ネットワーク化するドライブレコーダ市場の新展開とその戦略

発刊日: 2007/01/30 体裁: A4 / 145頁
資料コード: C48300900 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

Ⅰ.ドライブレコーダ市場の概要

Ⅰ-Ⅰ ドライブレコーダ市場の現状と課題
Ⅰ-Ⅰ-Ⅰ ドライブレコーダの定義
Ⅰ-Ⅰ-Ⅱ ドライブレコーダ市場の時系列変化とその開花
Ⅰ-Ⅰ-Ⅲ ユーザが開発したタクシー市場へメーカが追随
Ⅰ-Ⅰ-ⅠⅤ 日本交通鑑識研究所の参入経緯
Ⅰ-Ⅰ-Ⅴ 練馬タクシーの参入経緯
Ⅰ-Ⅰ-ⅤⅠ 矢崎総業の参入経緯
Ⅰ-Ⅰ-ⅤⅠⅠ ホリバアイテックの参入経緯
Ⅰ-Ⅰ-ⅤⅠⅠⅠ 富士通TENの参入経緯
Ⅰ-Ⅰ-ⅠⅩ タクシー市場におけるドラレコシェア
Ⅰ-Ⅱ タクシー向けドライブレコーダ市場の現状
Ⅰ-Ⅱ-Ⅰ タクシー登録台数の概要
Ⅰ-Ⅱ-Ⅱ タクシーへは05~07年に大きく普及が進む
Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ タクシーへの普及は飽和に近い?
Ⅰ-Ⅱ-ⅠⅤ 上客は200~300台を保有するタクシー事業者!
Ⅰ-Ⅱ-Ⅴ タクシー事業者への普及のストーリー
Ⅰ-Ⅱ-ⅤⅠ 小規模タクシー事業者への普及ストーリー
Ⅰ-Ⅱ-ⅤⅠⅠ 大規模タクシー事業者への普及ストーリー
Ⅰ-Ⅲ トラック・その他商用車向けドライブレコーダ市場の現状
Ⅰ-Ⅲ-Ⅰ トラック市場の拡大で、ドラレコの単価が上がる?
Ⅰ-Ⅲ-Ⅱ トラック向けドライブレコーダはトリガ設定が進化!
Ⅰ-Ⅲ-Ⅲ トラックは事故が起きてからでは遅い(ジャイロセンサ編)
Ⅰ-Ⅲ-ⅠⅤ トラックは事故が起きてからでは遅い(ビューワソフト編)
Ⅰ-ⅠⅤ コンシューマ向けドライブレコーダの現状
Ⅰ-ⅠⅤ-Ⅰ 乗用車への普及へ各社商品ラインナップを拡充
Ⅰ-ⅠⅤ-Ⅱ コンシューマ向けドラレコは、機能か?価格か?
Ⅰ-ⅠⅤ-Ⅲ アフター製品と純正品との競合
Ⅰ-ⅠⅤ-ⅠⅤ 軽自動車へのニーズもある?
Ⅰ-ⅠⅤ-Ⅴ 中古車販売というチャネル
Ⅰ-Ⅴ 純正ドライブレコーダ市場
Ⅰ-Ⅴ-Ⅰ トラックは一足先に純正化
Ⅰ-Ⅴ-Ⅱ 純正ドラレコはEDRから発展する!
Ⅰ-Ⅴ-Ⅲ いよいよ国交省が日本でのドラレコ基準策定へ検討会


Ⅱ.ドライブレコーダの技術動向

Ⅱ-Ⅰ カメラモジュール
Ⅱ-Ⅰ-Ⅰ CCDかCMOSか?
Ⅱ-Ⅰ-Ⅱ CMOSの搭載は製造ロットが重要か?
Ⅱ-Ⅰ-Ⅲ 現状では、CCDが優勢だが・・・
Ⅱ-Ⅰ-ⅠⅤ CMOSカメラの普及は、アクティブセイフティが牽引?
Ⅱ-Ⅰ-Ⅴ 今後も続く車載用CMOS 対 CCD
Ⅱ-Ⅰ-ⅤⅠ ドラレコカメラのLED信号問題
Ⅱ-Ⅰ-ⅤⅠⅠ ドラレコカメラの複数搭載の現状とネットワーク化
Ⅱ-Ⅱ 加速度センサ(トリガ設定の高度化VS常時撮影によるトリガ非搭載化)

Ⅱ-Ⅲ 通信モジュール(画像の無線通信はアプリケーションの開発がカギ)

Ⅱ-ⅠⅤ 記録装置(書き込み速度の現状/常時撮影のニーズは?)

Ⅱ-Ⅴ GPSモジュール(思わぬアプリケーションが・・・)

Ⅱ-ⅤⅠ 設置、登録等

Ⅱ-ⅤⅠⅠ 音声


Ⅲ.ドライブレコーダを取り巻く環境


Ⅲ-Ⅰ 燃料費の高騰とドライブレコーダ
Ⅲ-Ⅱ ハインリッヒの法則/バードの法則
Ⅲ-Ⅲ 国土交通省第4期ASV計画
Ⅲ-ⅠⅤ 自動車保険会社の動向
Ⅲ-ⅠⅤ-Ⅰ 東京海上日動火災「フリート事故アシスト」
Ⅲ-ⅠⅤ-Ⅱ 富士火災海上保険
Ⅲ-ⅠⅤ-Ⅲ 保険代理店A


ⅠⅤ.ドライブレコーダ市場の長期展望


ⅠⅤ-Ⅰ 普及促進の主役
ⅠⅤ-Ⅰ-Ⅰ 先進安全車両(ASV)対策
ⅠⅤ-Ⅰ-Ⅱ 省エネ対策(EMS普及事業)
ⅠⅤ-Ⅰ-Ⅲ 保険料会社の最新動向(外資系が主役に踊り出る?)
ⅠⅤ-Ⅱ ネットワーク化するドライブレコーダ
ⅠⅤ-Ⅱ-Ⅰ ドライブレコーダのネットワーク化
ⅠⅤ-Ⅱ-Ⅱ パイオニアのカーナビにみる蓄積型情報収集
ⅠⅤ-Ⅱ-Ⅲ 自動車メーカにみるリアルタイム情報の収集
ⅠⅤ-Ⅱ-ⅠⅤ リモートメンテナンスとドライブレコーダ
ⅠⅤ-Ⅲ プローブカーシステム

ⅠⅤ-ⅠⅤ エンターテイメント機器としてのドラレコ

ⅠⅤ-Ⅴ ドライブレコーダの将来展望


Ⅴ.海外のドライブレコーダ市場


Ⅴ-Ⅰ 米国市場
Ⅴ-Ⅰ-Ⅰ 米国では親が子供にドラレコをつけさせている?
Ⅴ-Ⅰ-Ⅱ 米国では67~90%がEDRを搭載
Ⅴ-Ⅰ-Ⅲ 誰でも運行記録を見ることができる
Ⅴ-Ⅱ 欧州市場

Ⅴ-Ⅲ アジア諸国


ⅤⅠ.主用メーカ動向


株式会社日本交通事故鑑識研究所
矢崎総業株式会社
株式会社ホリバアイテック
練馬タクシー株式会社
富士通テン株式会社
株式会社データ・テック
カヤバ工業株式会社
オプテックス株式会社
有限会社エコテックインターナショナル
クラリオン株式会社


ⅤⅠⅠ.ドライブレコーダ製品別機能一覧


図表目次

図 1 ドライブレコーダの仕組み
図 2 ドライブレコーダ市場の推移
図 3 03年~06年の累積ドライブレコーダ出荷台数シェア(主要企業5社)
図 4 タクシー業界におけるドラレコ参入時期
図 5 用途別国内自動車の登録台数
図 6 タクシー事業者におけるドラレコ普及率
図 7 フィルタによるトリガ の高度化の例
図 8 加速度データのモデリングによるトリガの高度化の例
図 9 複合情報によるトリガの高度化の例
図 10 データテックのドライバー評価結果出力
図 11 KYB「クルマメ」のビューワサンプル
図 12 ドライブトレーナーのビューワソフト
図 13 ダイハツムーブの前方検知カメラ
図 14 東光製CMOSカメラモジュール「TMV1320」
図 15 ミツミ製車載用カメラモジュール
図 16 クラウンマジェスタのCMOSカメラ
図 17 レクサス460のCCDステレオカメラ
図 18 魚眼レンズによる撮影範囲の違い
図 19 LED消灯画像の発生原理
図 20 エアバッグ連動型通信モジュール
図 21 トヨタのエコドライブインジケータ
図 22 第4期のASV推進計画
図 23 第4期のASV推進タイムスケジュール
図 24 パイオニアの蓄積型プローブ
図 25 ホンダインターナビによる渋滞情報(Googl Earth™によるデモ画像)
図 26 トヨタ自動車G-BOOK ALPHAシステムにおける車両情報の流れ
図 27 CAN接続されるドライブレコーダの一例(データテック社SR-CAN)
図 28 プローブ情報による将来の車社会
図 29 プローブカー利用意向
図 30 携帯電話を用いたドラレコの作成その1
図 31 携帯電話を用いたドラレコの作成その2
図 32 ドライブレコーダ市場の将来予測
図 33 Car Eyes社が出展したドライブレコーダ搭載車の模型
図 34 Appro社のドラレコ画像デモンストレーション

表 1 ドライブレコーダ市場の推移
表 2 タクシー事業の現状
表 3 タクシー保有台数の変化
表 4 タクシー事業者におけるドラレコ普及率
表 5 GM、フォードのEDR測定項目
表 6 CCDとCMOSの画質比較
表 7 平成18年度EMS助成事業対象機器一覧(参考-例)
表 8 平成18年度EMS普及事業申請数
表 9 ドライブレコーダ市場の将来予測(03年~12年)
表 10 米国のドライブレコーダ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C49100800 2007 拡大するブルーレーザ市場
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C48118300 2007年版 商用車市場の現状と展望
C48116500 2007年版 中国自動車部品の世界調達実態 ~メーカー別・部品別詳細解剖~
C49204900 2007年版 環境ビジネスの現状と将来展望(民間需要編)