2019年版 食品の通信販売市場 ~拡大する食品通販~

食品通販市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関するマーケティング戦略作成のための基礎資料とする。

発刊日
2019/07/04
体裁
A4 / 278頁
資料コード
C61106000
PDFサイズ
10.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:通信販売事業者、食品関連企業、生協、食品小売事業者、食品卸、等
調査方法:アンケート調査、電話取材、関連統計の集計・分析を実施した。
調査期間:2019年4月~2019年6月

調査結果サマリー
Close

食品通販市場に関する調査を実施(2019年)
2018年度の食品通販市場は前年度比3.3%増の3兆7,138億円の見込
~食品通販は、デジタルシフトが進むショッピングサイトが全体を牽引する見通し~

資料ポイント
Close

  • 食品業界は、少子高齢化に伴う人口の減少や価格志向の強まりを受けて、総市場が緩やかな縮小基調にあるが、通信販売に関しては、大手ショッピングサイトにおいて食品の取扱強化が進んでおり、ネット通販を中心に大きな拡大が続いている。食品は、‘低単価高頻度購入型’であり、他の通販とマーケット特性が異なる。食品業界を取り巻く通販市場の現状を広く把握した上で、製品カテゴリ別・チャネル別の市場動向を調査分析する。
  • 手軽に始められる海外展開としても注目度が高い“越境EC”を引き続き特集。主要企業の動向、取り巻く環境の変化、インバウンド需要の動向などをまとめ、食品関連企業の新たな海外展開可能性を提案。
  • 製品カテゴリ別では、生鮮食品、米、酒類、飲料、菓子類、健康食品、他の市場規模推移(2015~2018年度見込)や各市場トレンド、参入企業の動向を分析。チャネル別では、ショッピングサイト、生協、自然派食品宅配、ネットスーパー、コンビニ宅配、メーカー直販の市場規模推移(2015~2018年度)や市場トレンド、参入企業の動向を分析する。
  • 食品メーカーを対象にしたアンケート調査では通販の展開状況、事業規模、売上高の伸縮状況、体制、利用媒体、注文・決済方法、平均受注単価、物流体制、通販事業の効果・課題、などの動向を分析する。

資料概要
Close

第Ⅰ章 食品通販市場の概況
第Ⅱ章 食品通販の製品分野別動向
第Ⅲ章 食品通販のチャネル別動向
第Ⅳ章 食品関連企業の通販展開動向調査(アンケート調査)
第Ⅴ章 主要企業の動向(個票)

 

リサーチ内容

第Ⅰ章 食品通販市場の概況

1.食品通販の総市場規模推移
  ・食品通販の総市場規模推移(2014~2018年度)
  ・食品通販 チャネル別のWEB比率
  ・食品通販 チャネル別市場規模推移(WEB経由)
  ・各製品カテゴリの概況
  ・各チャネルの概況
2.注目の市場動向
 (1)ミールキットの拡大
 (2)食品通販市場における企業間提携、M&A
 (3)物流の状況
 (4)食品通販のEC配送動向
 (5)IoT/AIの活用事例
 (6)共通ポイントサービスの動向
 (7)キャッシュレスの広がり
 (8)スマートフォン、専用アプリの拡大
 (9)機能性表示食品制度
 (10)越境EC
  ・越境EC(日米中間)の流通総額推移
  ・越境ECの国別流通金額推移・予測
  ・越境ECの国別構成比(2018年と2022年の比較)
  ・訪日外国人数の推移
  ・行郵税の制度改正・従来の制度、制度改正のポイント
  ・中国EC法施行の影響
  ①日本酒
  ②生鮮野菜
3.食品通販の市場規模予測(2018~2022年度)
  ・食品通販 チャネル別市場規模予測(2018~2022年度)
  ・軽減税率制度の対象品目

第Ⅱ章 食品通販の製品分野別動向

1.製品別市場規模
  ・食品通販 製品別市場規模推移(2014~2018年度)
  ・食品通販 製品別市場規模伸長率の比較(2015-2016/2016-2017/2017-2018年度)
  ・食品通販 製品別市場規模構成比の推移(2014~2018年度)
  ・各製品カテゴリの概況(一覧表)
2.各カテゴリの分析
 (1)生鮮食品
  ・市場規模推移(2014~2018年度)
 (2)米
  ・市場規模推移(2014~2018年度)
  ①主要企業の動向
  ②注目のトピックス
 (3)酒類
  ・市場規模推移(2014~2018年度)
  ・通信販売酒類小売業免許の概要
  ・酒税法改正の動向
  ①有力企業の動向
   i).カクヤス
   ii).エノテカオンライン
  ②その他大手酒造メーカーの通販動向
  ③ショッピングサイトの動向
   ⅰ)SAKE NETWORK(兼松)
   ⅱ)その他企業の取組
 (4)飲料
  ・市場規模推移(2014~2018年度)
  ①ショッピングサイトの動向
  ②飲料メーカーの動向
 (5)菓子類
  ・市場規模推移(2014~2018年度)
  ・菓子通販 市場内訳(2013~2018年度)
  ・菓子通販市場 カテゴリ別構成比(2018年度)
  ①ショッピングサイトの動向
   ⅰ)楽天市場
   ⅱ)アマゾンジャパン
   ⅲ)オンワード・マルシェ
  ②メーカーの動向
 (6)健康食品
  ・市場規模推移(2014~2018年度)
  ①メーカー系通販
  ・サントリーウェルネス
  ・ディーエイチシー
  ・その他主要企業の動向
 (7)その他
  ①介護食品
  ・介護食の市場規模推移
  ・日本の人口推計と将来予測
  ・高齢者が利用する施設数推移
  ・ユニバーサルデザインフードの生産量・生産金額推移
  ・ヘルシーネットワーク
  ②シリアル類
  ・全体動向、市場規模推移(2013~2018年度)
  ・シリアル生産(出荷)金額の推移
  ・シリアルの種類別生産(出荷)金額の推移
  ・シリアルのメーカーシェア、各社の動向(2015/2017年度)

第Ⅲ章 食品通販のチャネル別動向

1.チャネル別市場規模
  ・食品通販 チャネル別市場規模推移(2014~2018年度見込)
  ・食品通販 チャネル別市場規模伸長率の比較(2015-2016/2016-2017/2017-2018年度)
  ・食品通販 チャネル別市場規模構成比の推移(2014~2018年度見込)
  ・各チャネルの概況(一覧表)
2.各チャネルの分析
 (1)ショッピングサイト
  ・ショッピングサイト(食品)の市場規模推移(2014~2018年度見込)
  ・主要5サイト流通総額のシェア(2018年度見込)
  ・主要ECサイトの流通総額推移(2014~2018年度見込)
  ・ショッピングサイト(食品通販)のシェア(2014~2018年度見込)
  ①アマゾンジャパン
  ②LOHACO
  ③楽天市場
  ④Yahoo!ショッピング
  ⑤百貨店通販、新規参入の動向
   i).高島屋
   ii).ISETAN DOOR
   iii).オンワード・マルシェ
   iv).婦人画報オンライン
 (2)生協
  ・生協の市場規模推移(2014~2018年度見込)
  ・班配と個配の構成比推移(2014~2018年度見込)
  ・生協の供給高推移(2014~2018年度見込)
  ・生協宅配事業のインターネット注文の状況
  ①主要事業者の取組
   i).コープみらい
   ii).コープこうべ
 (3)自然派食品宅配
  ・自然派食品宅配の市場規模推移(2014~2018年度見込)
  ・自然派食品宅配のサービスシェア(2018年度見込)
   i).主要企業の動向~オイシックス・ラ・大地~
 (4)ネットスーパー
  ・ネットスーパーの市場規模推移(2014~2018年度)
   i).ネットスーパー企業シェア(2018年度)
   ii).主要企業の動向
  ①セブン&アイHD
  ・イトーヨーカドーネットスーパーの売上高推移(2007~2018年度)
  ・イトーヨーカドーネットスーパー 会員数・店舗数推移(2010~2018年度)
  ②イオン
  ③西友
  ④Amazon Fresh
 (5)メーカー直販
  ・メーカー直販の市場規模推移(2013~2017年度)
  ①食品関連企業の通販展開概況
  ②食品通販の事業規模
  ③食品通販の商品動向
  ④食品通販の平均受注単価
  ⑤食品通販の課題

第Ⅳ章 食品関連企業の通販展開動向調査(アンケート調査)

調査要綱(回答企業属性、調査期間、調査方法、質問項目)
 1.食品通販の展開状況
 2.食品通販の事業展開年数
 3.食品通販の事業規模
 4.食品通販の事業展開体制
 5.食品通販で取り扱っている商品カテゴリ
 6.食品通販で取り扱っている商品の温度帯
 7.食品通販で取り扱っている商品数
 8.現在の主な客層・今後取り込みたいターゲット層
 9.食品通販の展開方法・媒体
 10.食品通販の受注方法
 11.食品通販の平均受注単価
 12.食品通販の配送料
 13.2018年における配送料の見直し状況
 14.食品通販を展開したことによる効果
 15.食品通販における課題
 16.食品通販におけるSNSの活用状況
 17.食品通販事業の注力ポイント
 18.販促方法・使用している販促ツール
 19.食品通販の海外展開(越境EC)について

第Ⅴ章 主要企業の動向(個票)

※掲載内容:会社概要、業績推移、通販全体の動向、食品通販の動向
アスクル
アマゾンジャパン
オイシックスドット大地
ヤフー
ヨドバシカメラ
楽天

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。