2019年版 商品券・ギフト券/eギフト市場の実態と展望

インターネットの普及やスマートフォンの台頭により、プリペイドを活用したギフトサービスは転換期を迎えている。紙製の商品券・ギフト券市場は、すでに成熟しつつあり、一定のニーズを獲得しながら推移しているなかで、2013年以降は、IDやQR/バーコードを読み込むことでギフトを受け取れるeギフトが注目を集めている。
本調査レポートでは、eギフトの普及による従来の商品券・ギフト券のニーズの変化や、今後のプリペイドを活用したギフトサービスの方向性について考察した。

発刊日
2019/06/20
体裁
A4 / 180頁
資料コード
C61104800
PDFサイズ
2.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:紙製の商品券・ギフト券市場はすでに成熟化しており、一定のニーズを獲得しながら推移しているなか、新たなギフトツールとして、eギフトが注目を集めている。そこで、従来型の商品券・ギフト券に加えて、多様化しているプリペイドを活用したeギフト市場の実態を詳細に調査・分析することで、今後の商品券・ギフト券/eギフトのあり方を展望する。
調査対象
(1)商品券・ギフト券の主要発行事業者
(2)PETカード型ギフトカードの主要発行事業者
(3)プラスチックカード型ギフトカード発行事業者
(4)eギフトサービス提供事業者
調査方法:直接面接取材を主体に、電話でのヒアリング、現地調査、文献調査等も併用
調査期間:2019年1月~2019年6月

調査結果サマリー
Close

商品券・ギフト券/eギフト市場に関する調査を実施(2019年)
2018年度のeギフト市場は1,167億円、2023年度には2,492億円まで拡大すると予測
~商品券・ギフト券発行事業者もサーバー管理型の発行を検討~

資料ポイント
Close

  • 商品券・ギフト券の市場規模(2014年度~2018年度)、市場予測(2019年度見込~2023年度予測)を掲載
  • eギフトの市場規模(2014年度~2018年度)、市場予測(2019年度見込~2023年度予測)を掲載
  • eギフトの台頭によるプリペイドギフト市場の将来を展望

資料概要
Close

第Ⅰ章 総論
第Ⅱ章 タイプ別市場の実態と取組み
第Ⅲ章 個社別の実態と取組み

リサーチ内容

調査のポイント
第Ⅰ章 総論

1.商品券・ギフト券/eギフト市場の実態
 (1)市場概況
   ①商品券・ギフト券の市場概況
   ②PETカード型プリペイドカードの市場概況
   ③プラスチックカード型ギフトカードの市場概況
   ④eギフトの市場概況
 (2)市場規模(2014年度~2019年度見込)
   ①商品券・ギフト券/eギフト市場規模推移(2014年度~2019年度見込)
   ②商品券・ギフト券・ギフトカード市場規模推移(2014年度~2019年度見込)
2.商品券・ギフト券・ギフトカード市場概況
 (1)商品券・ギフト券の市場概況
   ①汎用券の動向
   ②業界共通券の動向
   ③独自券の動向
 (2)PETカード型プリペイドカードの市場概況
   ①定義
   ②特徴
   ③クオカードの事業強化に向けた取組み
   ④図書カードの事業概況
 (3)プロセシングの動向
 (4)ビジネスモデル
3.eギフトの概要
 (1)主要サービス提供事業者とサービス一覧
 (2)eギフトの需要動向
 (3)eギフトの概要
   ①定義
   ②目的
   ③ニーズ動向
   ④ビジネスモデル
4.商品券・ギフト券/eギフト事業者の発行商品の方向性
 (1)商品券・ギフト券、PETカード発行事業者の発行商品の方向性
 (2)eギフト事業者の商品の方向性
5.市場予測(2018年度~2023年度予測)
 (1)商品券・ギフト券/eギフト市場予測(2018年度~2023年度予測)
 (2)商品券・ギフト券・ギフトカード市場予測(2018年度~2023年度予測)
 (3)eギフト市場予測(2018年度~2023年度予測)

第Ⅱ章 タイプ別市場の実態と取組み

Ⅰ.商品券・ギフト券・ギフトカードの実態と取組み
1.商品券・ギフト券の概要
 (1)主要発行事業者と発行商品一覧
 (2)商品券・ギフト券の需要動向
 (3)汎用券の動向
   ①発行目的
   ②特徴
   ③収益モデル
 (4)主要汎用券発行事業者の事業強化に向けた取組み
   ①発行枚数拡大に向けた取組み
   ②加盟店数拡大に向けた取組み
   ③その他の取組み
 (5)業界共通券の動向
   ①発行目的
   ②特徴
   ③収益モデル
 (6)業界共通券発行事業者の事業強化に向けた取組み
   ①発行枚数の拡大に向けた取組み
   ②加盟店数拡大に向けた取組み
   ③販売チャネルの拡充に関する取組み
   ④電子化に向けた取組み
   ⑤その他の取組み
 (7)独自券の動向
   ①発行目的
   ②特徴
 (8)独自券発行事業者の事業強化に向けた取組み
   ①発行枚数拡大に関する取組み
   ②電子化に向けた取組み
   ③その他の取組み
 (9)商品券・ギフト券 発行額推移
   ①商品券・ギフト券の発行額推移(2014年度~2018年度)
   ②発行額推移(法人利用/パーソナルギフト別)
   ③汎用券の発行動向(2014年度~2018年度)
   ④業界共通券の発行動向(2014年度~2018年度)
   ⑤独自券の発行動向(2014年度~2018年度)
 (10)商品券・ギフト券 流通構造(販売・回収)
   ①汎用券
   ②業界共通券(全国百貨店共通商品券)
   ③業界共通券(ビール共通券、全国共通おこめ券、こども商品券等)
   ④独自券(百貨店商品券、旅行会社等)
   ⑤独自券(ハーゲンダッツギフト券ほか)
2.PETカード型プリペイドカードの市場概要
 (1)主要発行事業者と発行商品一覧
 (2)発行経緯とサービス動向
   ①発行目的・経緯
   ②特徴
   ③収益モデル
 (3)発行事業者の事業強化に向けた取組み
   ①発行枚数拡大に向けた取組み
   ②加盟店数拡大に向けた取組み
   ③販売チャネル拡大に向けた取組み
   ④QUOカードPayに関する取組み
 (4)発行額推移(2014年度~2019年度見込)
   ①発行額推移(発行カード別)
   ②発行額推移(法人利用/パーソナルギフト別)
 (5)PETカード型プリペイドカード 流通構造(販売・回収)
   ①QUOカード
3.プラスチックカード型ギフトカードの市場概況
 (1)主要発行企業一覧
 (2)主要発行企業の動向
 (3)主要事業者のギフトカードに関する取組み
 (4)市場規模推移(2014年度~2019年度見込)

Ⅱ.eギフト市場の実態と取組み
1.eギフト市場概況
 (1)主要サービス提供事業者とサービス一覧
 (2)eギフトの需要動向
2.eギフト(eギフト発行型)の現状と取組み
 (1)eギフト(eギフト発行型)の概要
   ①概要
   ②目的
   ③法人需要の開拓が本格化
   ④CtoCのeギフト市場の開拓
 (2)ビジネスモデル
 (3)サービス提供事業者の概況・特徴
   ①SK Plannet(cotoco)
   ②SBギフト(ポチッとギフト、ULTRA GIFTほか)
   ③ギフティ(gifteeほか)
   ④ギフトパッド(GIFT PAD、3X’s ticketほか)
   ⑤スターバックスコーヒージャパン(Starbucks e-Gift)
   ⑥LINE(LINEギフト)
   ⑦リンベル
 (4)サービス提供事業者の強み・差別化策
 (5)サービス提供事業者の事業方向性
 (6)主要参入事業者の事業強化に向けた取組み
   ①ギフトコンテンツ拡充に関する取組み
   ②利用シーンの拡大に関する取組み
   ③CtoCに関する取組み
 (7)今後の課題、展望
3.eギフト(電子バリュー発行型)の現状と取組み
 (1)eギフト(電子バリュー発行型)の概要
 (2)ビジネスモデル
 (3)サービス提供事業者の概況・特徴
   ①Amazon Gift Card Japan(Amazonギフト券)
   ②NTTカードソリューション(EJOICAセレクトギフト)
   ③クオカード(QUOカードPay)
   ④日本図書普及(図書カードNEXT、図書カードネットギフト)
 (4)サービス提供事業者の強み・差別化策
 (5)サービス提供事業者の事業強化に向けた取組み
 (6)今後の課題・展望
4.電子STAMPに関する取組み
 (1)ワンツーシーエムジャパンの電子STAMPの概要、経緯
 (2)導入事例
5.eギフト市場規模推移
 (1)市場規模推移(2014年度~2019年度見込)
 (2)市場規模推移(法人ギフト/パーソナルギフト別)
 (3)市場規模推移(サービスタイプ別)

Ⅲ 韓国におけるeギフトの動向
 (1)市場概況
 (2)市場規模

Ⅳ ギフト市場の動向
  1.ギフト市場規模推移と予測(2014年~2019年予測)
  2.ギフト分類別 市場規模推移(2014年~2019年予測)

Ⅴ サーバー管理型電子マネー市場の動向
  1.サーバー管理型電子マネー市場の市場概況
  2.サーバー管理型電子マネー市場規模(2015年度~2019年度見込)

Ⅵ プレミアム商品券の動向
1.プレミアム商品券概要
2.壱岐市
 (1)壱岐市におけるしまとく通貨に関する取組み
 (2)しまとく通貨の電子地域通貨発行の効果
3.東京諸島11島(大島、新島、三宅島、八丈島等)
 (1)東京諸島11島におけるしまぽ通貨の取組み
 (2)しまぽ通貨の電子地域通貨発行の効果
4.盛岡市
 (1)盛岡市におけるMORIO-Jカードに関する取組み
 (2)地域カードシステム:MORIO-Jカードシステム
 (3)プレミアム付きMORIO-Jカード発行による影響

第Ⅲ章 個社別の実態と取組み

1.ジェーシービー(JCBギフトカード、JCBプレモカード)
2.ユーシーカード(UCギフトカード)
3.全国酒販協同組合連合会(ビール共通券、清酒特撰券、清酒上撰券)
4.全国米穀販売事業共済協同組合(全国共通おこめ券)
5.三越伊勢丹ホールディングス(伊勢丹商品券)
6.ハーゲンダッツ ジャパン(ハーゲンダッツ ギフト券)
7.クオカード(QUOカード、QUOカードPay)
8.日本図書普及(図書カードNEXT)
9.ギフティ(giftee)
10.SBギフト
11.ギフトパッド
12.SK planet Japan(cotoco)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。