自己修復材料(2017年4月調査)

発刊日: 2017/08/10 体裁: B5 / 28頁
資料コード: R59201002 PDFサイズ: 2.5MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 Yano E plus 2017年5月号 に掲載されたものです。
 

リサーチ内容

~究極形は「ターミネーター」 さまざまなニーズに合わせた機能が実現中、応用の裾野は拡大へ~

1.自己修復材料とは

2.自己修復材料の種類

2-1.有機材料系
  (1)ポリマー
  (2)塗料
2-2.無機材料系
  (1)セラミックス
  (2)セメント
  (3)金属

3.自己修復材料の応用分野

3-1.コンシューマー
3-2.自動車
3-3.建設
3-4.エネルギー

4.自己修復材料の市場規模推移と予測

【図・表1.自己修復材料の国内およびWW市場規模推移と予測(金額:2015-2020年予測)】
【図・表2.自己修復材料のタイプ別国内市場規模推移と予測(金額:2015-2020年予測)】
【図・表3.自己修復材料の需要分野別国内市場規模推移と予測(金額:2015-2020年予測)】
【図・表4.自己修復材料の国内市場における企業シェア(2016年)】

5.自己修復材料に関する国内の企業および研究機関の動向

5-1.荒川化学工業株式会社
5-2.石徳螺子株式会社
5-3.ATT株式会社
5-4.国立大学法人大阪大学
5-5.株式会社トクシキ
5-6.国立研究開発法人産業技術総合研究所
5-7.株式会社セイコーアドバンス
5-8.TDK株式会社
5-9.国立大学法人東京工業大学
  【図1.高分子自身が修復性を有するシステムの典型的な事例】
5-10.国立大学法人東京大学
5-11.東洋ゴム化工品株式会社
5-12.東レフィルム加工株式会社
5-13.ナトコ株式会社
5-14.株式会社表面化工研究所
5-15.国立大学法人広島大学
5-16.国立大学法人横浜国立大学
  【図2.表面亀裂の自己治癒メカニズムを示す模式図】
  【図3.長繊維強化自己治癒セラミックスの自己治癒プロセスを示した模式図】
5-17.学校法人早稲田大学
  【図4.層状シリカ-有機ナノ複合体薄膜の模式図(断面を斜め上から見た図)と
  修復前後のクラックの光学顕微鏡像】

6.自己修復材料市場の特徴と今後の見通し

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
R59201202 車のリアルタイムセンシング(RS)の実態とその利用状況(2017年4月調査)
R59201102 磁性流体シール市場(2017年4月調査)
C59109600 2017年版 ゴルフ産業白書
C59112300 2017年版 医薬品原薬・中間体市場の展望と戦略
R59200902 物流(機器・システム)のIoT市場動向(2017年2、3月調査)