高齢者住宅市場の動向(2016年3月調査)

発刊日: 2017/01/26 体裁: A4 / 25頁
資料コード: R58210004 PDFサイズ: 0.7MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 ヤノ・レポート 2016年11月25日号 に掲載されたものです。

リサーチ内容

・高齢者住宅の分類と考え方
・高齢者が住みやすい住宅とは
・高齢者住宅の種類
・高齢者住宅の比較分析
・米国の高齢者住宅
・住宅・不動産関連の重点施策
・主な税制改正要望(住宅・不動産関連)
・補正予算の成立
・高齢者に対する補正予算
・2016から2025年度までの住宅政策の方向性を示す「住生活基本計画」
・少子高齢化による高齢者住宅への影響
・改正建築基準法の影響
・医療費抑制の影響
・注目されるスマートウェルネス住宅・シティ
・日本版CCRCの導入構想
・家族類型別高齢世帯数の将来予測
・単身高齢者の将来予測
・認知症高齢者の将来推計
・高齢者住宅事業の課題
 ①特別養護老人ホーム
 ②有料老人ホーム
 ③認知症グループホーム
 ④サービス付き高齢者向け住宅
 ⑤デイサービス
・高齢者住宅事業者の方向性
・高齢者住宅事業者の戦略ポイント
・今後の需要見通し

表.高齢者住宅・施設の類型と特徴
表.高齢者向け住宅・施設の長所と短所
表.高齢者向け住宅・施設の入居対象者及び利用料等
表.アメリカの高齢者住宅
図.高齢世帯数(家族類型別)及び一般世帯数の推移
図.一人暮らしの高齢者の動向
図.介護を要する認知症高齢者数の推計(日常生活自立度Ⅱ以上)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C57126300 2016年版 高齢者住宅市場の徹底研究
C58120100 2017年版 シニア関連市場マーケティング年鑑
C58118000 2017年版 在宅医療市場の展望と戦略
C57127500 2016年版 シニア関連市場マーケティング年鑑
C58122900 2017年版 建設8大市場の展望と戦略