2010年01月06日

プレスリリース
ギフト市場に関する調査結果 2009
~“カジュアルギフト”と“コト”ギフトが市場を牽引する~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内ギフト市場の調査を実施した。

1. 調査期間:2009年10月~12月
2. 調査対象:ギフト卸・メーカー・小売、業界団体等
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査を併用

<ギフト市場とは>
本調査におけるギフト市場とは、パーソナルギフト(誕生日、バレンタイン、クリスマスなどの個人的なイベントや日常に密着した、いわゆる“プレゼント”にあたる「カジュアルギフト」と、中元・歳暮、披露宴引き出物などの儀礼やしきたりに則った「フォーマルギフト」)、法人ギフト(企業が贈るギフト)の2分野を対象とする。本年から同市場規模には、ギフト雑貨及び中元・歳暮用途も含めて算出している。

調査結果サマリー

◆ 2008年のギフト市場は17兆300億円、前年比100.4%、微増傾向で推移
 2008年のギフト市場規模は前年比100.4%の17兆300億円であった。ギフト市場は、中元・歳暮等の儀礼的贈答は減少しているものの、カジュアルなパーソナルギフト市場が拡大しているため、市場規模は微増ではあるが前年実績を上回った。2009年も前年比微増で推移する見込である。

◆ パーソナルギフト(カジュアル)の2008年市場規模は3.4兆円、前年比106.3%
 誕生日やバレンタインデー、クリスマスなどの個人的なイベントや日常に密着した、いわゆる“プレゼント”にあたるパーソナルギフトは、手頃な価格のプチギフトや、体験型ギフト(“コト”ギフト)が市場を牽引し、前年を上回った。

◆ ギフトのカジュアル化により、ギフト商材が多様化
 儀礼的ギフトが減少し、カジュアルなギフトが増加している今、贈る品も贈るタイミングも多様化している。贈る相手が喜ぶものであれば何でもギフトになることから、服飾雑貨や花などのギフト定番品だけでなく、業務用文具や消耗品などの“モノ”や、家事サービスやアクティビティ、高級温泉旅館宿泊券などの“コト”などもギフトもして選ばれるようになり、商材が多様化してきた。
 

572_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2009-2010年版 ギフト市場白書」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧