輸送用機器向け水混合燃料関連技術の市場動向(2017年2月調査)

発刊日: 2017/06/15 体裁: B5 / 26頁
資料コード: R59200602 PDFサイズ: 1.5MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 Yano E plus 2017年3月号 に掲載されたものです。

リサーチ内容

~船舶分野の環境規制強化を受けて研究開発が進むEGRなど他技術との組み合わせにより実用化に目途~

1.水混合燃料の概要

1-1.水混合燃料の定義
1-2.水混合燃料による環境負荷低減の仕組み
  (1)基本的なメカニズム
  (2)技術的な課題と対策

2.水混合燃料の主な需要分野

2-1.船舶分野
2-2.非船舶分野

3.輸送用機器向け水混合燃料関連技術の市場動向

【図・表1.輸送用機器向け水混合燃料及び生成装置の市場規模推移と予測(金額:2015年-2040年予測)】

4.水混合燃料関連技術の開発・導入を行う企業・団体の取組動向

4-1.川崎汽船株式会社
4-2.川崎重工業株式会社
  (1)製品の概要
    【図1.K-ECOS外観】
    【図2.K-ECOSシステム構成】
  (2)水エマルジョン燃料に関する研究開発の取り組みと特徴的な技術
    【図3.水と燃料のミキサユニットイメージ図】
    【図4.水エマルジョン燃料ドレンの再利用イメージ図】
  (3)ユーザー及び市場の動向に関する見通し
4-3.ナノフュエル株式会社
  (1)事業及び技術の概要
    【図5.ナノエマルジョン燃料の燃焼メカニズム】
  (2)ユーザー及び主要用途の動向
    【図6.ナノエマルジョン燃料製造装置外観(NEFS-S1000)】
4-4.国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産大学校
  (1)膜によるNOX排出量低減技術
    【図7.ORHM原理(左)と低酸素・高加湿給気供給システム概要(右)】
  (2)水混合燃料を活用したNOX排出量低減技術
    【図8.ORMと水混合燃料によるNOX低減装置概要(左)水混合燃料生成装置概要(右)】
  (3)市場の見通し

5.輸送用機器向け水混合燃料及び生成装置市場の見通し

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
R59200502 樹脂摺動材料市場動向(2017年2月調査)
R59300500 光学フィルム製品の品質問題低減への対策 ~LCD偏光板製品を事例に~
C59102500 2017年版 酒類市場の現状分析と将来展望
R59202004 「タマホーム」の動向(2017年3月調査)
R59200904 「サンヨーホームズ」の動向(2017年1月調査)