2009年09月02日

プレスリリース
アフィリエイト市場に関する調査結果 2009
~不況を背景として、引き続き拡大するアフィリエイト市場~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にてアフィリエイト市場の調査を実施した。

1. 調査期間:2009年5月~8月
2. 調査対象:ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)、関連事業者18社
3. 調査方法:当社専門研究員による直接取材及び電話・e-mailによる調査、ならびに文献調査併用

【本調査におけるアフィリエイト市場とは】
パソコンや携帯電話のWEBサイトに貼られた広告を通して、商品の購入に繋がれば報酬が得られるシステムを指す市場である。同市場には、各種広告主とサイトオーナーを仲介する代理店方式のASP型、仮想ショッピングモール運営企業がアフィリエイトプログラムを提供するショッピングモール型、自社のショッピングサイトにある商品の販売促進を目的として、自社が広告主となりアフィリエイトプログラムを提供する独自型があり、成功報酬型の広告を対象とする。

調査結果サマリー

◆ アフィリエイト総市場は2008年度に813億1,000万円(前年度比120.2%)まで拡大
 2008年度(2008年4月~2009年3月)のアフィリエイト市場規模は、PC向けアフィリエイトが521億5,000万円(前年度比117.3%)、携帯向けアフィリエイトが291億6,000万円(前年度比125.7%)となった。費用対効果を重視する新規広告主の増加等が市場拡大に寄与している。

 

◆ アフィリエイトの質向上のため、コンサルティングやマッチングが重視される傾向
 費用対効果を重視する広告主が増加する中、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)はコンサルティングや出稿広告商材と広告掲載媒体との適切なマッチングに注力している。

 

◆ アフィリエイト総市場規模は2010年度に1,000億円を超え、2012年度は1,235億円に
 今後伸張率は鈍化するものの、2009年度(2009年4月~2010年3月)には、アフィリエイト総市場規模は、949億円(前年度比116.7%)に、更に2012年度(2012年4月~2013年3月)には、1,235億円(前年度比106.0%)まで拡大すると予測する。

518_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「アフィリエイト市場白書2009-2010」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧