パチンコホールの実践的エリアマーケティング(立地評価の基礎知識編)

発刊日
2018/02/27
体裁
A4 / 43頁
資料コード
R59200501
PDFサイズ
11.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

43,200
40,000
3,200
86,400
80,000
6,400
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

少子高齢化が進む日本では、既に人口の減少が始まっており、2025年には、2015年国勢調査に比べて人口が約3.6%減少すると推計されている。
当然ながら、この人口減少に比例してパチンコユーザーも減少すると考えるのが一般的だろう。
さらに、2018年以降、パチンコ業界は認定機問題、遊技機規則の改正などの課題を抱えており、業況の先行きが不安視されている。
今、ぎりぎりの収益水準で営業しているパチンコホールにとって、これらの影響は非常に大きく、今後は有力企業であっても一部の既存店は撤退せざるを得ない状況に追い込まれるだろう。
これまで、パチンコ業界で店舗戦略と言えば「出店」が注目されていたが、今後は「撤退」や「既存店の統合」も含めた総合的な店舗戦略、つまり「スクラップ&ビルド」を適切に進めることが必要になる。
店舗戦略の精度を高めるには、統計から得られた根拠データを踏まえた戦略立案が必要で、パチンコ業界においても、今後は店舗開発部門に限らず、営業部門でもエリアマーケティングの基礎知識が必須になるだろう。
本レポートは、その一助となるように、人口統計の見方など、エリアマーケティングの基礎知識にくわえて、「台当たり人口」など、パチンコ業界に特化した指標や分析手法をまとめている。

リサーチ内容

■掲載内容

1.エリアマーケティングの捉え方

(1)エリアマーケティングの捉え方
(2)各調査手法の特徴
(3)GIS(地図情報システム)について

2.人口の「規模」から「質」へ

(1)国勢調査の課題
(2)同じ商圏?
(3)同じ商圏ではなかった!
(4)人口の「規模」から「質」へ
(5)一概にファミリーと言っても
(6)類似商圏

3.3種類の人口の違い

(1)人口の種類
(2)人口の指標
(3)3種類の人口で分かること

4.パチンコ業界特有の指標

(1)パチンコ業界特有の指標
(2)台当たり人口の捉え方

5.パチンコホールの商圏特性

(1)商圏ポジショニングMAP
(2)激戦区の評価
(3)台当たり人口が多い商圏の評価
(4)台当たり人口が少ない商圏の評価
(5)市場性が乏しい商圏の評価
(6)有力企業の出店戦略
(7)出店モデル

6.パチンコホールのエリアマーケティング

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

43,200
40,000
3,200
86,400
80,000
6,400

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。