2009年10月21日

プレスリリース
MESソリューション市場に関する調査結果 2009
~注目される製造現場の“見える化”技術~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にてMESソリューション市場の調査を実施した。

1.調査期間:2009年2月~9月
2.調査対象:MESソリューションベンダ 19社
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

MES(Manufacturing Execution System)とは:
製造実行システム。製造業の生産情報システムにおいて、計画層と制御層とを繋ぐシステム。

調査結果サマリー

◆ 2008年は前年比112.7%も2009年は前年比80.7%と大きく減少
 2007年のMESソリューション市場規模は270億円、2008年は前年比112.7%となる304億円となった。しかし、2009年は景気悪化の影響を大きく受け、前年比80.7%となる246億円へと縮小する見込みである。

 

◆ 大手ERPベンダーの新規参入に注目
 大手ERPベンダーがMESソリューションに相次ぎ参入しており、グローバルな視点で生産実績の把握および最適な生産計画の支援を行うツールとしてMESソリューションを提案している。また、加工製造業向けMESソリューションは発展途上の段階であり、今後も新規参入が予測される。
 

549_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2009 MESソリューション市場の実態~参入相次ぐ製造現場の“見える化”技術~」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧