プレスリリース
No.2156
2019/06/12

地方自治体のインバウンド誘致においては「人」「カネ」「知識・スキル」が課題
組織規模と予算規模だけでなく豊富な知識・スキルが求められ、専門特化した高度な施策が必須のフェーズに突入している

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、全国47都道府県および全国20政令指定都市のインバウンド誘致に関するアンケート調査を実施し、各種施策の実施状況、取組みの進捗状況、人員面・予算面を含めた課題を明らかにした。ここでは、主に組織的な課題に関する分析結果を公表する。

インバウンド誘致関連での組織的な課題
インバウンド誘致関連での組織的な課題
海外富裕層の定義の有無
海外富裕層の定義の有無

1.調査結果概要

政府は観光立国の実現を目指し、2012年以降、各種施策を強力に推し進めている。インバウンド(訪日外国人客)誘致に関してはビザ緩和や各種法制の改正、補助事業の整備など政府施策に依るところが大きいが、その一方で観光の目的地である各地方・地域の魅力や受入れ体制がいかに高められ、整っているかが重要であり、つまるところ、インバウンド誘致に向けた取組みの主役は地方自治体であることは間違いない。

そこで、インバウンド誘致に関して各地方自治体が現状抱えている組織的な課題について(複数回答)調査したところ、「人員規模(69.0%)」「専門的な知識・スキル(64.3%)」「予算規模(61.9%)」「地域内の観光関連の連携(59.5%)」への回答が概ね6割を超えた。特に「人員規模」への回答は69%と高く、今後のインバウンド誘致においては人員増強が一番の課題であることが分かる。

二番手には「専門的な知識・スキル」が挙がっており、人員・予算と言った基本的な資源に並ぶ課題として質的な課題を抱えていることが分かる。ひと昔前とは異なり、海外旅行代理店との連携、旅行博への出展、ファムトリップ(Familialization Trip)、SNSを駆使した能動的な発信、インフルエンサーマーケティングなど、現在の観光施策が専門的な知見・経験・ネットワークを必須とする水準になっていることが背景にあると見られる。つまり、「人(人材)」と「カネ(財源)」だけでは不十分であることを示している。

2.注目トピック

海外富裕層の定義の有無

各地方自治体での海外富裕層の定義(富裕層の前提条件)の有無(単数回答)を確認すると、「どちらかと言えば、ない(34.1%)」「ない(56.8%)」の合計で90.9%に達し、殆どの自治体で海外富裕層の定義が存在しないことが分かる。アンケートの別設問での結果では海外富裕層に特化した計画・施策を有する自治体が一定数存在したが、一方で海外富裕層の定義は持っていないと言うことになる。また、同じく別設問では彼ら富裕層のニーズや特性を把握できていないことも明らかになっている。

インバウンドでの消費金額を増大させる一つのキーワードとして海外富裕層が取り沙汰されるが、何かを売込む上で "ターゲットがどの様な条件なのか" が決まっていないと言うのはいささか問題であろう。現状では"海外富裕層"と言うキーワードだけが存在し、相手がどの様な条件・性質で、どのように行動し、何を求めているか、と言ったB2Cマーケットでは基本的と言える分析が完了しきっていないものと推測できる。海外富裕層は千差万別と言えばそこまでであるが、発信するメッセージ、磨き上げる商材・サービスを迷走させないためにも、海外富裕層の"像"を掴む必要があるのではないだろうか。

なお、多くの調査レポート・文献等では金融資産100万ドル以上を富裕層と定義しているが、はたしてこの定義がターゲットとする富裕層として妥当か否かは判断し難い。国内富裕層向けのサービスを提供しているメガバンクのプライベートバンキング部門では預かり資産の背景に10億円以上の取引が期待できる層を富裕層と定義し、また、旅行代理店のインバウンド専門部署によれば、日額の旅行消費額が下限で10万円/人を準富裕層と設定し、1回の旅行消費額が数百万と言った層を富裕層としている。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • 注目トピックの追加情報 ※1
  • 調査結果詳細の追加情報
  •  インバウンド誘致関連での要素別の優先度
     地方自治体のインバウンド関連での予算の過不足状況
     インバウンド誘致の主なターゲット国・地域
    以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年2月下旬~2019年3月上旬
    2.調査対象: 全国47都道府県および全国20政令指定都市
    3.調査方法: 郵送式紙面アンケート調査

    <全国地方自治体のインバウンド誘致に関するアンケート調査とは>

    本調査では、全国47都道府県および全国20政令指定都市の各地方自治体のインバウンド誘致関連の担当部課にアンケート調査を実施し、当該結果から、インバウンド誘致に関する各種施策の実施状況、インバウンド誘致に関する取組みの進捗状況、人員面・予算面を含めたインバウンド誘致に関する課題について明らかにすることを目的としている。また、インバウンドの中でも海外富裕層の誘致に関する取組み状況をまとめ、海外富裕層誘致における現状についても明らかにする。ここでは、主に組織的な課題、及び富裕層の定義に関する分析結果を公表する。

    【全国地方自治体のインバウンド誘致に関するアンケート調査(詳細項目)】
    ・インバウンド誘致の主なターゲット国・地域
    ・インバウンド誘致関連での組織的な課題
    ・インバウンド誘致関連の人員の過不足状況
    ・インバウンド誘致関連で求める人員増強の割合
    ・インバウンド誘致関連の予算の過不足状況
    ・インバウンド関連で求める予算増強の割合
    ・インバウンド関連での要素別の優先度
    ・インバウンド関連での要素別の進捗状況
    ・インバウンド関連でこれまでに取組んだ施策
    ・インバウンド関連で有意義だった施策
    ・海外富裕層誘致の計画・施策の有無
    ・海外富裕層誘致の主なターゲット国・地域
    ・海外富裕層の定義の有無
    ・海外富裕層のニーズ・特性などの把握状況
    ・海外富裕層誘致のためのチャネル構築状況
    ・海外富裕層誘致における現状の成果
    ・海外富裕層誘致における重要な要素

    <市場に含まれる商品・サービス>

    全国47都道府県および全国20政令指定都市のインバウンド誘致に関する各種施策

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年03月27日
    体裁
    A4 383ページ
    定価
    120,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。