A4 / 412頁
資料コード
C61103600
PDFサイズ
44.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:日本、米国、欧州、中国におけるxEV関連政策及び環境規制を徹底調査し、主要自動車メーカー17社と主要車載用リチウムイオン電池(以下、LiB)メーカー15社の最新動向を調査することで、車載用LiB市場の現状と将来展望を把握することを目的とする。
調査対象:自動車メーカー:日系メーカー(4社)、欧州メーカー(5社)、米国メーカー(4社)、韓国メーカー(1社)、中国メーカー(3社)/車載用LiBメーカー:日系メーカー(5社)、韓国メーカー(3社)、中国メーカー(7社)
調査方法:直接面談取材をベースに、文献調査を併用
調査期間:2019年4月~2019年8月

資料ポイント
Close

  • 政策ニーズと消費者ニーズは平行線
    「身の丈に合う」電動化推進も1つの解に
  • 車載用電池市場は2020年に200GWh超えへ
  • 先走りする環境規制、自動車メーカーの電動化シフトは鮮明
    相次ぐ計画の前倒しや上方修正
  • LiBトップ3の寡占変わらず。生き残りをかけた二番手争い
    「囲い込み」or「オープンソース」、電動化の注力度によって異なるOEMの調達戦略
  • 中長期では課題のままのコスト、インフラ。誰が被るコスト負担?
    未だ暗中模索、許容可能なxEVの有り様
  • LiB開発は高容量化指向の中、電池・部材の実需では変化の兆しも
    時期尚早のハイニッケル、復活するLFP!?

資料概要
Close

第1章 車載用リチウムイオン電池市場の展望
第2章 xEV市場の現状と将来展望
第3章 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望
第4章 主要自動車メーカーの動向と戦略
第5章 主要車載用リチウムイオン電池メーカーの動向と戦略

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 車載用リチウムイオン電池市場の展望

車載用リチウムイオン電池市場の展望
 「政策ベース予測」と「市場ベース予測」の乖離は埋まらず
 二つの現実
 現行LiB/EVの適材適所
 CASE/MaaSにおけるEVのビジネスモデルとは
 多次元で業界を展望し、真に必要な電池とは何かを模索すべき

第2章 xEV市場の現状と将来展望

1.地域別xEV関連政策動向
 2021年・2030年さらに厳格化する環境規制
 規制対応で広がる電動化の波
 (表)各国の自動車燃費規制(km/L換算)
 (図)各国の燃費規制値(乗用車)推移
 (表)内燃機関車禁止に巡る各国の最新動向
 (図)主要な国・地域におけるxEV目標台数と関連施策の状況

1‐1.欧州
 ①環境規制動向
 (表)欧州の燃費規制の概要
 (表)乗用車における欧州の排出ガス規制の概要(標準試験モード適用時)
 (表)欧州主要国の車体課税におけるCO2排出基準
 ②次世代車に対する優遇政策
 (表)欧州主要国におけるEV普及政策概要
1‐2.中国
 ①環境規制動向
 (表)中国の乗用車に対する第4段階燃費規制及び企業平均燃費目標値(L/100km)
 (表)中国の燃費規制の概要
 (表)ガソリン・ディーゼル車における中国の排出ガス規制の概要
 ②次世代車に対する優遇政策
 (表)中国のNEV規制の概要
 (表)「中国製造2025」における省エネ車の発展方針と重点策
1‐3.日本
 ①環境規制動向
 (表)日本の燃費規制の概要
 (表)新たな燃費基準の概要
 (表)日本の排出ガス規制値(JC08モードとWLTPモードの比較)
 (表)排出ガス規制に基づく車種・運行規制
 ②次世代車に対する優遇政策
 (表)2020~2030年の乗用車車種別普及目標(政府目標)
 (図)EV・PHEV購入・保有への支援策
1‐4.米国
 ①環境規制動向
 (表)米国のCO2排出基準及び同基準に相当する燃費基準
 ②環境規制動向:カリフォルニア州
 (表)ガソリン・ディーゼル車における米国の排出ガス規制の概要
 (表)LEVⅢとTier3規制の概要
 (表)2018年開始のZEV定義と規制対象の自動車メーカー一覧
 (表)LVMおよびIVMに要求されるZEVクレジット
 ③次世代車に対する優遇政策
 (表)2025年目標達成に向けた具体的処置
1‐5.インド
 ①環境規制動向
 (表)インドの環境規制概要
 ②次世代車に対する優遇政策
 (表)FAME-Indiaの概要
1‐6.その他地域
 ①ASEAN
 (表)ASEAN諸国の環境規制の状況とxEV普及施策
 ②ブラジル
 (表)ブラジルのxEV優遇政策
 (表)ブラジルの環境規制の概要

2.地域別xEV関連LiB研究・開発、政策動向
 次世代自動車の本格普及に向けて更に重要度増すLiB

2‐1.欧州
 (図)EUの道路運送の電動化に関するロードマップ
 (表)EUの道路運送の電動化に関するロードマップのマイルストーン
 (表)Horizon2020における主要車載用電池関連研究・革新プロジェクト
  EIB、Northvoltへの融資を実行
  欧州域内でのサプライチェーンの強化と電池産業育成に注力
2‐2.中国
  生産大国から技術強国へ、LiBの研究開発プロジェクトに次々と着手
 (表)国家重点研究開発計画における車載用二次電池関連研究開発プログラム一覧
 (表)自動車用動力バッテリー産業の発展を促進する行動方案
  2019年、新エネルギー車への補助基準がより厳格化
 (表)新エネルギー車の乗用車に関する補助基準(2019年3月時点)
 (表)中国における車載用LiB研究開発ロードマップ
  動力蓄電池のリサイクル・リユースに対する管理強化や責任明確化への取り組みが進展
2‐3.日本
  2050年までの長期ゴールに向けた基本方針と具体的なアクション・プランを実行
 (表)長期ゴールに向けた主なアクション(電池関連)
 (表)NEDO の蓄電池関連研究開発事業
2‐4.米国
  VTO、ARPA-E、JCESR、EFRC、科学局等で様々なプロジェクトが実施中
  新たにLiBリサイクルの R&D センター新設に向けた投資を発表
 (図)EV Everywhere の 2022年までの電池性能及びコスト目標
 (表)米国における革新型蓄電池の開発状況

3.世界xEV市場動向

3‐1.世界自動車市場動向
  自動車の電動化シフトがより鮮明に
 (表)地域別自動車生産台数推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)地域別自動車生産台数推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)地域別自動車生産台数推移 構成比(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図表)世界自動車生産台数(ICE)及び xEV 生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
3‐2.世界 xEV 市場を取り巻く環境
  主要先進国に加え、インドや ASEAN 等 xEV 普及に向けた支援策の整備が進む
 (表)世界各国の電動車普及計画
  内燃機関車の販売禁止、拡大傾向に
 (表)各国の ICE 販売禁止の発表・宣言状況(2019年7月時)
  自動車メーカーの電動化計画の前倒しや上方修正が相次ぐ
 (表)主要自動車メーカーの電動化計画
  充電インフラの普及が急務
  充電インフラ整備の拡充に向けた各国の取り組みが進展
 (表)各国の公共充電インフラ普及状況(2018年)
 (表)新エネルギー自動車の充電保障能力の向上に関する行動計画
  急速充電の国際標準を目標に日本 CHAdeMO と中国が連携
  2020年の製品化を目指し、高出力充電の統一規格の共同開発を推進
 (表)主要国における様々な充電規格
  駆動用バッテリーの更なるコストダウンには、原材料の懸念払拭が不可欠
 (表)主要電池メーカー及び自動車メーカーの原材料に関する取組み状況
3‐3.世界 xEV 市場動向
  xEV市場規模は「政策ベース予測」、「市場ベース予測」の2種を算出
 (表)xEV 市場規模の算出方法
 (表)乗用 EV の塔載電池容量区分(電池パック基準)
  各国の普及政策と新モデル投入により 2018年世界 xEV 生産台数は 500 万台後半へ
 (表)市場ベース予測:世界 xEV タイプ別生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
  市場ベース予測:2030年世界 xEV 生産台数における乗用 EV の構成比は 40.8%まで上昇
 (図)市場ベース予測: HEV 生産台数推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:PHEV 生産台数推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030 )
 (図)市場ベース予測:EV 生産台数推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:商用 xEV生産台数推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)政策ベース予測:世界 xEV タイプ別生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
  政策ベース予測:2030年、世界 xEV 生産台数における乗用 EV・PHEV の比率は70%以上へ
 (図)政策ベース予測:HEV 生産台数推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:PHEV 生産台数推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:EV 生産台数推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:商用 xEV生産台数推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
3‐4.地域別 xEV 市場動向(欧・米・日・中)
  規制強化と OEM 各社の電動化戦略が相まって全地域の xEV 生産が拡大へ
 (表)市場ベース予測:地域別 xEV 生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:地域別 xEV 生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:地域別 xEV 生産台数推移 構成比
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)市場ベース予測:欧州地域における xEV タイプ別生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)市場ベース予測:北米における xEV タイプ別生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)市場ベース予測:日本における xEV タイプ別生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)市場ベース予測:中国における xEV タイプ別生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
  市場ベース予測:2030年、地域別に主力 xEV が鮮明に
 (図)市場ベース予測:欧州地域における xEV タイプ別生産台数予測(CY2030)
 (図)欧州における乗用 xEV タイプ別生産台数シェア
 (CY2020、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:北米における xEV タイプ別生産台数予測(CY2030)
 (図)北米における乗用 xEV タイプ別生産台数シェア
 (CY2020、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:日本における xEV タイプ別生産台数予測(CY2030)
 (図)日本における乗用 xEV タイプ別生産台数シェア
 (CY2020、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:中国における xEV タイプ別生産台数予測(CY2030)
 (図)中国における乗用 xEV タイプ別生産台数シェア
 (CY2020、CY2025、CY2030)
 (表)政策ベース予測:地域別 xEV 生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:地域別 xEV 生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:地域別 xEV 生産台数推移 構成比
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)政策ベース予測:欧州地域における xEV タイプ別生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)政策ベース予測:北米における xEV タイプ別生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)政策ベース予測:日本における xEV タイプ別生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)政策ベース予測:中国における xEV タイプ別生産台数推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
  政策ベース予測:2030年、全地域においてEVシフトが加速
 (図)政策ベース予測:欧州地域における xEV タイプ別生産台数予測(CY2030)
 (図)政策ベース予測:北米における xEV タイプ別生産台数予測(CY2030)
 (図)政策ベース予測:日本における xEV タイプ別生産台数予測(CY2030)
 (図)政策ベース予測:中国における xEV タイプ別生産台数予測(CY2030)

第3章 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望

1.世界車載用電池市場動向

1‐1.車載用電池市場動向
 2018年の車載用電池市場は前年比 190.4%の 100GWh 超えへ
 (図)中国における xEV 生産台数推移比較
 (現実予測:2018年版・市場ベース予測:2019年版、CY2015~CY2020、CY2020)
 (表)欧州地域における xEV 生産台数推移比較
 (現実予測:2018年版・市場ベース予測:2019年版、CY2015~CY2020、CY2020)
 (表)世界 xEV 生産台数推移比較
 (現実予測:2018年版・市場ベース予測:2019年版、CY2015~CY2020、CY2020)
 トヨタの HEV 好調や海外生産等に伴い車載用 Ni-MH 市場は微成長ながら拡大続く
 (表)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移 構成比
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移
 (金額:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移
 (金額:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移 構成比
 (金額:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
1‐2.xEVタイプ別車載用LiB市場動向
 2019年、環境規制対応に向け HEV・PHEV・EV 用LiB市場は前年に続き大幅拡大へ
 (表)市場ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移 構成比
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)市場ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移
 (金額:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移
 (金額:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移 構成比
 (金額:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 市場ベース予測:自動車の電動化進展に伴い、xEV 用LiB需要が拡大傾向に
 (図)市場ベース予測:HEV 用LiB市場規模推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:PHEV 用LiB市場規模推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:EV 用LiB市場規模推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:商用 xEV 用LiB市場規模推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)政策ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移 構成比
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)政策ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移
 (金額:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移
 (金額:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:xEV タイプ別世界車載用LiB市場規模推移 構成比
 (金額:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 政策ベース予測:高容量セル化技術、電池の低コスト化、安全性確保等が需要拡大の必須条件に
 (図)政策ベース予測:HEV 用LiB市場規模推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:PHEV 用LiB市場規模推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:EV 用LiB市場規模推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:商用 xEV 用LiB市場規模推移
 (CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
1‐3.地域別車載用電池(LiB・Ni-MH)市場動向(欧・米・日・中・その他)
 市場ベース予測:2030年、欧州地域と中国が車載用電池市場を牽引
 (図)市場ベース予測:車載用電池(LiB・Ni-MH)市場の地域別構成比
 (CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:欧州地域における xEV タイプ別車載用電池の市場構成比
 (CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:北米における xEV タイプ別車載用電池の市場構成比
 (CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:日本における xEV タイプ別車載用電池の市場構成比
 (CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:中国における xEV タイプ別車載用電池の市場構成比
 (CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:その他地域における xEV タイプ別車載用電池の市場構成比
 (CY2025、CY2030)
 (表)市場ベース予測:地域別 xEV タイプ別車載用電池(LiB・Ni-MH)の
 市場規模推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 政策ベース予測:2030年、中国・欧州に加え、その他地域構成比が 15.9%と上昇へ
 (図)政策ベース予測:車載用電池(LiB・Ni-MH)市場の地域別構成比
 (CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:欧州地域における xEV タイプ別車載用電池の市場構成比
 (CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:北米における xEV タイプ別車載用電池の市場構成比
 (CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:日本における xEV タイプ別車載用電池の市場構成比
 (CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:中国における xEV タイプ別車載用電池の市場構成比
 (CY2025、CY2030)
 (図)政策ベース予測:その他地域における xEV タイプ別車載用電池の市場構成比
 (CY2025、CY2030)
 (表)政策ベース予測:地域別 xEV タイプ別車載用電池(LiB・Ni-MH)の
 市場規模推移(CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
1‐4.電池形状別車載用LiB市場動向
 欧州系 OEM の大型EVプロジェクトにラミネート形セルの採用が開始予定
 乗用、商用 PHEV・EV向けには角形セルが堅調な需要で拡大続く
 (表)主要自動車メーカー別リチウムイオン電池調達状況(電池形状別)
 (表)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別(円筒形・角形・ラミネート形)
 市場規模推移(容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移 構成比
 (容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (表)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
 (円筒形、容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
 (円筒形、容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移 構成比
 (円筒形、容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 セル1本当たりの高容量化を実現した 21700 セルの採用が進む
 (表)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
 (角形、容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
 (角形、容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移 構成比
 (角形、容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 角形セルは全 xEV 向けに採用が拡大傾向に
 (表)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
 (ラミネート形、容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
 (ラミネート形、容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移 構成比
 (ラミネート形、容量:CY2015~CY2022、CY2025、CY2030)
 高容量 PHEV・EV 向けにラミネート形セルが採用
1‐5.世界車載用LiB市場メーカーシェア動向
 CATL がトップシェアを維持
 大手自動車メーカーの受注獲得有無によってLiBメーカーの明暗が分かれる
 (表)世界車載用LiB市場メーカーシェア推移(CY2016~CY2018)
 (図)世界車載用LiB市場メーカーシェア(CY2018)
 中国系セルメーカーは商用車メインから乗用 EV・PHEV へのシフトが進展
 補助金制度の廃止に備え、技術向上と生産体制の拡充と共に収益拡大を狙う
 日系セルメーカー、エンジン始動用や HEV 向け等独自性の強い分野での展開を強化
 OEM・セルメーカー共に、次なる一手を推進

2.サプライチェーン動向
 「囲い込み」か「オープンソース」か、
 各OEMの電動化への注力度によって異なる調達戦略
 (表)自動車メーカーの xEV タイプ別リチウムイオン電池調達状況
 (表)自動車メーカーのリチウムイオン電池調達状況(2019年7月時点)
 中国や欧州等重点市場において、一斉に能力増強を進めるLiBメーカー
 アジア勢に対抗すべく、Made by EU によるEV用電池の現地生産体制確立の動きも
 (表)中国における世界主要LiBメーカーの生産拠点・生産能力推移
 (表)米国における世界主要LiBメーカーの生産拠点・生産能力推移
 (表)韓国における世界主要LiBメーカーの生産拠点・生産能力推移
 (表)日本における世界主要LiBメーカーの生産拠点・生産能力推移
 (表)欧州における世界主要LiBメーカーの生産拠点・生産能力推移

3.電池部材動向
 足元は上市車種・セル開発共に高容量化ベクトル
 (表)主要LiBメーカーLiBセルタイプ、正極材・負極材 採用動向
 正極材:ハイニッケル志向変わらずも、中国ではLFP見直しの兆し
 負極材:コスト上昇の懸念は解消へ、人造黒鉛の使用比率上昇の向き
 セパレーター:湿式シフトに伴いコーティングセパレーター増加傾向
 電解液:注目の高機能添加剤は依然ニワトリたまご状態

4.リユース・リサイクル動向
 動力、定置用途でのリユース事業が一部でスタート
 先行する印象の中国も、車載用LiBリサイクルの本格立ち上がりはもうしばらく先

第4章 主要自動車メーカーの動向と戦略

トヨタ自動車株式会社
 HVを主軸にPHV、EV、FCVの全方位展開を推進
 2020年、中国を皮切りにEVの発売開始
 HV 関連技術特許の無償提供で電動車全体の競争力向上と HV の市場拡大を狙う
 (表)トヨタ自動車の xEV ラインナップ
 電動化計画を 5年前倒し、2025年の実現を目指す
 CATL、BYD、東芝、GS ユアサ、豊田自動織機等車載用電池の調達先拡充に注力
 次期 FCV では製造コストの現行半分以下、更なる販売拡大を目指す
 2019年に「Levin PHV」と「Corolla PHV」の中国現地生産を開始
 中国拠点の PHV・EV 生産体制の整備を急ぐ
 パナソニックと角形電池事業の新会社を設立
 大容量電池の安定調達と全固体電池等次世代電池の研究開発に注力

本田技研工業株式会社
 HEV 拡大戦略で燃費規制に対応、
 法規やインフラの整備状況に応じた PHEV・EV・FCV の展開に注力
 部品やプラットフォーム共有化の「ホンダアーキテクチャ」を導入
 四輪車事業の体質強化と HEV 中心とした電動化を推進
 (表)本田技研工業の xEV ラインナップ
 EV 専用モデル「Honda e」の予約開始、2025年までに欧州の販売車全てを電動化へ
 中国は 20 車種の以上電動車モデルを投入
 充電サービスの向上や V2G 展開を目指し、
 欧州エネルギー関連スタートアップ 2 社に資本参加
 中国市場向けEVやPHEVモデルは現地LiBセルの採用を検討
 中国・CATL と高容量電池の共同開発を推進

日産自動車株式会社
 EV に加え、独自の「e-POWER」搭載モデルの世界展開を強化
 「e-POWER」搭載車のラインナップ拡充へ
 (表)日産自動車の xEV ラインナップ
 2022年までに中国でEVやe-POWER搭載車等の電動車20車種以上を投入
 アジア・オセアニア地域での新車販売の4分の1を電動化計画
 バッテリー事業をエンビジョングループに譲渡
 調達先の多角化により、車載用電池のコストダウンと価格競争力強化を目指す
 使用済みEV用電池のリユースやEVの新たな二次利用を促す取組みでEV普及を後押し

三菱自動車工業株式会社
 3 社アライアンスによる電動化戦略を本格化
 2018年8月にEV航続距離を伸ばした新型「Outlander PHEV」を発売
 ルノー・日産・三菱の 3 社連合による電動化・自動運転・コネクティビティ等の開発を強化
 (表)三菱自動車の xEV ラインナップ
 2019年3月に NMKV による M-HEV タイプ「eK ワゴン」・「eK クロス」を発売
 主力地域、注力地域、回復地域の 3 つに分類し販売強化を推進
 2021年にタイで PHEV の生産開始を予定
 オランダで V2B 技術の実証を開始
 車載用電池は 3 社による共通化・共同調達を推進

Volkswagen AG
 2028年までに 50 車種のEV販売計画を70車種まで上方修正
 電動化戦略「e-モビリティ」をより加速
 2020年より「MEB」搭載の「I.D.Series」が順次発売へ
 EV のコスト低減を目指し「MEB」の外販にも注力
 (表)Volkswagen AG の xEV ラインナップ
 エンジンの高効率化や CO2 排出量の大幅削減等、内燃機関車への開発投資も続行
 全世界EV生産台数2,200万台の半分以上の1,160万台を中国で生産
 Northvolt と欧州電池連合を設立、欧州での生産体制構築でLiBセルの安定調達化を図る
 欧州電池連合で材料等を含めバッテリーの開発・生産、リサイクルまで取り組む

BMW AG
 電動車投入計画を 2年前倒し、2023年までに EV・PHEV 合わせて 25 車種発売
 2109年内に「MINI EV」を発売する予定
 2021年までに新型EVの5車種を投入
 (表)BMWの xEV ラインナップ
 ダイムラーとモビリティ事業を統合した新会社設立に合意
 「MINI EV」の現地生産に向けて、中国合弁会社の光束汽車を設立
 BMW Brilliance では出資比率を引き上げ、中国市場への展開を一層強化
 「i3」向けに 120Ah セルの新型バッテリーを搭載、パック容量は 42.2kWh へと増加
 中国に加え、タイにも PHEV 向けバック工場の建設を予定
 Northvolt、Umicore と協力しEV向けLiBの完全持続可能なバリューチェーンの確立に注力

Daimler AG
 EV 投入計画を 3年前倒し、2022年までにEV生産比率を 15~25%引き上げへ
 2019年にEV専用ブランド「EQ」シリーズの第 1 弾として「EQC」が発売
 2022年までに「EQ」ブランドのEVやPHEV、48V の M-HEV で
 計 130 車種をラインナップ
 (表)Daimler AG の xEVラインナップ
 中国向けに「EQC」の現地生産を検討
 NEV 規制に対応しEVを軸足にした展開を推進
 全車両の電動化計画に合わせて世界的なバッテリー生産拠点の構築に注力

Groupe Renault
 アライアンスによる部品標準化・共通化と共に、電動化を推進
 新車向けにEVやPHEVモデル等次々と電動車両を開発
 (表)Renault の xEV ラインナップ
 eGT でルノー初の中国現地モデル「City K-ZE」が生産開始予定
 2019年4月に自動運転やEV開発のための「アライアンス研究開発センター(上海)」を新設

Groupe PSA
 2019年から新車の全車種に電動仕様設定へ
 2025年までに全てのモデルを電動化
 電動パワートレイン車向けは専用プラットフォーム「eCMP」を採用
 (表)Groupe PSA の xEV ラインナップ
 2019年1月にパワートレインセンターを開設、
 Nidec-PSA emotors と協力し電動化を推進
 2019年に「Peugeot 208」と Opel「Corsa」EV を中国で投入予定

General Motors Company
 電動車向けの開発強化と共に、注力市場での電動化シフトをより加速
 EV 専用プラットフォーム「BEV3」を採用した Cadillac の新型EVを開発中
 (表)GM の xEV ラインナップ
 2019年内に「Velite 6」の EV、PHEV モデルが発売予定
 LG 化学と共同で車載用バッテリーのエネ密度の向上と低コスト化に注力

Ford Motor Company
 2020年に M-HEV・HEV・PHEV・EV の数多くの新型車を投入
 全方位で電動車ラインナップの拡充を推進
 (表)Ford の xEV ラインナップ
 中国・欧州市場での電動車の開発・生産・販売を強化
 米 Solid Power と共同で全固体電池の開発に注力

Fiat Chrysler Automobiles N.V.
 電動化に向けて専用プラットフォームの開発や生産体制強化を急ぐ
 2022年までに EV10 車種、PHEV25 車種を投入
 Jeep、Alfa Romeo、Maserati、Fiat 等の電動車ラインナップ強化へ
 (表)Fiat Chrysler Automobiles の xEV ラインナップ

Tesla , Inc.
 上海工場建設に着手、現地生産による中国のEVニーズの取り込み強化
 「Model 3」の生産が本軌道に乗り、EV 市場で圧倒的な首位に
 2019年夏に電動ピックアップトラックのデザインを初公開する予定
 (表)Tesla の xEV ラインナップ
 2019年1月に上海 Gigafactory の起工式を実施
 2019年4月に米国において V3 スーパーチャージングサービスを開始
 Gigafactory1 の追加投資を凍結
 EV 向けバッテリーの低コスト化推進のため、米・マクスウェル・テクノロジーズを買収

現代自動車グループ(Hyundai Motor Group)
 2025年までに44車種のエコカーモデルを発売、
 将来の成長に向けた先行投資で電動化シフトへの足場固めを推進
 2025年までにEV新車投入を14車種から23車種まで大幅引き上げ
 EV 専用プラットフォームや新車開発に 3 兆 3,000 億ウォンを投じる
 (表)現代自動車グループの xEV ラインナップ
 HEV、PHEV、EV、FCV を全方位で展開
 EV 専用プラットフォーム「E-GMP」を適用した量産車の開発を推進
 LiB のモジュール化とセルの生産技術の確保に注力
 使用済みLiBを用いた ESS 実証事業を実施中
 現地合弁会社を通じた中国での xEV の開発・販売を加速
 インドは 2020年までにEVを含む9車種の新車を導入する計画
 現代自動車の電動化戦略に合わせて HL がバッテリーバック生産能力を増強

北京汽車集団有限公司(BAIC Motor Corporation., Ltd.)
 2025年の中国国内での ICE 生産・販売の全面停止に向け NEV 車へのシフト加速
 「リーディング 2025 戦略」の実現に向けて、BAIC BJEV の生産能力を増強中
 (表)北京新能源汽車(BAIC BJEV)の xEV ラインナップ
 (表)BAIC BJEV の生産拠点概要
 EV に加え、FCV の早期実用化に向けた研究開発に注力
 EV を活用したシェアリングビジネスで新たなニーズ掘り起こしへ
 航続距離の延伸と補助金受領に有利なNCMセルへの切り替えが進展
 2020年初頭よりEV用バッテリー生産工場(BEST)が量産開始の予定

上海汽車集団股份有限公司(SAIC Motor Corporation Limited)
 Roewe、MG 等の自主ブランドの電動化に注力
 2025年までに自主ブランド生産台数の 3 割を PHEV・EV 化する計画
 (表)上海汽車の xEV ラインナップ
 タイとインドは現地工場を活用し、電動車の現地生産も視野に入れ検討
 カーシェアリング等EVの B to B ビジネス構築にも注力
 2019年の新車向けにCATLとの合弁会社のLiBが搭載される見通し

吉利汽車/Volvo(Geely Auto Group)
 新エネルギー車の生産拡大に向け、車載用電池の SCM 構築に注力
 2021年までに30モデル前後の新エネルギー車を投入
 自主ブランド以外に、領克(LYNK & CO)、知豆(Zhindou)、康迪(KANDI)の展開を加速
 (表)吉利汽車の xEV ラインナップ
 2018年にLiB電池子会社とリサイクル合弁会社を設立
 CATL に加え、2019年6月に LG 化学と車載用電池の合弁会社設立に合意

第5章 主要車載用リチウムイオン電池メーカーの動向と戦略

パナソニック株式会社
 オペレーション力の強化による円筒形セルの生産性向上と共に、
 トヨタとの新会社設立で角形車載電池事業の競争力強化に注力
 Tesla「Model 3」の本格生産開始により、2018年の車載用LiB出荷量は大幅増へ
 (表)パナソニック 車載用LiB主要受注プロジェクト一覧
 (表)パナソニック 車載用LiB出荷量推移
 2019年に姫路工場で車載用角形セルの生産を開始
 大連、蘇州、無錫工場で車載用LiBを生産、中国での車載電池事業を強化
 (表)パナソニック 車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 2019年5月に従来品比 2~3 割容量を向上した車載用角形セルを開発

株式会社GSユアサ(株式会社リチウムエナジージャパン/株式会社ブルーエナジー)
 車載用LiB事業の成長ドライバーとして HEV 用や 12VLiBの展開を強化
 HEV やエンジン始動用LiBの設備増強や全固体電池等の研究開発に 800 億円超を投資
 (表)GSユアサ車載用LiB出荷量推移
 (表)GSユアサ車載用LiB主要受注プロジェクト一覧
 2016年度~2018年度にかけて車載用LiB事業は 3 期連続の黒字を計上
 ハンガリーに自動車始動用(12V)LiB の組立工場を建設中
 今後3年間で車載用LiBの増産及び研究開発に 800 億円超を投じる予定
 (表)GSユアサ車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 次世代LiBやポストLiBの早期実用化に向けた研究開発を加速

株式会社東芝
 東芝グループの新規成長事業として SCiBTM の開発・展開をより加速
 日産自動車、三菱自動車、マツダのマイルド HEV モデル向けに SCiBTM が採用
 (表)東芝 車載用LiB出荷量推移
 (表)東芝 車載用LiB主要受注プロジェクト一覧
 (表)東芝 二次電池(SCiB)製品ラインナップ
 2020年10月の稼働開始を目指し、横浜事業所にLiBの新工場を建設
 スズキとデンソーとのインド合弁工場も 2020年より生産開始の予定
 (表)東芝 車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 チタンニオブ系酸化物(NTO)を用いた負極材の開発を推進

ビークルエナジージャパン株式会社
 HEV 向けLiB電池における確固たるポジション確立に注力
 2019年3月29日よりビークルエナジージャパンとして再スタート
 (表)ビークルエナジージャパン 車載用LiB出荷量推移
 (表)ビークルエナジージャパン 車載用LiB主要受注プロジェクト一覧
 2020年4月稼働を目標に京都新工場を建設中
 (表)ビークルエナジージャパン 車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 出力特性を維持しつつコバルト使用比率を削減したNCMの開発に注力
 (表)ビークルエナジージャパン 車載用LiB製品ラインナップ

プライムアースEVエナジー株式会社
 トヨタ自動車の電動化戦略に足並みを揃えて設備増強を推進
 トヨタの HEV の販売拡大を受け、車載用LiBの出荷量も拡大傾向に
 (表)PEVE 車載用LiB出荷量推移
 (表)PEVE 車載用LiB主要受注プロジェクト一覧
 2021年に国内拠点のLiB年間生産能力は合計で 110 万台分まで拡大する見込み
 2020年に中国工場の Ni-MH 生産能力は 21 万台分まで上昇へ
 (表)PEVE 車載用LiB生産拠点・生産能力推移

株式会社LG化学(LG Chem, Ltd.)
 欧州系 OEM 向けの受注拡大を受け、ヴロツワフ工場の能力増強を実施
 車載用電池のメインサプライヤーとして地位確立に注力
 (表)LG 化学 車載用LiB主要受注プロジェクト一覧
 (表)LG 化学 車載用LiB出荷量推移
 2020年末に年間生産能力を 100GWh まで引き上げる計画
 2020年、ヴロツワフ工場の生産能力が全体能力のうち 50~60%を占める見込み
 (表)LG 化学 車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 2020年に NCM7:2:1、2021年に NCM8:1:1 を順次量産する計画

サムスンSDI株式会社(SamsungSDICo., Ltd.)
 利益重視と共に、EV・PHEV 向け等成長分野への事業拡大を図る
 収益性を最優先した受注活動を推進
 (表)サムスンSDI車載用LiB出荷量推移
 (表)サムスンSDI車載用LiB主要受注プロジェクト一覧
 EVやPHEV向けをターゲットに高容量セルの展開を強化
 中国・西安工場、ハンガリー・Goed工場の能力増強を検討中
 電池パックシステム事業強化のため、米デトロイト工場を増強
 (表)サムスンSDI車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 NCM5:2:3 と NCM6:2:2 単独への切り替えを進める
 車載用に 21700 セル等の円筒形セルの拡販にも注力

SKイノベーション株式会社(SK Innovation Co., Ltd.)
 韓国・ハンガリー・中国・米国の世界4極体制構築に向け積極投資を実行
 素材事業強化のため、LiBS(セパレーター)とFCW事業を分社化
 欧州 OEM 向けLiBセルの供給開始に伴い、2019年の出荷量は 4GWh を見込む
 (表)SK イノベーション 車載用LiB出荷量推移
 (表)SK イノベーション 車載用LiB主要受注プロジェクト一覧
 2019年11月にハンガリー・コマローム工場が稼働開始の予定
 2020年初頭に中国・常州工場が 2022年1Q に米国・ジョージア工場が順次稼働開始
 (表)SK イノベーション 車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 NCM8:1:1 単独セルの開発に注力
 2021年~2022年にニッケル 90%以上のハイニッケルNCMセルの量産を目指す

寧徳時代新能源科技股份有限公司(Contemporary Amperex Technology Ltd.)
 トップポジションを維持しつつ、業界内での更なるプレゼンス強化を図る
 中国系に加え、外資系OEMから引き合いが増加中
 (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiB出荷量推移
 (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiB主要顧客先一覧
 (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiBの受注及び引き合い状況(外資系OEMのみ)
 調達コストの削減、技術力、製造力等でLiBのトータルコストダウンによる利益確保に注力
 2019年の年間生産能力は 60GWh になる見込み
 欧州市場の需要拡大とグローバル展開加速のため、ドイツ工場の投資拡大を実施
 (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 2019年6月より NCM8:1:1 を用いた角形LiBの供給を開始
 2019年末量産を目標に NCM8:1:1 に Si 系負極材を用いた第2世代セルの開発が進展

比亜迪股份有限公司(BYD Company Limited)
 車載LiB外販の戦略転換で、電池事業の更なる成長と収益確保を狙う
 2019年内に電池事業を分社化し、新会社設立へ
 新車販売効果とEVバスの海外展開等に伴い 2019年の車載LiB出荷量は 14.9GWh 見込
 (表)比亜迪 車載用LiB出荷量推移
 (表)比亜迪のLiB採用 xEV ラインナップ
 2020年に重慶工場に加え長沙工場、貴州工場が稼働開始の予定
 車載用LiBの年間生産能力は合計で 100GWh 規模を目指す
 (表)比亜迪 車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 乗用車向けに単独 NCM6:2:2 セルを主体に使用
 NCM8:1:1 セルやマイルドHEV向け電池パックのサンプル出荷を開始
 (表)NCM(EV 向け)開発ロードマップ
 (表)マイルドHEV向け電池パックの開発ロードマップ

株式会社エンビジョンAESCグループ
 顧客先の多角化による拡販戦略で、世界シェア 20%を目指す
 2019年4月1日、エンビジョンASECグループとして電池事業を再スタート
 (図)EnvisionAESCCompany 組織構造
 (表)エンビジョンAESC車載用LiB出荷量推移
 (表)エンビジョンAESC車載用LiB主要受注プロジェクト一覧
 中国・江陰に新工場を建設中、2021年に同拠点 20GWh/年を目指す
 (表)エンビジョンAESC車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 2020年の生産開始を目指し、ハイニッケルNCM採用の Gen5-811 の開発を推進
 (表)エンビジョンAESCの Gen4-523、Gen5-811 製品概要
 (図)EnvisionAESCProduct Roadmap

天津力神電池股份有限公司(Tianjin Lishen Battery Co., Ltd.)
 PHEV、EV等の乗用車向けNCMセル製品の拡充・拡販に取り組む
 2019年の車載用LiBの出荷量は、前年比 2 倍増強の 5GWh へ
 NEV規制の開始に伴い、乗用車向けLiB出荷構成比が 70%まで上昇
 (表)天津力神 車載用LiB出荷量推移
 (表)天津力神 車載用LiB主要顧客先一覧
 2018年に青島工場の設備増強を行い、合計年間生産能力は 13.6GWh まで拡大
 2021年に合計年間生産能力を25GWhまで拡大する計画
 (表)天津力神 車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 角型 LFP セルに加え、角形・円筒形・ラミネートNCMセルの提案を強化
 (図)Lishen 車載用LiB(角形NCMセル)開発ロードマップ

合肥国軒高科動力能源有限公司(Hefei Guoxuan High-tech Power Energy Co., Ltd.)
 材料~リユース・リサイクルまでの一貫体制を強みに中国市場でのシェア拡大に目指す
 2019年の車載用LiBの出荷量は前年の約3倍増の10GWhを見込む
 乗用車・商用車向けNCM・LFPの提案を強化
 (表)合肥国軒 車載用LiB出荷量推移
 (表)合肥国軒 車載用LiB主要顧客先一覧
 ESS 事業強化のため、上海電気国軒の追加増資を実施
 2019年、中国拠点のLiB生産能力は21GWhになる見込み
 2022年に中国・インド工場の合計生産能力で50GWhまで拡大する計画
 (表)合肥国軒 車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 ハイニッケル NCM8:1:1 セルの開発を推進

深圳比克动力電池有限公司(Shenzhen BAK Power Battery Co.,Ltd)
 乗用EV向けに 18650・21700 セルの拡販に注力
 車載用は NCM8:1:1 セルが主力製品
 2018年10月より高容量タイプの車載用21700セルの生産を開始
 (表)BAK車載用LiB出荷量推移
 (表)BAK車載用LiB主要顧客先一覧
 深圳工場と鄭州工場の設備増強を推進
 2020年に年間生産能力を20GWhまで拡大する計画
 (表)BAK車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 NCM のハイニッケル化とコバルトレスでLiBセルの価格競争力を強化
 Si 合金に加え、SiO・SiC 等の Si 系負極材を用いた製品開発にも注力

惠州億緯鋰能股份有限公司(Eve Energy Co., Ltd.)
 乗用車向けLiBの本格拡販に向けて生産、R&D、営業体制を強化中
 角形、円筒、ラミのフルラインナップとモジュール、パッケージングの一貫体制構築
 新規顧客向けにラミネート形NCMセルの提案を推進
 (表)恵州億緯 車載用LiB出荷量推移
 (表)恵州億緯 車載用LiB主要顧客先一覧
 2020年に生産能力は年間 20GWh まで拡大
 ラミネート形NCMセルの更なる増強を検討
 (表)恵州億緯 車載用LiB生産拠点・生産能力推移
 2020年~2021年の納入開始を目指し NCM8:1:1 セルの開発に注力

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。